Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

株式会社ネットプロテクションズ エンジニア職向け会社紹介資料

株式会社ネットプロテクションズ エンジニア職向け会社紹介資料

株式会社ネットプロテクションズのエンジニア職向け会社紹介資料です。

■採用ページ
https://corp.netprotections.com/recruit/

■新卒採用
https://herp.careers/v1/netpro/Hbcqja770nt4

■キャリア採用
https://open.talentio.com/r/1/c/netprotections/homes/3260

■テックブログ
https://qiita.com/organizations/netprotections

■弊社CTOインタビュー記事
https://www.fastgrow.jp/articles/netprotections-suzuki

netprotections

July 14, 2022
Tweet

More Decks by netprotections

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 3 ※ 当社は、プライム市場上場の ネットプロテクションズホールディングスの グループ会社です。 会社概要 株式会社ネットプロテクションズ 柴⽥ 紳 2000年1⽉

    1億円 303名(2024年3⽉31⽇現在) 東京都千代⽥区麹町4丁⽬2-6 住友不動産麹町ファーストビル 5階 京都、福岡、愛媛、愛知 NP Taiwan, Inc.(恩沛科技股份有限公司) Net Protections Vietnam Co., Ltd. 株式会社NPファイナンス 商号 代表取締役社⻑ 創業 資本⾦ 正社員数 本社所在地 拠点 グループ会社
  2. 9 当社の後払い決済サービスは20年以上成⻑を継続 2002年のサービス開始以降、累計取引件数は約5.1億件を突破しており、その成⻑は加速しています。 BNPL決済の総合プロバイダーとしてBtoBや海外にもサービスを展開しています。 EC物販 BtoB 物販に留まらない幅広い展開 *1 15歳以上の人口1億1,060万人(総務省統計局人口統計2022年3月1日時点概算値)÷2022年3月期の年間ユニークユーザー数1,500万人により算出。 *2

    日本企業数約367万社(総務省・経済産業省「令和3年経済センサス-活動調査結果」)÷2023年3月期の年間ユニーク購入企業57万社により算出。 *3 ユニーク会員数。 2002 2000 2011 2018 2023 2015 2021 上場 東京証券取引所 に上場 創業 EC物販むけ BNPL サービス特 化BNPL EC全般・ 実店舗BNPL 海外むけ BNPL 企業間 決済サービス 7⼈に1⼈ がNP後払いを利⽤*1 6社に1社 がNP掛け払いを利⽤*2 100万⼈ がAFTEEを利⽤*3 2023年度 取扱⾼ 5,659億円
  3. 16 ▪ コンピテンシーの例 経営視点 ⾼いビジネスリテラシーを持ち、⻑期視点で全体最適を志向した ビジョン創造・問題発⾒ができる 業務遂⾏ 達成すべきゴールを適切に捉え、効率よく円滑にプロジェクト・ 業務のPDCAを回すことができる コラボレーション

    全ての関係者と情報共有・利害調整を円滑に⾏い、⼼理的に安全な 環境・⾵⼟を整え、相乗効果を⽣み出しながら物事を推進できる 成⻑⽀援 個々のメンバーの状況を把握し、成⻑機会をつくり、適切なフィ ードフォワード・フィードバックができる 能⼒・姿勢を多⾯的に評価する「360度評価」。 1⼈ひとりのバンドは、業務関連度の⾼いメンバーからの360度評価により 決まります。評価基準は、成果をあげられるであろう能⼒・⾏動特性「コン ピテンシー」に基づきます。コンピテンシーは、ミッションから落とし込ま れた下記項⽬で構成されています。 Naturaの特徴 ③ 360度評価
  4. 17 ▪エンジニア職における評価理由の例 例1 ⾼い技術⼒に加え、業務・ビジネス理解、業務遂⾏スキルを総合的に 活かして、難易度の⾼い開発プロジェクトマネジメントや技術的な 意思決定を、⼀貫して推進できる能⼒を評価。 「バンド制」「コンピテンシー」だけではなく、 多様な貢献を評価する「B+」制度。 Naturaのバンド定義およびコンピテンシー表では表現できないものを排除 せずに、専⾨性や⻑期貢献などの多様な貢献を評価する仕組みとして「B+

    (びーぷらす)」という制度があります。 他薦/⾃薦があった場合に、1on1⾯談や評価者間にてすり合わせの上で決 定します。対象者は評価理由も合わせ全社に公開され、給与体系はバンド とは別に定義されます。 例2 事業特性を捉えつつ、最新の技術動向を調査しながら、ITアーキテクト として専⾨性を活かし貢献いただいている点を評価。年々規模が⼤きく なるNPにおいて⻑期に渡り貢献が⾒込まれるためB+評価としたい。 Naturaの特徴 ④ 「B+」制度
  5. 19 機密情報以外は、基本的に全社員にフルオープン。財務情報でさえ誰でもアクセスできます。 また、議論の⽂脈をログに残すことを推奨しており、「みんなで思考を紡ぐ」⽂化があります。 情報の透明化で、「みんなで思考を紡ぐ」⽂化へ。 経営指標の徹底的開⽰ P/L、B/S、事業状況、他部 署・経営層の議事録、組織状 況など、機微な情報も含めて 基本的に情報が公開されてお り、全社員の誰でもアクセス

    できます。 ナレッジマネジメント 決定事項だけでなく、議論や 思考のプロセスもログに残し、 可視化する⽂化が浸透してい ます。検索性の⾼いナレッジ マネジメントツールも導⼊さ れています。 戦略レベルでの合議制 事業戦略、組織戦略は関係社 員全員の合議で決めています。 新卒からベテランまでみんな で⽬線をすり合わせて意思決 定します。 ネットプロテクションズの⾵⼟
  6. 25 グループの役割① 国内シェアNo.1※ を誇るサービスを、 もっと世の中へ。 企画からデリバリーまで、⼀気通貫で担う。 BtoCサービス&プロダクトグループは、ネットプロテクションズの 基幹事業であるBtoC通販向け決済「NP後払い」を中⼼に、 プロダクトの企画・開発・デリバリーに取り組んでいます。 国内シェアNo.1※を誇るサービス「NP後払い」サービスのプロダクトビジョンを描

    き、プロダクトのグロースを実現していく機能を担います。サービスの企画、開発、 デリバリー(オペレーションマネジメント含む)に⼀気通貫に取り組むことができ る部署であり、⼤規模なサービスを当事者として世の中に届けていく経験を得るこ とができます。 ※:デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社 ミックITリポート 2023年11⽉号 BtoC後払いサービス市場調査(https://mic-r.co.jp/micit/2023/)より、2022年度年間取扱⾼を参照。 BtoCサービス&プロダクトグループ (NP後払い/NP後払いairの開発組織)
  7. 26 グループの役割② BtoBデベロップメントグループ (NP掛け払いの開発組織) 「⾃由になれる、決済」に、さらなる発展を。 内製化とシステムの刷新で プロダクトの向上を図る。 BtoBデベロップメントグループでは、 BtoB向け決済「NP掛け払い」を中⼼に、法⼈・個⼈事業主の⽅を 対象としたプロダクトの開発を⾏っています。

    NP掛け払いは「⾃由になれる、決済」をコンセプトに、180兆円という広⼤な BtoB決済市場を対象にサービスを展開。さらなるプロダクトの発展・開発速度の向 上を⽬指し、技術顧問や内製パートナーの⼒も借りて、内製化とシステムの刷新に 注⼒しています。既存のシステムを捉えつつ、プロダクトを刷新していくために、 今後の発展を⾒据えた機能構成や、それを積み重ねる⼟台となるアーキテクチャづ くりから関わっていくことができる点が、当グループで働く醍醐味になります。
  8. 27 グループの役割③ atone開発チーム (atoneグループ内の開発組織) サービスの理想を考えながら、 サービスの成⻑を⽀える基盤をつくる。 atone開発チームは、20年以上培ってきた 会員データ・与信データ資産を活⽤しながら、国内どこでも使える BtoC向け会員制決済「atone」の成⻑を⽬指しています。 atoneはネット通販を中⼼に、デジタルコンテンツや、実店舗でも利⽤できる後払

    い決済サービスです。国内どこでも使えるサービスとして成⻑していく中で、膨⼤ なトランザクションをいかに捌いていくかを⽇々考えながら、アーキテクチャの改 善・刷新に取り組んでいます。また、弊社が持つ購⼊者と加盟店のプラットフォー ムを活⽤し、新たな事業を展開していく計画も視野に⼊れています。開発チームの メンバーは、事業部メンバーと⼀体となってプロダクトの理想を考えながら、同時 にプロダクトの成⻑を⽀えていく基盤をつくる、そういったチャレンジの機会が豊 富にあります。
  9. 28 グループの役割④ AFTEE開発チーム (海外グループ内の開発組織) スタートアップフェーズの事業を、 少数精鋭で⽀え、推進する。 AFTEE開発チームは、 台湾/ベトナムで展開される後払い決済サービス「AFTEE」を中⼼に、 事業企画からプロダクトの開発まで推進するチームです。 現地では、事業企画から開発までを少⼈数でスピード感⾼く推進しつつ、⽇本では、

    現地の事業推進スピードを⾼く保つためのシステム基盤の整備や、スピードを⾼め るモダンな技術の導⼊、採⽤などの⽀援をしています。事業理解、技術⼒がともに 問われる少数精鋭の環境だからこそ、⼤胆な挑戦と⾶躍的な成⻑を続けることがで きます。
  10. 29 グループの役割⑤ ソリューション アーキテクト グループ 事業横断でプロダクトシナジーを⽣み出す 開発組織を⽬指す。 ソリューションアーキテクトグループでは、技術的なリードを担い、 システムアーキテクチャの策定や品質の向上、技術評価やトレンド調査、 技術戦略の策定など、ビジネス⽬標達成のための

    最適なソリューションを提供することをミッションにしています。 ソリューションの視点から事業横断的にプロダクトシナジーを⽣んでいける⾵⼟づ くりを⽬指しています。事業プロダクトの成⻑に伴い、短期的な視点による開発で はなく、プロダクト横断で中⻑期を⾒据えた構造の⾒極めと構築を⾏える組織を設 置することで、⼤きな事業推進につなげていきます。⾼度なITの知⾒を持つメンバ ーが集まることにより、社内におけるアーキテクチャ構築ナレッジが蓄積し、全社 の開発⽣産性を上げられるよう取り組んでいます。
  11. 30 グループの役割⑥ データサイエンス グループ 創業から20年以上培ってきたデータを活⽤し、 「⾮連続的」な成⻑のきっかけを発⾒する。 データサイエンスグループでは、データサイエンスが 会社の将来的な価値を維持し⾼める重要な領域であることを強く認識し、 担うべき⼈材の採⽤と成⻑⽀援を推進しています。 ⽬指すのは、「⾮連続的」な成⻑のきっかけを発⾒することです。そのために注⼒

    することは、技術研究リード、全社のデータ基盤整備、データガバナンスの維持、 検証する⽂化の醸成です。⼀般的なデータサイエンスグループと⽐較して守備範囲 が広く、その分⼤きな役割を担うビジョナリーであることが特徴です。データの価 値が⾼いからこそ、特定の技術に固執する必要がなく、データが活⽤されている世 界にわくわくできるのが特徴的な⾯⽩さです。
  12. 31 グループの役割⑦ DevHRグループ 事業拡⼤やワークスタイルの変化に対応できる、 強いエンジニア組織をつくる。 DevHRグループは、ネットプロテクションズのプロダクト/ システムに関わる組織・⼈材の活性化に向けた業務(採⽤・育成・評価・ 配置・労働環境など)を、全社横断的に推進・⽀援することを ミッションとしています。 会社全体の組織・事業拡⼤に加えて、エンジニアリング領域の戦略的な強化が⾒込

    まれており、エンジニアをはじめとしたプロダクト/システムに関わる⼈材がいき いきと活躍できる組織づくりは⾮常に重要な役割です。 また、弊社の特徴であるフラットな組織形態・⽂化、かつ各チームの⾃律性を尊重 した組織運営の中で、DevHRでは各チームの負荷削減や複雑性の⾼い課題の解決を ⽬指します。
  13. 32 グループの役割⑧ Work Style Design チーム (総務&WSDグループのDX推進チーム) ⾃由な働き⽅と⾼度なセキュリティを両⽴した、 「社内DX」を推進する。 総務&WSDグループでは、ネットプロテクションズで活動するメンバー

    の 「働く環境」をITのアプローチでつくり上げています。 多様な変化に合わせて⾃由な働き⽅を推進しつつも、決済サービス提供企業に求め られるセキュリティを維持する。そうした⼀⾒相反する働く環境を実現することが 求められます。従業員が利⽤するコンピュータ、アプリケーションから、オフィス ネットワークまで、働く環境をマクロに⾒て全体設計を推進。IT知識だけではな く、ROIを思考するビジネス観点や、全従業員を巻き込んだプロジェクト推進な ど、多様な⼒を鍛えることができます。
  14. 40 選考について(新卒採⽤) 新卒エンジニア職の選考は、下記のように進⾏します。 ①エントリー 上記サイトから エントリー してください ②コーディングテスト コーディングテストを 受けていただきます

    ③⾯接(3回) ⾯接はお互いに マッチングを図るため 1〜1.5時間かけて 対話形式で⾏います ④内々定 内々定です ◎原則オンラインで実施します
  15. 41 選考について(中途採⽤) 中途エンジニア職の選考は、下記のように進⾏します。 ①エントリー 上記サイトから エントリー してください ②カジュアル⾯談 ご希望の場合 選考前に弊社社員と

    お話しいただくことが 可能です ③書類選考 エントリー書類と ポートフォリオを もとに選考します ④⾯接(2〜3回) ⾯接はお互いに マッチングを図るため 1〜1.5時間かけて 対話形式で⾏います ⑤内々定 内々定です ◎原則オンラインで実施します ◎ポジションによっては 「リファレンスチェック」 「適性検査」を実施いただく 場合がございます