目的達成に向かって「熱狂」できるチームの在り方

8b67cda2f80722713b797ff44db5a895?s=47 峯村
August 06, 2020

 目的達成に向かって「熱狂」できるチームの在り方

「JBUG 東京 # 17 #オンライン 〜恒例!盛夏のLT大会2020〜」で登壇した時の資料です。

8b67cda2f80722713b797ff44db5a895?s=128

峯村

August 06, 2020
Tweet

Transcript

  1. 目的達成に向かって 「熱狂」 できるチームの在り方 JBUG 東京 # 17 #オンライン 〜恒例!盛夏のLT大会2020〜

  2. 【 自己紹介 】 峯村 耕太郎 株式会社ユーティル COO/マーケター https://twitter.com/mink_trip

  3. 入社時を思い浮かべてください

  4. 「このチーム最高だなぁ」 「〇〇先輩の開発が美しいんだよなぁ」

  5. 「このチーム最高だなぁ」 「〇〇先輩の開発が美しいんだよなぁ」 「このチーム最高だなぁ」 「〇〇先輩の開発が美しいんだよなぁ」

  6. 入社 異なる目的を持った仲間を歓迎 =

  7. プロジェクトに携わることが 「誇らしくて」たまらない

  8. 仕事だからやる 何か成長しそうと願ってやる

  9. None
  10. None
  11. None
  12. 熱狂とは? 熱血をわきたたせ、 狂わんばかりに夢中になること。 夢中になる「何か」が必要

  13. プロジェクトチーム ある目的を果たすための集団 =

  14. 目的 会社の目的 部署の目的 チームの目的

  15. 「それ、僕が立てた目的じゃないんで」

  16. 「ならお前、何のために 仕事してんだよ?」 「別に、目的なくてもや ること分かってるんで」

  17. 「ならお前、何のために 仕事してんだよ?」 「別に、目的なくてもや ること分かってるんで」

  18. 熱狂の原動力 目的への執念 =

  19. 目的の自分事化

  20. 入社時を思い浮かべてください 「何か」を期待した自分

  21. 「いま」何を期待する?

  22. 目的・戦略・戦術の浸透が重要 目的:最高の結末 戦略:ストーリー構成 戦術:各人に求める・期待すること

  23. 目的達成の主役 ? =

  24. None
  25. 目的達成の主役 あなた =

  26. チーム 「主役」の集合体 =

  27. 主役はみんな。 でも「そう感じない」のはなぜ?

  28. スポットライトの「タイミング」

  29. いつ、スポットライトがあたるのか

  30. 目的:最高の結末 戦略:ストーリー構成 戦術:各人に求める・期待すること 目的・戦略・戦術の浸透が重要

  31. 「最高の結末を迎えるた めにお前が必要なんだ」 「 … ならもっと、 こうした方が良いん じゃないですか」

  32. 「最高の結末を迎えるた めにお前が必要なんだ」 「 … ならもっと、 こうした方が良いん じゃないですか」

  33. スポットライトがあたる 「タイミングの共有」

  34. チーム = 「主人公の集合体」と自覚 目的・戦略・戦術が「浸透」するまで話す 役割・期待を理解し、行動を称えあう 目的達成に向けて熱狂できるチームの「条件」

  35. ご清聴、ありがとうございました https://twitter.com/mink_trip JBUG(Japan Backlog User Group) https://jbug.connpass.com/