独自ブロックチェーンで作る請求書システム

575f07cb2167fb10b779488b8ecaa2c7?s=47 newsnow
October 17, 2019

 独自ブロックチェーンで作る請求書システム

LiskSDKとJavascriptで簡単に作成できる請求書システムのデモ

575f07cb2167fb10b779488b8ecaa2c7?s=128

newsnow

October 17, 2019
Tweet

Transcript

  1. 2019/10/17 Blockchain Kyoto #18 独自ブロックチェーブロックチェーンでで 作る請求書システる請求書システム請求書システムシステム

  2.  ARATA(@bc_kyoto)  ブロックチェーン京都京都  元ビジネスコンサビジネスコン京都サルタン京都ト  超上流から下流へ。現から下流へ。現在は下流から下流へ。現へ。現在はシステム現在はシステム開発はシステム開発もシステム開発も。開発も。も。現在はシステム 自己紹介

  3. スマートコン京都トラクト VS 独自ブロックチェーブロックチェーン京都

  4. ✔ 改ざん検証が可能ざん検証が可能検証が可能が可能可能 ✔ メイン京都チェーン京都や他チェーンの他チェーンのチェーン京都の 影響を受けない(与を受けない(与え受けない(与えなけない(与えない)与えない)えない) ✔ 多階層でのカスタマイでのカスタマイズ性性 ✔ イン京都ターオペラビリティ

  5. ✗ バリデーター問題 ✗ セキュリティ問題 ✗ ガバナン京都ス問題

  6.  ユーザー(与えない)read)  ユーザー(与えない)write)  ユーザー(与えない)edit)  バリデータ(与えない)ブロック承認)  プロポーザ(与えない)ブロック提案)

     オブザーバー(与えない)不正監視)  コミッティ(与えない)プロトコル管理)  ノード管理者管理者  開発も。者 … etc  ビザン京都チン京都  ハッカー  ライバル パーミッションでレス?
  7. 例えばえば ➔ Tendermint or CosmosSDK ➔ Substrate ➔ LiskSDK ➔

    (Mijin) ➔ (Hyperledger) ...
  8. Lisk SDK

  9. The Lisk SDK aims to provide an easy and reliable

    software development kit for building blockchain applications which are compatible with the Lisk Protocol. The architecture of the Lisk SDK has been designed so that it can be extended to meet the requirements of a wide variety of blockchain application use-cases. The codebase is written entirely in JavaScript, which means for a majority of developers, no significant change of tools or mindset is required to get started. The Lisk SDK makes every effort to allow developers to focus simply and purely on writing the code that matters to their own blockchain application, and nothing more.
  10. アーキテクチャー

  11. None
  12. None
  13. None
  14. 開発の3ステップの3ステップステップ

  15. 1. 開発も。環境を整えるを受けない(与え整えるえる - Nodejs v10.15.3 - PostgreSQL v10+ - (Redis

    v5+) 2. SDKを受けない(与えイン京都ストール $ npm install lisk-sdk 3. カスタマイズ性する
  16. カスタマイズ (4パターンで)

  17. 1. Config & Setting > 設定変更 2. Custom Transaction >

    ビジネスロジック(与えない)ステート変更ルール) 3. Module > チェーン京都ロジック,ネットワーク,テーブル 4. Component > データベース,ログ
  18. DEMO

  19. Cosmosや他チェーンのSubstrateの方が全体的構成やが可能全体的構成やプロトコルや他チェーンのプロトコル の重厚感があり、プロジが可能あり、プロジェクトとプロジェクトとしての安定性はシステム開発もあ るものの、プロジェクトと習熟コストは高い。コストはシステム開発も高い。い。現在はシステム Liskはシステム開発もプロトコルが可能シン京都プル(与えない)貧弱)な分、プロジェクトとカスタ マイズ性性が可能高い。いので、プロジェクトと使い勝手においてい勝手においては一歩においてはシステム開発も一歩リーリー ド管理者。現在はシステム プロジェクトの要件次第で棲み分けていで棲み分けていく印み分けていく印象分けていく印象。印象。現在はシステム まとめ

  20. Thank you

  21. 議論しましょう!しましょう!