Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Autonomous Database - Dedicated 技術詳細 / adb-d_technical_detail_jp

Autonomous Database - Dedicated 技術詳細 / adb-d_technical_detail_jp

Autonomous Database Cloud (ADB) のDedicatedモデルに関する技術詳細です。

■参考資料
マニュアル
ADB-S(Sharedモデル)に関して

oracle4engineer

December 22, 2023
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Autonomous Database
    – Dedicated (ADB-D / ADB-C@C)
    技術詳細
    日本オラクル株式会社
    クラウド・エンジニアリング統括COE本部
    Autonomous&Analyticsソリューション部
    2023/12/22

    View full-size slide

  2. Safe harbor statement
    以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、
    情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以
    下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することを確約するものではないため、購買
    決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。
    オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期及び価格については、弊
    社の裁量により決定され、変更される可能性があります。
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    2

    View full-size slide

  3. 3 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    はじめに
    本資料は、表紙に記載の日付時点における、
    Oracle Autonomous Database Cloud の技術情報です。
    Autonomous Databaseはデプロイモデルとして Serverless(旧 Shared Infrastructure) とDedicated Exadata
    Infrastructure がありますが、本資料では Dedicated を対象に記載しています。
    Serverlessについては以下の資料を参考ください
    • 技術詳細資料:「SpeakerDeck ADB 技術詳細」で検索ください
    https://speakerdeck.com/oracle4engineer/adb-s-technical-detail-jp

    View full-size slide

  4. 4 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    はじめに
    最新情報や詳細情報は以下もご参照ください
    マニュアル
    • ADB-D : https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/autonomous-database/dedicated/adbaa
    • ADB-C@C:https://docs.oracle.com/en/engineered-systems/exadata-cloud-at-customer/ecccm/adb-on-
    exacc.html
    データシート
    • https://www.oracle.com/jp/a/ocom/docs/database/auto-db-dedicated-exadata-infra-ds.pdf
    LiveLabs:英語
    • Oracle Autonomous Database Dedicated for Fleet Administrators
    • Oracle Autonomous Database Dedicated for Developers and Database Users
    • Oracle Autonomous Database Dedicated for Security Administrators
    OCIチュートリアル
    • ADB-Dの環境を作成してみよう

    View full-size slide

  5. • サービス概要
    • 技術詳細
    • サービス比較
    • Appendix
    Agenda
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    6

    View full-size slide

  6. • サービス概要
    • 技術詳細
    • サービス比較
    • Appendix
    Agenda
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    7

    View full-size slide

  7. 運用管理者の視点
    • 高い性能、可用性、セキュリティの担保
    • 豊富な実績に支えられたアーキテクチャ
    • ハイレベルな自動化・運用管理コストの低減
    開発者の視点
    • すぐに使える
    • 利用コストの抑制、従量課金であること
    • 様々なアプリケーションで汎用的に利用可能
    • すぐに利用できるツールが存在すること
    Oracle が考えるデータ活用基盤
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    8
    Autonomous Database
    自律型データベース

    View full-size slide

  8. 新時代のデータベース・サービス
    Autonomous Database
    実績のあるOracle Database / Exadata が基盤
    高性能・高可用性・高セキュリティが実装済み
    AI/機械学習を利用した完全自動運用
    様々なツールが無償で同梱、DBで完結
    完全な
    マネージド
    サービス
    1単位でCPUを無停止で増減可能
    ワークロードに応じた自動増減も可能
    CPU/ストレージは1秒単位で課金
    完全な
    柔軟性
    あらゆるワークロード(OLTP/分析/混在)
    あらゆるデータタイプ(構造化/JSON/グラフ等)
    1つのデータベースで対応可能
    完全な
    マルチモデル
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    9

    View full-size slide

  9. Autonomous Database
    ワークロード/デプロイメント方式
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    10
    ORACLE
    AUTONOMOUS
    DATABASE
    Autonomous
    Data Warehouse
    (ADW)
    Autonomous
    Transaction
    Processing (ATP)
    Serverless
    Dedicated
    Exadata Infrastructure
    ワークロード
    デプロイメント
    ( /DWH) (OLTP/ )
    ( Pluggable Database) ( OCI or C@C(*1))
    Autonomous
    JSON Database
    (AJD) (*2)
    (JSON )
    APEX Application
    Development (*2)
    (APEX )
    *1: C@C: Oracle Cloud@Customer(お客様データセンターでのOCI提供サービス)
    *2: Dedicated では未提供

    View full-size slide

  10. 自律型データベース
    • 高性能、高可用性、高セキュリティ
    • 使いたいときにすぐに利用可能
    高度な分離性
    • 複数のレイヤーで独立性を確保
    • プライベートクラウドとしての責任境界の明確化
    • フリート管理者 / データベース管理者
    運用ポリシーのカスタマイズ
    • プロビジョニング、ソフトウェア更新、可用性、集約性を制御可能
    Autonomous Database - Dedicated
    専有環境で稼働するPrivate Database Cloudを提供
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    11

    View full-size slide

  11. 複数のレイヤーで分離性を担保
    • Database (DB)
    • Container database (CDB)
    • Cluster of VMs
    • Separate Hardware (Exadata Infrastructure)
    • Hardware Enforced Private Network (VCN)
    分離レベルを調整可能
    • セキュリティ、性能面など、各データベースの要件毎に分離
    • クリティカルDB、一般DB、開発DBといった用途毎に分離
    • Sales, HR, Marketingといった組織毎に分離
    Autonomous Database - Dedicated
    高度な分離性
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    12
    RAC CLUSTER
    WEB STORE
    SHOP SHIP
    ….

    View full-size slide

  12. データベース分離ポリシー:
    • ミッションクリティカル、汎用、テスト用途等で分離
    • 組織で分離
    アップグレードポリシー:
    • 新しいバージョンを本番前にテスト・開発用データベースに展開
    • セール、四半期決算といった繁忙期を回避
    • アプリが認定するバージョンに準拠したアップグレードの制御
    可用性ポリシー(SLA):
    • コンテナDBごとに必要なHAとDRのレベルを指定
    利用量制限に関するポリシー
    • オーバープロビジョニングとピーク時の使用ポリシー
    Autonomous Database - Dedicated
    運用ポリシーのカスタマイズ
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    13

    View full-size slide

  13. 単一利用:
    • 最もシンプルな構成
    • 単一クラスタ上に単一のCDB (Web Store) を配置
    • 単一のCDB上に全てのインスタンス(Shop、Ship等)を配置
    • 全てのインスタンスに対して、
    単一のサービスレベル、メンテナンス・スケジュールが定義される
    Autonomous Database - Dedicated
    – 利用例
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    14
    RAC CLUSTER
    WEB STORE
    SHOP SHIP
    ….

    View full-size slide

  14. カスタマイズ利用:統合環境向け
    • CDBを分離(WEB STORE、MFG、TEST)
    • CDB毎に負荷の分離
    • 本番環境にテスト環境の影響を与えない
    • CDB毎にSWのバージョンの分離
    • テスト環境は先に最新バージョンへアップグレードしてテストを実施
    • CDB毎に災害対策の有無を設定
    • 特定のCDB(WEB STORE)は災害対策用にリモートスタンバイを用意
    • 各CDBへのアクセスはポリシーによって制御
    Autonomous Database - Dedicated
    – 利用例
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    15
    RAC CLUSTER RAC CLUSTER
    WEB STORE
    SHOP ... SHIP
    MFG
    PARTS LABOR
    TEST
    DB1 DB2 DB3

    Autonomous
    Data Guard
    WEB STORE
    SHOP ... SHIP

    View full-size slide

  15. Exadata Infrastructureのシェイプおよびデータベースが利用したOCPU/ECPU数に基づき課金される
    • Exadata Infrastructure
    • ADB-D(Public Cloud)
    • Base Systems/X7-2 / X8-2 / X8M-2 / X9M-2から選択
    • X7-2 / X8-2 : Base/Quarter / Half / Full から選択、X8M-2 / X9M-2:エラスティック構成(デフォルトはQuarter相当)
    • 1秒単位で課金(最低利用期間は48時間)
    • ADB-C@C(Cloud@Customer)
    • X7-2 / X8-2 / X8M-2 / X9M-2 /X10Mから選択(X7-2はGen1(OCI-C)からのアップグレードでのみ)
    • Base /Quarter / Half / Full から選択、X10M/X10M-L/X10M-XL: エラスティック構成
    • 月額単位(最低4年契約)
    • 設置するラック毎に、アクティベーションサービス費用が必要
    • OCPU/ECPU
    • ADBインスタンス毎のCPU数:最小は0.1(OCPU)、2(ECPU)、最大はシェイプサイズに依存
    • 1秒単位で課金(最低利用時間は1分)
    • 既存データベースライセンスの持ち込みによるコスト削減が可能
    Autonomous Database - Dedicated
    課金体系 /シェイプサイズ
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    16

    View full-size slide

  16. ECPUとは ?
    • Autonomous Databaseの新しい課金メトリック
    • Autonomous Data Warehouse, Autonomous Transaction Processingのみ対象
    • Autonomous Database Serverless, Dedicated, Cloud@Customerに適用
    • OCPUモデルも引き続き選択可能
    • ECPU はコンピューティング・リソースの抽象化された単位
    コア数に基づいており、Exadata データベース サーバーとストレージ サーバーの共有プールから柔軟に割り当てられる
    • ECPUは物理コアやスレッドと必ずしも同等ではない
    OracleがECPUを導入する理由
    • ECPUは長期的観点で一貫した価格メトリックとして導入をしてまいります
    • プロセッサ・モデルやクロックスピードに依存しない価格メトリックで複雑性を回避することを目的
    • ECPUはすでにMySQL Heatwave on AWSで適用済み
    Autonomous Database - Dedicated
    新しい価格モデル: ECPUモデル
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    17
    Documentation:Compute Management and Billing in
    Autonomous Database on Dedicated Exadata Infrastructure

    View full-size slide

  17. • ECPUは19.20以降のみ利用可能
    • ECPU数の最少は2、2以上の追加・縮小は1ECPU単位、OCPU数の最小は0.1、1以上の追加・縮小は1OCPU単

    • BYOLは両方で適用可能
    • Oracle Database Enterprise Editionでは1Processorライセンスあたり 8 ECPU/ 2 OCPU
    • 64 ECPU/16 OCPUより大きくなる場合はReal Application Clusterオプション要
    • Autonomous Data guardを利用する場合はActive Data Guardオプション要
    • Standard Editionでは1Processorライセンスあたり 16 ECPU/4 OCPU
    • 1インスタンスは32 ECPU/8 OCPUまで
    Autonomous Database - Dedicated
    Autonomous Databaseに適用されるECPU価格とOCPU価格
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    18
    ECPU Pricing
    per hour
    OCPU Pricing
    per hour
    Autonomous Data Warehouse
    (ADW)
    ¥47.04
    BYOL : ¥11.298
    ¥188.174
    BYOL : ¥45.164
    Autonomous Transaction Processing
    (ATP)
    ¥47.04
    BYOL : ¥11.298
    ¥188.174
    BYOL : ¥45.164

    View full-size slide

  18. • サービス概要
    • 技術詳細
    • サービス比較
    • Appendix
    Agenda
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    19
    • 性能、拡張性
    • 可用性
    • 構成変更
    • 運用、管理
    • セキュリティ
    • ネットワーク構成(ADB-C@C)
    • リソースとユーザー・ロール
    • プロビジョニング関連
    • 開発ツール
    • インスタンスへの接続
    • データべース・ユーザーの管理
    • ストレージ領域の管理

    View full-size slide

  19. リソースとユーザー・ロール
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    20

    View full-size slide

  20. 21 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Database Dedicatedのリソース
    Exadata Infrastructure(EI)
    • Exadataハードウェア
    Autonomous Exadata VM Cluster(AVMC)
    • ホストOS、Grid Infrastructure
    Autonomous Container Database(ACD)
    • Oracleソフトウェア、Database Home
    Autonomous Database(ADB)
    • Pluggable Database
    Autonomous
    Exadata
    VM Cluster
    ACD1
    ACD2
    Exadata
    Infrastructure
    ADB1 ADB2 ADB3
    ADB1 ADB2
    Documentation:
    • ADB-D: Components of Dedicated Autonomous Database
    • ADB-C@C: Database System Architecture Overview

    View full-size slide

  21. Autonomous Database Dedicatedのリソース
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    22
    Exadata Infrastructure (EI)
    Autonomous Exadata VM Cluster (AVMC)
    AVMC
    #1
    AVMC
    #2
    ・・・
    Autonomous
    Database(ADB)
    ADB
    #1
    Autonomous
    Container Database(ACD)
    (ACD#1)
    ACD
    #2
    ACD
    #n
    ・・・
    ADB
    #2
    ADB
    #m
    ・・・
    AVMC
    #x

    View full-size slide

  22. 23 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Multiple VM Autonomous Database on Dedicated Exadata Infrastructure
    複数のAutonomous Exadata VM Clusterをサポート
    Exadata Infrastructure(EI)で複数のAutonomous Exadata VM Cluster(AVMC)の作成および1つのEI上にExaDB
    とADBを動かすことができる
    Compute Node 1 Compute Node 2
    VM Cluster 2(AVMC)
    OLTP用途で多くのコンピュートリソースを利用
    Autonomous Database Service
    VM Cluster 1(Exadata VM Cluster)
    分析用途で多くのストレージを利用
    Exadata Database Service
    VM Cluster 3(AVMC)
    コンピュートとストレージをバランスよく利用
    Autonomous Database Service
    • 以下が可能
    • 複数のAVMCの作成
    • 各AVMCのリソースのカスタマイズ(CPU/メモリ/ス
    トレージ)
    • AVMCごとの個別のメンテナンス実行
    • AVMCごとに異なるライセンス・モデルの指定
    • (ADB-D) X8M以上のバージョンおよび複数
    AVMCサポート後にプロビジョニングされたEIが対象
    • (ADB-D) Base Systemsではサポートされない
    イメージ例
    Documentation:Create an Autonomous Exadata VM Cluster

    View full-size slide

  23. Multiple VM Autonomous Database on Dedicated Exadata Infrastructure
    (参考) Exadata Database VM Clusterとの課金モデルの比較
    24
    Exadata Database VM
    Cluster
    割り当てられたOCPUで課金
    Compute Node 1 Compute Node 2
    Exadata VM Cluster
    Exadata Database Service
    Autonomous Exadata VM Cluster
    Autonomous Database Service
    AVMC上に作成したACD
    は課金なし
    AVMCに割り当てられた
    OCPU/ECPUは課金なし
    (停止する必要なし)
    稼働中のADBの
    OCPU/ECPUのみ課金
    ADB自動スケーリングは
    課金を低減
    ADBフラクショナル
    CPU(OCPU)は課金を低

    Autonomous
    Exadata VM Cluster
    Copyright © 2023 Oracle and/or its affiliates.

    View full-size slide

  24. ユーザーのロール
    IAM ポリシーを利用して、プライベート・クラウドにおける責任範囲を分離
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    25
    RAC
    CLUSTER
    I.T. Compartment Manufacturing Compartment
    DB1 DB2 DB3
    データベース管理者
    データベースのセルフ作成
    フリート管理者
    予算、キャパシティ、コンプライアンス、SLAの設定
    アプリ開発者とDBAは、インフラ、
    及び相互のリソースを参照すること
    はできない
    • 組織構造に基づいて、ITとエンドユーザーにそれぞれCompartmentを割り当てる
    • 組織構造に基づいて、プライベート・ネットワークを作成
    • フリート管理者はEI、AVMC、ACDを作成し、データベース部門側は割り当てられた範囲内でADBを作成
    Documentation:
    User Roles Associated with Dedicated Autonomous Database

    View full-size slide

  25. ユーザーのロール
    - IAM ポリシーの設定例
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    26
    フリート管理者
    データベース管理者
    Allow group fleetAdmins to MANAGE cloud-exadata-infrastructures in compartment fleetCompartment
    Allow group fleetAdmins to MANAGE autonomous-database-family in compartment fleetCompartment
    Allow group fleetAdmins to USE virtual-network-family in compartment fleetCompartment
    Allow group fleetAdmins to USE tag-namespaces in compartment fleetCompartment
    Allow group fleetAdmins to USE tag-defaults in compartment fleetCompartment
    Allow group dbUsers to READ autonomous-container-databases in compartment fleetCompartment
    Allow group dbUsers to MANAGE autonomous-databases in compartment dbUserCompartment
    Allow group dbUsers to MANAGE autonomous-backups in compartment dbUserCompartment
    Allow group dbUsers to USE virtual-network-family in compartment dbUserCompartment
    Allow group dbUsers to MANAGE instance-family in compartment dbUserCompartment
    Allow group dbUsers to MANAGE buckets in compartment dbUserCompartment
    Allow group dbUsers to MANAGE objects in compartment dbUserCompartment
    Allow group dbUsers to MANAGE app-catalog-listing in compartment dbUserCompartment
    Livelabsワークショップから引用
    Oracle Autonomous Database Dedicated for Fleet Administrators
    Documentation: IAM Policies for Autonomous Database on Dedicated
    Exadata Infrastructure

    View full-size slide

  26. プロビジョニング関連
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    27

    View full-size slide

  27. プロビジョニング・ステップ
    概略
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    28
    ネットワーク
    定義
    Service Limit
    引き上げ申請
    Autonomous
    Database
    インスタンス
    (ADB)
    作成
    データベース管理者
    フリート管理者
    別紙参照*
    ADB-S
    ADB-D
    (Public)
    ADB-C@C
    (C@C)
    ネットワーク
    定義
    ユーザー・グループ・
    ポリシーの設定
    (フリート管理者、
    およびDB管理
    者)
    Exadata
    Infrastructure
    (EI)の作成
    Autonomous
    Container
    Database
    (ACD)
    作成
    アプリケーション
    からの接続
    事前手配 Exadataのセットアップ 利用
    OCIリソース定義
    Compartment
    作成
    Autonom
    ous
    VMクラスタ
    (AVMC)
    作成
    テナント管理者
    メンテナンス
    スケジュール
    の定義
    バックアップ
    先の登録
    バックアップ
    先の選択
    *1導入前の確認事項、導入ステップに関する情報はExaDB-C@Cの資料を参照ください

    View full-size slide

  28. フリート管理者によるステップ
    Exadata Infrastructure(EI)の作成
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    29
    エラスティック構成でない場合(X8-2以前)はラックを指定
    • リージョン、コンパートメントの選択
    • 表示名
    • 可用性ドメイン
    • システム・モデル
    • ラックまたは構成
    • メンテナンス・スケジュール
    • 連絡先 エラスティック構成では各サーバー数を指定
    Documentation: Create an Exadata Infrastructure Resource

    View full-size slide

  29. Exadata Infrastructure(EI)の作成
    ADB-Dのシェイプ
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    30
    Base System
    X7-2
    Quarter
    Rack
    X7-2
    Half Rack
    X7-2
    Full Rack
    X8-2
    Quarter
    Rack
    X8-2
    Half Rack
    X8-2
    Full Rack
    X8M-2*
    デフォルト
    X9M-2*
    デフォルト
    シェイプ名 Exadata.Base.
    48
    Exadata.Quart
    er2.92
    Exadata.Hal
    f
    2.184
    Exadata.Full
    2.368
    Exadata.Quart
    er3.100
    Exadata.Half
    3.200
    Exadata.Full
    3.400
    Exadata X8M-2 Exadata X9M-2
    コンピュート・
    ノード数 2 2 4 8 2 4 8 2 2
    CPUコアの合
    計最大数 48 92 184 368 100 200 400 100 252
    合計RAM容
    量 720GB 1,440 GB 2,880 GB 5,760 GB 1,440 GB 2,880 GB 5,760 GB
    RAM: 2780 GB
    永続メモリ 4.5TB
    RAM: 2780 GB
    永続メモリ 4.5TB
    ストレージ
    サーバー数 3 3 6 12 3 6 12 3 3
    最大データ
    ベースサイズ 74TB 85.5 TB 171.1TB 342.1 TB 119 TB 238 TB 476 TB 119 TB 152 TB
    エラスティック構成:データベース・サーバー : 2~32、ストレージ・サーバー:3~64の範囲で指定可
    最新情報はドキュメントをご確認ください。
    Resource Limits and Characteristics of Infrastructure Shapes

    View full-size slide

  30. Exadata Infrastructure(EI)の作成
    ADB-C@Cのシェイプ(X8M-2/X9M-2)
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    31
    X8M-2
    Base Rack
    X8M-2
    Quarter
    Rack
    X8M-2
    Half
    Rack
    X8M-2
    Full Rack
    X9M-2
    Base Rack
    X9M-2
    Quarter
    Rack
    X9M-2
    Half Rack
    X9M-2
    Full Rack
    コンピュート・
    ノード数 2 2 4 8 2 2 4 8
    CPUコアの
    合計
    最大数
    48 100 200 400 48 124 248 496
    合計RAM
    容量 656GB 2,780 GB 5,560 GB 11,120 GB 656GB 2,780 GB 5,560 GB 11,120 GB
    永続メモリ 0TB 4.5 TB 9 TB 18 TB 0TB 4.5 TB 9 TB 18 TB
    ストレージ
    サーバー数 3 3 6 12 3 3 6 12
    最大データ
    ベース
    サイズ、ロー
    カルバックアッ
    プなし
    59TB 119 TB 239 TB 479 TB 59TB 152 TB 305 TB 610 TB
    最大データ
    ベース
    サイズ、ロー
    カルバックアッ
    プあり
    29TB 59 TB 119 TB 239 TB 29TB 76 TB 152 TB 305 TB
    最新情報およびX7-2、X8-2、X10Mはドキュメントをご確認ください。
    Resource Limits and Characteristics of Infrastructure Shapes
    X10MはX10M,X10M-Large,X10M-Extra Largeから選択でき、エラスティック構成となります

    View full-size slide

  31. 32
    Exadata Infrastructure(EI)の作成
    リソース制限
    リソース制限(最大値 )
    • ADBの数 = 使用可能なECPU数の半分、または使用可能なOCPU数の10倍
    • 例:X9Mの場合、252 OCPUであるため、最大2520個のADBが作成可能
    • AVMCあたりのACDの数 = 16
    リソース推奨(最大)
    • ACDあたりのADB数 = 200
    • Autonomous Data Guardが構成されたACDあたりのADB = 25
    Documentation: Resource Limits
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide

  32. フリート管理者によるステップ
    Autonomous Exadata VM Cluster(AVMC)の作成
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    33
    • コンパートメントの選択
    • 表示名
    • Exadata Infrastructureの選択
    • コンピュート・モデル(OCPU/ECPU)の選択
    • DBサーバーの選択
    • リソース構成
    • ACDの最大数
    • ノード当たりのCPU数
    • CPU当たりのメモリーサイズ
    • データベース・ストレージ
    • ネットワークの構成
    • メンテナンス・スケジュール
    • ライセンス・タイプの選択
    • 拡張オプション
    • タイム・ゾーンの選択、リスナーポートの設定、タグ
    必要なリソースは左で設定
    した値をもとに算出される
    OCPUに変更可
    (デフォルトはECPU)
    Documentation:Create an Autonomous Exadata VM Cluster
    DBサーバーの変更

    View full-size slide

  33. Compute Node 3 Compute Node 4
    VM Cluster 1 – 3 VMs
    Exadata Database Service
    AVM Cluster 3 – 2 VMs
    Autonomous Database Service
    Compute Node 1 Compute Node 2
    AVM Cluster 4 – 4 VMs
    Autonomous Database Service
    AVM Cluster 2 – 2 VMs
    Autonomous Database Service
    34 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Exadata VM Cluster(AVMC)の作成
    AVMCごとにDBサーバーを選択可能
    ワークロードに合わせたAVMCのサイジングが可能(少なくとも2つのDBサーバーの選択が必要)
    Documentation: Create an Autonomous Exadata VM Cluster
    Blog: Autonomous VM Cluster Node Subsetting on Autonomous
    Database on Exadata Cloud@Customer

    View full-size slide

  34. 35 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Exadata VM Cluster(AVMC)の作成
    注意点
    • 1つのAVMCを作成するには少なくとも次が必要(最小が2ノード)
    • ノードごとに20 ECPUまたは5 OCPU
    • ノードごとに100GBのメモリ
    • ノードごとに350GBのローカルストレージ
    • 3.25TB の Exadata ストレージ
    • ADB-C@C:ローカルバックアップの有無でExadata Storageの算出の係数が変わる
    • AVMCの最小リソースが利用可能である限り作成は可能
    • AVMC作成後、DBサーバー、リソース構成の変更、コンピュート・モデル、ライセンス・タイプ(ADB-D)の変更は不可
    • 必要なネットワーク要件(サブネットサイズなど)はドキュメントを確認
    Documentation: Prerequisites

    View full-size slide

  35. 36 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Exadata VM Cluster(AVMC)の作成
    (参考)コンソール上で表示されるAVMCの合計リソースの計算式
    CPU数:
    1 VM当たりのECPU数/OCPU数 x VM数
    メモリー:
    [1 VM当たりのECPU数/OCPU数 x 1 ECPU/OCPU当たりのデータベース・メモリー + 内部データベース・サービス・メモ
    リー: 40GB] x VM数
    ローカル・ストレージ:
    内部ローカル・サービス・ストレージ: ([Autonomous Exadata VMクラスタ・ストレージ: 184GB] + [Autonomous
    Container Databaseストレージ: 100GB + 50GB x ACD数]) x 1.03 x VM数
    Exadataストレージ:
    [ユーザー・データ・ストレージ + 内部データベース・サービス・ストレージ: ( 200GB + 50GB x ACD数 x VM数)] x 1.25

    View full-size slide

  36. 37 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Exadata VM Cluster(AVMC)の作成
    作成後のAVMCのスケールアップ、ダウンが可能
    既存のAVMCに対し以下の操作を実行可能
    • VM当たりのCPU数の変更
    • ローリングによるACD、ADB再起動を伴う
    • ACDの最大数の変更
    • ローリングによるACD、ADB再起動を伴う
    • データベースストレージのサイズ変更
    2023/12
    New!

    View full-size slide

  37. 38 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    フリート管理者によるステップ
    Autonomous Container Database(ACD)の作成
    • コンパートメントの選択
    • 表示名
    • Autonomous Exadata VM
    Clusterの選択
    • データベース・ソフトウェアのバージョン
    • Autonomous Data Guardの構成
    • 自動メンテナンスの構成
    • バックアップの構成
    • 自動バックアップの有効化
    • バックアップ保存期間
    • 拡張オプション
    • 暗号化キー
    • タグ付け
    AuDGの構成を設定
    Documentation:Create an Autonomous Container Database
    2023/12
    New!

    View full-size slide

  38. 39 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Container Database(ACD)の作成
    ACD作成の注意点
    • 1つのACDを作成するには少なくとも次が必要(最小が2ノード)
    • 8 ECPUまたは2 OCPU
    • 50GBのローカル・ストレージ
    • 複数のACDを並行してプロビジョニングすることは不可
    Documentation:Create an Autonomous Container Database

    View full-size slide

  39. 40
    データベース管理者によるステップ
    Autonomous Database(ADB)の作成
    • コンパートメントの選択
    • 表示名
    • データベース名
    • ワークロード・タイプの選択
    • ATP もしくは ADW
    • デプロイメント・タイプの選択
    • ACDの選択
    • CPU数、ストレージサイズ
    • ADMINパスワード
    • ネットワーク・アクセスの構成
    • 拡張オプション
    • 暗号化キー
    • 文字セット
    • データベースインメモリ
    • タグ
    Documentation:
    Create a Dedicated Autonomous Database
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide

  40. 41 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Database(ADB)の作成
    [OCPU] 1未満のOCPU割り当てが可能
    統合インフラとしてより高い集積率を実現
    • 0.1の増分で0.1 - 0.9 OCPUの割当てが可能。1以上は整数値
    • メモリと同時セッション数の割り当てはOCPU設定値に比例
    • 1未満の場合のAutoscaling:3倍にした値で小数点以下を切り上げた数までとなる。
    • 1未満で作成した場合の接続サービス:ADWはlow、ATPはtp、lowのみとなる。スケールアップし他の接続サービスが
    必要になる想定の場合は、1より大きく作成した後スケールダウンが必要
    • クローンの場合はクローン後に変更可
    Documentation:CPU Overprovisioning

    View full-size slide

  41. 42 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Database(ADB)の作成
    ADB作成の注意点
    • ECPU/OCPUの最小値
    • ECPU : 2 ECPU
    • OCPU:0.1 OCPU
    • ストレージの最小値
    • 32GB
    Documentation:Create an Autonomous Container Database

    View full-size slide

  42. 開発ツール
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    43

    View full-size slide

  43. アプリケーション開発を強力にサポートするツール群
    インスタンスを作成すれば、すぐに利用可能
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    44
    ツール名 S D 用途 概要
    Database Actions ✔ ✔ データ操作全般 従来のSQL Developer Webが名前を変えてリニューアル。
    ユーザーの管理から、SQL実行、データモデルの作成、JSONデータの操作、データロードといっ
    た操作が可能。
    DBAだけでなく、分析や開発などデータを使う立場のユーザにも活用可能。
    Performance Hub ✔ ✔ 性能監視・調査 特定SQLの性能確認、ボトルネックの調査、インスタンス全体の稼働状況の可視化が可能.
    APEX / ORDS ✔ ✔ Webアプリ開発
    API開発
    アプリ開発に詳しくない方、もしくは詳しくても時間のない方におすすめ。
    すぐに簡単にアプリを構築いただけるブラウザベースの開発ツール。
    Notebook / AutoML
    UI
    ✔ 機械学習 機械学習用のツールとしてデファクトスタンダードであるNotebook。
    Python、SQL、Rを利用した各種分析が可能。データアナリスト向けのツール。
    Graph Studio ✔ グラフDB開発 グラフモデルの作成、実行、グラフアプリケーションの開発、ビジュアライズなど。
    既存RDB形式で格納されているデータをグラフ形式にマッピングした分析も可能。
    Oracle Analytics
    Desktop
    ✔ ✔ BI RDBMSに詳しくない一般のユーザー様向けに、ドラック&ドロップといった簡単な操作でデータ
    分析が可能。
    通常有償の製品だが、Autonomous Databaseをご利用であれば無償で利用可能。
    ※ S: Serverless D: Dedicated

    View full-size slide

  44. Database Actions
    含まれるコンポーネント
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    45
    ※一部の機能は管理者権限が必要
    カテゴリ S D 名称 用途
    開発 ✔ ✔ SQL SQLおよびPL/SQLコマンドを入力して実行し、データベース・オブジェクトを作成する
    ✔ ✔ データ・モデラー 既存のデータベーススキーマから図やDDLステートメントを生成し、レポートを作成
    ✔ ✔ REST Webサービスの開発とWebサービス・アクセスのセキュリティ管理
    ✔ LIQUIBASE Liquibaseを使用したスキーマ変更管理
    ✔ ✔ JSON JSONコレクションの管理と検索
    ✔ ✔ チャート データからチャートを作成
    ✔ ✔ スケジューリング データベース内のジョブ管理
    ✔ ORACLE MACHINE LEARNING Oracle Machine Learningによる機械学習の利用
    ✔ ✔ APEX Oracleデータベース用の迅速なWebアプリケーション開発プラットフォームのログイン
    ✔ GRAPH STUDIO プロパティ・グラフ・データベースの作成、データベース表からのグラフ・モデルおよびインメモリー・
    グラフの作成を自動化
    Data
    Studio
    (旧データ・
    ツール)
    ✔ Data Studioの概要 Data Studioのサマリー表示
    ✔ ✔ データ・ロード ローカルファイル、クラウドストレージ、リモートデータベースからのデータのロード
    ✔ ✔ カタログ データの依存関係と変更の影響を表示
    ✔ ✔ データインサイト データの異常、外れ値、隠れたパターンを検出
    ✔ データ変換 データ・フローとワーク・フローのグラフィカルな設計
    ✔ ✔ データ分析 分析ビューの作成とビジュアライズ

    View full-size slide

  45. Database Actions
    含まれるコンポーネント(続き)
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    46
    ※一部の機能は管理者権限が必要
    カテゴリ S D 名称 用途
    管理 ✔ ✔ データベース・ユーザー ユーザーの作成と編集、REST対応などのユーザー管理
    ✔ ✔ APEXワークスペース APEXワークスペースの管理
    ✔ ✔ データ・ポンプ データ・ポンプでのインポート/エクスポートジョブを監視。ADB-Dはデータ・ツールに含まれる
    ✔ ウォレットのダウンロード 相互TLS接続で使用するウォレットファイルのダウンロード
    ✔ リソース管理ルールの設定 コンシューマ・グループへのCPU/IOシェアの割当て等を行うためのリソース管理ルールを設定
    モニタリング ✔ ✔ パフォーマンス・ハブ データベース・パフォーマンスの監視
    ✔ データベース・ダッシュボード データベース・アクティビティの監視
    ✔ ログイン ログインとログオフの統計
    ✔ セッション オープンセッションのモニター
    ✔ インスタンス・ビューア データベース・パフォーマンスのリアルタイム・モニタリング
    ✔ アラート データべースのログに記録されたアラートを監視
    ✔ 記憶域 記憶域の使用と割り当てを監視
    ダウンロード ✔ Oracle Instant Client Oracle Instant Clientのダウンロード
    ✔ SODAドライバ Simple Oracle Document Access(SODA)ドライバのダウンロード

    View full-size slide

  46. インスタンスへの接続
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    47

    View full-size slide

  47. 48 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    接続方式
    様々な言語/ドライバに対応、それらを利用したツールからの接続が可能
    アプリケーションからのアクセスに利用されるネットワーク
    • ADB-D : VCNとサブネットを使用したプライベート・ネットワーク
    • ADB-C@C:VMクラスターネットワーク
    データベースへの接続のみを許可(OSログイン不可)
    非TLS(TCP)接続/ TLS(TCPS)接続の両方を利用可
    • ポート(デフォルト)非TLS:1521 TLS:2484
    • mTLS接続も選択で利用可能
    外部連携
    • Microsoft Active Directoryとの連携
    • Azure ADとの連携(OAuth2アクセストークン)- ADB-Dのみ
    • OCI IAMとの連携、IAM SSOトークン認証 - ADB-Dのみ
    対応言語とドライバ
    Documentation:Connect to an Autonomous Database

    View full-size slide

  48. 49 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    接続サービス
    事前定義された接続サービス
    基本的な考え方はServerlessと同様だが、違いは以下
    • 各サービス毎に2種類存在:非TLSまたはTLS
    • 各サービスにおいてFANがデフォルトで有効化されている(変更可能)
    • TP、TPURGENTについてはTACがデフォルトで有効化されている(変更可能)
    • 1以下のOCPU数で作成した場合はADWがLOW、ATPがTP、LOWのみ(作成した時点で定義されるためOCPUをスケールアップ
    しても変わらない)
    接続サービス platform 概要 パラレル制御
    同時実行
    セッション数
    リソース割り当て
    (SHARES*2)
    FAN TAC
    TPURGENT_tls
    TPURGENT
    ATP only 最も優先度の高い処理向け 手動設定 300 x OCPUs
    75 x ECPUs
    12 有効 有効
    TP_tls
    TP
    ATP only 汎用的な処理向け シリアル 300 x OCPUs
    75 x ECPUs
    8 有効 有効
    HIGH_tls
    HIGH
    ADW/ATP 大量データを扱う処理向け 1* OCPUs
    0.5* ECPUs
    3 4 有効 無効
    MEDIUM_tls
    MEDIUM
    ADW/ATP
    大量データを扱いつつも、
    同時実行数も多い処理向け 4
    1.25 x OCPUs
    0.25125 x ECPUs
    2 有効 無効
    LOW_tls
    LOW
    ADW/ATP 優先度が低い処理向け シリアル 300 x OCPUs
    75 x ECPUs
    1 有効 無効
    *1 : 同時に接続できるセッション数はECPU/OCPUに比例し、ECPU/OCPU当たり150/300セッション
    *2 : サービス間でのCPU配分の相対的な優先度を示す
    *3 : Autonoumous Data Guard構成時はスタンバイデータベース用のサービスも作成される
    Documentation:
    Predefined Database Service Names for Autonomous Databases

    View full-size slide

  49. 50 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    接続サービスの選択
    OLTPとは?接続サービスはどれを使えばよい?
    特徴
    • 少量の行しかアクセスしない
    • 大量のユーザが同時に実行する
    • 一般的なオーダーとしてはミリ秒レベル
    一般的なチューニング方針
    • スループット(TPS:Transaction Per Sec)を重視し、
    単体処理のリソース利用の極小化を目指す
    Autonomousにおける推奨
    • TPを利用
    • 単一のCPUコアで処理させるため
    • 手動でパラレル度を制御したい場合、
    もしくは最優先したい特別な処理の場合は、TPURGENTを推奨
    少ないリソースで処理させることで、
    より多くの処理をこなせるようになる!
    CPU/IO
    CPU/IO

    View full-size slide

  50. 51 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    接続サービスの選択
    バッチ・DWHとは?接続サービスはどれを使えばよい?
    特徴
    • 大量の行にアクセスし、一括で処理する
    • ユーザ数は少ない
    • 一般的なオーダーとしては秒~分レベル
    一般的なチューニング方針
    • 単体SQLのレスポンス(Elapsed Time)を重視し、
    単体処理でCPU、IOリソースを100%割りきることを目指す
    Autonomousにおける推奨
    • MEDIUMを利用
    • 複数のCPUコアで処理させるため
    • 動的にパラレル処理されるだけでなく、
    キューイングも実装されているため、効率よく処理できる
    • 同時実行数が3よりも少ない場合はHIGHを推奨
    100%
    リソースを100%使い切ることで、
    全体の処理を早く終えることができる!
    CPU/IO
    CPU/IO

    View full-size slide

  51. 52 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    その他の設定
    Transparent Application Continuity の制御
    • クライアントドライバは最新が推奨(Oracle Client 19c以上)
    • DBMS_APP_CONT_ADMIN パッケージによる有効化・無効化(TPURGENT、TPはデフォルトで有効化)
    • 有効化の例
    • execute DBMS_APP_CONT_ADMIN.ENABLE_TAC('HIGH’);
    • execute DBMS_APP_CONT_ADMIN.ENABLE_AC('TPURGENT’);
    • 無効化の例
    • execute DBMS_APP_CONT.DISABLE_FAILOVER(‘HIGH’);
    • tnsnames.oraに記載の接続文字列構成を利用した接続を利用(簡易接続ネーミングでは不可)
    alias =
    (DESCRIPTION =
    (CONNECT_TIMEOUT= 120)(RETRY_COUNT=20)(RETRY_DELAY=3)(TRANSPORT_CONNECT_TIMEOUT=3)
    (ADDRESS_LIST = (LOAD_BALANCE=on) (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST=scan-host)(PORT=1521)))
    (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME = service-name)))
    Documentation:
    Enable Transparent Application Continuity (TAC) or
    Application Continuity (AC)

    View full-size slide

  52. 53 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    その他の設定
    SCANリスナー・ポートとTLS認証のモードの選択
    • AVMCのプロビジョニング時にTLSと非TLSのSCANリスナー・ポートを選択可能
    • 許容範囲:1024-8999:予約済みのポートがあるため、ドキュメントを参照
    • AVMCのプロビジョニング後のポート変更は不可
    • デフォルトのポート番号はTLSが2484, TCPが1521
    • mTLS(相互TLS)の有効化は、データベースのTLS証明書にのみ適用される
    Documentation: Procedure

    View full-size slide

  53. データベース・ユーザーの管理
    →Serverlessの資料をご確認ください。
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    54

    View full-size slide

  54. ストレージ領域の管理
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    55

    View full-size slide

  55. 56 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Databaseのストレージサイズ
    インスタンス毎にストレージサイズを指定(GB)
    • 32GBから割当てが可能。1GB単位で増分可→高い集積率
    • 実効容量を指定(実際にはトリプルミラーで冗長化されている)
    • システム表領域やディレクトリオブジェクトを含む
    • 10%の超過利用が許容される
    • Exadataのフラッシュサイズはストレージサイズに比例
    ストレージサイズ変更は手動で可能
    ダウンタイムなしにスケールアップ・ダウンが可能
    Autonomous Database作成時

    View full-size slide

  56. 57 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    表領域管理
    SQLの制限に触れない限り、Oracle Databaseと同様にユーザーにより作成、管理
    • デフォルトで作成される表領域
    *1 : 表領域のMAXBYTESは32TB
    表領域名 自動拡張 最大サイズ(*1) NOTE
    SYSTEM Yes - • 直接アクセス不可
    SYSAUX Yes - • 直接アクセス不可
    DATA Yes - • デフォルト表領域
    DBFS_DATA Yes - • ローカルファイルシステム(ディレクトリオブジェクトとして利用)
    UNDOTBS1 Yes 500GB(resize可) • UNDO表領域(ATP)
    UNDO Yes - • UNDO表領域(ADW)
    TEMP Yes - • デフォルト一時表領域
    Documentation: SQL Commands

    View full-size slide

  57. 58 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    表領域管理
    顧客管理の暗号化キーの利用
    TDEのマスターキーにADB-DはOCI Vault、ADB-C@CはOracle Key Vaultで作成した顧客管理の暗号化キーを利用
    可能。ACD作成時に指定する。
    • デフォルトはOracle管理の暗号化キー
    • 顧客管理の暗号化キーはOCI Vault/Key Vaultに格納
    • キーを削除するとデータベースにアクセスできなくなるため注意
    • ACD、ADBでキーのローテーションが可能
    • 実行するとOCI Vault/Key Valutでキーのローテーションが行われる
    • ローテーションの際のデータベースのダウンタイムはなし
    Documentation:Master Encryption Keys
    ADB-Dの場合

    View full-size slide

  58. 性能、拡張性
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    59

    View full-size slide

  59. 読み取り一貫性
    更新前の確定データをUNDO
    セグメントに一時的に保持し、
    同時実行性とデータ整合性を両立
    行レベルロック
    行レベルで排他制御を行うことで
    同時実行性の確保
    オプティマイザ
    データにアクセスするために
    最適なパスを自動選択する機能
    Oracle Databaseのコア機能
    自動索引
    ワークロードを監視し、
    自動で索引チューニングを実現
    RAC
    複数のサーバを協調させて処理
    高い拡張性、可用性を担保
    ASM
    複数のストレージを束ねて仮想化
    高い拡張性、可用性を担保
    パラレル処理
    単一SQLを複数のコアで並列処理
    することで高速化
    RACと組み合わせさらに性能アップ
    パーティション
    表、索引をDB内部で複数に分割し
    管理
    大量データを扱う処理を高速化
    OLTP圧縮
    容量の節約と検索性能向上を実現。
    ランダムIOでも性能が落ちない圧縮形式
    マテリアライズド・ビュー
    集計結果を格納したビュー
    元表が更新された場合も高速にリフレッシュ
    結果キャッシュ
    繰り返し実行される問合せのレスポンスを向上
    データベース・インメモリ
    同一データをメモリー上に2種類のフォーマット
    で保持し、あらゆる処理を高速化
    Diagnostics Pack/Tuning Pack
    定常的な監視と、自動チューニングにより性能
    問題の発見・分析・解決をシームレスに実現
    Autonomous Database を支える
    Oracle Database の代表的な機能(性能観点)
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    60

    View full-size slide

  60. Smart Analytics
    Smart Scan
    クエリの一部をStorage Serverで実施し、
    I/O量を削減、DB ServerのCPU負荷軽減
    Storage Index
    クエリ対象外のブロックを読み飛ばし、
    不要な物理 I/O の削減
    HCC (Hybrid Columnar Compression)
    高圧縮率を実現し、データスキャン時の
    論理帯域幅の向上
    Columnar Caching
    Storage ServerのFlash Cacheの領域に
    Columnarフォーマットでキャッシュし高速化
    Smart OLTP
    Persistent Memory Data
    Accelerator, Exadata Smart
    Flash Cache
    ランダムI/O 処理の高速化
    データ・スキャン帯域幅の向上
    Persistent Memory Commit
    Accelerator, Exadata Smart
    Flash Log
    Redo ログ書き込みの高速化
    Smart Consolidation
    Exadata
    I/O Resource Manager (IORM)
    ワークロードごとのDB I/O 処理の優先付け
    MIX ワークロード時のOLTP 処理の
    低レイテンシーを担保
    Exadata
    Network Resource Manager
    重要なデータベースのメッセージについて
    優先的に処理
    Autonomous Database を支える
    Exadata System Software の代表的な機能(性能観点)
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    61

    View full-size slide

  61. Autonomous Database
    SQLの性能劣化を検出し修復する過程を全て自動化
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    62
    さらに、
    パフォーマンス向上のためにも活用
    • 自動索引 [19c]
    • 自動パーティション[19c](ADB-S)
    ①SQLの実行情報を高頻度で自動収集
    (自動SQLチューニングセット)
    Object Activity
    Tracking System
    AWR
    SQL Tuning Set
    実行計画
    履歴
    ②リソースを大量消費する上位SQLを自動検出
    (自動SQL計画管理)
    ④現行のベースラインと代替プランを比較し、
    良い実行計画であればベースラインに自動登録
    (SPM展開アドバイザ)
    実行計画
    Baseline
    PLAN
    (未承認)
    PLAN
    (未承認)
    PLAN
    (承認済)
    PLAN
    (未承認)
    PLAN
    (承認済)
    PLAN
    (採用)
    ⑤ベースラインに存在する実行計画を優先利用
    (オプティマイザ)
    ③代替プランを自動検索
    (自動SQL計画管理)

    View full-size slide

  62. 63 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Database
    システム負荷の増減に対し、オンラインで柔軟に変更可能
    CPU/ストレージをそれぞれ個別に増減可能
    • CPUを増やすことで性能向上を実現
    CPU変更方法
    • 自動スケーリング
    • 負荷が予測できない場合や、突発的な負荷増に対応したい場合に
    最低限のコストで対応できる
    • 最大セッション数やメモリサイズはベースCPU数に紐づくため変化しない
    • I/O帯域はベースECPU/OCPU数の時の値の3倍になる
    • 設定は自動スケーリングの有効/無効を選択するのみ
    • 手動スケーリング(GUI/OCI CLI/REST API)
    • システムの負荷状況がある程度把握できる場合に有用
    • 最大セッション数やメモリサイズ、I/O帯域もECPU/OCPU数に比例して増減 4
    Elapsed
    OCPU
    16
    8

    View full-size slide

  63. 64
    CPUの割り当て
    性能との関係性
    パフォーマンスは選択したCPU数に比例
    • 例 : Exadata上で15%のCPU数を増やした場合、メモリサイズも15%増加
    • IO性能、ストレージのCPU、Flash Cacheサイズも同様
    • その他、SessionsやBuffer Cache、PGAなどは指定する必要はなく、動的に自動設定される
    CPUの割り当てと請求
    • AVMC
    • AVMCごとに設定したECPU/OCPUが割り当てられる(課金請求はされない)
    • ACD
    • ノードあたり8 ECPUまたは2 OCPU消費される(課金請求はされない)
    • ADB
    • 指定可能なECPU/OCPUの範囲で割り当てを行う(稼働中のCPUで課金される)
    Documentation:Compute Management and Billing
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide

  64. 65
    CPUの割り当て
    割り当ての管理
    • ADBを作成すると、ACDに割り当てられたCPU(ノードごとの
    8ECPU/2 OCPU)をまず消費し、不足する場合はAVMCの
    使用可能なCPUから割り当てられる
    • ADBを停止している場合は、割り当てられていたCPUは
    AVMCの使用可能なCPUに戻らない
    • ADBインスタンスの終了、およびスケールダウンした場合はそ
    のCPUは再利用可能なCPUとなる。そのADBの親ACDで
    再利用可能だが、他のACDでは利用不可。
    • ACDの再起動を行うと、そのACDの再利用可能なCPUは
    使用可能なCPUに戻る。=ACDの利用CPUを他のACDで
    利用したい場合は一度リソースを解放する必要がある。
    • AVMCの再利用可能なCPUはすべてのACDの再利用可能
    なCPUの合計数。
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Documentation:Compute Management in Autonomous Database

    View full-size slide

  65. 66 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    CPUの割り当て
    自動スケーリングのCPU割り当て
    ADBの自動スケーリングをONにした場合、ADBの親ACDのアイ
    ドル状態のCPUを使用する
    自動スケーリングをONにしたADBのプロビジョニング時に、親
    ACDのCPUがADBのCPUの3倍未満の場合は、ACDに追加の
    CPUが予約される(予約済CPU)
    • 予約済CPUにより、ACD内で自動スケーリングが有効化さ
    れている最大のADBのベースCPUの3倍以上であることが保
    証される
    例1:自動スケーリングが有効な4 OCPUの稼働中のADB*4
    • ACD1で割り当てられたOCPU数は16
    • ADB1が自動スケーリングが必要になった場合(4>OCPU)、
    ADB2~ADB4でアイドルのOCPUを利用する。
    • コストは最低で16 OCPU(稼働中のADBの割り当て済み
    OCPU+自動スケーリングOCPU)
    Exadata Infrastructure
    X9M-2(Database Servers-2,Storage Servers -3)
    Autonomous Exadata VM Cluster Total CPUs 20
    Available CPUs-4 || Reclaimable CPUs-0
    ACD1
    割り当て CPUs-16 || Reclaimable CPUs-0
    ADB1 - Active
    CPU - 4
    AutoScaling=On
    ADB2- Active
    CPU - 4
    AutoScaling=On
    ADB4- Active
    CPU - 4
    AutoScaling=On
    ADB3- Active
    CPU - 4
    AutoScaling=On
    Documentation:CPU Allocation When Auto-Scaling

    View full-size slide

  66. 67 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    CPUの割り当て
    自動スケーリングのCPU割り当て
    例2:自動スケーリングが有効な2 OCPUの稼働中のADB*4、8
    OCPUの停止中のADB*1
    • ACD1で割り当てられたOCPU数は16
    • ADB1が自動スケーリングが必要になった場合、停止している
    ADB5の8 OCPUから利用
    • コストは最小で8 OCPU(稼働中のADBの割り当て済み
    OCPU+自動スケーリングOCPU)
    Exadata Infrastructure
    X9M-2(Database Servers-2,Storage Servers -3)
    Autonomous Exadata VM Cluster Total OCPUs-20
    Available CPUs 4 || Reclaimable CPUs 0
    ACD1
    割り当てCPUs-16 || Reclaimable CPUs-0
    ADB1 - Active
    CPU - 2
    AutoScaling=On
    ADB2- Active
    CPU - 2
    AutoScaling=On
    ADB4- Active
    CPU - 2
    AutoScaling=On
    ADB3- Active
    CPU - 2
    AutoScaling=On
    ADB5- Inactive
    CPU - 8

    View full-size slide

  67. 複数ノードへの分割と影響
    各ACDは全てのノードに展開されており、ADBで指定したCPU数が以下の場合複数ノードに分割される
    • ADBで指定したCPU数 >16 OCPU or 64ECPU
    • ADBで指定したCPU数 < ノードあたりのCPU数
    複数ノードに分割された場合の影響
    • 自動スケーリング
    • 並列化できないDMLは単一ノードで実行されるが、並列化できるDMLは複数ノードで実行されるケースがある
    • 並列化できないクエリを含む複数の同時セッションは全ノードにルーティングされる
    • パラレル処理
    • 単一ノードでまず実行され次に隣接されたオープンされているノードで実行される
    CPUの割り当て
    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
    68
    Documentation:How VM Cluster Nodes Affect CPU Management

    View full-size slide

  68. 69 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    データベースインメモリ列ストアのサポート
    SGA内のインメモリー列ストア(IM列ストア)がサポートされ、Database In-Memory(DBIM)の有効化が可能
    有効化にダウンタイムはなく、メモリは設定した比率によって動的に調整
    2023/8
    Documentation: Enable or Disable Database In-Memory (ADB/D) In-Memory Column Store
    Support (ADB-C@C)
    留意点
    • 以下の環境でサポート
    • バージョン19.20以上
    • OCPU4/ECPU16以上
    • 有効化後、スケールダウンによって、
    CPUが条件を満たさない場合は自動
    的に無効化される
    CPU数が条件を満たした
    場合にインメモリの有効化
    が可能
    Dedicated

    View full-size slide

  69. 可用性
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    70

    View full-size slide

  70. GoldenGate
    リモートデータベースとの論理レプリケーションが可能
    クラスタ障害、リージョン障害に対応
    オンライン再定義
    アプリを止めずに表・パーティション・索引の定義変更が可能
    計画停止の極小化が可能
    Flashback Technology
    過去データの参照、操作の取り消しが可能
    ユーザーによる誤操作や予期せぬトランザクションに対応
    Application Continuity*
    トランザクションを自動的にリカバリ
    予期せぬセッション切断からトランザクションを保護
    Autonomous Database
    数多くのミッションクリティカルで実証済みの高可用性ベストプラクティスを採用
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    71
    RMAN
    オブジェクトストレージへの自動バックアップ
    データロストに対応・任意の時間にリカバリ可能
    RAC
    複数のサーバを協調させて処理
    サーバー障害に対応、オンラインメンテナンスに対応
    ASM
    複数のストレージを束ねて仮想化
    サーバー障害、ブロック破損に対応
    Autonomous Data Guard
    スタンバイ・データベースを提供(ローカル・リモート)
    クラスタ障害、リージョン障害に対応
    コンソールから自動構成可能
    優れたSLA: 99.95% (非合理な例外なし)
    赤字:Autonomous Databaseで事前構成済みの機能
    黒字:追加設定を行えばすぐに利用可能な機能
    *接続サービスTP、TPURGENTはデフォルト有効
    ※ADB-C@CはSLO

    View full-size slide

  71. Autonomous Data Guard (AuDG)
    RACとActive Data Guardによるコンテナデータベースの高可用性構成
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    72
    ……...
    HA Standby
    ……...
    Server2
    Server1
    RAC
    Primary
    Server1 Server2
    Exadata Infra 1
    AD1
    Exadata Infra 2
    AD3
    DR Standby
    Server1 Server2
    Exadata Infra 3
    AD2
    Primary
    Region 1 Region 2
    RAC
    RAC CDB
    AuDG Remote
    HA Standby
    AuDG Remote
    DR Standby
    • SLA 99.995%(ADB-D)
    • ADB-C@CはSLO
    • エラスティック構成*、
    • 1/4, 1/2, Full Rack Clusters
    のインフラストラクチャ
    • RACによるノード障害への対応
    • Active Data Guard によるサイ
    ト障害への対応
    • Transparent Application
    Continuityの統合
    • シングルスタンバイターゲット (v1)
    Documentation:Availability Service Level Agreements (SLAs) for
    Autonomous Database on Dedicated Exadata Infrastructure
    Autonomous Data Guard構成時のSLA: 99.995%(非合理な例外なし)

    View full-size slide

  72. • ACDの新規作成時にAuDGの有効化を選択
    • スタンバイのリージョン、Exadata Infrastructure、Autonomous Exadata
    VM Cluster
    • 保護モード
    • 最大パフォーマンス(非同期) (デフォルト)
    • 最大可用性 (同期)
    • 自動フェイルオーバーの有無の設定 (デフォルト無効)
    • ファスト・スタート・フェイルオーバーのラグ制限が可能 (最大パフォーマンスの場合の
    み)
    • ADB-C@CのクロスリージョンAuDGでは自動フェイルオーバー有効化は不可
    • 自動メンテナンスのカスタマイズ
    • プライマリCDBのメンテナンス前に、スタンバイCDBのメンテナンスが実施される
    • ユーザーはプライマリとスタンバイのメンテナンス実行間のバッファ期間を選択
    • 1日から7日の間で任意の期間を設定可能(デフォルトは7日)
    既存のACDでもAuDGの有効化が可能
    Autonomous Data Guard (AuDG)
    構築手順 ACDの作成
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    73
    Documentation:
    Protect Critical Databases from Failures and Disasters Using Autonomous
    Data Guard

    View full-size slide

  73. ADBインスタンス作成時にAuDG構成のACDを選択
    • プライマリとスタンバイの両方でADBが作成される
    ため、2倍のCPUとストレージが必要
    Autonomous Data Guard (AuDG)
    構築手順 ADBの作成
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    74

    View full-size slide

  74. GUI/APIから以下の操作が可能
    • スイッチオーバー : プライマリとスタンバイのロールを交換
    • フェイルオーバー : 手動および自動でのフェイルオーバーが可能
    • 手動フェイルオーバー:スタンバイのCDBをプライマリ・ロールに変更
    • 自動フェイルオーバー:プライマリのCDBが使用できなくなった時点で自動的にフェイルオーバー
    • Reinstate:フェイルオーバー後、無効化されたスタンバイCDBを復旧
    Autonomous Data Guard (AuDG)
    実行可能な操作
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    75
    Documentation: Step-by-Step Guides

    View full-size slide

  75. スナップショット・スタンバイに変換することでスタンバイを一時的に読み書き可能なデータベースにすることが可能
    • 期間は最長で連続7日間
    • 7日間を過ぎると自動的に通常のスタンバイに戻る(手動で7日以内に戻すことも可能)
    • スタンバイ・データベースに戻る際は、スタンバイ側で行った更新は破棄され、プライマリ・データベースから受信した
    REDOの適用が再開される(スナップショット・スタンバイの間もREDOの受信は継続)
    • スナップショット・スタンバイへの変換は何度でも可能
    ユースケース:データの更新処理を含むアプリケーションのテストや分析ワークロードのオフロードに利用
    Autonomous Data Guard (AuDG)
    スナップショット・スタンバイへの変換
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    76
    Documentation:Convert Physical Standby to Snapshot Standby
    Blog:Snapshot standby databases on Autonomous Database on
    Dedicated Exadata Infrastructure and Exadata Cloud@Customer

    View full-size slide

  76. 77 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Data Guard (AuDG)
    その他、特記事項
    • 同一リージョンもしくは異なるリージョンで構成可能
    • プライマリへの操作はシームレスにスタンバイ側に反映される
    • スケールアップ、ダウン、自動スケーリング等
    • スタンバイ用の接続サービスが提供される
    • ro(read only)、ss(snapshot standby)がつく(例:tp_ro,
    tp_ss,tp_ro_tls、tp_ss_tls)
    • プライマリ、スタンバイを個別に手動バックアップ可
    • AuDGを有効化したACD毎にADBインスタンスの数は25個を超えな
    いことを推奨
    • ログの適用状況の可視化が可能(右)
    • OCI Events が対応
    • クロス・リージョンのみ:OCI Vaultで暗号化キーを管理している場合
    はプライマリ・リージョンの仮想プライベートボールトからキーをスタンバイ
    に複製する必要あり
    Documentation:
    Protect Critical Databases from Failures and Disasters Using
    Autonomous Data Guard ,
    Manage Primary and Standby Databases in Autonomous
    Data Guard Setup

    View full-size slide

  77. • スナップショット・スタンバイ利用時の注意
    • スナップショット・スタンバイを利用する際は、プライマリ側ACDで自動フェイルオーバーをオフにする必要あり
    • スナップショット・スタンバイを利用中は、スイッチオーバー操作は不可
    • スナップショット・スタンバイを利用中は、プライマリ側ACDでADBの作成/削除/リストア/スケール等はできない
    Autonomous Data Guard (AuDG)
    その他、特記事項
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    78
    Documentation:
    Protect Critical Databases from Failures and Disasters Using
    Autonomous Data Guard ,

    View full-size slide

  78. SLA/SLOおよびRTO/RPO
    AuDGを使用しない場合とする場合における計画メンテナンスを含めたRTO/RPO
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    79
    Documentation:Availability Service Level Agreements (SLAs)
    最新情報はドキュメントをご確認ください。
    AuDGを使用しない場合 AuDGを使用する場合

    View full-size slide

  79. • プロビジョニング時のみ無効化が可能。無効化した後も有効化は可能だが、有効化すると、無効化はできない
    • 出力先
    • ADB-D: Oracle管理のObject Storage(課金あり)
    • ADB-C@C: ACD作成時に設定したバックアップ先に出力(Local/OSS/ZDLRA/NFS)Localは課金なし
    • ユーザ自身でGUI/APIを介してバックアップ範囲の特定時点にリストア可能。
    • バックアップの保管期間はACDのバックアップ保持ポリシーに従う
    • ADB-D:7日、15日、30日、60日から選択可能
    バックアップ・リストア
    自動バックアップ
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    80
    Documentation:
    Backup and Restore Autonomous Databases

    View full-size slide

  80. 手動バックアップ:オンラインで取得するスタンドアロン・バックアップ
    • 出力先
    • ADB-D : Oracle管理のObject Storage(課金あり)
    • ADB-C@C: ACD作成時に設定したバックアップ先に出力(Local/OSS/ZDLRA/NFS)Localは課金なし
    • バックアップ取得時点にリストアすることが可能
    • バックアップの保管期間はACDのバックアップ保持ポリシーに従う
    • ADB-D:7日、15日、30日、60日から選択可能
    長期バックアップ:ACDで作成したバックアップポリシーの期間を超えての保持が可能なバックアップ
    • 出力先
    • ADB-D:Oracle管理のObject Storage(課金あり)
    • ADB-C@C:NFS (2023/3時点)
    • 保持期間を3か月から10年間の間で指定可能
    • クローンのソースとして新規データベースの作成に利用可能(リストア利用は不可)
    バックアップ・リストア
    手動バックアップ(スタンドアロン・バックアップ)
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    81
    Documentation:
    Backup and Restore Autonomous Databases

    View full-size slide

  81. ACD作成時に選択をする
    • Localの場合はAVMCの作成時にチェックが必要
    バックアップ・リストア
    ADB-C@Cのバックアップ先の選択
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    82
    Documentation:
    Create an Autonomous Exadata VM Cluster

    View full-size slide

  82. バックアップ・リストア
    ADB-C@Cのバックアップ先の選択
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    83
    ローカルスト
    レージ
    (FRA)
    にバックアップ
    保持期間は
    7日間
    Exadata
    Cloud@Customer
    オンプレミスのZero Data Loss Recovery Appliance
    (ZDLRA)にバックアップ
    保持期間はZDLRA設定に依存
    Oracle Object Storageにバックアップ
    保持期間は7/14/30/45/60日から選択
    データベース暗
    号化
    NFSストレージにバックアップ
    保持期間は7/14/30/45/60日から
    選択
    NFSバージョンはv3,v4をサポート

    View full-size slide

  83. 構成変更
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    85

    View full-size slide

  84. クローン・タイプの選択
    • フル・クローン:データベース全体のクローン
    • メタデータ・クローン:データベースのメタデータのみのクローン
    ソースの選択
    • 実行中インスタンスからクローン(ソースは無停止)
    • バックアップからクローン
    (ポイント・イン・タイム・クローン/リストからのバックアップの選択)
    クローン先の構成
    • ACDを指定
    • AuDG対応ACDの場合はプライマリにクローン作成後スタンバイが作成される
    • OCPUのADBをECPUのADBとしてクローン可。逆は不可。
    • CPU/ストレージのサイズ指定可能
    • リージョン跨ぎも可能
    Autonomous Databaseのクローン
    クローンの作成
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    86
    Documentation: About Cloning Autonomous Database on Dedicated Exadata Infrastructure

    View full-size slide

  85. • ターゲット、ソースに必要なアクセスができること
    • ターゲットのACDはソースと同じかそれ以上のバージョンであること
    • データベースインスタンスからのクローン作成
    • ソースとターゲットの暗号化キーは同じキーストアタイプを使用する
    • クローンデータベースに指定するADMINパスワードはソースデータベースとは異なるパスワードを指定する
    • フルクローンの場合は、クローンデータベースの最小ストレージはソースデータベースの使用済み領域をGBで切り上
    げたサイズになる
    • バックアップからのクローン作成
    • ターゲットのAVMCに1つのOCPUまたは4つのECPUが必要
    • ソースとターゲットの暗号化キーを異なるキーストアタイプにすることが可能
    • ただしOracle Key Vault(OKV)の場合は同じOKV宛先を使用し、ターゲットのAVMCとACDはキーにソースのOKVを使用す

    Autonomous Databaseのクローン
    クローンの要件
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    87
    最新の情報はドキュメントをご確認ください
    Clone Requirements

    View full-size slide

  86. • OCPUのADBをECPUのADBとしてクローン可。逆は不可。
    • クローン作成にかかる時間はクローンのCPU数に依存する。
    • データベースインスタンスからのクローン
    • AuDG構成の場合はプライマリデータベースのクローンのみをサポート
    • バックアップからのクローン作成
    • フルクローンのみ
    • 1つのAVMCで同時に複数のバックアップクローンは作成できない
    • 長期バックアップからポイント・イン・タイム・クローンは不可
    • CPUのサイズを小数値にする場合はクローン後に変更
    • (ADB-C@C) ローカルバックアップはクローンに利用できない
    • (ADB-C@C)クローン作成にかかる時間はCPU数やバックアップ先とターゲットのネットワーク帯域幅に依存する
    Autonomous Databaseのクローン
    クローンの制限、その他
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    88
    最新の情報はドキュメントをご確認ください
    Clone Limitations

    View full-size slide

  87. ADB-DはAutonomous Exadata VM Cluster作成後のライセンス変更はコンソールでは現在できません。サポートに
    サービスリクエストを作成してください。ADB-C@Cは可能です。
    Autonomous Databaseのライセンスタイプの変更
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    89
    Documentation:Change the License Type on an Autonomous VM Cluster(ADB-
    C@C)

    View full-size slide

  88. 作業リクエストによる操作進捗・履歴の確認
    サービスの作成、削除、起動、停止などの
    履歴、進捗を確認できる
    子リソースの作業リクエストは親リソースの
    作業リクエストに含まれる
    ADB>>ACD>>AVMC
    インスタンス操作履歴の確認
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    90
    Autonomous Database
    Autonomous
    Container
    Database
    Autonomous Exadata
    VM Cluster

    View full-size slide

  89. 監視・通知設定
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    91

    View full-size slide

  90. OCIコンソールの「リソース割り当て」
    リソース使用状況の監視
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    92
    AVMC、ACDの詳細ページから確認可能
    • AVMC
    • 利用可能なCPU
    • 合計CPU数
    • 利用可能なADBのストレージ
    • ADBの合計ストレージ
    • CPUあたりのデータベースメモリ
    • プロビジョニング可能なACD
    • ACD
    • プロビジョニングされたCPU
    • 予約済みCPU
    • 再利用可能なCPU
    • CPUあたりのデータベースメモリ
    • 新規ADBに割り当てられるCPUの最大数
    Documentation: View Resource Usage for an Autonomous Exadata VM Cluster
    View Resource Usage for an Autonomous Container Database

    View full-size slide

  91. 93 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    単体インスタンスの監視・通知設定
    Database Actions/パフォーマンス・ハブ
    Database Actionsのモニタリング
    • インスタンス・ビューア
    • ログイン
    • アラート
    • セッション
    • 記憶域
    パフォーマンス・ハブ
    • ASH分析
    • リアルタイムSQL監視

    View full-size slide

  92. 94 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    単体インスタンスの監視・通知設定
    メトリック監視
    OCI Compute インスタンス等と同様に監視可能
    • OCI Notification, Functions と併用
    利用例
    • CPU使用率が70%を超えるとメール通知
    • ストレージ使用率が90%を超えるとSlackに通知
    • メンテナンスの開始・終了を通知
    監視対象
    • Monitoring(一部抜粋)
    • CPU Utilization / Storage Utilization / Sessions
    / Failed Connections / Transaction Count …
    • Events
    • リソースに対する操作の実行でイベントが生成される
    • 40を超えるさまざまな操作イベントを提供
    Documentation:Use Events and Notifications to Watch Resource Activity、
    Autonomous Database Events

    View full-size slide

  93. 95 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    複数インスタンスの一元監視・通知設定
    Enterprise Manager for Autonomous Database
    EM13.4 RU4 (13.4.0.4) 以降でAutonomous Databaseに対応
    • OCI マーケットプレイスを利用したデプロイが可能
    • マーケットプレースのEMはCompute費用で利用可 (高可用性構成で作成した場合を除く)
    監視、管理タスク
    • ステータス、およびワークロードの監視
    • 管理タスクの実施
    • スキーマ
    • オブジェクト
    • プログラム管理 等
    詳細はOracle Enterprise Managerのドキュメント『Oracle Autonomous Databases管理者ガイド』を参照ください

    View full-size slide

  94. • OCIで提供しているサービスの一つであり、Oracle Databaseの稼働状況を一元的に管理する統合ビュー
    • Autonomous Database詳細画面にて有効化が必要
    • 監視、管理タスク
    • CPU、メモリ、I/O、表領域などのリソース使用率
    • ADBインスタンスごとの多角的なパフォーマンス分析
    - リアルタイムSQLモニタリング
    - ASH分析、実行計画、ブロッキングセッション検出
    - チューニング・アドバイザによるSQLパフォーマンス改善
    • AWRエクスプローラーによるパフォーマンスデータの視覚化
    • ユーザーやデータベース・パラメータの監視
    • SQLジョブのスケジュール実行管理
    Databaseの稼働状況を一元的に管理
    (ADB-Dのみ) Database Management
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    96 Documentation:Monitor with Database Management Service

    View full-size slide

  95. メンテナンス・パッチ適用
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    97

    View full-size slide

  96. 98 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    メンテナンス・パッチ適用
    オラクル社が全てのソフトウェアの更新作業を実施
    • Firmware, OS, Storage, Network, Hypervisor, Clusterware, Database
    • 更新が適用されたゴールドイメージをインストールすることで更新作業を迅速化
    アプリケーションはオンラインのまま継続的に利用可能
    • RAC ノードと Exadata ストレージ・サーバーにてローリング適用
    • セッションの切断を防ぐために、Transparent Application Continuity (TAC) の利用を推奨
    四半期ごとにすべてのコンポーネントをアップデート、重要なセキュリティアップデートは月次
    アップデートは顧客のプリファレンスに基づいて自動的にスケジュールされる
    • 重要なビジネス期間に対応するためにタイミングを調整できる
    • ターゲットソフトウェアを選択
    Documentation:
    • Service Maintenance of Dedicated Autonomous Database
    • Patching ADB on Exadata Cloud@Customer Infrastructure

    View full-size slide

  97. 99 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Exadata Infrastructure(EI)メンテナンス
    自動インフラストラクチャ・メンテナンス
    四半期毎のメンテナンス
    • タイミングは調整可能、任意の月、週、時間帯から選択(*1)
    • メンテナンス四半期は、2月、5月、8月、11月に始まり、
    年の最初のメンテナンス四半期は2月に開始されます。
    • リードタイム(事前通知タイミング)の指定可(1~4週間前)
    設定されたメンテナンス日をコンソールで変更可能
    • ローリング(デフォルト)、非ローリングの選択も可能
    • 即時実行も可能
    • C@Cのみ:より柔軟な指定が可能
    • DBサーバのメンテナンス前のカスタムアクションの指定、およびタイムア
    ウト
    *1 : メンテナンスウィンドウが決定後、GUI/APIで時間帯を確認可能(その他、Notification Serviceによる通知設定が可能)
    Documentation:
    • View and Manage Scheduled Maintenance of an Exadata
    Infrastructure Resource

    View full-size slide

  98. 100 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Exadata Infrastructure(EI)メンテナンス
    月次のインフラストラクチャ・セキュリティ・メンテナンス
    四半期ごとのメンテナンスとは別に月次のセキュリティ・メンテナンスがスケジュールされる
    • CVSS スコアが 7 以上の脆弱性の修正など重要なセキュリティ更新がある月にのみスケジュール、適用
    スケジュール:必要に応じて、毎月15日以降に開始する21日間の日程で実施
    メンテナンス開始の7日前までに事前通知、期間内でスケジュール変更は可能だが、スキップは不可
    含まれる修正:前月までに確認されたセキュリティ脆弱性
    適用方法:データベース・サーバーは、Kspliceによるオンライン適用(1ノードずつ更新)
    ストレージ・サーバーは、四半期メンテナンス同様にローリングで適用(1ノードあたり60分程度)
    ※ Guest VMは更新されません
    影響:Autonomous Databaseやアプリケーションに影響はないが、メモリとストレージのスケーリング、パッチ適用やサー
    バーの拡張などVMクラスタに対するアクションが一部ブロックされる場合がある
    Documentation: Service Maintenance

    View full-size slide

  99. 101 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Exadata VM Cluster(AVMC)メンテナンス
    四半期自動メンテナンス
    四半期毎のメンテナンス
    • タイミングは調整可能、任意の月、週、時間
    帯から選択(*1)
    • メンテナンス四半期は、2月、5月、8月、11月
    に始まり、年の最初のメンテナンス四半期は2
    月に開始される
    設定されたメンテナンス日をコンソールで変更可能
    • 即時実行も可能
    MultiVM対応前に作成したADB-Dはインフラ
    (EI)メンテナンスを継承し、タイミング指定は不

    *1 : メンテナンスウィンドウが決定後、GUI/APIで時間帯を確認可能(その他、Notification Serviceによる通知設定が可能)
    *2 : 適用可能パッチが複数リストされた場合は、記載される「スケジュール開始時間」の順番に沿って適用ください。
    Documentation:
    • Manage Autonomous Exadata VM Cluster Maintenance
    • Schedule Oracle-Managed Infrastructure Updates

    View full-size slide

  100. 102 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Container Database(ACD)メンテナンス
    四半期自動メンテナンス
    メンテナンス方法、バージョンを選択可能
    • ローリング/非ローリング
    • 次のリリース更新(RU)/最新リリース更新(RU)
    • タイムゾーン・ファイルの更新の有無
    • 更新ありの場合は非ローリング適用となる
    四半期毎にメンテナンス
    • カスタムプリファレンスで任意の月、週、時間帯から選択(*1)
    • プリファレンスなしの場合は自動設定
    • スケジュール設定後、日時の変更が可能
    • 即時実行も可能(*2)。AuDGが有効になっている場合は選択できない
    *1 : メンテナンスウィンドウが決定後、GUI/APIで時間帯を確認可能(その他、Notification Serviceによる通知設定が可能)
    *2 : 適用可能パッチが複数リストされた場合は、記載される「スケジュール開始時間」の順番に沿って適用ください。
    Documentation:
    • View and Manage Scheduled Maintenance of an Autonomous Container Database
    • Change the Maintenance Schedule of an Autonomous Container Database

    View full-size slide

  101. 103 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Container Database(ACD)メンテナンス
    四半期自動メンテナンス
    ACD作成後は以下が可能
    • メンテナンスのプリファレンスの編集
    • タイプ、方式、メンテナンス・バージョン、自動メンテナンスのスケジュールの
    変更が可能
    • メンテナンスのスケジュール
    • 次回のメンテナンスをオンデマンドでスケジュール
    • ダイアログで日時をスケジュールしたメンテナンスに対してのみ設定が適
    用される
    • タイムゾーン・ファイル更新のみの選択が可能
    Documentation:
    • View and Manage Scheduled Maintenance of an Autonomous Container Database
    • Change the Maintenance Schedule of an Autonomous Container Database
    • Schedule a Quarterly Maintenance Update

    View full-size slide

  102. その他のメンテナンス
    個別パッチの管理
    個別パッチの適用も可能
    • サービスリクエストでOracle Supportから提供される個別パッチが対象
    • OCI通知サービスとイベントサービス、またはサービスリクエスト上で個別パッチが利用可能になったことを知ることができる
    • 適用スケジュールはデフォルトでは利用可能になってから72時間以内で設定される
    • スケジュールの変更は現四半期内で可能
    104 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Documentation:Manage One-off Patches
    blog:Mission Critical Patching for Autonomous Database

    View full-size slide

  103. 105 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    メンテナンスの確認、通知
    • メンテナンスのスケジュールが設定された後はOCI
    コンソールで確認可能
    • EIのメンテナンスはEIホームで設定できる連絡先
    に通知
    • OCI EventとOCI Notificationを利用することで、
    EI、AVMC、ACDの各メンテナンス・イベントの通
    知が可能
    • メンテナンス・スケジュールのセット
    • メンテナンスのリマインド
    • メンテナンス開始、メンテナンス終了
    Documentation: Events for Autonomous Database on Dedicated Exadata Infrastructure
    , Oracle Exadata Cloud@Customer Events, Notifications Example: Emails for Maintenance Events

    View full-size slide

  104. 指定されない限りEI / AVMC / ACDの間に順序の依存関係はないが、EI、AVMC、ACDの順にパッチを適用することが
    推奨される。もし、リソースのメンテナンス・スケジュールが重複している場合はEI、AVMC、ACDの順に自動的に時間差を
    設けてシリアル化される。
    四半期メンテナンスはスキップが可能。
    • EI: 設定されたスケジュールを最大180日まで延期が可能。
    • AVMC、ACD: "スキップ"でスキップが可能。連続したスキップは不可。
    • Q1にパッチを適用した場合、Q2はスキップ可能。その後Q3はパッチ適用が必須であり、Q4はスキップ可能
    そのほか、特記事項
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    106

    View full-size slide

  105. データ連携
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    107

    View full-size slide

  106. Autonomous Database
    データロード・連携イメージ
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    108
    ソースDB
    対象
    利用フェーズ
    追加で必要な
    ライセンス / サービス
    補足
    他社 Oracle DB
    (*1)
    データ
    ロード(*3)
    連携
    SQL*Loader
    SQL Developer
    Database Actions
    APEX
    〇 〇
    表データ
    (CSV等のフラットファイル)
    △(少量) - - -
    DBMS_CLOUD
    (COPY_DATA)
    〇 〇
    表データ
    (CSV等のフラットファイル)
    〇 -
    • Object Storage
    または
    • File Storage Service(NFS)
    • ソースがOracle DBの場合は性能/作業工数の観点
    からData Pumpを推奨
    • S3、Azure Blob Storage対応
    DBMS_CLOUD
    (外部表)
    〇 〇
    表データ
    (CSV等のフラットファイル)
    〇 -
    • Object Storage
    または
    • File Storage Service(NFS)
    • ロードする際に簡易なETL処理が可能
    • ソースがOracle DBの場合は性能/作業工数の観点
    からData Pumpを推奨
    • S3、Azure Blob Storage対応
    Data Pump -

    (11.2.0.4+)
    スキーマ、表、その他オブジェクト 〇 -
    • Object Storage
    または
    • File Storage Service(NFS)
    • S3、Azure Blob Storage対応
    GoldenGate 〇
    (*2)

    (11.2.0.4+)
    (*2)
    表、その他オブジェクト、
    DDL・DML操作
    △(少量) リアルタイム
    • GoldenGateライセンス
    (ソース/ターゲットの合計コア数に課金)
    • Compute、Block Storage
    • データベース移行時のダウンタイムを極小化したい場合
    に利用。初期データの移行はData Pumpとの併用を
    推奨
    GoldenGate
    on Marketplace

    (*2)

    (11.2.0.4+)
    (*2)
    表、その他オブジェクト、
    DDL・DML操作
    △(少量) リアルタイム
    • GoldenGateライセンス
    • Compute、Block Storage
    • 同上
    OCI GoldenGate 〇
    (*2)

    (11.2.0.4+)
    (*2)
    表、その他オブジェクト、
    DDL・DML操作
    △(少量) リアルタイム • OCI GG サブスクリプション費用 • 同上
    DB Link 〇

    (11.2.0.4+)
    表 △(少量) 実行時 -
    • MVIEWと組み合わせた基本レプリケーションが可能
    • Walletファイルの考慮が必要
    • 他社DBの場合はOracle Database Gatewayが
    必要
    サポート対象DBはマニュアルを参照のこと
    *1 : 括弧内はサポートされる最低バージョン
    これよりも古いバージョンのサポート可否は都度確認が必要
    *2 : 利用製品/バージョン/OS等、ソースDBのサポート可否は都度確認が必要
    *3 : 括弧内は対象となるデータサイズ
    Documentation: Load Data into Autonomous Database on Dedicated Exadata Infrastructure

    View full-size slide

  107. 109 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Database Dedicated
    DB Linkを利用したデータ連携
    CREATE DATABASE LINK文を利用して作成可能
    • TCP接続のみで利用可能
    • プライベートネットワーク、パブリックネットワーク両方をサポート
    • Using 'connect string' 句には簡易接続ネーミング(EZCONNECT)または完全な接続記述子の指定が必要

    View full-size slide

  108. Autonomous Database への移行
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    110

    View full-size slide

  109. 111 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Databaseへの移行
    既存Oracle Databaseからの移行方式ツール
    Zero Downtime Migration(ZDM)/Database Migration Service (DMS)
    Data Pump Oracle GoldenGate、OCI GoldenGate
    使い慣れた論理移行ツールが利用可能
    ユーザー管理型のツール(ZDM)と
    OCI Nativeのフルマネージド型移行サービス(DMS)
    • オフライン/オンラインでの論理移行が可能
    • 実績のあるData Pump、GoldenGateをフル活用
    移行に伴うダウンタイムを極小化する製品も対応
    • クラウドサービスとして安価に利用できるように
    実際にご導入いただいた際に
    課題となった項目のチェックリスト
    既存DBにおいてADBで未対応の機能の
    利用有無を出力するレポートツール
    その他、ご利用いただける移行支援ツール
    ダンプ
    ファイル
    Oracle
    Database
    データのエクスポート
    (expdp)
    データのインポート
    (impdp)
    Oracle
    Database
    キャプチャ 適用
    トランザクションを転送
    Documentation:Migrate Data into Autonomous Database

    View full-size slide

  110. 112 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    制限事項および運用上の注意点
    データベース構成
    パラメータ(init.ora)
    • 事前に設定済
    • 一部、ユーザによる変更が可能(e.g. NLS関連)
    表領域管理
    • デフォルトの表領域と一時表領域は自動構成される
    • ユーザによる作成/変更/削除が可
    • クオータ設定が可能
    • HCC圧縮が設定済み(ADWのみ)
    パラレル度
    • 接続サービスに依存
    • HIGH/MEDIUMであれば自動設定される
    • DMLのパラレル実行無効化は可能
    オプティマイザ統計は自動収集
    • ダイレクト・ロード実行時、など
    • ユーザーによる統計情報収集も可能
    オプティマイザ・ヒントは無効化される(ADWのみ)
    • デフォルトでヒントは無視される
    • 明示的に有効化可能
    結果キャッシュが有効(ADWのみ)
    • 結果キャッシュはデフォルトで全クエリに有効
    Documentation: Oracle Database Features in Autonomous Database
    on Dedicated Exadata Infrastructure

    View full-size slide

  111. 113 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    制限事項および運用上の注意点
    ユーザーによる変更が可能なパラメータ
    NLS関連
    • NLS_CALENDAR
    • NLS_COMP
    • NLS_CURRENCY
    • NLS_DATE_FORMAT
    • NLS_DATE_LANGUAGE
    • NLS_DUAL_CURRENCY
    • NLS_ISO_CURRENCY
    • NLS_LANGUAGE
    • NLS_LENGTH_SEMANTICS
    • NLS_NCHAR_CONV_EXCP
    • NLS_NUMERIC_CHARACTERS
    • NLS_SORT
    • NLS_TERRITORY
    • NLS_TIME_FORMAT
    • NLS_TIME_TZ_FORMAT
    • NLS_TIMESTAMP_FORMAT
    • NLS_TIMESTAMP_TZ_FORMAT
    集計処理関連
    • APPROX_FOR_AGGREGATION
    • APPROX_FOR_COUNT_DISTINCT
    • APPROX_FOR_PERCENTILE
    オプティマイザ関連
    • OPTIMIZER_CAPTURE_SQL_PLAN_BASELINES
    (ALTER SESSIONのみ)
    • OPTIMIZER_IGNORE_HINTS
    • OPTIMIZER_IGNORE_PARALLEL_HINTS
    • OPTIMIZER_MODE
    • PARALLEL_DEGREE_POLICY
    • QUERY_REWRITE_INTEGRITY
    PL/SQL 関連
    • PLSCOPE_SETTINGS
    • PLSQL_CCFLAGS
    • PLSQL_DEBUG
    • PLSQL_OPTIMIZE_LEVEL
    • PLSQL_WARNINGS
    その他機能関連
    • ALLOW_ROWID_COLUMN_TYPE
    • AWR_PDB_AUTOFLUSH_ENABLED
    • CONTAINER_DATA
    • CURRENT_SCHEMA (ALTER SESSIONのみ)
    • CURSOR_SHARING
    • DB_BLOCK_CHECKING
    • DDL_LOCK_TIMEOUT
    • FIXED_DATE
    • GLOBAL_NAMES
    • HEAT_MAP
    • IGNORE_SESSION_SET_PARAM_ERRORS
    • LDAP_DIRECTORY_ACCESS
    • MAX_IDLE_TIME
    • RECYCLEBIN
    • RESULT_CACHE_MODE
    • STATISTICS_LEVEL
    (ALTER SESSIONのみ)
    • TIME_ZONE
    (ALTER SESSION / ALTER DATABASE のみ)
    最新情報・詳細情報はマニュアルを参照ください
    Documentation:Modifying Database Initialization Parameters

    View full-size slide

  112. 114 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    制限事項および運用上の注意点
    制限されているSQL、データ型
    使用できないSQL
    • ADMINISTER KEY MANAGEMENT
    • CREATE LIBRARY
    一部制限があるSQL
    • ALTER PLUGGABLE DATABASE
    • ALTER DATABASE
    • ALTER SESSION
    • ALTER SYSTEM
    • ALTER TABLESPACE
    • ALTER USER
    • ALTER TABLE
    • CREATE DATABASE LINK
    • CREATE TABLE
    • CREATE TABLESPACE
    • DROP TABLESPACE
    サポートしていないまたは制限付きでサポートされて
    いるデータ型
    • ROWID(*1)
    • LOB(SecureFiles LOB以外)
    • LONG (*2)
    • LONG RAW (*2)
    • Media types
    *1 : 初期化パラメータの変更により有効化できる
    *2 : ADWでHCC圧縮を使用する場合はサポートされない
    https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/autonomous-database/adbsa/experienced-database-users.html
    最新情報・詳細情報はマニュアルを参照ください
    Documentation:
    • Limitations on the Use of SQL Commands
    • Limitations on the Use of Certain Data Types

    View full-size slide

  113. 115 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    制限事項および運用上の注意点
    制限されているPL/SQLパッケージ
    使用できないPL/SQL パッケージ
    • UTL_INADDR
    • DBMS_LDAP
    • UTL_TCP
    • DBMS_DEBUG_JDWP
    • DBMS_DEBUG_JDWP_CUSTOM
    • SYS.DBMS_Serverless_POOL
    一部制限があるPL/SQLパッケージ
    • UTL_HTTP
    • UTL_SMTP
    Documentation:Notes on the Use of Database PL/SQL Packages
    最新情報・詳細情報はマニュアルを参照ください

    View full-size slide

  114. 116 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    制限事項および運用上の注意点
    制限されているデータベース機能
    一部制限のある機能
    • Database In-Memory
    • Fast Ingest
    • Index-organized tables(IOTs)
    • OJVM
    • Log Miner
    • Data Pump
    • Oracle Database Advanced Queuing
    • Oracle Label Security
    • Oracle Machine Learning
    • Real Application Testing
    • Oracle XML DB
    • Oracle Text
    • Oracle Spatial
    • Oracle Flashback and Restore Points
    使用できない機能
    • Application containers
    • Clusters (groups of tables)
    • Common users
    • Dictionary-managed tablespaces
    • Industry Data Models
    • Logical standby databases
    • Manual segment space management
    • Manual undo management
    • Oracle Cloud Management Pack for Oracle Database
    • Oracle Data Masking and Subsetting Pack
    • Oracle Database Lifecycle Management Pack
    • Oracle R Enterprise
    • Oracle Workspace Manager
    • Root container (CDB$ROOT) access
    • Transportable tablespaces
    • Uniform extent allocation
    • XStream
    Documentation:
    • Oracle Database Features with Limited Support in Autonomous
    Database on Dedicated Exadata Infrastructure
    • Oracle Database Features That Are Not Supported
    最新情報・詳細情報はマニュアルを参照ください

    View full-size slide

  115. 117 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    制限事項および運用上の注意点
    事前検証ツール
    Cloud Premigration Advisor Tool (CPAT) (MOS Note: 2758371.1)
    • Javaベースで実装されたOracle 11.2.0.4以上で動作するツール
    • ターゲットDB、ソースDBにJDBCで接続できるホストで使用可能
    • データタイプ等の各種制限に抵触しないかを移行前に確認可能
    • ADW、ATPに対応、Dedicatedにも対応
    実施の流れ
    • CPATを実行するマシンにツールのzipファイルをダウンロードし解凍
    • 適切なJavaランタイム環境(JRE)を設定する($ORACLE_HOMEおよび$JAVA_HOMEを設定)
    • ソースとターゲットを指定し、指定したCPATのチェック範囲に対して実行
    • フルモード(該当するすべてのチェックを実行)またはスキーマモード(調査対象のスキーマのみに対して実行)で実行可能。
    デフォルトはフルモード。
    • Unixではpremigration.sh、Windowsではpremigration.cmdを呼び出す
    • レポートを確認
    • ログも確認可能
    「OCIチュートリアル」で検索ください

    View full-size slide

  116. セキュリティ
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    118

    View full-size slide

  117. 119 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Database Dedicated
    セキュリティ
    高い権限をもつユーザアクセスは不可 - no Root or SYSDBA
    SQLでのアクセスのみを許可
    • OSへのアクセスは許可されていない
    • CDBへのアクセスは不可、PDBへのアクセスのみ
    • 他のソフトウェアのインストールは不可
    全てのレイヤーでセキュリティ設定が実装済み
    • Network, OS, DB, storage, etc.
    データベースはお客様のVirtual Cloud Network(VCN)内で実行される
    • 予期せぬネットワークアクセスから遮断
    • Public IPは不要
    • ACL
    ネットワーク暗号化が有効:TLS認証またはOracle Native SSL
    • Oracle管理の自己署名証明書(デフォルト)のほか持ち込みの証明書の利用が可能
    Documentation: Key Security Features
    Oracle Industry Data Models
    Documentation:
    Security Features in Autonomous Database on Dedicated Exadata
    Infrastructure

    View full-size slide

  118. 120 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Database Dedicated
    セキュリティ
    データベース暗号化が常に有効
    • 顧客管理の暗号化キー管理はADB-DはOCI Vault、ADB-C@CはOracle Key Vaultを利用する
    オラクルの管理スタッフから顧客データを自動保護
    • Database Vaultにより実装
    • Oracle Opeartor Access Controlによる制御
    Oracle Data Safeに対応
    全スタックにオラクル社がセキュリティパッチを自動で適用
    • 四半期毎、影響度の高い脆弱性に対しては不定期

    View full-size slide

  119. Autonomous Database
    データベースの各オプション機能の利用可否
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    121
    機能名
    Transparent Data
    Encryption
    (EE オプション機能)
    Data Masking Pack
    (EE オプション機能)
    Data Redaction
    (EE オプション機能)
    Virtual Private Database
    (EE標準)
    Database Vault
    (EE オプション機能)
    Audit Vault and Database
    Firewall
    (EE オプション機能)
    脅威
    • データファイル、バックアップ
    データの奪取
    • 開発/テスト環境のデータの奪

    • 正規利用者の業務を逸脱した
    不適切なアクセス
    • 正規利用者の業務を逸脱し
    た不適切なアクセス
    • DB管理者によるデータの奪

    • 内部不正への追跡困難、影
    響範囲の特定困難
    機能
    概要
    • 既存のアプリケーションに変更
    なく、透過的に本番、バック
    アップデータを暗号化
    • 開発・テスト環境の実データの
    マスキング(伏字化)
    • ステージ環境を用意することなく
    Export時にマスキングデータを
    生成
    • 特定の表への参照範囲を
    列レベルで制限
    • この機能は、データベース内で
    実施されるため、アプリケーション
    側からは透過的に利用可能
    • 特定の表への行・列レベルで
    のより厳密なアクセス制御を
    実現
    • DB管理者の業務データへの
    アクセスを制御
    • 特定のDB設定やパスワード
    変更、業務データの閲覧等を
    制限する
    • DB、OSなどのログをもれなく
    取得
    • 定常的なレポートと不正な
    アクセスを検知
    • 証跡を改ざん・削除されない
    ようログを保全
    使途
    • 本番データ、バックアップファイ
    ルに含まれる情報を保護
    • テスト、開発環境の情報を保護 • 参照時における列レベルでの
    伏字化
    • 参照、更新時における
    行・列レベルでのアクセス制御
    • データベース管理者の
    職務分掌
    • 業務データにアクセスさせない
    • DB、OSなど、
    網羅的な監査証跡の取得、
    管理
    ADBでの
    利用可否
    • デフォルトで設定済み。
    特に追加操作は不要
    • 利用不可(*3) • 利用可能 • 利用可能 • 利用可能 (*1) • 利用不可 (*2) (*3)
    *1 : オラクルの管理者がお客様データにアクセスしないよう機能的制限をかける用途でも利用している
    *2 : インスタンスに関する各種操作ログは別途取得されている。また、DB内の操作に対しては統合監査機能が有効化されている
    *3 : Oracle Data Safe を利用して代替可能(Database Firewallを除く )

    View full-size slide

  120. 122 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    Autonomous Database Dedicated
    監査機能
    インスタンス操作に対する監査ログ(OCI Audit機能)
    • APIやGUIコンソールで検索。
    • ログ保持期間は90日、最大365日まで設定可
    データベース内の操作に対する監査ログ
    • Oracle Database の統合監査機能を利用可能
    • 統合監査モードのみ
    • UNIFIED_AUDIT_TRAILビューを参照し確認
    • 監査内容に関してはデフォルトで設定済み
    • ただしユーザ側で監査項目(ポリシー)を有効化する必要がある
    • デフォルトで毎日90日より古い監査レコードを削除するジョブ(MAINTAIN_UNIAUD_TRAIL)が設定されている
    (設定変更可)
    • コマンドラインベース、もしくはData Safeを利用
    • Data Safeを利用する場合、ログの保持期間は最大で7年間に拡張可能
    Oracle Operatorのアクティビティに対する監査
    • Oracle Operator Access Controlによるレポート
    Documentation:Auditing Capabilities

    View full-size slide

  121. ネットワーク構成(ADB-C@C)
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    123

    View full-size slide

  122. ADB-C@C
    ネットワーク接続
    124
    Customer
    Switches (L2)
    NTP
    DNS
    Oracle
    Cloud
    Ops
    Bastion
    Server
    Public Cloud
    Control Plane
    Automation
    Remote Support
    Websockets
    Customer’s
    Service Access
    Telemetry Data
    https
    OCI Region
    https / REST
    Local
    Control
    Plane
    Servers
    NO SSH ACCESS
    Object
    Storage
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide

  123. 125
    ADB-C@C
    データセンターネットワークへのシンプルな接続
    C@Cのデータベースサーバーは顧客のネットワークに直接接続し、アプリケーション・サーバーと
    通信
    • 10Gbps/25 Gbps fiber or 10 Gbps copper
    お客様は、オンプレミスのExadataと同様に標準スイッチを使用
    • オプションでスイッチをExadataラック内に配置可
    顧客はクライアントのネットワーク構成をコントロール
    • 柔軟なVLAN構成、およびクライアント・ネットワークとバックアップ・ネットワークの分離を
    サポート
    Internal Fabric
    Storage
    Storage
    Customer
    Switches
    Application
    Servers
    Infrastructure IPアドレス・サマリ
    100.104.0.0/16:管理ネットワーク用に予約
    100.105.0.0/16:未使用 (将来の利用のために予約)
    100.106.0.0/16:ECRA VCN およびVPNクライアント用に予約
    100.107.0.0/18:バックエンド・ストレージ・ネットワーク用に予約
    CIDR 100.104.0.0/14で集約されたアドレス
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide

  124. 126 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    ADB-C@C
    CPSからOCIへ- Egressルール
    ファイアウォールのTCP/443アウトバウンド・ルールを有効にする
    • Oracle Infrastructure Management Metricsをお客様のローカル・ネットワーク上のControl Place
    Services(CPS) から Oracle側に転送するため
    最もシンプルな設定は、必要なCIDR範囲をオープンにすること
    お客様がホワイトリストを必要な場合
    • ホワイトリストが必要なOracle Serviceを指定
    • 全リージョンをまたがってパブリックIPアドレスに対する標準のOSN CIDRを使用
    • https://docs.cloud.oracle.com/iaas/tools/public_ip_ranges.json

    View full-size slide

  125. • サービス概要
    • 技術詳細
    • サービス比較
    • Appendix
    Agenda
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    127

    View full-size slide

  126. Oracle Cloud Infrastructure
    サービス比較
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    128
    VM/BM Exadata
    Oracle Cloud Infrastructure
    ADB-S
    BaseDB
    ExaDB
    (ExaC@C)
    Oracle Database SE / EE Oracle Database Enterprise Edition (EE)
    EE Options (Partition, RAC, Data Guard, Security, etc... )
    ADB-D
    (ADB-ExaC@C)
    自律化機能
    Self-Driving (管理、拡張、監視、チューニング、パッチ適用)
    Self-Securing (暗号化、セキュリティパッチ)
    Self-Repairing (障害の予防、自動修復)
    開発支援ツール
    APEX / SQL Dev Web / OML Notebook
    / SQL Monitor / ASH / Monitoring / Auto Upgrade
    VM
    他社
    サービス
    汎用クラウド
    事前カスタマイズ
    パラレル処理やキューイング、IO制御、
    MAAに基づく高可用性構成、セキュリティ関連設定
    ✓ マネージド・サービス
    ✓ root/sysdba権限あり
    ✓ DBバージョン、メンテナンスタイミング
    の選択
    ✓ RACを含む、Optionを選択
    ✓ サービス毎に1つのVMおよびCDB
    (BMの場合は複数CDBを作成可)
    ✓ スモールスタート可能
    ✓ マネージド・サービス
    ✓ root/sysdba権限あり
    ✓ DBバージョン、メンテナンスタイミング
    の選択
    ✓ Exadataを専有利用
    ✓ 圧倒的な拡張性
    ✓ サービス毎に複数CDBを作成可
    ✓ お客様DCに展開可能
    ✓ 完全マネージド・サービス
    ✓ Exadataを共有利用
    ✓ サービス毎に1つのPDB
    ✓ スモールスタート可能
    ✓ 完全マネージド・サービス
    ✓ メンテナンス・パッチ適用の
    タイミングをカスタマイズ可能
    ✓ Exadataを専有利用
    ✓ サービス毎に複数CDBを作成可
    ✓ お客様DCに展開可能
    Oracle Database SE / EE
    EE Options (一部)

    View full-size slide

  127. ExaDB / Autonomous Database
    サービス比較
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    129
    Exadata
    Oracle Cloud Infrastructure
    ADB:フルマネージド・サービス
    ExaDB : マネージドサービス
    Oracle Database Enterprise Edition (EE)
    EE Options (Partition, RAC, Data Guard, Security, etc... )
    自律化機能の実装
    Self-Driving (管理、拡張、監視、チューニング、パッチ適用)
    Self-Securing (暗号化、セキュリティパッチ、バックアップ)
    Self-Repairing (障害の予防、自動修復)
    運用・開発支援ツールが構成済
    APEX / SQL Dev Web / OML Notebook
    / SQL Monitor / ASH / Monitoring / Auto Upgrade
    カスタマイズ済み
    パラレル処理やキューイング、IO制御、
    認証・セキュリティ設定、高可用性構成
    ✓Exadataを共有利用
    (サービス毎に1つのPDB)
    ✓高い柔軟性、スモールスタート可能
    ✓様々な機能が構成済み
    カスタマイズ可能
    root/sysdba権限による操作が可能
    DBバージョン、メンテナンスのタイミングを選択
    運用ツールの提供
    バックアップ機能、Data Guardの構成機能
    バージョンアップツール、パッチ適用ツール、等
    付加
    機能
    構成
    スタック
    ✓Exadataを専有利用
    (複数CDB/PDBを配置可能)
    ✓圧倒的な拡張性
    ✓高いカスタマイズ性

    View full-size slide

  128. ADB-S/ADB-D/ADB-C@C との比較(主要なものを記載)
    130
    Autonomous Database
    Serverless
    Dedicated
    (Public Cloud)
    Dedicated
    (ExaC@C)
    概要 完全マネージド型のOracle Databaseサービス(PaaS)
    提供モデル Exadata上の共有サービス Exadata上の専有サービス Exadata上の専有サービス
    データベース・インスタンスの最小 OCPU: 1 OCPU, 1 TB
    ECPU:2 ECPU,20GB(ATP) 2 ECPU,1TB(ADW)
    OCPU: 0.1 OCPU, 32 GB
    ECPU: 2 ECPU, 32 GB
    OCPU: 0.1 OCPU, 32 GB
    ECPU:2 ECPU, 32 GB
    データベース・インスタンスの最大 128 OCPU, 384 TB 選択したExadataのシェイプに依存 選択したExadataのシェイプに依存
    メンテナンス・スケジュール 固定、利用者による調整不可 調整可能 調整可能
    Database SWのバージョン 選択不可 選択可能 選択可能
    パッチ適用前の検証環境の用意 検証用インスタンスに対して1週間前に適用可能(*1) 可能、Quarterを1回のみスキップ可能 可能、Quarterを1回のみスキップ可能
    バックアップの期間調整 OCPU不可(60日)、ECPU可能 可能 可能
    バックアップ先の設定 オブジェクトストレージのみ オブジェクトストレージのみ オブジェクトストレージ
    Exadata筐体内/ NFS/ZDLRA
    ネットワーク設定 Cloud Side, VCN Cloud Side, VCN Customer Side, VCN
    ライセンスタイプの変更 可能 可能(AVMC単位、SR必要) 可能(AVMC単位)
    表領域/Profileの操作 不可 可能 可能
    ライセンスBYOL ADBインスタンス単位 AVMC単位 AVMC単位
    SLA Availability SLA 99.95%
    Availability SLA 99.995%(with AuDG)
    Availability SLA 99.95%
    Availability SLA 99.995%(with AuDG)
    Availability SLO 99.95%
    Availability SLO 99.995%(with AuDG)
    ODSA利用可否 可能 不可 不可
    *1 : 東京・大阪リージョンは未対応
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide

  129. • サービス概要
    • 技術詳細
    • サービス比較
    • Appendix
    Agenda
    Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    131

    View full-size slide

  130. 132 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    良くある質問
    BYOLは利用可能ですか?
    • はい。同様です。ただしECPU/OCPU数や持ち込むエディションによって必要となるライセンスが異なる点や上限が
    設定されておりますので、最新情報は適宜、オラクルの担当営業までご確認ください
    SE BYOLはインスタンス単位で最大32 ECPU/8 OCPUで良いでしょうか?それともAVMC単位で最大32 ECPU/8
    OCPUでしょうか?
    • インスタンス単位で最大32 ECPU/8 OCPUまで利用可能です。つまり32 EPU/8 OCPUまでのインスタンスであれ
    ば同一AVMC上に複数のインスタンスを構成いただけます。
    ライセンスタイプは何に紐づきますか?
    • AVMCに紐づきます。AVMCごとに単一のライセンスタイプ(ライセンス込みorBYOL)である必要があります。なお、
    AVMC作成後のライセンス・タイプの変更はADB-C@Cはコンソール上で可能ですが、ADB-DではSRでリクエスト
    する必要があります。(2023/11時点)

    View full-size slide

  131. 133 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    良くある質問
    ATP/ADWを一緒に利用できますか?
    • はい、ATPとADWを一つのADB-Dedicated で利用可能です。(ADB-D /ADB-C@Cともに)
    Auto Scaling には対応していますか?
    • 対応済みです。
    ACDごとにSubnetを分けることは可能でしょうか?
    • ネットワークはAVMCに紐づけられます。そのため、ACDを異なるAVMCに配置することで可能です。
    クローンを利用したインスタンスの複製は可能ですか?
    • はい、可能です。
    Walletファイルの有効期限は?
    • 作成したタイミングから10年に設定されています。

    View full-size slide

  132. 134 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    良くある質問
    AJD、APEX Service、Always Freeには対応していますか?
    • いいえ、対応しておりません。Serverless環境にてご利用ください。
    OML Notebook、SODA Driver、は利用可能ですか?
    • いいえ、現時点で対応していません。
    DRCPに対応していますか?
    • いいえ、現時点で対応していません。
    C@CからOCIへの接続が切断された場合、ADB-C@Cにはどのような影響がありますか?
    • 稼働中のデータベースへの影響はありません。使用状況はローカル上に保存され、最大で1週間後に同期されます。
    また切断された場合はCLI機能が制限されます

    View full-size slide

  133. 135 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates
    良くある質問
    同一のC@C上で、Autonomousと非Autonomous(ExaDB)を一緒に利用することは可能ですか?
    • はい、可能です。
    ADB-DのHW EOLはどうするの?
    • 新しいEIを作成し移行する必要があります。将来予定として自動で移行方法が検討されています(Doc ID
    2649066.1)

    View full-size slide