Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

「名前のない仕事」にチームで取り組む–WOLとトラッキングツールの活用- / The SRE team's approach to unnamed work

mom0tomo
November 07, 2023

「名前のない仕事」にチームで取り組む–WOLとトラッキングツールの活用- / The SRE team's approach to unnamed work

横断組織としてのSREチームの「名前のない仕事」に対する取り組みについて、リブセンスの@mom0tomoがまとめました。「名前のない仕事」にはトイルと名前がないだけの重要課題の2種類があり、インフラグループでは、Working Out Loud(WOL)とトラッキングツール(Toggl・Clockify)の活用を通じて、チームで課題に取り組んでいます。

【リンク集】
- エンジニアブログ: https://made.livesense.co.jp/
- Engineering Handbook: https://livesense-inc.gitbook.io/livesense-engineering-handbook/

- Working Out Loud(WOL)の取り組みと振り返り: https://made.livesense.co.jp/entry/2023/06/14/080000
- Togglによる業務の見える化と改善: https://made.livesense.co.jp/entry/2020/07/21/080000
- 誰も手をつけたがらない仕事を拾う親切心とその危うさ: https://q.livesense.co.jp/2022/02/15/1426.html
- 「名前のない仕事」ができる人は強い: https://d.potato4d.me/entry/20231004-unnamed-work/

mom0tomo

November 07, 2023
Tweet

More Decks by mom0tomo

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 「名前のない仕事」に
    チームで取り組む
    ‒WOLとトラッキングツールの活⽤-
    2023.12.08 @mom0tomo in ゆるSRE勉強会 #3

    View full-size slide

  2. mom0tomo
    渡辺もも
    2017〜リブセンスに在籍
    バックエンドエンジニア→
    インフラエンジニア、SREs
    趣味: 限界まで安い⼿段で海外旅⾏に⾏くこと
    テクノロジカルマーケティング部
    インフラストラクチャーグループ
    Copyright © Livesense Inc.

    View full-size slide

  3. Working Out Loud(WOL)という取り組み
    1
    2
    3
    4
    リブセンス‧インフラグループについて
    “名前のない仕事”とは?
    “トイル”と”浮いた課題”にチームで向き合う
    Copyright © Livesense Inc.

    View full-size slide

  4. リブセンスについて
    SECTION 1
    Copyright © Livesense Inc.

    View full-size slide

  5. 正社員数
    214名(2023年6⽉30⽇現在)
    エンジニアの数
    全体 64名
    正社員 41名
    エンジニアが
    社員の1/4を占める
    1. リブセンスについて
    社員数‧組織規模
    Copyright © Livesense Inc.

    View full-size slide

  6. Copyright © Livesense Inc.
    ⼈の選択肢にある歪みや不和を社会の課題ととらえ、
    テクノロジーをコアにしたサービスで解決する

    View full-size slide

  7. インフラグループについて
    SECTION 1
    Copyright © Livesense Inc.

    View full-size slide

  8. 1. インフラグループについて
    事業部に属さない横断組織
    各事業部に対し、1-2⼈が窓⼝担当になり
    DevOps/SRE的な動きをする
    全社共⽤基盤‧プラットフォームも管轄
    Copyright © Livesense Inc.

    View full-size slide

  9. 6⼈+兼務2⼈
    8つの事業部と、
    全社コーポレートサイトを管轄する
    SRE
    DevOps Engineering
    Platform Engineering
    の領域を担当
    1. インフラグループについて
    Copyright © Livesense Inc.

    View full-size slide

  10. 「名前のない仕事」とは?
    SECTION 2
    Copyright © Livesense Inc.

    View full-size slide

  11. 2. 「名前のない仕事」とは?
    横断チームの困り事
    あるある
    Copyright © Livesense Inc.

    View full-size slide

  12. ● インフラ作業がしたいだけなのに事前準備が⼭ほどある
    ○ 例: ソースコードから過去の不要コードを取り除かないと移⾏ができない
    ○ ヤクの⽑刈り
    ● 組織の間に落ちたボールが流れてくる
    ○ 例: コーポレートサイトのWordPressの運⽤‧⼊退社時のアカウント処理
    ○ 「これ、インフラチームがやる仕事?」
    ● 他部署との交渉が難しい
    ○ 明確な事業インパクトがない取り組みをどうやって通すか
    ○ 「コスト部⾨」であることの負⽬がある
    横断チームの悩み
    2. 「名前のない仕事」とは?

    View full-size slide

  13. 2. 「名前のない仕事」とは?
    https://d.potato4d.me/entry/20231004-unnamed-work/
    https://q.livesense.co.jp/2022/02/15/1426.html

    View full-size slide

  14. 1. SREの「トイル」
    ○ 「労苦」
    ○ ⼿作業、繰り返される、⾃動化が可能、戦術的、⻑期的な価値がない、サービ
    スの成⻑に⽐例して増加する、といった特徴を持つ作業
    2. 組織の境界の「浮いた課題」
    ○ 命名できるほど⼀般化されていないだけの重要課題
    ○ 会社にとって明確に必要な業務は⽬標‧KPIが定めやすい→そうでない業務
    ○ 仕事‧職種‧組織の境界にどうしても「ボールが落ちる」ことがある
    ○ 「落ちたボール」は横断チームの元に流れ着くことも多い
    「名前のない仕事」には2種類ある
    2. 「名前のない仕事」とは?

    View full-size slide

  15. Working Out Loud(WOL)という取り組み
    SECTION 3
    Copyright © Livesense Inc.

    View full-size slide

  16. ● 「いま考えていること、悩んでいること、これからやろうとしていること」
    をSlackなどに書き込みながら仕事をするスタイルのこと
    ● インフラグループでは 過去7年間 運⽤されている
    ● いろいろなメリット がある
    ○ お互いの状態を把握しやすくなる
    ○ ミーティングで情報交換する必要が減り、時短になる
    ○ メンバー相互の協⼒が増える
    ○ やったことが時間とセットで記録されるので振り返りが楽になる
    Working Out Loudとは?
    3. Working Out Loud(WOL)という取り組み

    View full-size slide

  17. 3. WOL(Working Out Loud)という取り組み
    Copyright © Livesense Inc.

    View full-size slide

  18. 3. WOL(Working Out Loud)という取り組み
    Copyright © Livesense Inc.
    https://made.livesense.co.jp/entry/2023/06/14/080000

    View full-size slide

  19. 3. WOL(Working Out Loud)という取り組み
    ● トラッキングツールを使う⽬的
    ○ ⾃分がいまどんな作業をしているのかを記録する
    ○ 他のメンバーが今何をやっているのかをリアルタイムで把握する
    ○ 今週は何に時間を割いていたのかを週次で振り返る
    ● 業務を⼤きく3つのタイプに分けて意識的に記録する
    ○ 緑: 時間を増やしたい業務
    ○ ⻘:やらないといけない業務
    ○ ⾚:時間を減らしたい業務
    ● インフラグループでは 過去4年間 運⽤されている
    トラッキングツールを活⽤する

    View full-size slide

  20. 3. WOL(Working Out Loud)という取り組み
    Copyright © Livesense Inc.
    https://made.livesense.co.jp/entry/2020/07/21/080000

    View full-size slide

  21. 3. WOL(Working Out Loud)という取り組み
    Copyright © Livesense Inc.
    https://made.livesense.co.jp/entry/2020/07/21/080000

    View full-size slide

  22. 3. WOL(Working Out Loud)という取り組み
    Copyright © Livesense Inc.
    https://made.livesense.co.jp/entry/2020/07/21/080000

    View full-size slide

  23. 「トイル」と「浮いた課題」にチームで向き合う
    SECTION 4
    Copyright © Livesense Inc.

    View full-size slide

  24. ● WOLの実践
    ○ ⾃分が「今どんな作業をしているのか」を常にSlackに流し続ける
    ○ 「他のメンバーが今何をしているのか」が常に可視化される
    ○ 誰かに仕事が偏っていないか、誰がどんな課題に当たっているのか
    全員が⾒える状態になる
    ● 「名前のない仕事」へ取り組んだ時間を測る
    ○ トラッキングツール(Clockify‧Toggl)を活⽤する
    ○ オンコール対応‧⼀部のトイルには運⽤当番を決めて取り組む
    可視化する‧計測する
    4. 「トイル」と「浮いた課題」にチームで向き合う

    View full-size slide

  25. ● 現状維持ではなく改善する
    ○ 定期的にリプレイス‧再設計する
    ○ トイルは⾃動化‧改善する
    ● 取り組みは定期的に評価する
    ○ 期初に⽴てた⽬標‧KPIも柔軟に組み替え、⻑期的な改善に取り組む
    ○ 期末‧期中評価のタイミングで評価にも反映する
    改善する‧評価する
    4. 「トイル」と「浮いた課題」にチームで向き合う

    View full-size slide

  26. ● 現状維持ではなく改善する
    ○ 定期的にリプレイス‧再設計する
    ○ トイルは⾃動化‧改善する
    ● 取り組みは定期的に評価する
    ○ 期初に⽴てた⽬標‧KPIも柔軟に組み替え、⻑期的な改善に取り組む
    ○ 期末‧期中評価のタイミングで評価にも反映する
      可視化‧計測‧改善‧評価のサイクルを回して
     「名前のない仕事」に主体的に取り組み、改善するチームへ
    改善する‧評価する
    4. 「トイル」と「浮いた課題」にチームで向き合う

    View full-size slide

  27. エンジニアブログ
    https://made.livesense.co.jp/
    Engineering Handbook
    https://livesense-inc.gitbook.io/livesense-enginee
    ring-handbook/
    インフラグループによる
    発信のご紹介

    View full-size slide

  28. 「名前のない仕事」への取り組みも発信中
    https://made.livesense.co.jp/entry/2023/09/25/080000
    https://made.livesense.co.jp/entry/2020/07/21/080000
    https://made.livesense.co.jp/entry/2023/08/21/080000

    View full-size slide