Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Blockchain Kyoto #12

575f07cb2167fb10b779488b8ecaa2c7?s=47 newsnow
February 20, 2019

Blockchain Kyoto #12

575f07cb2167fb10b779488b8ecaa2c7?s=128

newsnow

February 20, 2019
Tweet

Transcript

  1. 2019/02/20 Blockchain Kyoto #12 「Javascriptで簡単スマートコントラクト」

  2. 自己紹介 ARATA(@newsnow) もとはビジネスコンサルタント 超上流から川下り中 現在の本業は「父親」

  3. ブロックチェーンは価値移転だけでなく、価値の再定義 や新しい価値観の創造を可能にしてくれる… 背景にあるイデオロギーや時流を含めて捉えないと、既 存技術との比較になってしまいがち。 より多くの人に関心を持ってもらうためには、まずはとっ つきやすいことが大切!

  4. ということで、応援したいプロジェクト Lisk(Sidechain Development Kit) Cosmos(Interoperability) IOST(Better Blockchain)

  5. 本日のテーマは、 IOST 2月25日 メインネットリリース!

  6. あらかじめ… 通貨の価格については関知しない 仕様変更は大いにありえる

  7. IOST(Internet Of Services Token)とは 高セキュリティ 高い分散性(...10,000node) 超高TPS(8000TPS→...100,000TPS) =>「トリレンマ問題」の一つの解を目指すプロジェクト

  8. トリレンマ問題 ETHはスケーラビリティを犠牲 EOSは分散性を犠牲 IOSTはETHよりも400倍以上速く、EOSの10倍の分散化

  9. IOSTは少し特殊なパブリックブロックチェーンプロジェク トです。IOSTの最も大きな特徴は、EOSよりもさらに「非 中央集権化」を実現し、イーサリアムよりさらにスケーラブ ルだという点です。 - Terrence Wang(CTO)

  10. 概要・特徴 Javascriptでスマートコントラクトが書ける コントラクトは後からアップデート・削除可能(※) コンセンサスは「Proof of Believability」 貢献方法(ノード運営・パートナー・開発・バウンティ) 投票制度があり、投票者にも報酬あり アドレスではなくアカウントで管理 送金手数料は無料(IOSTではなくiGASを消費)

    シャーディングによるスケール(予定) (※)コントラクト自体を削除することはできない
  11. +α ICOせずに資金確保 PBFTを限りなくパブリックに 発行枚数は多い EthreumよりもEOSに対抗心(検閲耐性重視) 本部開発者との連絡はスムーズ CTOのテリーはすげーイイ奴

  12. とりあえずデモ (※開発環境は、go getから自分でbuildする方法とDockerを利用する方法があります が、特に理由がない場合は、Docker利用が推奨されています。)

  13. 開発手順 1. コントラクトコードを作成(jsファイル) 2. コントラクトのコンパイル(abiファイル生成) 3. abiファイルの修正(paramsチェック) 4. コントラクトをブロードキャスト 5.

    コントラクト実行 6. レシート確認 [参考]IOST スマートコントラクトの基本的な書き方
  14. javascript class HelloWorld { init() { storage.put("user", "bckyoto") } sayHello()

    { let user = storage.get("user") return "hello, "+ user } change(newone) { storage.put("user", newone) } } module.exports = HelloWorld;
  15. abi { "lang": "javascript", "version": "1.0.0", "abi": [ { "name":

    "sayHello", "args": [], "amountLimit": [] }, { "name": "change", "args": [ "string" ], "amountLimit": [] } ] }
  16. command // abiファイル作成 iwallet compile helloworld.js // コントラクト発行 iwallet publish

    helloworld.js helloworld.js.abi --account admin // コントラクト実行 iwallet call <contractID> "sayHello" '[]' --account admin // コントラクト実行 iwallet call <contractID> "change" '["newname"]' --account admin // レシート確認 iwallet receipt <transactionID> // アップデート iwallet publish -u helloworld.js helloworld.js.abi <ContractID> --account admin
  17. スマートコントラクトの操作方法 RPC gRPC iwallet API json curl SDK

  18. iwallet

  19. デモ (SDK / Token20 / Token721 / 画像バイナリ)

  20. Token20 create(tokenSymbol, issuer, totalSupply, configJson); issue(tokenSymbol, to, amountStr); transfer(tokenSymbol, from,

    to, amountStr, memo); transferFreeze(tokenSymbol, from, to, amountStr, unfreezeTime, memo); destroy(tokenSymbol, from, amountStr); balanceOf(tokenSymbol, from); supply(tokenSymbol); totalSupply(tokenSymbol);
  21. Token721 create(tokenSymbol, issuer, totalSupply); issue(tokenSymbol, to, metaData); transfer(tokenSymbol, from, to,

    tokenID); balanceOf(tokenSymbol, from); ownerOf (tokenSymbol, tokenID); tokenOfOwnerByIndex(tokenSymbol, owner, index); tokenMetadata(tokenSymbol, tokenID);
  22. transfer CLICK ME アプリからSDKを介して送金することもできます

  23. ユースケース [参考]Flagship DApp パートナープログラム

  24. ◆慈善事業(チャリティー) オペレーションと資金使途、寄付、クラウドファンディング、エンド・トゥー・エンド・トラッキングの透明 性 ◆アート 偽造と真正性、来歴と所有権、記録保持、入札プロセスとアーティストへの支払い ◆ソフトウェア開発 オープンソース開発、クラウドファンディング、レベニューシェアと著作権(IP) ◆教育 学歴と証明書、アプリケーション手続き、リモート学習、費用と決済 ◆フィンテック&インシュアテック(保険)

    国際送金、ファイナンシング&ローン、信用格付けと記録保持
  25. ◆ゲーム コレクション、ゲーム内アセット、ゲーム内決済、クラウド・ファンディングと開発の透明性 ◆サプライチェーン 認証と偽造、来歴と調達、記録保持、企業間契約、エンド・トゥー・エンドの可視性と追跡 ◆メディア&エンタメ マイクロペイメント、アーティストへのロイヤルティー、P2P販売、デジタル所有権と公平な決済メカ ニズム ◆マーケットプレイス&イーコマース 決済処理とセキュリティ、注文の履行と追跡、決済の清算と確定、信憑性と所有権

  26. 難易度↑

  27. アーキテクチャとモデル 1. IOST Economic Model 2. PoB Consensus 3. Smart

    Contract System 4. IOST Virtual Machine (IVM) 5. High Performance Storage Layer 6. Decentralized Network layer
  28. 1. IOST Economic Model Contribution Economic Model IOST / iGAS

    / iRAM HFFS(Highest-Fee-First-Serve) No Transaction Fee [参考]iGAS/iRAM
  29. SystemModel Advantages ETH 所有権 1. アカウントを無料で作成 2. ネットワーク使用と負担に対する不公平感は少ない 3. ガス料金は明確

    EOS レンタル 1. ネットワーク全体のトークン数・利用可能リソース数? 2. システム利用時はトークンをデポジット(消費しない)。大規模アプリケーショ ンもサポート可。 3. ユーザはRAMを解放する動機があるので、データの拡張問題を低減 IOST 貢献 1. アカウントの作成は低コストで簡単 2. 貢献すればするほとシステムリソースを多く利用可能 3. トークンをデポジットしてGASを取得(トークンは消費しない) 4. ガス価格設定により大規模デポジットによるトークン希薄化を回避 5. システムリソースをCPUとストレージに分けてリソース低利用率を回避
  30. Resources abstraction

  31. Transaction Scheduling Model

  32. 2. PoB Consensus Servi Committee Frequent Rotation [参考]Introducing PoB

  33. Servi

  34. 3. Smart Contract System Plug-and-play Multi-language Support Domain Name System

    Account Permission System(Flexible Access Control) Result of Consensus Receipt Event Topics Subscription [参考]Smart Contract Quick Start
  35. 4. IOST Virtual Machine (IVM) Chrome V8VM Ensuring Security [参考]VM

  36. Virtual Machine

  37. Sandbox

  38. 5. High Performance Storage Layer LevelDB Multiversion Concurrency Control WAL

    [参考]Database
  39. StateDB

  40. 6. Decentralized Network layer Protocol Buffers Snappy Kademlia Bloom Filter

    UPnP [参考]Network layer
  41. まとめ 我々には他のブロックチェーンプラッ トフォームと違うことをしているという 自負があります - Terrence Wang(CTO)

  42. 参考URL WHITE PAPER Document BUILDING A BETTER BLOCKCHAIN TACKLING THE

    SCALABILITY TRILEMMA Everest v2.0 極度妄想さんのレビュー Meet IOST