ニューロスペース会社紹介資料 / company-info

ニューロスペース会社紹介資料 / company-info

【2020.7.1更新】
公開しました。

【ニューロスペース会社紹介資料】
ニューロスペースに興味をお持ちいただいた方へ、ニューロスペースをもっと知っていただくための会社紹介資料です。

▼コーポレートサイト
https://neurospace.jp/

▼Wantedly
https://www.wantedly.com/companies/neurospace

▼note
https://note.com/neurospace_jp

F7a78368bcbd4a5ee3dbd57d7c307515?s=128

NeuroSpace

July 01, 2020
Tweet

Transcript

  1. ニューロスペース 会社紹介 2020年6月更新

  2. 2 目次 1. 会社概要 2. 事業紹介 3. Vision, Mission, Value

    4. 組織 5. 働く環境 6. 開発体制 7. 採用について
  3. 3 会社概要

  4. 4 会社概要 会社名 株式会社ニューロスペース NeuroSpace Co., Ltd. 代表者 小林孝徳 所在地 東京都墨田区横川1-16-3

    横川倉庫2F センターオブガレージ 設立 2013年12月 役員 代表取締役社長 CEO 小林孝徳 取締役 CTO 佐藤牧人 取締役 COO 北畠勝太 社外取締役 山家創 監査役 江戸川泰路 従業員数 21名*CxO含む(2020年5月現在)
  5. 5 沿革 2013年12月 代表小林がニューロスペースを設立 2016年3月 睡眠改善プログラム、野家様へ初導入 2016年12月 第三者割当増資にて資金調達 2017年10月 野家様と実証実験を開始/NEDO助成援事業に採択

    2017年10月 第三者割当増資にて資金調達 2018年9月 ANAHD様と共同開発・実証実験を開始 2018年10月 ANAHD様との共同開発がNEDO助成事業に採択 2019年3月 KDDI様と「睡眠」×「ホームIoT」サービス提供開始 2019年5月 イスラエルEarlySense社と業務提携 2019年6月 法人向け睡眠習慣デザインプログラム「lee BIZ」提供開始 2019年7月 第三者割当増資にて資金調達 融資含め総額5.1億円の調達でシリーズAラウンドを完了
  6. 6 沿革 2013.12設立@東京九段下 2016.6「nemee」OPEN (現在はCLOSE) 2016.3 睡眠研修プログラム初導入 2017.6 CTO佐藤参画 2017.9

    秋葉原へ移転 2017.11 COO北畠参画 2018.3 墨田区横川へ移転 2019.6 lee BIZ提供開始 2019.12 Ruby bizグランプリ入賞 2019.3 メンバー10名 2020.3 メンバー17名 2020.5 メンバー21名
  7. 7 代表紹介・メッセージ 小林 孝徳 代表取締役社長 CEO 新潟⼤学理学部素粒⼦物理学科卒、受験生から社会人時代ま で自身の睡眠障害の経験をきっかけに現代人が抱える睡眠に 関する悩みや障害に対して問題意識を抱き、2013年に株式 会社ニューロスペースを設立、睡眠の悩みを根本的に解決す

    べく、大学や医療機関と連携し『法人向け 睡眠改善プログ ラム』を開発し、吉野家やDeNA、Panasonicなど大手企業 を中心に数10社へ導入  私たち人類が誕生してから20万年の歴史が営まれ、社会は資 本主義のもと、より効率化・合理化を目指し、ついに睡眠さえ も「いかに短縮・効率化できるか?」を追求し、人間は睡眠の 標準化を図ろうとしています。  そんな時代に私も生まれ、学生時代そして社会人になってか らも辛い睡眠障害で苦しんでいました。睡眠は、ダイエットや 病気と違い、見た目や痛みに表れにくいため、今日の睡眠が自 分に適切なのか知ることが困難です。また「どうやったら睡眠 の質が良くなるのか」「どのような事が睡眠に悪影響を及ぼす のか」といった所謂「睡眠の技術」を知る機会がないことか ら、多くの人々が理由も分からず睡眠に悩まされているのが現 実です。  ニューロスペースはその社会問題を解決するため、睡眠を正 しく知りそして最高の眠りを実現するテクノロジーの研究開 発、そして誰もが睡眠のプロフェッショナルになれる「睡眠の 技術」を習得できるプラットフォームを構築して参ります。 そして、今日私たちがレストランで食事を楽しむように、いつ か人々が最高の笑顔で毎日の睡眠を楽しみ仕事とプライベート を120%充実できる社会を創出していきます。
  8. 8 経営陣 取締役・CTO 佐藤 牧人 テキサス大学サウスウェスタン医学センター 生物医療工 学(修士)、統合生物学(Ph.D.) 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)研究員を経 て、2017年6月当社取締役CTO就任 博士課程~研究員時代に、マウス脳波・筋電図用電極埋込

    手術の最適化、睡眠自動判定ソフトウェア開発、1万匹の マウス睡眠データベースの構築、次世代ゲノムシークエン ス等の技術プラットフォームすべてを網羅した大規模マウ ス睡眠測定/自動解析システムの新規開発に従事。 取締役・COO 北畠 勝太 大阪府立大学工学部卒業 コンサルティングファーム2社を経て、事業の当事者とし て意思決定や経営を担うことを志し、医療×ITのベン チャーであるエムスリー株式会社に入社。製薬企業・医療 機器メーカー向けのデータ事業の事業責任者(カンパニー 長)として売上数十億円規模の事業へと成長を牽引。 2017年11月当社取締役COO就任。 社外取締役 山家 創 監査役 江戸川 泰路
  9. 9 事業紹介

  10. 10 睡眠について知っていますか? 日本人の平均睡眠時間 442分(7時間22分) (OECD「Gender data portal 2019」) 「人はなぜ眠るのか?」は 実はまだ解明されていない

    睡眠の謎を解明し、人々の睡眠課題の解決に挑む 人は眠らずにはいられない 睡眠による休養が充分とれていない人 週60時間以上の勤務で40.8% (厚生労働省:平成30年「国民健康・栄養調査」) 生活習慣病とも密接な関係 (e-ヘルスネット「 睡眠と生活習慣病との深い関係」) 勤務間インターバル制度 (厚生労働省「働き方・休み方改善ポータルサイト」) 夜型から朝型になれる?
  11. 11 このロゴはなに? ~みんなの眠りのなかに~ s p

  12. 12 ニューロスペースのコアバリュー HR 専門性の高いチーム ・睡眠基礎研究に従事した研究者 ・臨床検査技師 ・データサイエンティスト 個人差を鑑みた解析 ・サイエンス・エビデンスベース で構築した個人差を鑑みた解析ア

    ルゴリズム Data Know how Solution 精緻な可視化 ・医療機器計測(PSG)相関率92% ・非接触型、寝具下へ挿入型 最適なソリューション ・80社 1 万人を超えるビジネスパーソ ンの睡眠改善を継続してきた実績 ・日勤、シフト勤務、時差など様々な職 種業界ごとの睡眠データの蓄積
  13. 13 睡眠習慣デザインプログラム 「lee BIZ」 見える化 習慣形成 改善効果 レポート センサー・アプリ 研修

    研修 研修 lee BIZ(リー・ビズ)は、職場みんなで良い睡眠習 慣を身につけるための3ヶ月のプログラムです。 専用のSleepセンサーで、従業員の睡眠を可視 化。データをもとに、アプリが、一人一人にあっ た改善プランをご提案。改善までの道のりをガイ ドします。
  14. 14 睡眠改善プログラム lee BIZ以外にも、様々な形でプログラムを提供しています。 集合研修 ワークショップ オンラインセミナー

  15. 15 ホームIoT事業協業 スマートマットレス発売 睡眠計測デバイスを活用した睡眠データと、 KDDI株式会社が展開するホームIoTサービス 「au HOME / with HOME」が連携した睡眠

    アプリを展開し、人々の健康・生活の質向上 に資する睡眠サービス。 フランスベッド株式会社より睡眠計測デバイ スがあらかじめ内蔵されたスマートマットレ スを発売、自身の睡眠をモニタリングし、睡 眠改善のためのアドバイスを受け取ることが できるサービス。
  16. 16 海外渡航者向け 時差ボケ調整アプリの共同開発 ANAホールディングス株式会社と時差ボケ を伴う海外渡航者向けの時差ボケ調整ソ リューションを共同開発、ANA社員での時 差ボケ調整アプリの実証実験を経て、一般 ユーザー向けの展開を予定。 (2018年度NEDO SCA助成事業に採択)

  17. 17 運送事業者向け 睡眠改善アプリの共同開発 日野自動車株式会社と共同で、運送事業者の 安心・安全な運行に貢献するため、ドライ バー に対し睡眠改善のアドバイスをするス マートフォンアプリを開発。腕時計型の睡眠 計測デバイスで取得したデータに基づいて、 ドライバー一人ひとりに適した睡眠アドバイ

    スを提供。 現在、NEXT Logistics Japanと そのパートナー 企業で実証実験中。
  18. 18 個人向け睡眠セミナー 2020年よりセミナーを中心に 個人向け睡眠サービスを展開

  19. 19 Vision Mission Value

  20. 20 Vision 私たちの潜在能⼒が解放された世界へ Where our true potential is unlocked. ⼀⼈ひとりが⾃分にあった睡眠をデザインし実践できたとき、⼈は本来の潜在能⼒を引

    き出すことができる。良い眠りが取れたとき、⾒えなかった選択肢が⾒え、選べなかっ た未来を選ぶことができる。私たちがめざすのは、そんな睡眠が当たり前になった世 界。私たちにとって、睡眠はゴールへの⼿段であり、究極のゴールでもある。
  21. 21 Mission ⼀⼈ひとりにとって最善の睡眠デザインを後押しする Empower people to design the best sleep

    for each one. 睡眠が尊重される社会を実現する Realize the society that respects sleep. 睡眠の謎を紐解く Unwind the mystery behind sleep.
  22. 22 Value 違いをリスペクトしよう。しなやかなチームになろう。 Respect the difference. Be a resilient team.

    飽くなき探究⼼を持とう。限りなき好奇⼼を持とう。 Have ambitions. Have curiosities. 困難と向き合おう。⼀歩⽬を踏み出そう。 Take the difficult path. Take the first step. ⾃分から動こう。⼈々に伝えよう。 Create your action. Evangelize people.
  23. 23 組織

  24. 24 従業員数推移 平均年齢 37.3歳

  25. 25 メンバー属性①

  26. 26 メンバー属性② 理想の 睡眠時間 クロノタイプ (朝型/夜型)

  27. 27 働く環境

  28. 28 社内制度、福利厚生 ニューロスペースは「睡眠ファースト」の考えをもとに、従業員みんなの睡眠を尊重した働き方ができるよ うな制度や福利厚生を推進しています。 フレックスタイム制 コアタイム 11:00-15:00 有給休暇 入社月に付与 仮眠

    1日30分以内(有給) リモート勤務制度 正社員は2タイプ フルタイム・時短切替可能 完全週休2日制 学び手当 一事業年度5万円以内 PC選択OK フリードリンク
  29. 29 利用しているツール メール GSuite(GMail) ドキュメンテーション GSuite, Microsoft Office データストレージ GSuite(Google

    Drive) コミュニケーション Slack Wiki Notion web会議 zoom, GoogleMeet ビジネス Zoho(CRM, Desk, Survey, Campaigns) 経費精算 マネーフォワード 人事・勤怠・給与明細 SmartHR, スプレッドシート
  30. 30 チームワーク 課題 仮説 データ 結果 考察 検証 開発 実行

    Business R&D Engineering ALL Engineering Business 例:lee BIZのアップデートを行う場合 ユーザー向けの研修プログラムの開発とアプリ開発の両面があるため、各過程において各メンバーが 適宜やり取りを行いながら仮説検証を実施します。 常に全体の状況を把握しながら、自分が入るべき場面においては積極的に介入します。
  31. Technology 31 睡眠 x テクノロジー x サイエンス どの領域も重要で、それぞれの面白さがあります ・デバイスの普及 ・簡便性、精度向上

    ・予測性能の向上 ・睡眠の質の定義 ・睡眠モデル ・睡眠と行動の関係性 ・働き方改革 ・睡眠改善ノウハウ ・行動変容 睡眠の謎を紐解く ⼀⼈ひとりにとって 最善の睡眠デザインを 後押しする 睡眠が尊重される 社会を実現する Science Sleep
  32. 32 社内イベント 全体定例MTG 懇親会 料理対決 合宿 食べてばかりかも・・・ 料理合宿 第2回合宿 懇親会

    懇親会(料理対決) 全体定例MTG
  33. 33 クロノタイプ別 1日の過ごし方の例 朝  型 夜  型 8:30 10:30 12:00 13:30 17:00 15:00

    19:00 MTG(ALL朝型) 研修最終確認 研修開催 ランチ&仮眠 Issueの確認 ランチ&仮眠 勉強会に参加 客先アポイント 子どものお迎え 仕様打ち合わせ 開発タイム
  34. 34 入社した理由 新しいマーケットを切り開 き、営業活動、組織運営を 主体的にリードし、ビジネ スの拡大を肌感持って経験 してみたい ゼロイチで価値を創り、お 客様に届けきるところまで やれる喜びややりがいを感

    じた(育休インターン) 困難にぶちあたっても、一 緒に乗り越えることのでき るチームメンバーだと感じ た 睡眠を解明していくサービ スへのチャレンジと、事業 としての面白さ、ポテン シャルを感じた 人間が生きていくうえ で、睡眠は食事と同じく らい大事な要素なのに、 可視化できていなかった ために軽視されてきた。 この未知なる分野に挑戦 していることに共感、自 身も携わりたいと思った 働くことを想像するとむ ちゃくちゃわくわく出来 た。 自身の仕事にもっと 手触り感を感じたい 人柄が良さそうなところ が、仲間やチームで大きい ことを成し遂げるという自 分の価値観とマッチした 睡眠は大事な役割があり、 そういった子どもを持って 困っている人も多いか も?、これはいろいろな可 能性がありそうと思った 会社として0→1、1→10く らいのフェーズの何でもト ライできそうな環境 Respect Ambitions Curiosities Action Evangelize メンバーの大人感が他にはな い魅力 睡眠の重要性を多くの人に 知ってほしい 会社全体の雰囲気に温かみを 感じた
  35. 35 メンバーのこだわり わくわく 相手の話を聞く 現場主義 前向き 忖度しない コツコツ 分かち合う 全体最適>部分最適

    相手の立場に立つ 顧客視点 使ってもらってナンボ 喜んでもらう 自分ごと ファクトとロジック スピード 100点より80点 熱く冷静に 睡眠 対等 どんな状況も楽しむ
  36. 36 2020年2月~のwithコロナ期の対応~こんな感じです~ 2月 3月 4月 5月 6月 出社>リモートワーク フルリモートワークへ移行 出社は許可制

    リモートワーク>出社 2名入社 1名入社 3名入社 2名入社 商談オンライン化移行期 商談完全オンライン化 オンライン・オフラインは 状況に応じて切り替え 研修・セミナー オンライン化移行期 研修・セミナー 完全オンライン化 オンライン・オフラインは 案件に応じて切り替え フレックスタイム制度 オンラインメイン オフラインは状況に応じて 社内MTG オンライン移行期 社内MTG完全オンライン化
  37. 37 開発体制

  38. 38 開発体制 App Backend Infrastructure Project C lee BIZ Project

    F Real Sleep(™) R&D A エンジニアは主担当のプロダクト[★]を持ち、同時に他のプロダクトにもサブ担当とし て関わります。複数のエンジニアによる多角な視点で開発を行っています。 C E partner partner B C partner ★D A partner F G C A A A ★B C A
  39. 39 開発の流れ コードレビュー CI デプロイ 仕様確定 実装 リリース リリース リリース

    リリース リリース コードレビュー CI デプロイ 仕様確定 実装 コードレビュー CI デプロイ 仕様確定 実装
  40. 40 システム構成

  41. 41 システム構成(lee BIZの例)

  42. 42 開発チームの利用ツール 言語・フレームワーク Ruby, PHP, Swift, ReactNative, Ruby on Rails,

    Laravel DB MySQL バージョン管理 Git リポジトリ管理 GitHub インフラ AWS, Heroku CI AWS CodeBuild コミュニケーション Slack ドキュメンテーション Notion BTS ZenHub
  43. 寝具環境が異なる 一人ひとりソリューションが異なる 行動変容を促す 解明されてないことが多い 一人ひとり最善の睡眠が違う 睡眠を重視する価値観がまだ一般的ではな い 異なる業界(航空、運送など)に接する ビジネス側のメンバーとプロダクト開発す る

    計測デバイスを扱う 睡眠に関する時間の扱いがややこしい 睡眠に関する計算式を実装する 睡眠に関する動作確認に手間がかかる 43 開発チームのとりくむ領域と特徴 ビジネス 技術 睡眠 生活者
  44. 寝具環境の比較テスト ヒアリング アナログソリューションの仮説検証 最新情報を収集 社内勉強会への参加 睡眠計測と行動変容を実行 業界情報の収集 顧客先のワークショップに参加 現場ヒアリングへの同行 ハードウェアのプロトタイプ開発

    擬似的に時差状況を作り出しての動作確認 計算式を試行錯誤しやすい設計 44 開発チームのとりくみ例 ビジネス 技術 睡眠 生活者
  45. 45 あんなことやこんなこと① 開発チームでLT イベントでLT PWAでプロトタイプ開発 Flutterどう? SwiftUI試してみた 博士の異常な愛情 (IoT機器プロトタイピング比較) 脳の迷宮を探る

    Speaker Deck Speaker Deck
  46. 46 あんなことやこんなこと② 第5回 Ruby biz グランプリ Emerging Industry賞 を受賞 睡眠習慣デザインプログラム

    lee BIZ(リー・ビズ) 第5回Ruby biz グランプリ 受賞企業 審査委員長 まつもとゆきひろ氏からのコメント スリープテックの領域に対する関心は高まりつつあ り、睡眠計測デバイスを活用した睡眠の可視化・改善 の取組は注目度が高い。
  47. 47 採用について

  48. 48 採用選考フロー ※フローや選考期間は変更になる場合があります。 カジュアル面談 もっと知っていただくために弊社のご紹介とご質問にお答えします。 (選考要素はありません/オンライン) カジュアル面談時にご案内 or 弊社採用ページよりご応募ください ※エンジニアは技術課題があります

    スキルやカルチャーのミスマッチを減らすため、ディスカッションをしながら フィット感をすり合わせていきます。(オンラインorオフライン) 00 応募・書類選考 01 面接(複数回) 02 お試し入社 03 最終面接 04 1日~数週間程度、MTG参加やPRなど業務を通じてお互いの理解を深めます (出社1~2日程度、リモート数週間程度/業務委託契約/詳細応相談) 入社 05 代表の小林がお会いします(オフライン) ご応募から約1か月程度で内定となります