Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Active Data Guard diffs from 11gR2 to 19c

Active Data Guard diffs from 11gR2 to 19c

(Active) Data Guardの11g Release 2から19cまでの改良差分です。

oracle4engineer

February 09, 2021
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Oracle Database 19c Active Data Guard
    11g Release 2以降の改良
    日本オラクル株式会社
    日下部明
    2020年9月4日

    View full-size slide

  2. Safe harbor statement
    以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とする
    ものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することを確約
    するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。
    オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期及び価格については、弊社の裁量により決定され、変
    更される可能性があります。
    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide

  3. Oracle Database 19c Active Data Guard
    Oracle Database 11g Release 2から19cまでの改良点
    • Maximum Availability Architecture (MAA)概観
    • Data Guardフィジカル・スタンバイの動作原理
    • REDO転送モード
    • リアルタイム・カスケーディング
    • Far SYNCスタンバイ
    • DMLリダイレクト
    • 複数インスタンスREDO適用
    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide

  4. Maximum Availability Architecture
    各階層を保護する機能の組み合わせで実現
    ネットワーク接続: Oracle Net Services
    • 接続フェイルオーバー
    • トランザクション自動再実行
    レプリケーション: Data Guard/Golden Gate
    • 破損ブロックの自動修復(Active Data Guard)
    Computeノード: Real Application Clusters
    • Computeの障害
    Storage: Automatic Storage Management
    • Storageの障害
    • データ破損の自動修復
    物理バックアップ: Recovery Manager
    • Oracle自身が管理するバックアップ
    4
    RMAN
    バックアップ
    ASM
    RAC
    Active Data Guard / GoldenGate
    Oracleクライアント
    4
    RMAN
    バックアップ
    ASM
    RAC
    Oracle Net Services

    View full-size slide

  5. Data Guardフィジカル・スタンバイの動作原理
    「REDO転送サービス」と「適用サービス」の2つから構成される
    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    プライマリ・データベース
    (レプリケーション元)
    スタンバイ・データベース
    (レプリケーション先)
    oracle oracle
    nss/tt
    Oracleサーバー・プロセス
    REDOログ
    送信プロセス
    REDOログ・バッファ
    rfs
    REDOログ
    受信プロセス
    オンライン
    REDOログ・
    ファイル
    スタンバイ
    REDOログ・
    ファイル
    lgwr
    ログ・ライター・
    プロセス
    pr
    リカバリ・プロセス
    データファイル
    REDO転送サービス 適用サービス

    View full-size slide

  6. Data Guardフィジカル・スタンバイの動作原理
    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    プライマリ・データベース
    (レプリケーション元)
    スタンバイ・データベース
    (レプリケーション先)
    oracle oracle
    nss/tt
    Oracleサーバー・プロセス
    REDOログ
    送信プロセス
    REDOログ・バッファ
    rfs
    REDOログ
    受信プロセス
    オンライン
    REDOログ・
    ファイル
    スタンバイ
    REDOログ・
    ファイル
    lgwr
    ログ・ライター・
    プロセス
    pr
    リカバリ・プロセス
    データファイル
    REDO転送サービス 適用サービス
    同期/非同期、最大保護/最大可用性/最大パフォーマンスという
    のはREDO転送サービスの挙動の設定
    Data Guard / Active Data Guardというのは
    OPEN MODEと適用サービスの設定

    View full-size slide

  7. Data GuardのREDO転送モード
    REODO転送モードはプライマリ・データベースのCOMMIT発行時の挙動の違い
    SYNC AFFIRM (同期)
    • RFSからのCOMMIT ACKを待つ。
    • RFSはスタンバイREDOログ・ファイルに書き込み完了し
    たらCOMMIT ACKを返す。
    SYNC NOAFFIRM (同期、準同期、と呼ぶこともある)
    • RFSからのCOMMIT ACKを待つ。
    • RFSはスタンバイREDOログ・ファイルに書き込み開始し
    たらCOMMIT ACKを返す。
    • SYNC AFFIRMよりもレイテンシーが小さい
    • Fast SYNCと呼ぶこともある。
    ASYNC (非同期)
    • RFSの応答を待たずにCOMMIT処理継続。
    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    nss rfs
    COMMIT ACK
    nss rfs
    tt rfs
    COMMIT ACK
    プライマリ スタンバイ
    12.1~

    View full-size slide

  8. リアルタイム・カスケーディング
    Data Guardの多段構成
    11g Release 2まで:中間段(カスケーディング・スタンバイ)は受信したREDOログはスタンバイ・REDOログ・ファイルに
    記録するが、後段にはアーカイブREDOログ・ファイルにコピーしてからアーカイブREDOログ・ファイルを転送していた。
    12c Release 1から:中間段(カスケーディング・スタンバイ)は受信したREDOログをスタンバイ・REDOログ・ファイルに
    記録したらすぐに後段に転送できるようになった(リアルタイム・カスケーディング)ので、多段階にわたる転送遅延を小さくで
    きるようになった。
    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    スタンバイ
    REDOログ・
    ファイル
    アーカイブ
    REDOログ・
    ファイル
    オンライン
    REDOログ・
    ファイル
    REDOログ・バッファ
    スタンバイ
    REDOログ・
    ファイル
    プライマリ
    (レプリケーション元)
    カスケーディング・スタンバイ
    (中間段)
    ターミナル・スタンバイ
    (最終段)
    12.1~
    リアルタイム・カスケーディング
    ~11.2
    アーカイブされるまで転送されない

    View full-size slide

  9. Far SYNCスタンバイ(遠隔同期スタンバイ) – REDO中継専用の中間段
    リアルタイム・カスケーディング
    12c Release 1でリアルタイム・カスケーディングとともにFar SYNCスタンバイが実装された。
    Far SYNCスタンバイは「データファイルをもたないデータベース」で、REDOログを中継する機能だけを持っている。ハード
    ウェア・リソースが少なくて済む。
    SYNC転送はCOMMIT時にACK待ちの待機が発生するため、長距離伝送では実用的ではない。Far SYNCスタンバ
    イをプライマリの近距離に配置し、プライマリ・データベースとFar SYNCスタンバイ間をSYNC転送にする。これによりデータ
    ロストのリスクを下げつつ、遠距離にスタンバイ・データベースを持つことが可能になる。
    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    スタンバイ
    REDOログ・
    ファイル
    アーカイブ
    REDOログ・
    ファイル
    オンライン
    REDOログ・
    ファイル
    REDOログ・バッファ
    スタンバイ
    REDOログ・
    ファイル
    プライマリ
    (レプリケーション元)
    Far SYNCスタンバイ
    (中間段)
    ターミナル・スタンバイ
    (最終段)
    比較的近距離でSYNC転送 遠距離はASYNC転送
    近距離 遠距離

    View full-size slide

  10. Active Data Guard DMLリダイレクト
    スタンバイ・データベースでDMLを発行可能
    Oracle Database 19c
    Active Data Guardのスタンバイ・データベースでDML
    を発行可能になった。
    スタンバイ・データベースで発行したDMLはプライマリ・
    データベースにリダイレクトされて実行される。
    プライマリ・データベースで実行されたDMLがスタンバイ・
    データベースに伝搬されると、スタンバイ・データベースの
    セッションから更新された内容が見えるようになる。
    遅延が大きいため高頻度のDMLは想定していない。
    10
    REDO転送
    (1) DML発行
    (2) DMLリダイレクト
    (3) DML実行
    (4) REDO転送
    (5) 更新が
    見える
    プライマリ
    READ WRITE
    スタンバイ
    READ ONLY

    View full-size slide

  11. マルチ・インスタンスREDO適用
    スタンバイ・データベースがRACの場合
    Oracle Database 12c Release 2
    Active Data Guardのスタンバイ・データベースがRAC
    の場合に、マルチ・インスタンスREDO適用によりREDO
    適用スループットを上げることができる。ただし組み合わせ
    可能な機能に制限がある。
    11
    プライマリ スタンバイ
    REDO
    APPLY
    REDO転送
    プライマリ
    READ WRITE
    スタンバイ
    READ ONLY
    0
    200
    400
    600
    800
    1000
    1 Instance 2 Instances 4 Instances 8 Instances
    Standby Apply Rate MB/s

    View full-size slide

  12. マルチ・インスタンスREDO適用とイン・メモリ機能の併用
    Active Data Guardでの機能の組み合わせの制限緩和
    Oracle Database 12c Release 2
    • 組み合わせ可能、ただしどちらか排他
    • ADGスタンバイ + Database In-Memory
    • ADGスタンバイ + マルチ・インスタンスREDO適用
    Oracle Database 19c
    • ADGスタンバイ + Database In-Memory + マル
    チ・インスタンスREDO適用
    12
    プライマリ スタンバイ
    REDO
    APPLY
    REDO転送
    Database
    In-Memory
    プライマリ
    READ WRITE
    スタンバイ
    READ ONLY

    View full-size slide

  13. リリースごと
    12c Release 1
    • Fast SYNC
    • リアルタイム・カスケーディング
    • Far SYNC
    12c Release 2
    • ADGスタンバイがRACの場合に複数インスタンスで
    REDO適用
    • ADGスタンバイでIn-Memoryが使用可能
    18c
    • 複数インスタンスのREDO Applyでブロック・チェンジ・
    トラッキングがサポートされる
    19c
    • ADGスタンバイ+複数インスタンスREDO適用+In-
    Memory
    • DMLリダイレクト
    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates
    STANDBY_DB_PRESERVE_STATES

    View full-size slide