Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

20221201_品質エンジニアリング導入への道

odasho
December 08, 2022

 20221201_品質エンジニアリング導入への道

2022/12/1に開催された mabl Experience'22 Japanにて使用したスライドです。

odasho

December 08, 2022
Tweet

More Decks by odasho

Other Decks in Technology

Transcript

  1. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    まもなくセッションが始ま
    ります
    お待ちください

    View full-size slide

  2. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    品質エンジニアリング
    導入への道

    View full-size slide

  3. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    ようこそ!
    odasho (Shohei Oda)
    Elevate Testing
    Product Marketing Manager, mabl
    国内SIerにてインフラやPaaS App開発まで幅広く経験。その後コミュニ
    ティ活動をきっかけに
    Microsoftに入社。EvangelistとしてAudience
    Marketingに従事。2022年10月にmablにJoinし、TestingやQAの啓
    蒙活動に取り組む。現在も
    DevRel Meetup in Tokyoを中心に複数の
    コミュニティを運営/支援。
    Most DevRel Committer 2020, TechFeed Expert for DevRel

    View full-size slide

  4. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    アジェンダ
    ● QAから品質エンジニアリング (QE)へ
    ● 品質エンジニアリングの成熟過程
    ● 実現していくステップ
    ● まとめ / Q&A
    品質エンジニアリング導入への道

    View full-size slide

  5. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    様々なトランスフォーメーション
    品質
    エンジニアリング
    デジタル
    トランスフォーメーション
    テクノロジー
    トランスフォーメーション
    DevOps
    トランスフォーメーション

    View full-size slide

  6. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    解決策を求めて (現状)

    View full-size slide

  7. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    解決策を求めて (目標)

    View full-size slide

  8. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    品質エンジニアリングは
    開発に欠かせない。

    View full-size slide

  9. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    トランスフォーメーション
    品質エンジニアリングはモダンなソフトウェア開発の要 (かなめ)であり、実態のない流行り言葉ではない。
    品質
    エンジニアリング
    行動/
    プロセス
    カルチャー/
    テクノロジー
    スタッフ/
    チーム

    View full-size slide

  10. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    QAのバリューと顧客満足度との相関関係
    QA担当者のバリューと顧客満足度
    組織内で品質担当者やテストエ
    ンジニアがソフトウェア
    エンジニアと同じように
    高い評価を受けているか ?
    顧客満足度

    View full-size slide

  11. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    品質保証 (QA)のさらなる進化 → 品質エンジニアリング
    ソフトウェア開発ライフ
    サイクル (SDLC)を通じて
    品質を高める
    機能的属性と非機能的
    属性を検証する
    データを利用して
    継続的な改善を進める
    顧客体験全体を通じて
    品質を確保する

    View full-size slide

  12. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    品質指標を使用した継続的な改善
    非機能的品質の検証
    自動化されたテストを開発に組み込む
    機能テスト自動化のカバレッジ拡大
    開発後に手動でテスト
    品質エンジニアリングジャーニー
    品質エンジニアリングの向上をサポート
    QEの成熟度
    QEの成熟度

    View full-size slide

  13. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    現在の状況は…?

    View full-size slide

  14. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    品質向上に向けた最初のステップ: 監査
    • 定量化なしに問題は解決できない
    • チームのコアとなる強みと成長の
    機会を把握する
    • 目標やゴールのためにテクノロジーを活
    用できているか
    • インパクトを出す必要がある場所は
    どこか

    View full-size slide

  15. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    テスト自動化のカバレッジ拡大
    それってどういうこと?
    • 品質が組織レベル、チームレベル、
    一般社員レベルで担保
    • テスト活動が管理しやすく、維持
    しやすく、意味がある状態
    品質エンジニアリングの柱
    なにから始めればいいの?
    • テストや品質のディスカッションや
    意見交換を実施
    • 単体テスト (Unit Test)やTDD
    (Test-Driven Development)を実施
    • ビジネスや顧客にリスクがある シナリオのカ
    バレッジの定義と追加
    • 不要なテストの廃止

    View full-size slide

  16. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    自動化されたテストを開発に組み込む
    それってどういうこと?
    • SDLC(ソフトウェア開発ライフサイクル )の各ス
    テージ内で、主要なデプロイに対して
    テストを実施
    • バグ修正のコストを削減、 開発の
    早い段階で問題を発見
    品質エンジニアリングの柱
    なにから始めればいいの?
    • CI/CDパイプラインへの統合
    • テスト対象を効率的に絞り込める形で
    テストプランを構成
    • 開発ワークフロー内でテストを活用
    • テスト環境が有効でモニタリング
    されていることを確認

    View full-size slide

  17. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    非機能的品質の検証
    それってどういうこと?
    • テストが機能面に加え、 CX (Customer
    Experience)の範囲まで活動を拡大
    • アプリケーションパフォーマンスに
    関するインサイトの収集と追跡
    • CX全体に対応
    品質エンジニアリングの柱
    なにから始めればいいの?
    • 過去のテストパフォーマンス を活用して
    逸脱を特定
    • 非効率となる可能性のあるテストの発見
    • アクティビティテストとパフォーマンス
    テストの統合

    View full-size slide

  18. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    品質指標を使用した継続的な改善
    それってどういうこと?
    • データに基づく戦略的製品投資
    • ビジネスクリティカルな機能は自動化
    されたテストでモニタリング、追跡
    • テストデータを追跡、時間経過に伴う
    トレンドを把握
    • 意味あるKPIを定義
    品質エンジニアリングの柱
    なにから始めればいいの?
    • テストカバレッジを拡大、維持
    • RUM (Real User Monitering)データの収集と監視
    • デバイスとブラウザカバレッジを追跡
    • アプリケーションパフォーマンスを
    モニタリングするワークフローをテストに追加
    • リリースカバレッジでパフォーマンスと
    品質をモニタリング

    View full-size slide

  19. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    品質のカルチャーを培う
    • 小規模なリリースを継続的に提供
    • 部門横断的なチーム間でのコラボレーション
    • 顧客中心主義
    • オートメーション
    • 継続的なフィードバックと改善
    • データ起点の意思決定
    • 開発パイプライン全体でのテスト
    • テストではなく品質にフォーカス
    DevOpsと同質の原則

    View full-size slide

  20. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    機会はいたるところに
    • 現状把握と達成すべき目標の理解
    • 要員、プロセス、テクノロジー - 目標の達成にはコラボレーションが必要
    • チームにマッチする新しいツールの検討
    • データドリブンの状況判断
    • 新たなコラボレーション機会の活用
    • 意見交換をしてから行動、チーム全体でトライ

    View full-size slide

  21. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    本セッションのポイント
    品質エンジニアリングは常に進化していくもので
    複数領域をカバー
    品質エンジニアリングは単なるテストではなく

    客体験を重視
    テストが個人競技であれば、
    QEは団体競技!
    全員参加が必要

    View full-size slide

  22. mabl Experience 2022 | #mablExperience
    Thank you!

    View full-size slide