20171114inCyberAgent

Aab7c6d658aacb246ad1c26e3bf95d9b?s=47 okazaki hajime
November 14, 2017

 20171114inCyberAgent

Aab7c6d658aacb246ad1c26e3bf95d9b?s=128

okazaki hajime

November 14, 2017
Tweet

Transcript

  1. 2.

    自己紹介 • 氏名:岡崎 創(おかざき はじめ) • 出身:埼玉県春日部市 (クレヨンしんちゃんの街) • 職歴: ◦ 3年くらい LAMP環境のフロントエンジニア

    ◦ その後、3年くらい 上記のインフラエンジニア(サーバエンジニア) ◦ その後、1年くらい  Webアプリケーションの脆弱性診断 ◦ その後、サイバーエージェント アドテク本部に入社( 2015/6) • 現在:アドテク本部セキュリティグループに所属
  2. 5.

    Docker歴:1週間程度 • 利用したDocker version ◦ Docker version 17.09.0-ce • Dockerの登場人物

    ◦ クライアント、デーモン、コンテナ、イメージ、レジストリ   • とりあえず、docker run をしてみた • Docker イメージの作成の仕方は、2つある? ◦ dockerfileを「使う」か「使わないか」 • 現在この程度、、、
  3. 7.

    • クライアントとデーモン間 ◦ セキュアな通信 ◦ 接続制御 • レジストリ ◦ セキュアな通信

    ◦ 接続制御 • イメージ ◦ イメージの信頼性 • コンテナ ◦ コンテナの信頼性 ◦ システムコールの制御 Dockerアーキテクチャ - セキュリティポイント
  4. 9.

    • クライアントとデーモン間 ◦ セキュアな通信 ◦ 接続制御 • レジストリ ◦ セキュアな通信

    ◦ 接続制御 • イメージ ◦ イメージの信頼性 • コンテナ ◦ コンテナの信頼性 ◦ システムコールの制御 クライアントとデーモン間
  5. 11.

    クライアントとデーモン間 • TLSを利用して安全に接続しましょう • また、上記の証明書はクライアント認証にも使えます #デーモン設定に追加 $ vim /usr/lib/systemd/system/docker.service [Service]

    # ExecStart=/usr/bin/dockerd ExecStart=/usr/bin/dockerd --tlsverify --tlscacert=ca.pem --tlscert=server.pem --tlskey=server-key.pem -H tcp://0.0.0.0:2376 $ systemctl daemon-reload $ systemctl restart docker
  6. 13.

    • クライアントとデーモン間 ◦ セキュアな通信 ◦ 接続制御 • レジストリ ◦ セキュアな通信

    ◦ 接続制御 • イメージ ◦ イメージの信頼性 • コンテナ ◦ コンテナの信頼性 ◦ システムコールの制御 レジストリ
  7. 14.

    レジストリ • こちらでも証明書により、通信の暗号化とクライアント認証が可能 *クライアント側 /etc/docker/certs.d/ <-- Certificate directory └── localhost:5000

    <-- Hostname:port ├── client.cert <-- Client certificate ├── client.key <-- Client key └── ca.crt <-- Certificate authority that signed the registry certificate
  8. 16.

    • クライアントとデーモン間 ◦ セキュアな通信 ◦ 接続制御 • レジストリ ◦ セキュアな通信

    ◦ 接続制御 • イメージ ◦ イメージの信頼性 • コンテナ ◦ コンテナの信頼性 ◦ システムコールの制御 イメージ
  9. 17.

    イメージ • Enterprise edition advancedプランには「Docker Security Scanning」があります ◦ Image security

    scanning and continuous vulnerability scanning • Docker Hub内のOfficialイメージはDocker Security Scanningによってセキュリティス キャンが行われています
  10. 22.

    • クライアントとデーモン間 ◦ セキュアな通信 ◦ 接続制御 • レジストリ ◦ セキュアな通信

    ◦ 接続制御 • イメージ ◦ イメージの信頼性 • コンテナ ◦ コンテナの信頼性 ◦ システムコールの制御 コンテナ
  11. 23.

    コンテナ • Docker Bench for Security(無料) ◦ コンテナに対するセキュリティチェックが可能 #以下のコマンドで構築可能 $

    sudo docker run -it --net host --pid host --cap-add audit_control \ -v /var/lib:/var/lib \ -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock \ -v /usr/lib/systemd:/usr/lib/systemd \ -v /etc:/etc --label docker-bench-security \ diogomonica/docker-bench-security 参考: https://github.com/docker/docker-bench-security
  12. 25.

    Docker Bench for Security *チェック項目 [INFO] 1 - Host Configuration

    [INFO] 2 - Docker Daemon Configuration [INFO] 3 - Docker Daemon Configuration Files [INFO] 4 - Container Images and Build Files [INFO] 5 - Container Runtime [INFO] 6 - Docker Security Operations *結果 [INFO] 4 - Container Images and Build Files [WARN] 4.1 - Create a user for the container [WARN] * Running as root: vibrant_bassi [WARN] * Running as root: mysql [WARN] * Running as root: php ー> コンテナがrootユーザで動作しているため、警告!
  13. 26.

    コンテナ --security-opt • docker run時のオプション「--security-opt」で ◦ SELinuxやAppArmorなどのLinuxのアクセス制御を実現できる ◦ dockerのプロセスを指定した SELinuxのラベルやAppArmorのDomainを用いて動かせる

    ◦ AppArmorはMAC(Mandatory Access Control - 強制アクセス制御)を実現するためのミドルウェア ▪ AppArmorはプログラム単位でファイル・プロセスごとにセキュリティプロファイルを適用できる ◦ プロファイルでは: ▪ どのファイルにどのようにアクセス可・不可 ▪ ネットワークやSocketなどへのアクセス可・不可 • seccomp(secure computing mode) ◦ コンテナ上で利用可能なシステムコールを制御可能 参考:  https://docs.docker.com/engine/security/apparmor/  https://oss.sios.com/security/docker-security-20160223
  14. 27.

    コンテナ $ grep SECCOMP /boot/config-$(uname -r) CONFIG_HAVE_ARCH_SECCOMP_FILTER=y CONFIG_SECCOMP_FILTER=y CONFIG_SECCOMP=y *通常

    $ docker container run --rm -it --security-opt seccomp=default.json alpine sh / # chmod 777 / -v mode of '/' changed to 0777 (rwxrwxrwx) *chmod禁止パターン $ docker container run --rm -it --security-opt seccomp=default-no-chmod.json alpine sh / # chmod 777 / -v chmod: /: Operation not permitted 参考: https://github.com/docker/labs/tree/master/security/seccomp