Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

DX_TrueStory_ten

6e51a472cea0c9d058d830eca153cb0f?s=47 NCDC
June 30, 2021

 DX_TrueStory_ten

当社では、最近「DX推進を専門家視点で外部からサポートして欲しい」「経営層に提言するDX施策の取りまとめを支援してほしい」といった相談を受けることが増えています。

DX推進をご支援する現場では、組織づくりや人材の問題からITベンダー選び、開発手法まで幅広いテーマが取り上げられますが、中には多くの企業で耳にする共通の疑問もいくつかあります。

例えば、「DX推進の専門組織は必要か?」「DX担当は他業務との兼任でも大丈夫か?」「経営層の理解がないとDXはできない?」「既存のITベンダーに頼むべきか?」といった疑問・お悩みは、業界・企業を問わずよく議題にあがります。

このセミナーでは、こうしたよくある疑問をテーマに、経験豊富なコンサルタントがDX推進のポイントを解説します。

6e51a472cea0c9d058d830eca153cb0f?s=128

NCDC

June 30, 2021
Tweet

Transcript

  1. DX推進のウソ・ホント10の疑問に答える 2021/06/30 NCDC株式会社 早津俊秀

  2. プレゼンター紹介 2 代表取締役/ビジネスアーキテクト 早津 俊秀 和歌山大学経済学部 非常勤講師 元グロービス経営大学院 客員准教授 日本電信電話にてエンジニア、新規ビジネスプ

    ロデュースを経験後、HP,BEA、オラクル等の 外資系IT企業にてITコンサルタント、製薬ベン チャーでのIT部門を統括。ベンチャー支援等の 後 NCDCを創業。 ◉執筆 SOA サービス指向アーキテクチャ(翔泳社) ビジネスはSOAで変革する(IDGジャパン) スマートデバイス×業務システム導入ガイド(秀和システ ム)
  3. Business 事業領域の推進 Design ユーザ視点での設計 Technology 技術による課題解決 Innovation • コンサルティング •

    新規サービス企画 • PoC⽀援 • デザイン思考 • UX/UIデザイン • モバイル・Web先端技術 • IoT / AI / AR • クラウドインテグレーション NCDCのサービス体系 3
  4. 私たちにできること① l デジタルビジネスに必要な要素にフォーカスし、⼀元的に提供しています。 l スモールスタートでの検証から、本開発・継続的な改善までサポートします。 4 ワークショップを中⼼とし た合理的なプロセスで、ビ ジネスモデルの検討からUX デザインまで、迅速に⾏い

    ます。 関係者が多数いる場合の組 織横断、会社横断のファシ リテーションも得意です。 新規性の⾼いプロジェクト ではMVP(Minimum Viable Product)を⽤いた検証を⾏ うなど、⽬的に応じて段階 的な開発を企画します。 早い段階でモックやプロト タイプを⽤意してユーザの 評価を確認します。 ユーザとのタッチポイントとなる各種デバ イスのフロントエンドデザインから、クラ ウドサービスを駆使したバックエンドの開 発まで。多様なテクノロジーをインテグ レーションします。 l AI / IoT / AR l モバイル・ウェブ アプリ開発 l クラウドインテグレーション l システムアーキテクチャコンサルティング など ビジネスモデルのデザイン スモールスタート・PoC システム・インテグレーション ユーザ視点を⼤切にした 課題抽出・企画 モックやプロトタイプ の開発・検証 開発 継続的な改善
  5. 私たちにできること② l 社内に最適な組織がない場合の組織づくりや⼈材育成から、⾼度な技術をもったエンジニ アによる技術移管まで、幅広くお客様をサポートします。 5 ビジネスモデルのデザイン スモールスタート・PoC システム・インテグレーション ユーザ視点を⼤切にした 課題抽出・企画

    モックやプロトタイプ の開発・検証 開発 継続的な改善 企業のDXやデジタルビジネスの創出に必要なこうしたプロセスを多⾯的にサポート DX戦略⽴案 ⼈材育成 技術移管 リファレンス実装 DX組織構築⽀援 アジャイル導⼊⽀援 ⼿法や技術の選定 ブランディング
  6. 10の疑問に答える

  7. 10の疑問 ① DXはバズワードなの? ② DXの成功事例、失敗事例ってたくさんあるのか? ③ DXをうまく推進している例ってあるの?あるならパターンを教えてほしい。 ④ 専門の組織はあったほうが良いのか? ⑤

    DXを企画・実行出来る人材が自社にいないのではないか? ⑥ 経営層がDXを理解しないとできないのでは? ⑦ 社内の現場などが協力してくれないのでは? ⑧ 既存ITベンダーに相談してもなんかしっくりこない。そのままでよいのか? ⑨ PoCは意味がないのか? ⑩ ・・・ 7
  8. ① DXはバズワードなの? No

  9. 想像できますか? l 一人一台PCがない状態で仕事ができますか? l インターネットにつながっていないPCで仕事ができますか? l スマホがない状態で出張に行けますか? 9 ① DXはバズワードなの?

  10. DXの本質は? 10 ① DXはバズワードなの? l DXの本質とは? =デジタルテクノロジーを活用して変革しましょう! ① DXはバズワードなの?

  11. もっと簡単にわかりやすくDXを考える 11 ① DXはバズワードなの? l 考えられないくらい安く・簡単に手に入るようになったテクノロ ジーを普通に使って、いままでやりたくてもやれなかったことを 企業でもやりましょう! ① クラウド(SaaS、AI、各サービス等)

    ② デバイス(スマホ、インターネットカメラ等、通信型センサー等) ③ 高速無線ネットワーク(4G、5G、Wi-Fi) ① DXはバズワードなの? https://news.mynavi.jp/article/history-11/
  12. どちらの世界にいたいと思いますか? 12 ① DXはバズワードなの? https://aws.amazon.com/jp/ https://en.wikipedia.org/wiki/EMC_Symmetrix 55万円 ◦億円

  13. ① DXはバズワードなの? No DXをバズワードと言っている場合ですか!

  14. ② DXの成功事例、失敗事例ってたくさんあるのか? No

  15. ② DXの成功事例、失敗事例ってたくさんあるのか? 15 ① DXはバズワードなの? l 成功とか失敗といった概念が存在するものではない。当たり前の ことを段階的に進めているだけ。 l 苦労は多いが、「苦労=失敗」ではない

    各PCをインターネットに繋げて、 ウィルスの脅威にさらされることは失敗か?
  16. l 継続的な取り組みとなるため、成功の定義がわかりにくい ② DXの成功事例、失敗事例ってたくさんあるのか? 16 どれが変革? どこが成功? ② DXの成功事例、失敗事例ってたくさんあるのか?

  17. ② DXの成功事例、失敗事例ってたくさんあるのか? No 失敗や成功という概念に縛られず、 自分たちなりのDXをどんどん継続的に進めましょう。

  18. ③ DXをうまく推進している例ってあるの? あるならパターンを教えてほしい。 Yes

  19. 考え方をシンプルに l デジタルな新規サービスを生み出す l アプリ活用、サブスク 等 l デジタル活用による業務改革 l テレワーク、画像やセンサーを活用した無人化・自動化、大量データ分析

    等 l システム改革 l レガシーシステムをSaaSやクラウドネイティブアーキテクチャへ変えていく ③ DXをうまく推進している例ってあるの?あるならパターンを教えてほしい
  20. ③ DXをうまく推進している例ってあるの? あるならパターンを教えてほしい。 Yes 新規サービス、業務改革、システム改革の 3パターンが多い

  21. ④ 専門の組織はあったほうが良いのか? Yes

  22. プロジェクトではできない理由 l これらの一つをやれば終わりではない。継続的にすべてをやる必要あり l 一つや二つやっても単なる施策であり、変革にはならない。 専門的に推進・企画する組織がないと難しい。 組織横断、経営にも現場にも働きかけることができる組織。 ④ 専門の組織はあったほうが良いのか?

  23. ④ 専門の組織はあったほうが良いのか? Yes 専門組織がないと一過性の取り組みで終わる可能性が 高い。数年して当たり前となれば解散すれば良い。

  24. ⑤ DXを企画・実行出来る人材が自社にいないのではないか? No

  25. 自社の人材を探すことは必須 自社の強みの理解 自社の組織、業務、ビジネスの理解 自社の組織、業務、システムの理解 +組織間調整能力 こちらはスキルと経験がなければ 外部や中途採用でも可能 ⑤ DXを企画・実行出来る人材が自社にいないのではないか?

  26. l 新しくものを作ろうとしているが、既存の価値観や固定概念にとらわれてしまい、今の延 長上でしかなく、現在の悪いところの改善にしかなっていない。「今と同じが良いのでは ないか。」、「今できることと同じことはできないといけないのではないか。」というこ とがあり、革新的なところへなかなか一歩踏み込めないでおります。どのように進めてい くのが良いかご教示いただけると幸いです。 事前にいただいた質問 26 ①時間軸をどう捉えるか? ②どこで戦うか?

    ③ニーズをどう捉えるか?
  27. 理想的な組織体制 l コアメンバーは社内を探す l サポート役やスポットで外部リソースを使う 27 DX推進部 DX推進部長 新規サービス担当 業務改革担当

    IT担当 エンジニア コンサルタント 社内から探してくる。 「全員外部から優秀な人材を ヘッドハンティングして人材 を揃えた」は絶対にNG。 半分近くが外部からの人材の 場合は黄色信号 サポート役は外部や中途を 使う方法もあり ⑤ DXを企画・実行出来る人材が自社にいないのではないか?
  28. ⑤ DXを企画・実行出来る人材が自社にいないのではないか? No 必ずコアメンバーは社内から探す。 いないのではなく、探せていないだけと考える。

  29. ⑥ 経営層がDXを理解しないとできないのでは? Yes

  30. 経営層の理解が必要なのは何か? l 専門組織を作るためには経営層の理解は必須 l 一方、以下のようなことをやるためには経営層の理解を必要と せずとも出来る部分もある ⑥ 経営層がDXを理解しないとできないのでは?

  31. ⑥ 経営層がDXを理解しないとできないのでは? Yes どこに経営層の理解が必要で、理解がなくても できるものは何か?を具体的にして実行

  32. ⑦ 社内の現場などが協力してくれないのでは? No

  33. 現場の協力がなく変革は不可能 l Quick Win l小さいが素早く効果がでるところを最初に着手 l PoCもうまく活用 現場に効果がある施策から行う ⑦ 社内の現場などが協力してくれないのでは?

  34. ⑦ 社内の現場などが協力してくれないのでは? No 現場にプラスの効果がでるところから実施。 そうして現場を巻き込む。

  35. ⑧ 既存ITベンダーに相談してもなんかしっくりこない。 そのままでよいのか? No

  36. テクノロジーの変化についてきているエンジニアがいるか? l 非常に優秀な手作りの家具職人に最先端の工場のラインでの家具 生産を依頼するようなもの 全く違う知識・スキル・経験が必要 製作期間1年 製作期間1日 ⑧ 既存ITベンダーそのままでよいのか?

  37. ではどうするか? l 一部だけでも新しい仕組み・新しいITベンダーで作るところを加える l 分離しやすいシステムの一部だけでもDXが得意なところに依頼する ⑧ 既存ITベンダーそのままでよいのか?

  38. ⑧ 既存ITベンダーに相談してもなんかしっくりこない。 そのままでよいのか? No できる会社探して少しずつ加えていく。

  39. ⑨ PoCは意味がないのか? No

  40. PoCは非常に大切なプロセス l PoCは何のため? l 事業リスクを減らすため、小さくやってみて検証する l PoC失敗の2つのパターン l 検証する必要がないような企画にPoCをやっている l

    PoCで何を検証するか定まっていない l 事業検証 l 技術検証 l ユーザの嗜好性検証 等 ⑨ PoCは意味がないのか?
  41. ⑨ PoCは意味がないのか? No PoCの目的を明確にして実施する

  42. 今日話す10の質問 ① DXはバズワードなの? No ② DXの成功事例、失敗事例ってたくさんあるのか? No ③ DXをうまく推進している例ってあるの?あるならパターンを教えてほしい。 Yes

    ④ 専門の組織はあったほうが良いのか? Yes ⑤ DXを企画・実行出来る人材が自社にいないのではないか? No ⑥ 経営層がDXを理解しないとできないのでは? Yes ⑦ 社内の現場などが協力してくれないのでは? No ⑧ 既存ベンダーに相談してもなんかしっくりこない。そのままでよいのか? No ⑨ PoCは意味がないのか? No ⑩ ・・・ 42
  43. ⑩ DX企画推進は誰に頼めばよいのか?

  44. 「経験のある人」を探す l 「業界・業務を知っている、企業システムを知っている」だけでは難しい l 「C向け新規事業を立ち上げた実績がある」だけでは難しい 何をやるか? 何を使うか? どうやるか? ⑩ DX企画推進は誰に頼めばよいのか?

  45. ⑩ DX企画推進は誰に頼めばよいのか? 実際に企画・推進をしたことがある。 サポートしたがことがある「人」に頼む。 未経験では難しい。

  46. ご相談はお気軽に! l DX関連、新規サービス企画、UXデザイン、クラウドインテグレーション、 アジャイル等のプロセス支援 l toshihide.hayatsu@ncdc.co.jp l info@ncdc.co.jp 46

  47. None