Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

主には芝草の栄養管理の原則について、特に土壌分析および分析結果を最新のターフ管理にどう利用していくかという点に焦点を当てて

 主には芝草の栄養管理の原則について、特に土壌分析および分析結果を最新のターフ管理にどう利用していくかという点に焦点を当てて

C62291821dac0dd5b7ef3b72a30cd137?s=128

Micah Woods

July 16, 2015
Tweet

Transcript

  1. 主には芝草の栄養管理の原則について、特に土壌分析 および分析結果を最新のターフ管理にどう利用してい くかという点に焦点を当てて マイカ・ウッズ 主任研究員 アジアン・ターフグラス・センター www.asianturfgrass.com 2015 年 7

    月 16 日
  2. 大原則 良いターフを作るには、必要な栄養素それぞれを十分に与えな ければならない。

  3. 大原則 何らかの栄養素がすでに十分に与えられているならば、その栄 養素を更に与えても何の意味もない。

  4. 大原則 芝草は栄養素を土壌から、すなわち肥料から、吸収する。何ら かの栄養素がすでに土壌中に十分にあるならば、その栄養素を 肥料として与える必要はない。何らかの栄養素が土壌中に十分 にない場合は、その栄養素を肥料として与えなければならな い。

  5. すなわち、わずか2つの質問に答えが出ればよいこと になる 1. この栄養素は肥料として与える必要があるか? 2. もしそうなら、どれだけ与えればよいか? これらの質問の答えを、言葉と、数式と、グラフで見る。

  6. 言葉で表現した場合 肥料として必要になる量は、芝草が必要とする量から土壌中に 存在する量を差し引いた量である。

  7. 数式で表現した場合 ある栄養素がどれだけ必要かは、Q で表すことができる。 a + b − c = Q

    ここで、 a は、芝草が利用する量 b は、土壌中に必要な量 c は、土壌中にすでに有る量 Q は、肥料として必要になる量
  8. 数式による表現 必要量 a + b − すでに有る量 c = 肥料として必要な量

    Q a は、現場の個性を考慮した値、b は MLSN ガイドライン値、c は、土壌分析結果
  9. b

  10. グラフによる理解

  11. None
  12. None
  13. None
  14. 大切な注意! 以下のようなことから迷路に迷い込まないようにしよう ▶ 土壌中に 固定される栄養素がある ▶ 栄養素が 足りているかということよりも、どんな 効果が あるかを考えてしまう

    ▶ 量が足りているかではなく、割合が良いか悪いかを気にす る ▶ 水抽出物理論や飽和土壌ペースト理論などから 有効性を 気にする ▶ 交換可能だが有効でない要素があるかもしれないという心 配をする
  15. 土壌分析は栄養素が 十分にあることを確認する手段

  16. 原則を守って成功する人々

  17. 原則を守って成功する人々

  18. 原則を守って成功する人々

  19. 原則を守って成功する人々

  20. 原則を守って成功する人々

  21. 原則を守って成功する人々

  22. 原則を守って成功する人々

  23. 原則を守って成功する人々

  24. 原則を守って成功する人々

  25. 原則の利用例 まず、芝草が何をどれだけ使うかを見る。すなわち、それぞれ の栄養素を芝草がどれだけ吸収するのか、を見る

  26. None
  27. N に対する割合で見ると チッソ 1 g ごとに、 ベントグラスが利用する栄養素の量は ▶ 0.5 g

    K ▶ 0.125 g P ▶ 0.125 g Ca ▶ 0.05 g Mg ▶ 0.05 g S
  28. 栄養素の投下量 土壌分析をしない場合は、 N に対する割合を守って投与する。こうすれば、どの栄養素 も、芝草が必要とする割合で供給される。 しかし土壌分析をする方が はるかに効率が良い。

  29. 例として K を考える 土壌分析の結果、K の量が例えば、50 ppm で、年間の N 必要 量が

    16 g m-2 であったとする。
  30. 例として K を考える 土壌分析の結果、K の量が例えば、50 ppm で、年間の N 必要 量が

    16 g m-2 であったとする。 a + b − c = Q
  31. 例として K を考える 土壌分析の結果、K の量が例えば、50 ppm で、年間の N 必要 量が

    16 g m-2 であったとする。 a + b − c = Q 単位:g m-2, a = 8, b = 5.5, c = 7.5.
  32. 例として K を考える 土壌分析の結果、K の量が例えば、50 ppm で、年間の N 必要 量が

    16 g m-2 であったとする。 a + b − c = Q 単位:g m-2, a = 8, b = 5.5, c = 7.5. 単位:ppm, a = 54, b = 37, c = 50.
  33. 例として K を考える 土壌分析の結果、K の量が例えば、50 ppm で、年間の N 必要 量が

    16 g m-2 であったとする。 a + b − c = Q 単位:g m-2, a = 8, b = 5.5, c = 7.5. 単位:ppm, a = 54, b = 37, c = 50. 必要量 54 + 37 − すでに有る量 50 = 肥料として必要な量 41
  34. 例として K を考える 土壌分析の結果、K の量が例えば、50 ppm で、年間の N 必要 量が

    16 g m-2 であったとする。 a + b − c = Q 単位:g m-2, a = 8, b = 5.5, c = 7.5. 単位:ppm, a = 54, b = 37, c = 50. 必要量 54 + 37 − すでに有る量 50 = 肥料として必要な量 41 ppm は、たとえば 1 リットルの土の中にどれだけあるかとい う三次元的な発想であり、(g m-2) は面積にどれだけあるかと いう二次元的な発想なので、換算が必要。土壌の厚さを 10 cm とし、仮比重を 1.5 g cm-3, とすると 1 g m-2 = 6.7 ppm とな る。これを使って Q が 41 ppm であるならば、必要となる K の量は、6.1 g m-2 となる。
  35. 質疑応答とディスカッション