Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Google Cloud Updates 2022/06/01-06/15

Google Cloud Updates 2022/06/01-06/15

Norio Nishioka

July 08, 2022
Tweet

More Decks by Norio Nishioka

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Google Cloud アップデート 2022 06 / 01 - 06 /

    15 グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2022 年 7 月 4 日
  2. Proprietary + Confidential Google Cloud アップデートに関するご意見・ご要望 https://bit.ly/3yOqgVG ・ご意見 / ご要望

    ・感想 ・利用用途 etc
  3. Proprietary + Confidential はじめに 本資料は以下 URL から公開情報をもとにアップデートを一部紹介しています https://cloud.google.com/release-notes

  4. Google Cloud アップデート サマリー 2022-06-01 ~ 2022-06-15 4

  5. Infrastructure Modernization 5

  6. Cloud DNS [6/13] Cloud DNS において 特定のリソースに対する IAM 権限を付与することが Preview

    で可能となりまし た。 特定の読み取り、書き込み、または管理者権限を同じプロジェクトの異なるゾーンに対して設定することが できます。 詳細は 特定の IAM 権限を持つゾーンを作成する を参照してください。
  7. Cloud Load Balancing [6/6] 外部 TCP / UDP ネットワーク負荷分散は、負荷分散 GRE

    トラフィックをサポートするようになりました。 GRE プロトコル トラフィックを処理するには、ロードバランサの転送ルール プロトコルを L3_DEFAULT に設 定し、バックエンド サービス プロトコルを UNSPECIFIED に設定します。 詳細については、以下を参照してください。 • バックエンド サービスベースの外部 TCP / UDP ネットワーク負荷分散の概要 この機能は、一般提供(GA)で利用できます。
  8. Cloud Monitoring [6/3] Preview のアラート インターフェイスを使用するときに Cloud Console を使用して、アラート ポリシー

    のユーザ ラベルを追加、編集、および削除できるようになりました。ポリシー ラベルを設定するには、ポリ シーを編集して、[通知と名前] の手順に進みます。詳細については、 アラートポリシーを作成する を参照し てください。 • 補足 ◦ 以前のインターフェース ◦ プレビューのインターフェース
  9. Cloud Scheduler [6/9] 一時停止された Cloud Scheduler ジョブを編集できるようになりました。 cron ジョブを作成して構成す る

    を参照してください。
  10. Cloud Storage [6/2] ターボ レプリケーション は一般利用が可能( GA)となりました。

  11. Compute Engine [6/15] カスタム ファイアウォール ルールを使用すると、 Cloud Console の SSH-in-browser

    接続が失敗す る可能性があります。回避策については、既知の問題 : Cloud console SSH-in-browser connections might fail if you use custom firewall rules を参照してください。 [6/14] 一般提供(GA): 単一テナント ノード グループでの VM の分散を最適化します。詳細については、 手 動ライブ マイグレーションについて を参照してください。 [6/14] 一般提供(GA): イメージ インポート ツールで、Windows Server 2022 イメージの Google Cloud へ のインポートがサポートされるようになりました。 [6/13] 一般提供(GA): Compute Engine は、同じサブネット上の VM 間で通信するときに、最大ネットワー ク パケットサイズ 8896 を使用できるようになりました。詳細については、 最大伝送単位の概要 を参照してく ださい。 [6/6] Preview: VM を一括で作成 する場合、TARGET_SHAPE フラグで次の新しい値を使用できるようにな りました。 • ANY: この値を使用して、VM をゾーンに配置して未使用のゾーン予約を最大化します。 • BLANCED: この値を使用して、VM をゾーン全体に均一に配置します。 TARGET_SHAPE の指定に関する詳細は こちら を参照してください。
  12. Config Connector [6/9] MemcacheInstance リソースにフィールド spec.maintenancePolicy および spec.maintenanceSchedule を追加しました。 [6/9]

    ServiceDirectoryNamespace および ServiceDirectoryService リソースのサポートが追加されまし た。 [6/9] Config Connector バージョン 1.88.0 が利用可能になりました。 [6/1] NetworkServicesTCPRoute に spec.gateways フィールドが追加されました。 [6/1] ComputeRouterNAT に spec.enableDynamicPortAllocation フィールドが追加されました。 [6/1] ComputeRegionNetworkEndpointGroup に spec.pscTargetService フィールドが追加されました。 [6/1] SQLInstance に spec.settings.activeDirectoryConfig フィールドが追加されました。 [6/1] ContainerCluster に spec.maintenancePolicy.maintenanceExclusion[].exclusionOptions フィール ドが追加されました。 [6/1] ConfigConnector バージョン 1.87.0 が利用可能になりました。
  13. Config Controller [6/6] Config Controller は、次のバージョンが利用できるようになりました。 • Anthos Config Management

    v1.11.2  リリースノート • Config Connector v1.86.0 リリースノート
  14. Google Cloud Marketplace Partners [6/6] 前払いのお支払いスケジュールを使用するプライベート オファー を作成した場合、Partner Procurement API

    を使用して エンタイトルメントを管理するときに新しいフィールド が表示され、お客様分析 レポートに追加情報 が表示されます。
  15. Resource Manager [6/14] グローバル セキュリティ構成のリソース作成を制限するための次の 組織ポリシーの制約 が、一般提 供(GA)になりました。 • Disable

    Creation of Cloud Armor Security Policies • Disable Creation of global self-managed SSL Certificates • Disable Global Load Balancing • Disable Enabling Identity-Aware Proxy (IAP) on global resources • Disable Enabling Identity-Aware Proxy (IAP) on regional resources
  16. SAP on Google Cloud [6/15] SAP NetWeaver バージョン 2.4 用の

    Google Cloud モニタリングエージェント SAP NetWeave r用の Google Cloud モニタリングエージェントのバージョン 2.4 が利用可能になりました。 このバージョンには、バグ修正とサポート性の改善が含まれています。 エージェントの詳細については、 Google Cloud での SAP NetWeaver のモニタリング を参照してください。 [6/6] BigQuery Connector for SAP バージョン 2.1 BigQuery Connector for SAP のバージョン 2.1 が利用可能になりました。詳細については、 BigQuery Connector for SAP の新機能 を参照してください。
  17. SAP on Google Cloud [6/1] SAP HANA スタンバイ ノード バージョン

    2.5 用の Google Cloud Storage Manager SAP HANA スタンバイ ノード用の Google Cloud Storage Manager で バージョン 2.5 が利用可能になりま した。このバージョンには、バグ修正とサポート性の改善が含まれています。 ストレージマネージャーの詳細については、 SAP HANA 用ストレージ マネージャー を参照してください。
  18. Storage Transfer Service [6/6] Storage Transfer Service は、クラウドおよびファイル システム転送用の統合されたユニファイド コン

    ソール エクスペリエンスを提供するようになりました。ソースに関係なくすべての転送ジョブは単一のイン ターフェイスからトラックできます。このサービス ラウンチによりジョブの作成、監視、およびトラブルシュー ティングが簡素化されます。
  19. Virtual Private Cloud [6/13] VPC ネットワークは、同じサブネット内のジャンボ フレーム MTU をサポートするようになりました。 MTU

    は 1300 から 8896 まで設定できます。詳細については、 最大伝送単位の概要 を参照してください。
  20. VPC Service Controls [6/1] VPC Service Controls にて以下の保護が 一般提供(GA)となりました。 •

    Firestore • Firestore in Datastore mode
  21. Application Modernization 21

  22. Anthos clusters on AWS [6/6] 次の Kubernetes バージョンでクラスタを起動できるようになりました。 • 1.21.11-gke.1800

    • 1.22.8-gke.2100 [6/6] 1.22.8-gke.2100 の Windows ノードは、画像レイヤの抽出パフォーマンスを向上させるために、 pigz を使用するようになりました。
  23. Anthos clusters on Azure [6/6] 次の Kubernetes バージョンでクラスタを起動できるようになりました。 • 1.21.11-gke.1800

    • 1.22.8-gke.2100 [6/6] 1.22.8-gke.2100 の Windows ノードは、画像レイヤの抽出パフォーマンスを向上させるために、 pigz を使用するようになりました。
  24. Anthos clusters on AWS (previous generation) [6/1] Anthos Clusters on

    AWS aws-1.11.1-gke.7(前世代)が利用可能になりました。 このリリースのクラスタは、次の Kubernetes バージョンをサポートしています。 • 1.22.9-gke.800 • 1.21.12-gke.1000 • 1.20.15-gke.7500
  25. Anthos clusters on VMware [6/3] クラスタ ライフサイクルの改善 Cloud Console を使用して、Anthos

    on VMware のユーザー クラスタを作成、更新、および削除できます。 詳細については、 Cloud Console でユーザー クラスタを作成する を参照してください。 この機能は GA です。
  26. Anthos clusters on bare metal [6/2] リリース 1.10.5 ベアメタル版 Anthos

    クラスタ 1.10.5 が ダウンロード できるようになりました。アップグレードするには、 ベア メタル版 Anthos クラスタをアップグレードする を参照してください。ベアメタル版 Anthos クラスタ 1.10.5 は、 Kubernetes 1.21 で実行されます。
  27. Apigee Integrated Portal [6/14] 6 月 14 日に、Apigee 統合ポータルの更新バージョンをリリースしました。 [6/14]

    GraphQL スキーマを使用して、 API を統合ポータルに公開します。 詳細については、以下を参照してください。 • GraphQLスキーマとは • GraphQL Explorer
  28. App Engine standard environment [6/14] Python 3.10 ランタイム(Preview)は Ubuntu 22

    を使用するようになりました。 [6/6] Java 17 ランタイム(Preview)は Ubuntu 22 を使用するようになりました。
  29. Artifact Registry [6/9] Maven、npm、および Python リポジトリの 監査ログ が Cloud Logging

    で利用できるようになりまし た。
  30. Cloud Functions [6/14] Python 3.10 ランタイム(Preview)は Ubuntu 22 を使用するようになりました。 [6/6]

    Java 17 ランタイム(Preview)は Ubuntu 22 を使用するようになりました。
  31. Cloud Run [6/6] Cloud Console を使用して Cloud Run jobs を作成および編集

    できます。
  32. Google Cloud Deploy [6/1] Skaffold バージョン 1.37.1 の Google Cloud

    Deploy サポートが バージョン 1.37.2 に更新されました。こ れは現在、デフォルトの Skaffold バージョンになりました。 [6/7] Google Cloud Terraform プロバイダー は、Google Cloud Deploy 配信パイプライン と ターゲットの 作成 をサポートするようになりました。
  33. Google Kubernetes Engine [6/15] Confidential GKE Node は、永続ディスクを使用するステートフル ワークロード用の GKE

    バージョン 1.22 以降、およびステートレス ワークロード用のすべての GKE バージョンで GA となりました。Confidential GKE Node を使用して、Compute Engine Confidential VMs を介して使用中のワークロード データを暗号 化します。 [6/13] GKE ノードのシステム構成でポッド PID 制限 の設定がサポートされるようになりました。 [6/10] バージョン 1.22 で 削除された 非推奨の Kubernetes API を使用するクラスタを簡単に識別できるよう になりました。 Kubernetes の非推奨に関する インサイト が プレビュー で利用できるようになりました。
  34. Workflows [6/13] 並列ステップ が利用できるようになりました。この機能はプレビューです。 並列ステップによって、複数のブロッキング呼び出しを同時に実行することで、ワークフローの合計実行時 間を短縮できます。

  35. Data Management / Data Analytics 35

  36. BigQuery [6/15] 確定的暗号化 SQL 関数が GA になりました。新しい AEAD 暗号化関数には、 DETERMINISTIC_ENCRYPT、DETERMINISTIC_DECRYPT_BYTES、および

    DETERMINISTIC_DECRYPT_STRING が含まれます。これらの関数は、集計とテーブル結合をサポートしな がら、データの列レベルの暗号化と復号化を可能にします。 [6/14] クラウドコンソールを使用して VPC Service Controls の境界を設定 し、BigQuery Omni から外部ク ラウドへのアクセスを制限できるようになりました。外部リソースに対して読み取りまたは書き込み権限を付 与するかどうかを指定することもできます。この機能は GA です。 [6/14] Google Cloud Console で BigQuery クエリ結果のリンクを使用して、 Data Studio でデータを探索 で きるようになりました。この機能は GA です。 [6/13] 新しいシステム変数 @@dataset_project_id が GA になりました。 @@dataset_project_id を使用す ると、クエリにおいて、データセットにプロジェクトが指定されていない場合のデフォルトのプロジェクトを設定 できます。この変数は、 接続プロパティ としても使用できます。 [6/10] 複数ステートメント クエリの上限 が変更されました。複数ステートメント クエリの合計時間の制限が 6 時間から 24 時間に延長されました。
  37. BigQuery [6/3] BigQuery Omni は、予約 および アクセス制御 DCL をサポートするようになりました。この機能は Preview

    です。
  38. Cloud Bigtable [6/2] Cloud Bigtable は、クラスター内のホット タブレットを識別および監視できるようにすることで、可観測 性を向上させます。この機能は GA です。詳細については、

    ホット タブレット を参照してください。
  39. Cloud Composer [6/14] 許可されたネットワーク のサポートが GA になりました。 [6/15] 2022 年

    7 月から、Cloud Composer サービスは、すべてのプロジェクトで「 ActAs」組織ポリシーの適 用を開始します。これは、以前に送信されたアナウンスのフォローアップです。 Cloud Composer 環境を作 成、更新、削除するユーザーとサービス アカウントに iam.serviceAccounts.actAs 権限 を付与してくださ い。詳細については、 Cloud Composer の保護 を参照してください。 [6/15] 一部の Cloud Composer 2 環境での自動スケーリングに関する以前の問題は、影響を受けるすべ ての環境で解決されました。 [6/15] (Airflow 1)新しいバージョンの Cloud Composer は Python 2 をサポートしなくなりました。 • バージョン 1.19.0 以降、Python 2 で新しい環境を作成したり、 Python 2 を使用する既存の環境を 1.19.0 以降のバージョンの Cloud Composer にアップグレードしたりすることはできません。 • Python 2 を使用する既存の環境は、この変更による影響を受けません。またこのような環境を 1.18.12 以前のバージョンの Cloud Composer にアップグレードすることが可能です。
  40. Cloud Composer [6/15] Cloud Composer 1.19.0 および 2.0.17 イメージ が利用可能です。

    • composer-1.19.0-airflow-1.10.15 (default) • composer-1.19.0-airflow-2.1.4 • composer-1.19.0-airflow-2.2.5 • composer-2.0.17-airflow-2.1.4 • composer-2.0.17-airflow-2.2.5 [6/15] Cloud Composer バージョン 1.16.6 および 1.17.0.preview.2 は、完全なサポート期間の期限 に達しま した。 [6/1] ウェブサーバーの再起動 は、Cloud Composer 2 で Preview となりました。 [6/1] IP マスカレード エージェント は、Cloud Composer 1および Cloud Composer 2 で GA となりました。 [6/1] Airflow 2.2.3 は Cloud Composer イメージに含まれなくなりました。
  41. Cloud Composer [6/1] Cloud Composer 1.18.11 および 2.0.15 イメージ が利用可能です。

    • composer-1.18.11-airflow-1.10.15(default) • composer-1.18.11-airflow-2.1.4 • composer-1.18.11-airflow-2.2.5 • composer-2.0.15-airflow-2.1.4 • composer-2.0.15-airflow-2.2.5
  42. Cloud Data Fusion [6/9] Cloud Data Fusion バージョン 6.7.0 は

    Preview です。このリリースは、 CDAP 6.7.0 リリースと並行して います。 [6/9] 6.7.0の機能: • 接続の管理 は GA です。 • DNS解決 は Preview で利用できます。 Cloud Data Fusion は、スキーマの取得、ラングリング、パイ プラインのプレビューなどのパイプライン設計時アクティビティに、ソースに IP アドレスではなく、ドメイ ンまたはホスト名を使用することをサポートしています。 • 変換のプッシュダウンは、 JOIN 操作で GA です。Group By や重複排除集計など、いくつかの新しい 変換が Preview で利用できるようになりました。 BigQuery からデータを抽出する際のパフォーマンス を向上させるために、 BigQuery Storage Read API のサポートが追加されました。詳細については、 変換のプッシュダウンの概要 を参照してください。 • Dataplex Source および Sink プラグインは、Cloud Data Fusion のシステムプラグインとして Preview で使用できます。プラグインをインストールする必要はもうありません。 [6/9] Cloud Data Fusion バージョン 6.7.0 は、Dataproc バージョン 1.3 をサポートしていません。詳細につ いては、Dataproc のバージョンの互換性 を参照してください。
  43. Cloud Data Fusion [6/9] 6.7.0での変更点: • エンタープライズ インスタンスでのパイプラインの起動と実行のスケーラビリティが向上しました。 • 変換のプッシュダウンで、既存の接続を使用する

    機能が追加されました。 • Wrangler ワークスペースにデータをロードする前に ファイルを解析する 機能が追加されました。 • スキーマを JSON および一部の Avro 形式でインポートする機能が追加されました。この場合、データを Wrangler ワー クスペースにロードする前にスキーマを推測することはできません。 • 接続の管理: ◦ 接続を編集する機能が追加されました。 ◦ いくつかのプラグインとシンク の接続のサポートが追加されました。 ◦ BigQuery データセットや Dataplex ゾーンなどの部分的な階層を参照する機能が追加されました。 • Cloud Storage Done File Marker Post-Action プラグインで、Location プロパティのサポートが追加されました。これに より、US ロケーション以外の場所にバケットと顧客管理の暗号化キーを設定できます。 • BigQuery Execution Action プラグインと BigQuery Argument Setter action プラグインで、クエリ結果を保存するデー タセットのプロジェクト ID である Dataset Project ID プロパティのサポートが追加されました。データセットが BigQuery ジョブとは異なるプロジェクトにある場合に必要です。 • BigQuery シンクで、BigNumeric データ型のサポートが追加されました。 • BigQuery テーブルバッチソース で、Enable querying views プロパティを Yes に設定すると、任意のプロジェクト内の任 意の一時テーブルをクエリする機能が追加されました。以前は、ビューをクエリすることしかできませんでした。 • Cloud Data Loss Prevention プラグインで、他のプロジェクトのテンプレートのサポートが追加されました。
  44. Cloud Data Fusion [6/9] 6.7.0での変更点: • パイプラインの実行を手動で停止する場合の新しいパイプライン状態 (Stopping) を追加しました。 •

    BigQuery Execute プラグイン で、ドライブへ作成された外部テーブルから読み取るサービスアカウントの ドライブ ス コープ を検索する機能が追加されました。 • 10 進データを正しく読み取るように汎用データベース ソース プラグインを改善しました。 • Encryption Key Name プロパティを検証するように Google Cloud Platform プラグインを改善しました。 • レプリケーション構成で、BigQuery ターゲットからの ソフト削除を有効にする 機能が追加されました。 • Wrangler で、BigQuery STRUCT データ型 などのネストされた配列のサポートが追加されました。 • Cloud Storage File Reader Batch Source プラグイン で、Allow Empty Input プロパティを追加しました。 • Cloud Storage File Reader Batch Source プラグイン と Amazon S3 Batch Source プラグイン に、Enable Quoted Values プロパティが追加されました。これにより、引用符の間のコンテンツを値として扱うことができます。 • Joiner 変換で、Input with Larger Data Skew プロパティを追加しました。 • 動作の変更: Pipeline Studio で、実行中のパイプラインで Stop をクリックし、6 時間経ってもパイプラインが停止しない 場合、パイプラインは強制的に終了します。 • 動作の変更:Deduplicate Analytics プラグインで、Filter Operation プロパティを 1 つのレコードに制限しました。このプ ロパティが設定されていない場合、重複するレコードのグループからランダムなレコードが選択されます。 • 動作の変更: BigQuery シンク は Nullable 配列をサポートしています。 NULL 配列は、挿入時に空の配列に変換されま す。
  45. Cloud SQL for MySQL [6/10] Cloud SQL は、接続の停止が 60 秒未満に短縮された、より高速なマシンタイプの変更をサポートす

    るようになりました。詳細については、 インスタンス設定の変更による影響 を参照してください。 [6/9] 6 月のメンテナンス変更履歴が利用可能になりました。詳細については、 メンテナンス変更履歴 のリン ク先をご確認ください。
  46. Cloud SQL for PostgreSQL [6/14] 組み込みの認証でセキュリティを強化するために、Cloud SQL ではインスタンスレベルで パスワードポリシー を設定でき

    るようになりました。 [6/13] Cloud SQL for PostgreSQL の次の拡張機能が GA となりました。 • pg_bigm 全文検索が可能であり、全文検索の高速化に 2 グラム(バイグラム)インデックスを使用できます。 • refint 外部キー制約、参照テーブル、および被参照テーブルのチェックを有効にします。 • decoderbufs 出力データを、Debezium 用に調整されたプロトコル バッファとして配信する PostgreSQL の論理デコー ダ。 • pg_wait_sample 待機イベントのサンプリング統計を収集し、サーバー上のプロセスの待機イベントデータを提供しま す。 さらに、cloudsqlsuperuser ロールを持つユーザーは、pg_largeobject システム カタログへのフルアクセス権を持っています。 [6/13] Cloud SQL では、pg_shadow ビューにアクセス出来るようになりました。 pg_shadow ビューを使用して、pg_authid カタ ログで rolcanlogin としてマークされているロールのプロパティを操作できます。詳細については、pg_shadow ビューへのアク セス権 を参照してください。 [6/10] Cloud SQL は、接続の停止が 60 秒未満に短縮された、より高速なマシンタイプの変更をサポートするようになりました。 詳細については、 インスタンス設定の変更による影響 を参照してください。 [6/9] 6 月のメンテナンス変更履歴が利用可能になりました。詳細については、メンテナンス変更履歴 のリンク先をご確認くださ い。
  47. Cloud SQL for SQL Server [6/10] Cloud SQLは、接続の停止が 60 秒未満に短縮された、より高速なマシンタイプの変更をサポートす

    るようになりました。詳細については、 インスタンス設定の変更による影響 を参照してください。 [6/9] 6 月のメンテナンス変更履歴が利用可能になりました。詳細については、 メンテナンス変更履歴 のリン ク先をご確認ください。
  48. Cloud Spanner [6/10] コミットタイム スタンプにより、Cloud Spanner の最適化が可能になり、特定の時間以降に書き込ま れたデータを取得する際の クエリ I/O

    を削減 できます。
  49. Dataproc [6/14] Dataproc クラスター OSS コンポーネント メトリックを収集して、クラウド モニタリングへ統合する Dataproc カスタム

    OSS メトリクスが GA となりました。 [6/14] Dataproc イメージの新しい サブマイナー バージョン: • 1.5.69-debian10, 1.5.69-rocky8, 1.5.69-ubuntu18 • 2.0.43-debian10, 2.0.43-rocky8, 2.0.43-ubuntu18 [6/14] 1.5 イメージ の HBase 1.5.0 へ HBASE-23287 のパッチをバックポートしました。 [6/13] Ranger Cloud Storage プラグイン が GA となりました。このプラグインは、各 Dataproc クラスター VM で承認サービスをアクティブ化します。これにより、 Cloud Storage コネクターからのリクエストが Ranger ポリシーと照らし合わせて評価され、リクエストが許可されている場合は、クラスター VM サービス アカウントのアクセス トークンが返されます。
  50. Dataproc [6/6] Dataproc イメージの新しい サブ マイナー バージョン: • 1.5.68-debian10, 1.5.68-rocky8,

    1.5.68-ubuntu18 • 2.0.42-debian10, 2.0.42-rocky8, 2.0.42-ubuntu18 [6/6] Dataproc Serverless for Spark は、ランタイムバージョン 1.0.13 を使用するようになりました。 [6/6] Dataproc Serverless for Spark ランタイムバージョン 1.0.2、1.0.3、および 1.0.4 は、新しいバッチ送信 には使用できません。 [6/6] Dataproc on GKE Spark 3.1 イメージ の Dataproc が Spark バージョン 3.1.3 にアップグレードされま し た。
  51. Dataproc Metastore [6/6] Spanner データベース タイプをサポートするように Dataproc Metastore 補助バージョンを更新しまし た。

  52. Memorystore for Redis [6/10] Memorystore for Redis の顧客管理の暗号化キーが Preview となりました。詳細については、

    顧客 が管理する暗号化キー を参照してください。
  53. AI 53

  54. Dialogflow [6/13] Dialogflow と Google アシスタントの統合 は、2023 年 6 月

    13 日に削除されます。これは、 Google アシスタントの 会話アクション が廃止される予定のためです。
  55. Document AI [6/13] 新しい ID プロセッサ(Preview) フランスのパスポート パーサー を Private

    Preview でご利用いただけるようになりました。 [6/10] Contract Parser はより正確になり、より多くのフィールドを抽出でき、より高いページ制限をサポート します。 [6/1] Identity DocAI 一般可用性(GA)リリース 次の Identity DocAI プロセッサが 一般提供(GA)になりました。 • 米国の運転免許証パーサー • US パスポート パーサー 詳細については、ID の文書 AI を参照してください。
  56. Live Stream API [6/13] Live Stream API が GA になりました。

    [6/13] 料金 は現在、地域ごとに設定されています。利用可能なリージョンについては、 場所 を参照してくだ さい。
  57. Video Stitcher API [6/15] Video Stitcher API は一般的に利用可能です( GA)。

  58. Security 58

  59. Chronicle [6/14] 検出エンジン ルールの YARA-L2.0 構文の機能強化 検出エンジン ルールで使用できる結果セクションを強化しました。 • 現在、最大

    10 個の結果変数をサポートしています。 • 整数および文字列のデータ型の結果変数をサポートするようになりました。 • 新しい集計関数を追加しました : count()、countdistinct()、array()、arraydistinct() 結果セクションの詳細については、 結果セクションの構文 を参照してください。
  60. Cloud Healthcare API [6/15] complexDataTypeReferenceParsing フィールドを FHIR ストアリソースに追加しました。これにより、 FHIR 拡張機能などの複雑な

    FHIR データ型内の参照を解析できます。 [6/1] FHIR リソースが変更されると、 FHIR リソースの全内容が Pub/Sub 通知で送信されます。詳細につい て は、FHIR データを含む FHIR 通知を参照 してください。 [6/1] 識別解除操作は、作業が完了すると段階的に請求されます。 作業が完了しない場合でも、正常に完 了した作業の請求が発生することがあります。
  61. Google Cloud Armor [6/7] Google Cloud Armor Threat Intelligence(Threat Intel)は

    Preview で利用できます。 Threat Intel を使用すると、脅威インテリジェンス データに基づいて、外部 HTTP(S) ロードバランサへのトラ フィックを許可またはブロックすることで、トラフィックを保護できます。詳細については、 Threat Intelligence を構成する を参照してください。
  62. Thank you