オープン形式で培った 私たちのオンボーディング

オープン形式で培った 私たちのオンボーディング

Engineer Onboarding Meetup #2 @Oracle での発表資料

6b608ba7a5b9ae22fc60bb330077feeb?s=128

motorollerscalatron

September 19, 2019
Tweet

Transcript

  1. #twitterhash タイトル オープン形式で培った 私たちのオンボーディング @motorollerscalatron Engineer Onboarding Meetup #2 @Oracle

    1
  2. #twitterhash タイトル @motorollerscalatron - 多言語音声認識エンジンの言語モデル開発・評価、アプリ開発 - B2B系SaaS数社。電子広告系サービス会社 - 2018/8 Quipper入社

    - ToC向けサービスの開発担当チーム - 最近好きなもの: - モブプロ、vim、夢 - 最近嫌いなもの: - 未来 2
  3. #twitterhash タイトル Agenda | 01 02 03 04 05 わたしの会社とオンボーディング

    自分のチームで取り組んだオンボーディング 他チームに波及したオンボーディング サイクルが一巡してオンボーディングを改めて考えた まとめ!!! 3
  4. #twitterhash タイトル わたしの会社とオンボーディング 01 4

  5. #twitterhash タイトル 5

  6. #twitterhash タイトル チームのプロダクト ➔ ToCチーム 6

  7. #twitterhash タイトル オンボーディング、と言い出したのは ➔ オンボーディング文化が生じたのは最近 ➔ 去年あたりから、「オンボーディング」ということばを使って、チーム単位での 新人のオリエンテーションから実務への導入をプログラム化していっている ◆ SREチーム

    ◆ ToCチーム 7
  8. #twitterhash タイトル オンボーディング、と言い出したのは ➔ オンボーディング文化が生じたのは最近 ➔ 去年あたりから、ローカルで「オンボーディング」ということばを使って、チーム 単位での新人のオリエンテーションから実務への導入をプログラム化して いっている ◆

    SREチーム  ◆ ToCチーム    8 @chaspy    による SREチームの事例は弊社 プロダクトブログ記事も参照 ください! https://quipper.hatenablog.com/
  9. #twitterhash タイトル 自分のチームで取り組んだ オンボーディング 02 9

  10. #twitterhash タイトル 自分のチームで取り組んだオンボーディング 2018年8月      入社 2018年10月 5人目のメンバー加入 2018年11月 6人目のメンバー加入 2019年4月  7人目のメンバー加入 2019年5月

    8人目のメンバー加入 2019年9月 9人目のメンバー加入 10
  11. #twitterhash タイトル 自分のチームで取り組んだオンボーディング 2018年8月     入社 2018年10月 5人目のメンバー加入 2018年11月 6人目のメンバー加入  ←  オンボーディング担当 2019年4月 

    7人目のメンバー加入  ←     オンボーディング担当 2019年5月 8人目のメンバー加入 2019年9月 9人目のメンバー加入  ←     オンボーディング担当 11
  12. #twitterhash タイトル 自分のチームで取り組んだオンボーディング ➔ わたしは、オンボーディング専用要員でも、マネージャーでもないToCチーム にいるひとりのエンジニア ◆ 新しい人は年に何回か入ってきている ◆ 今まで新しい人を迎え入れた経験があり、その時のやりとりのSlackの

    手順を再現すれば、自動優勝・・? なんとなく安心・・・していた。 12
  13. #twitterhash タイトル 2018年10月のslackスレから 13

  14. #twitterhash タイトル 14 「送るスレ」を作る ※本人許可を得て会話を抜粋しています あとは適宜、手順を紹介 対話式で進める

  15. #twitterhash タイトル 自分のチームで取り組んだオンボーディング ➔ 改めて「オンボーディング」と冠した時に、提供したかった価値 ◆ 安心して力を発揮できる環境だと、体験してほしい • オンボーディングプログラムのテンプレートを用意する •

    オンボーディング担当をしっかり決める • Good First Issue を用意しておく 15
  16. #twitterhash タイトル 16

  17. #twitterhash タイトル すでに3人目、 うまくいくかに見えたが・・・。 17

  18. #twitterhash タイトル うまくいくかに見えたが・・・。 ➔ あれ、この資料とこの資料、食い違ってませんか? ➔ このチャネル、XX人いますが、ここで本当に質問しちゃっていいんです か? ➔ いつ終わるんですか(=いつ同じチームメンバーと認めてもらえます

    か)? 18
  19. #twitterhash タイトル new joiner に もっときいてみた 19

  20. #twitterhash タイトル 「資料食い違い」問題 ➔ この資料とこの資料、食い違ってませんか? ◆ 既存メンバーは情報の構成(こっちが古い、こっちが新しい)を暗黙知と して知っているので矛盾に気がつかない ◆ (やりがち)「こういう事情があって、ここではこうなんだけど、こっちだとこ

    うで・・」(結局直さない) ◆ はじめての人が一人で読んでもらう資料。一貫性がないと初めてのオン ボーディング体験としては、台無し 20
  21. #twitterhash タイトル 「はずかしい」問題 ➔ このチャネル、XX人いますが、ここで本当に質問しちゃっていいんですか? ◆ NG: やっちゃってください ← やりにくいからきいている ◆ ほんとうはオンボーディング担当者に他の切り口で質問したい?

    ◆ チャネル名、構成自体に問題? 21
  22. #twitterhash タイトル 「いつ終わる」問題 ➔ いつ終わるんですか ◆ 早く貢献したい感を、阻害してしまっている ◆ 終わりに関する共通認識が互いに合うまで、不思議なさぐりあいを繰り 返す

    22
  23. #twitterhash タイトル 解決策としてとったこと 23

  24. #twitterhash タイトル 解決策 ➔ オンボーディングプログラムのテンプレートを再考 ◆ new joiner と mentor

    用に分ける ◆ リハーサルを行う ➔ オンボーディングへの貢献感を皆で演出する 24
  25. #twitterhash タイトル テンプレートを再考(1) …mentor用・new joiner用分割 ➔ 1つの手順書に、mentor と new joiner

    の両方のタスクが混在 ◆ Mentor用は先に作って準備万全にしておく目的 ◆ new joiner用 は new joiner が自分で見てチェックリストを消化した り、意見交換していく目的 25
  26. #twitterhash タイトル 26 mentor用 new joiner 用

  27. #twitterhash タイトル 27 mentor用 new joiner 用

  28. #twitterhash タイトル テンプレートを再考(2) …リハーサル ➔ 手順書を用意する ◆ 自分でやってみる! ◆ やりきれなければリンク切れがないだけかでも確認!

    28
  29. #twitterhash タイトル New joiner の貢献感を皆で演出する ➔ 貢献感を出していく ◆ チームがPRマージへ全面協力 ◆

    定期的なヒアリング • その人なりのゴールをオンボーディングの中で少しずつ明確にして いく。用意したテンプレートにとらわれない ◆ new joiner にオンボーディング自体の改善にも関わってもらう • 29
  30. #twitterhash タイトル 他チームに波及していった オンボーディング 03 30

  31. #twitterhash タイトル オンボーディングプログラムのテンプレートが再生産されてい く ➔ 一度テンプレートが完成すると、各チームのオンボーディング担当にバリ エーションを自分で作って使ってもらえるようになった ◆ GitHub issue

    template 2枚なので、複製簡単 ◆ 特に別途MTGも必要なかった 31
  32. #twitterhash タイトル 専用チャネルの誕生 ~#onboarding-ja~ ➔ 自然と専用チャネルができる流れに 32

  33. #twitterhash タイトル オープンなチャネルとして位置付ける ➔ オンボーディングに関することであれば途中報告・相談なんでも ◆ 33 ※本人許可を得て会 話を抜粋しています

  34. #twitterhash タイトル オンボーディング完了時アンケート ➔ Google の Formでさっと フォームでとるように なると記録としても 蓄積されていく

    34 ※   がサクッと作成
  35. #twitterhash タイトル 大きい視点で見ていく・・ ➔ 別チームでのオンボーディングのことが見えるようになる ➔ チームをまたいで見ると、そこそこ毎月誰かしらにたいしてオンボーディング が行われている状態が観察されるようになった ➔ 勢いで、オンボーディングの様子を月刊でまとめる月刊issueを考案

    35
  36. #twitterhash タイトル 月刊 オンボーディング自身 の誕生 36

  37. #twitterhash タイトル ➔ ➔ ◆ 37

  38. #twitterhash タイトル 「オンボーディング自身」の構成 ➔ N月のオンボーディング総評 ◆ N月のオンボーディング: 各mentor, new joiner

    の紹介 ◆ N月の成果物 ➔ N+1月のオンボーディング (issue形式なので、読者は続いてコメント可能) 38
  39. #twitterhash タイトル サイクルが一巡して オンボーディングを改めて考えた 04 39

  40. #twitterhash タイトル mentor側からのフィードバック ◆ プログラムのテンプレート(チェックリスト)があることで、抜け漏れがなく なる ◆ オープンになるので、mentor と new

    joiner 1vs1の閉じた関係になら ないので、多面的な意見のもとでオンボーディングが進められる 40
  41. #twitterhash タイトル New joiner側からのフィードバック ◆ 前の会社、他の会社と比べて、手厚くやってもらえている実感 ◆ 知らないことが多い環境の中で、安心して過ごせる ◆ 他チームからもコメントがもらえる、業務に離れた部分でのコミュニケー

    ション(例:趣味のチャネルへの招待)があり、より会社に溶け込んで いっている感覚が得られる 41
  42. #twitterhash タイトル 自分に返ってきた収穫 ➔ オンボーディングを経験すると、自分の定常業務についての暗黙知が自覚 できる(手順ドキュメントや用語の再考チャンス) ➔ 自分が真っ先に、new joiner のことを知ることができる(人見知りな傾向が

    ある自分にとって、先に知り合いになれるチャンス) ➔ [副次的に]他チームの業務がわかる 42
  43. #twitterhash タイトル まとめ!!! 05 43

  44. #twitterhash タイトル ✨まとめ!!!✨ ➔ 隔離された状況より、皆で迎え入れる ➔ 柔軟に、寄り添うオンボーディング ➔ 次のオンボーディングにつなげれば、改善していく 44

  45. #twitterhash タイトル ご清聴ありがとうございました 45