$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

株式会社EventHub 採用資料

EventHub
January 18, 2022

株式会社EventHub 採用資料

株式会社EventHubの採用情報です

採用情報:
https://www.notion.so/eventhub/EventHub-a35d5e4b2ccd4b2784f2e4483356d90f

採用note:
https://note.com/eventhub

アドベントカレンダー2021:
https://adventar.org/calendars/6827

EventHub

January 18, 2022
Tweet

More Decks by EventHub

Other Decks in Business

Transcript

  1. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. 会社説明資料

  2. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. 目次 2 1 2 3 4

    会社紹介 事業紹介 プロダクトマネージメント EventHubの採用
  3. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. 会社紹介

  4. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. 会社概要 4 社名 株式会社EventHub 設立 2016年2月

    所在地 〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-24-9 LIT HIGASHI NIHOMBASHI WEEK 6階 代表取締役 山本 理恵 資本金 7億7,500万円(準備金含む) 事業内容 イベント管理SaaS「EventHub」の開発・運営
  5. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. MISSION 5 人がつながる、世界が近づく Empowering connections that

    matter
  6. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. VALUES 6 Think Simple 本当の課題は何か?本当に価値があるか?「なぜ」を問い続けよう Take

    Ownership 自分ごと化し、自ら仮説を立て、スピーディーに動こう Be Open 相手の考え・個性を否定せず、受容するところから始めよう
  7. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. 創業者 7 イギリス生まれ、アメリカ・日本育ち。米ブラウン大学経済学部& 国際関係学部を卒業後、McKinsey&Company サンフランシスコ 支社に入社。医療、金融、パブリックセクターの戦略立案や

    コーポレート・ファイナンスプロジェクトに従事し、在籍中に出向 制度で日本へ。退職後はゲームベンチャーの新規事業立ち上げや 宇宙ベンチャーの海外マーケティングに従事。2016年に株式会社 EventHubを創業。 東京工業大学大学院修士卒業。2013年にFirefox(Gecko)のOSS 開発に参加しコミッターとなった後、Google Chrome(Blink)の コミッターとなる。2015年に産業技術総合研究所のリサーチ・ アシスタントとして暗号理論の研究に従事する。同年に日本応用 数理学会主催の研究会で登壇し、2016年には国内最大規模の セキュリティカンファレンスSCISでイノベーション論文賞を受賞。 大学院在学中の2016年に株式会社EventHubを創業。 代表取締役 CEO 山本 理恵 取締役 CTO 井関 正也
  8. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. メンバー BizReach、OLTA 等のSaaS企業をはじめ、McKinsey&Company、Goldman Sachs等、 多様なバックグラウンドのメンバーが集まっています。海外在住歴のあるメンバーが多いのも特徴です。 8

    40名 Product 39% Business 51% Corporate 10%
  9. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. メンバーの推移と沿革 2020年の11名から現在は40名 に拡大しています。 9 2016 2017

    2018 2019 2020 2022 新オフィス (神田) 会社設立 オンライン版 リリース EventHub リリース 資金調達 (Salesforce) 資金調達 (Sansan) 新オフィス (馬喰横山) 2名 2名 4名 6名 11名 40名
  10. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. 事業紹介

  11. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. マーケット|市場規模 世界のオンラインイベント市場は2020年で約10兆円、2027年は 約40兆円 の予測です。 11 2017

    2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024 2025 2026 2027 40兆円前後 10兆円前後 4兆円前後 出典:Grand View Research, 2020 
 約4倍
  12. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. 導入実績|企業 12 BtoBイベント開催実績1000件・累計参加者60万名を突破 官公庁・大手企業・ベンチャー企業・地方企業まで幅広い企業にご利用いただいています。

  13. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. EventHubとは 13 すべてのイベントを一気通貫でラクラク管理 成果を最大化するNO.1イベントプラットフォーム※ ※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ「オンラインイベント」に関する競合調査(2021年8月期)

    EventHubには、イベント開催に必要なあらゆる機能が揃っ ています。優れた操作性に加え、様々な形式のイベントに 利用できるため、多くの企業・団体様に選ばれています。 • 参加申込から当日開催、開催後アンケートまで対応 • オンライン、オフライン、ハイブリッド形式全てのイベン トタイプで利用可能 • ウェビナー・カンファレンスなどを中心に、BtoBイベント の開催実績は1000件以上
  14. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. EventHubの概要|ソリューション 14 顧客の課題を解決するため、EventHubはイベントの開催・運営を支える豊富な機能を提供しています。 利用する機能に応じて、顧客に合った複数のプランやオプションも用意しています。 事前登録・決済 参加者管理

    メール配信 ライブ動画配信 アーカイブ配信 ブース出展 ライブ掲示板 チャット オンライン商談 アンケート データ分析 MA連携
  15. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. EventHubの概要|オンラインとオフライン 15 顧客の業種や目的に合わせて様々なイベント形式に対応します。 事前登録・決済、参加者管理、ライブ動画・ アーカイブ動画配信、アンケート配信 等、

    オンライン開催に必要な全ての機能を提供。 EventHubだけで全て完結出来ます。 オンライン ハイブリッド開催には不可欠なオンラインと オフラインを融合した参加者管理・交流 等が 可能になります。参加者のエンゲージメントが 高いイベントを開催出来ます。 ハイブリッド QRコードチェックイン、会場内の参加者の 交流の促進、参加者の活動データの取得 等、 主催者と参加者の双方の成果を生み出せる イベントを開催出来ます。 オフライン
  16. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. EventHubを導入すると・・・ 16 準備コスト・人件費を圧倒的に削減 営業のリードへのフォローが簡単に 登録・視聴・アンケートデータが自動的に一つのCSVにまと まり、ワンクリックでダウンロード可能。ウェビナー終了

    後、即フォローが可能です。 登録から当日配信、事後アンケートまで一つのツールで完 結。事前収録動画を予約公開し、疑似ライブが可能なので当 日の人員も不要に。 過去の参加者リストを企業の資産に 準備が面倒 登録フォーム、動画配信、事後アンケート、リ マインドメール配信など、やること、触らない といけないツールが多いため煩雑になる。 参加者データを一言管理。過去の参加者リストにメール配信 ができるので、参加者リストがたまり、企業の資産に。 営業にリードを渡すのが大変 セミナー完了後、一刻も早くリードを営業に渡 さないといけないが、スプレッドシート加工・ 修正などでついつい遅れがち。 参加者リストが蓄積しない セミナーを連続で開催しても、横断的な分析や 参加者リストが蓄積されない。過去の参加者か ら効果的に集客できていない。 1 2 3
  17. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. 導入実績|事例 17 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会 東京ゲームショウ 2020 オンライン

    オンラインでも参加者同士が活発に交流 3,000件以上のマッチングを創出 東京ゲームショウは、毎年の総来場者数25万人を誇る、 コンピューターエンタテイメントの国際展示会です。 2020年度はコロナの影響で初のオンライン開催に転向。 業界関係者や報道向けのビジネスデイでEventHubを 利用しています。 • マッチング機能で3,472件のメッセージ交流や 759件のオンライン商談を実現 • 事前登録・決済機能でチケット販売を効率化
  18. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. 導入実績|事例 18 株式会社ニューズピックス NewsPicks Live WestShip

    2020 ハイブリッド開催成功の秘訣は オンラインとオフラインをつなぐプラットフォーム 「2025年の大阪万博を控える西(West)から日本に新しい 風を吹かせたい」という想いで誕生したWestShip。 2020年はコロナ禍での開催となりました。プロジェクトの 始動から半年間、悩みに悩んで下したハイブリッド開催の 決断の背景には、前回開催での成功体験がありました。 • QRコードチェックインでハイブリッド開催を実現 • コンテンツを充実する事により参加者満足度を向上 • ライブ後に即座にアーカイブ配信し見逃しもフォロー
  19. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. 導入実績|事例 19 シチズンマシナリー株式会社 シチズンマシナリー オンライン プライベートショー

    2021 視聴ログで開催後のフォローを効果的に マッチング機能で商談化率が向上 自社の製品・独自技術を顧客に提案する場として、自社の 工場で毎年開催しているプライベートショー。2020年度は コロナの影響でオンライン開催する事になりました。 直接機械に触れてもらう事が醍醐味の工作機械メーカーの 展示会において、業界ならではの様々な工夫がイベントの 成功につながりました。 • 素早い・的確なサポートで導入を支援 • マッチング機能で例年と遜色のない商談化率を維持 • 分かりやすい管理画面でスムーズな配信を実現
  20. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. プロダクトマネージメント

  21. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. EventHubの3つのルール 21 参加者体験の重視 データセントリック 全員カスタマーサクセス •

    主催者の成功は参加者の体験の 良し悪しに左右されます • 参加者が次回のイベントも 参加したいと思わなければ、 中長期的な成功とは言えません • 主催者が希望する機能であっても 参加者が不満を感じれば、結局、 回り回って損をするのは主催者です • 我々は顧客である主催者のため、 参加者の体験を阻害する機能は、 原則、提供しません • 主催者の成功を定量的に可視化し、 改善を繰り返す事が重要です • 主催者の成功を計測するため、 多種多様なデータを収集し、 整理・分析し構造化します • プロダクトとしてデータ中心の イベントオペレーションを提供し、 定量的に結果を振り返る事により、 主催者の成功を支援します • 主催者が参加者にコンテンツを 届けるための最善のプロダクトを 提供するのが我々の使命です • 一方で、参加者の体験は主催者の イベントに対する戦略や想い、 準備やコンテンツで変わります • 立場に関係なく、自社以外の パートナー企業の協力も得て、 参加者の体験を最大化し、 プロダクト以外の部分でも 全員で主催者の成功を支援します 1 2 3
  22. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. プロダクトマネージメント(全体) 22 Business Development

  23. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. プロダクトマネージメント(1|3) 23 Business • 新規顧客の要望をSalesforce経由で Field

    Salesから収集し、Productboardに蓄積します • 既存顧客の要望も同様にZendesk経由で Customer Success/Supportから収集し、 蓄積します • 要望の背景や課題も一緒に確認します • PdMはProductboard内の要望を確認し、 機能一覧(候補)と紐付けます • 必要に応じ、顧客や関係者にヒアリングし、 要望の数・インパクト、開発工数を元にして、 PdMが優先順位を整理 します
  24. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. プロダクトマネージメント(2|3) 24 Development • Productboardの優先順位を元にして、 PdMがロードマップを作成します

    • 作成したロードマップに基づいて、 Jiraへ3ヶ月以内に開発するチケットをPushします • Jiraの要件を元にデザイナーがFigmaで デザインを作り、エンジニアが設計します • デザイナーとエンジニアは協力してデザインを ブラッシュアップ します • EventHubはスクラムを採用しており、 スプリントは1週間 です • コードの管理はGithubを利用しています
  25. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. プロダクトマネージメント(3|3) 25 Business • リリース内容を元にCustomer SupportがZendeskでリ

    リースノートを作成し、全ての顧客に周知します • リリースに 該当する機能を要望していた顧客を Productboardから抽出し、Marketoへ連携 します • Marketoのメール配信を利用し、 該当する機能を要望していた顧客にアプローチします • 必要に応じ、Customer Successが 個別に既存顧客に機能の概要を伝えたり、 Inside Salesが新規顧客の掘り起こし を行います • 最初のステップに戻り、繰り返します
  26. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. プロダクトマネージメント(+α) 26 • 日々のコミュニケーションはSlack、 Google Meetを利用しています

    • 重要な資料や議事録は勿論、些細な情報も Notionでドキュメント管理しています Business Development
  27. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. エンジニアの役割 27 • EventHubは、スクラムによる開発を推進しており、 フルサイクルエンジニアを前提としています •

    一部のスペシャリストを除いて、エンジニアは原則、 設計から開発・テスト、QA、リリース、O&M、 サポートの全ての工程に携わります • フルサイクルエンジニアを前提とする事により、 環境の変化に応じて柔軟に体制を変更したり、 不測の事態が生じても、全員で対応可能です • 全ての工程に関わる事が可能な体制のため、今後も フルサイクルエンジニアを続けたい方は勿論、 全ての工程に携わった経験が少なく、新しい事に 挑戦したい方も、スキルアップできる環境です Design
 Develop
 QA
 Deploy
 O&M
 Support
 Fullcycle
 Engineer

  28. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. 技術スタック 28 フロントエンド Typescript、React、styled-component バックエンド Typescript、Node.js、NestJS、TypeORM

    データベース MySQL インフラ AWS(Fargate、Elastic Beanstalk) CI CircleCI モニタリング Sentry、NewRelic、AWS CloudWatch
  29. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. EventHubの採用

  30. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. 採用への想い 新型コロナウイルスの影響で従来のイベントマーケティングの在 り方は大きく変わりました。私達はマーケットの変化を早い段階 から予測し、プロダクトの改善を繰り返して来ました。 2020年2月時点でリアルイベント向けの機能しか提供していな かったEventHubは、現在、オンライン・ハイブリッドイベントも

    サポートするプロダクトへ進化しました。1000件以上のイベント がEventHub上で開催されており、国内のイベントマーケティング のリーディングカンパニーに成長しました。 しかし、私達の挑戦はまだ始まったばかりです。マーケットは今 後も変化し続けます。海外展開も視野に入れて組織も拡大してい ます。革新的なプロダクト、そして、プロダクトを創る組織を一 緒に考え、実現し続ける事が出来る仲間を探しています。 30
  31. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. EventHubで働く意義 31 1➡10のグロース・フェーズ オンラインイベント市場はまだ黎明期。国内のリーディングカンパニーとして、業界を牽引するプロダク トの成長に関わりたい方には最高のフェーズです。 海外展開

    すでに日英完全対応のプロダクトではありますが、日本発のグローバルスタートアップとして、海外でも 通用するプロダクト・組織体制へ進化をしていきます。 プロダクトも組織も、ボトムアップで作る 変化が目まぐるしい市場の中で、新しい価値を創っていくためには、最前線で触れている「現場」に答え があると考えています。プロダクトも組織も、現場の声を大事に、ボトムアップで作るカルチャーです。
  32. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. EventHubの働き方 働き方 • 完全週休二日制(祝日・年末年始は休み) • フレックスタイム制(12:00

    - 17:00がコアタイム) • リモート勤務OK 福利厚生 • 社会保険完備 • 入社直後に3日間の有給付与 • 有給とは別に3日間の夏期休暇(1年間使用可能) 32 画像
  33. ©EventHub,Inc All Rights Reserved. 33