Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Autonomous Database - Dedicated 技術詳細 / adb-d_technical_detail_jp

Autonomous Database - Dedicated 技術詳細 / adb-d_technical_detail_jp

Autonomous Database Cloud (ADB) のDedicatedモデルに関する技術詳細です。

■参考資料
マニュアル
ADB-S(Sharedモデル)に関して

3115a782126be714b5f94d24073c957d?s=128

oracle4engineer
PRO

July 26, 2022
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Autonomous Database – Dedicated (ADB-D / ADB-C@C) 技術詳細 日本オラクル株式会社 クラウド・エンジニアリング統括COE本部

    Autonomous&Analyticsソリューション部 2022/7/22
  2. Safe harbor statement 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、 情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以 下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することを確約するものではないため、購買 決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。 オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期及び価格については、弊 社の裁量により決定され、変更される可能性があります。 Copyright

    © 2022, Oracle and/or its affiliates 5
  3. 6 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates はじめに 本資料は、表紙に記載の日付時点における、

    Oracle Autonomous Database Cloud の技術情報です。 Autonomous Databaseはデプロイモデルとして Shared Exadata Infrastructure とDedicated Exadata Infrastructure がありますが、本資料では Dedicated を対象に記載しています。 Sharedモデルについては以下の資料を参考ください • 技術詳細資料:「SpeakerDeck ADB 技術詳細」で検索ください https://speakerdeck.com/oracle4engineer/adb-s-technical-detail-jp
  4. 7 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates はじめに 最新情報や詳細情報は以下もご参照ください

    マニュアル • ADB-D : https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/autonomous-database/dedicated/adbaa • ADB-C@C:https://docs.oracle.com/en/engineered-systems/exadata-cloud-at-customer/ecccm/adb-on- exacc.html データシート • https://www.oracle.com/jp/a/ocom/docs/database/auto-db-dedicated-exadata-infra-ds.pdf LiveLabs:英語 • Oracle Autonomous Database Dedicated for Fleet Administrators • Oracle Autonomous Database Dedicated for Developers and Database Users • Oracle Autonomous Database Dedicated for Security Administrators OCIチュートリアル • ADB-Dの環境を作成してみよう
  5. • サービス概要 • 技術詳細 • 管理モデル • プロビジョニング関連 • 可用性

    • 性能・拡張性 • 運用保守関連 • データ連携・移行 • セキュリティ・監査 • ネットワーク構成 • サービス比較 • Appendix Agenda Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 9
  6. • サービス概要 • 技術詳細 • 管理モデル • プロビジョニング関連 • 可用性

    • 性能・拡張性 • 運用保守関連 • データ連携・移行 • セキュリティ・監査 • ネットワーク構成 • サービス比較 • Appendix Agenda Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 10
  7. 11 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous Database

    ワークロード/デプロイメント方式 ORACLE AUTONOMOUS DATABASE Autonomous Data Warehouse (ADW) Autonomous Transaction Processing (ATP) Shared Exadata Infrastructure Dedicated Exadata Infrastructure ワークロード デプロイメント ( /DWH) (OLTP/ ) ( Pluggable Database) ( OCI or C@C(*1)) Autonomous JSON Database (AJD) (*2) (JSON ) APEX Application Development (*2) (APEX ) *1: C@C: Oracle Cloud@Customer(お客様データセンターでのOCI提供サービス) *2: Dedicated では未提供
  8. 12 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous Database

    - Dedicated 専有環境で稼働するPrivate Database Cloudを提供 自律型データベース • 高性能、高可用性、高セキュリティ • 使いたいときにすぐに利用可能 高度な分離性 • 複数のレイヤーで独立性を確保 • プライベートクラウドとしての責任境界の明確化 • フリート管理者 / データベース管理者 運用ポリシーのカスタマイズ • プロビジョニング、ソフトウェア更新、可用性、集約性を制御可能
  9. Autonomous Database - Dedicated 高度な分離性 Copyright © 2022, Oracle and/or

    its affiliates 13 複数のレイヤーで分離性を担保 • Database (DB) • Container database (CDB) • Cluster of VMs • Separate Hardware (Exadata Infrastructure) • Hardware Enforced Private Network (VCN) 分離レベルを調整可能 • セキュリティ、性能面など、各データベースの要件毎に分離 • クリティカルDB、一般DB、開発DBといった用途毎に分離 • Sales, HR, Marketingといった組織毎に分離 RAC CLUSTER WEB STORE SHOP SHIP ….
  10. 14 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous Database

    - Dedicated 運用ポリシーのカスタマイズ データベース分離ポリシー: • ミッションクリティカル、汎用、テスト用途等で分離 • 組織で分離 アップグレードポリシー: • 新しいバージョンを本番前にテスト・開発用データベースに展開 • セール、四半期決算といった繁忙期を回避 • アプリが認定するバージョンに準拠したアップグレードの制御 可用性ポリシー(SLA): • コンテナDBごとに必要なHAとDRのレベルを指定 利用量制限に関するポリシー • オーバープロビジョニング(*1)とピーク時の使用ポリシー *1: オーバープロビジョニングは将来実装予定
  11. 15 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous Database

    - Dedicated – 利用例 単一利用: • 最もシンプルな構成 • 単一クラスタ上に単一のCDB (Web Store) を配置 • 単一のCDB上に全てのインスタンス(Shop、Ship等)を配置 • 全てのインスタンスに対して、 単一のサービスレベル、メンテナンス・スケジュールが定義される RAC CLUSTER WEB STORE SHOP SHIP ….
  12. 16 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous Database

    - Dedicated – 利用例 カスタマイズ利用:統合環境向け • CDBを分離(WEB STORE、MFG、TEST) • CDB毎に負荷の分離 • 本番環境にテスト環境の影響を与えない • CDB毎にSWのバージョンの分離 • テスト環境は先に最新バージョンへアップグレードしてテストを実施 • CDB毎に災害対策の有無を設定 • 特定のCDB(WEB STORE)は災害対策用にリモートスタンバイを用意 • 各CDBへのアクセスはポリシーによって制御 RAC CLUSTER RAC CLUSTER WEB STORE SHOP ... SHIP MFG PARTS LABOR TEST DB1 DB2 DB3 … Autonomous Data Guard WEB STORE SHOP ... SHIP
  13. 17 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous Database

    - Dedicated 課金体系 /シェイプサイズ データベースが利用したOCPU数、およびExadata Infrastructureのシェイプに基づき課金される • OCPU • ADBインスタンス毎のOCPU数:最小は0.1、最大はシェイプサイズに依存 • 1秒単位で課金(最低利用時間は1分) • 既存データベースライセンスの持ち込みによるコスト削減が可能 • Exadata Infrastructure • ADB-D(Public Cloud) • X7-2 / X8-2 / X8M-2 / X9M-2から選択 • X7-2 / X8-2 : Quarter / Half / Full から選択、X8M-2 / X9M-2:エラスティック構成(デフォルトはQuarter相当) • 1秒単位で課金(最低利用期間は48時間) • ADB-C@C(Cloud@Customer) • X7-2 / X8-2 / X8M-2 / X9M-2 から選択(X7-2はGen1(OCI-C)からのアップグレードでのみ) • Quarter / Half / Full から選択 • 月額単位(最低4年契約) • 設置するラック毎に、アクティベーションサービス費用が必要 • ADBインスタンス毎のストレージサイズ:最小は32GB、最大はシェイプサイズに依存
  14. Autonomous Database - Dedicated ADB-Dのシェイプ Copyright © 2022, Oracle and/or

    its affiliates 18 X7-2 Quarter Rack X7-2 Half Rack X7-2 Full Rack X8-2 Quarter Rack X8-2 Half Rack X8-2 Full Rack X8M-2* デフォルト X9M-2* デフォルト シェイプ名 Exadata.Quarter 2.92 Exadata.Half 2.184 Exadata.Full 2.368 Exadata.Quarter 3.100 Exadata.Half 3.200 Exadata.Full 3.400 Exadata X8M-2 Exadata X9M-2 コンピュート・ ノード数 2 4 8 2 4 8 2 2 CPUコアの合計 最大数 92 184 368 100 200 400 100 252 合計RAM容量 1,440 GB 2,880 GB 5,760 GB 1,440 GB 2,880 GB 5,760 GB RAM: 2780 GB 永続メモリ 4.5TB RAM: 2780 GB 永続メモリ 4.5TB ストレージ サーバー数 3 6 12 3 6 12 3 3 最大データベース サイズ 85.5 TB 171.1TB 342.1 TB 119 TB 238 TB 476 TB 119 TB 152 TB エラスティック構成:データベース・サーバー : 2~32、ストレージ・サーバー:3~64の範囲で指定可 最新情報はドキュメントをご確認ください。 Resource Limits and Characteristics of Infrastructure Shapes
  15. Autonomous Database - Dedicated ADB-C@Cのシェイプ(X8M-2/X9M-2) Copyright © 2022, Oracle and/or

    its affiliates 19 X8M-2 Quarter Rack X8M-2 Half Rack X8M-2 Full Rack X9M-2 Quarter Rack X9M-2 Half Rack X9M-2 Full Rack コンピュート・ノード 数 2 4 8 2 4 8 CPUコアの合計 最大数 100 200 400 124 248 496 合計RAM容量 2,780 GB 5,560 GB 11,120 GB 2,780 GB 5,560 GB 11,120 GB 永続メモリ 4.5 TB 9 TB 18 TB 4.5 TB 9 TB 18 TB ストレージ サーバー数 3 6 12 3 6 12 最大データベース サイズ、ローカルバッ クアップなし 119 TB 239 TB 479 TB 152 TB 305 TB 610 TB 最大データベース サイズ、ローカルバッ クアップあり 59 TB 119 TB 239 TB 76 TB 152 TB 305 TB 最新情報およびX7-2、X8-2はドキュメントをご確認ください。 Resource Limits and Characteristics of Infrastructure Shapes
  16. • サービス概要 • 技術詳細 • 管理モデル • プロビジョニング関連 • 可用性

    • 性能・拡張性 • 運用保守関連 • データ連携・移行 • セキュリティ・監査 • ネットワーク構成 • サービス比較 • Appendix Agenda Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 20
  17. 管理モデル Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 21

  18. 管理モデル Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 22 お客様管理

    • DBユーザ、スキーマ、暗号化キー • Oracle Database 19c以降のみ オラクル管理 • ハイパーバイザー、DBサーバー、ストレージサーバー、InfiniBandネットワークなど • DomU、コンテナデータベース • お客様のアクセスは不可 Hypervisor DomU Databases O R A C L E Internal Fabric Storage Storage Data/Schema
  19. 23 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonmous Database

    Dedicatedのリソース Exadata Infrastructure(EI) • Exadataハードウェア Autonomous Exadata VM Cluster(AVMC) • ホストOS、Grid Infrastructure Autonomous Container Database(ACD) • Oracleソフトウェア、Database Home Autonomous Database(ADB) • Pluggable Database Autonomous VM Cluster ACD1 ACD2 Exadata Infrastructure ADB1 ADB2 ADB3 ADB1 ADB2 Documentation: • ADB-D: Components of Dedicated Autonomous Database • ADB-C@C: Database System Architecture Overview
  20. Autonmous Database Dedicatedのリソース Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    24 Exadata Infrastructure (EI) Autonomous VM Cluster (AVMC) AVMC #1 AVMC #2 ・・・ Autonomous Database(ADB) ADB #1 Autonomous Container Database(ACD) (ACD#1) ACD #2 ACD #n ・・・ ADB #2 ADB #m ・・・ AVMC #x Multi VM対応は将来予定 Multi VM Cluster対応は ADB-C@Cのみ(2022/7時点)
  21. ADB-C@C : ADB と ExaDB を同一システム上で実行可能 Copyright © 2022, Oracle

    and/or its affiliates 1. Exadata Cloud@Customerインフラ上に複数のVM クラスタを作成可能 2. 各VMクラスタは、ワークロードのニーズに合わせて構成 可能(例:分析用にストレージを増やす、OLTP用に コンピュート数を増やすなど) 3. 各VMクラスタは、Autonomous Databaseまたは Exadata Database Serviceのいずれかに使用 4. 各VMクラスタは複数データベースをサポートし、統合 することが可能 5. 必要に応じて、未割り当てリソースを使用して、VMク ラスタを追加できる 6. 各VMクラスタは独自にメンテナンス・スケジュールを持 つ:Grid InfrastructureとOSアップデート Compute Node 1 Compute Node 2 Autonomous VM Cluster 1 Autonomous Database Service Exadata VM Cluster Exadata Database Service Autonomous VM Cluster 2 Autonomous Database Service 25
  22. ユーザーのロール IAM ポリシーを利用して、プライベート・クラウドにおける責任範囲を分離 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    26 RAC CLUSTER I.T. Compartment Manufacturing Compartment DB1 DB2 DB3 データベース管理者 データベースのセルフ作成 フリート管理者 予算、キャパシティ、コンプライアンス、SLAの設定 アプリ開発者とDBAは、インフラ、 及び相互のリソースを参照すること はできない • 組織構造に基づいて、ITとエンドユーザーにそれぞれCompartmentを割り当てる • 組織構造に基づいて、プライベート・ネットワークを作成 • フリート管理者はEI、AVMC、ACDを作成し、データベース部門側は割り当てられた範囲内でADBを作成 Documentation: User Roles Associated with Dedicated Autonomous Database
  23. Autonomous Dedicated - IAM ポリシーの設定例 Copyright © 2022, Oracle and/or

    its affiliates 27 フリート管理者 データベース管理者 Allow group fleetAdmins to MANAGE cloud-exadata-infrastructures in compartment fleetCompartment Allow group fleetAdmins to MANAGE autonomous-database-family in compartment fleetCompartment Allow group fleetAdmins to USE virtual-network-family in compartment fleetCompartment Allow group fleetAdmins to USE tag-namespaces in compartment fleetCompartment Allow group fleetAdmins to USE tag-defaults in compartment fleetCompartment Allow group dbUsers to READ autonomous-container-databases in compartment fleetCompartment Allow group dbUsers to MANAGE autonomous-databases in compartment dbUserCompartment Allow group dbUsers to MANAGE autonomous-backups in compartment dbUserCompartment Allow group dbUsers to USE virtual-network-family in compartment dbUserCompartment Allow group dbUsers to MANAGE instance-family in compartment dbUserCompartment Allow group dbUsers to MANAGE buckets in compartment dbUserCompartment Allow group dbUsers to MANAGE objects in compartment dbUserCompartment Allow group dbUsers to MANAGE app-catalog-listing in compartment dbUserCompartment Livelabsワークショップから引用 Oracle Autonomous Database Dedicated for Fleet Administrators
  24. プロビジョニング関連 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 28

  25. プロビジョニング・ステップ 概略 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 29

    ネットワーク 定義 Service Limit 引き上げ申請 ATP/ADW インスタンス 作成 データベース管理者 フリート管理者 別紙参照* ADB-S ADB-D (Public) ADB-C@C (C@C) ネットワーク 定義 ユーザー・グループ・ ポリシーの設定 (フリート管理者、 およびDB管理 者) Exadata Infrastructure (EI)の作成 Autonomous Container Database (ACD) 作成 アプリケーション からの接続 事前手配 Exadataのセットアップ 利用 OCIリソース定義 Compartment 作成 Autonom ous VMクラスタ (AVMC) 作成 テナント管理者 メンテナンス スケジュール の定義 バックアップ 先の登録 バックアップ 先の選択 *導入前の確認事項、導入ステップに関する情報はExaDB-C@Cの資料を参照ください
  26. 30 プロビジョニング・ステップ フリート管理者によるステップ フリート管理者 • GUI/APIを利用してリソースを割り当て • コンパートメントの選択、およびリソースにタグ付け • Exadata

    Infrastructure(EI)のプロビジョニング • 名称、リージョン、AD、シェイプ、インフラメンテナンススケジュールを指定 • AVM Cluster(AVMC)をEI上にプロビジョニング • ADB-C@C:AVMCの作成には少なくともノードごとに5つのOCPU、100GBのメモリ、150GBのローカルストレージ、約3TBの Exadata Storageが必要(ローカルバックアップなし)。また事前にVM Cluster Networkの作成が必要 • Autonomous Container Database (ACD)をAVMC上にプロビジョニング • コンパートメントの選択、Data Guardの有無、バックアップ保持期間など • ACDの作成には少なくともノードごとに2つのOCPUと50GBのローカルストレージが必要 • 1つのAVMCに作成できるACDの最大数はADB-D:12、ADB-C@C:16 • 自動メンテナンスのタイプ、タイミングを設定 I.T. Fleet Group Documentation: • Create an Exadata Infrastructure Resource • Create an Autonomous Exadata VM Cluster • Create an Autonomous Container Database Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  27. 31 (参考)ADB-D EI、AVMC、ACDの作成画面 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    エラスティック構成の場合(X8M-2/X9M-2)
  28. 32 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates (参考)ADB-C@C AVMCの作成画面

    必要なリソースは、ノードあたりのOCPU数(最小5)、OCPUあたりのメモリ(最小12GB)、データベースで利用するストレージ サイズ(最小2TB)とノード数から算出される • ローカルバックアップの有無でExadata Storageの算出の係数が変わることに注意
  29. 33 プロビジョニング・ステップ データベース管理者によるステップ データベース管理者 • フリート管理者とは、それぞれIAMによって隔離 • Autonomous Databaseの作成 •

    コンパートメント • DBタイプの選択 • ATP もしくは ADW • ACDの選択 • CPU数、ストレージサイズを指定 • ADMINパスワード Developers and DBAs Documentation: Create a Dedicated Autonomous Database Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  30. 34 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous Databaseの作成

    1未満のOCPU割り当てとGB単位のストレージ割り当て Sharedより小さいサイズでの作成が可能であり、統合インフラとしてより高い集積率を実現 • OCPU:0.1 - 0.9 OCPU(フラクショナルOCPU)の割当てが可能。1以上は整数値 • メモリと同時セッション数の割り当てはOCPU設定値に比例 • Autoscalingの場合は3倍にした値で小数点以下を切り上げたOCPUまでとなる • フラクショナルOCPUで作成した場合、接続サービスがADWはlow、ATPはtp、lowのみとなる。スケールアップし他の接続サービ スが必要になる想定の場合は、1より大きく作成した後スケールダウンする • ストレージ:32GBから割当てが可能。1GB単位で増分可
  31. Autonomous Databaseの作成 クローン • フルクローンまたはメタデータクローンをサポート • スパースクローンではない • ホット・クローンでありソースの停止は不要 •

    ターゲットはACDを指定、AuDG対応ACDも可 • プライマリにクローン作成後、スタンバイが作成さ れる • AuDG対応ACDの場合のクローンはAuDGなし より時間がかかる • 別EI上へのクローンはロードマップ • クローン操作の速度はクローンのOCPU数に依存 Documentation: Clone an Autonomous Database Clone a Dedicated Autonomous Database Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 35
  32. Autonomous Databaseの作成 クローン要件 データベースインスタンスからのクローン作成 • AuDG構成はプライマリデータベースのクローンのみ • ソースとターゲットの暗号化キーは同じキーストアタイプを使用する • クローンデータベースに指定するADMINパスワードはソースデータベースとは異なるパスワードを指定する

    • フルクローンの場合は、クローンデータベースの最小ストレージはソースデータベースの使用済み領域をGBで切り上 げたサイズになる バックアップからのクローン作成(ADB-C@Cのみ) • フルクローンのみ • ターゲットのAVMCに2つのOCPU、クローン・データベースのターゲットのACDとは別に1つのACDが必要 • ターゲットのACDはソースと同じかそれ以上のバージョン • ソースとターゲットの暗号化キーを異なるキーストアタイプにすることが可能 • ただしOracle Key Vault(OKV)の場合は同じOKV宛先を使用し、ターゲットのAVMCとACDはキーにソースのOKVを使用す る • 1つのAVMCで同時に複数のバックアップクローンは作成できない • ローカルバックアップはクローンに利用できない 最新の要件はドキュメントをご確認ください Clone an Autonomous Database Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 36
  33. 37 リソース制限 ADB-Dはシェイプにより以下のリソース制限がある • ADB-Dのリソースの最大値 • ADB-Dのリソースの推奨値(最大) ADB-C@Cは最小のリソース要件を満たしている限り作成可能 • AVMC:ノードごとに5つのOCPU、100GBのメモリ、150GBのローカルストレージ、約3TBのExadata

    Storageが必 要(ローカルバックアップなし) • ACD:ノードごとに2つのOCPUと50GBのローカルストレージ リソース Quarter Half Full Autonomous Database(ADB)の数 1000 X7では920 2000 X7では1840 4000 X7では3680 Autonomous Container Database (ACD)の数 12 12 12 リソース Quarter Half Full ACDごとのADB数 (AuDGなし) 200 200 200 ACDごとのADB数 (AuDGあり) 25 25 25 Documentation: Resource Limits and Characteristics of Infrastructure Shapes Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  34. 可用性 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 38

  35. RACとActive Data Guardによるコンテナデータベースの高可用性構成 Autonomous Data Guard (AuDG) 39 ……... HA

    Standby ……... Server2 Server1 RAC Primary Server1 Server2 Exadata Infra 1 AD1 Exadata Infra 2 AD3 DR Standby Server1 Server2 Exadata Infra 3 AD2 Primary Region 1 Region 2 RAC RAC CDB AuDG Remote HA Standby AuDG Remote DR Standby • SLA 99.995% • エラスティック構成*、 • 1/4, 1/2, Full Rack Clusters のインフラストラクチャ • RACによるノード障害への対応 • Active Data Guard によるサイ ト障害への対応 • Transparent Application Continuityの統合 • シングルスタンバイターゲット (v1) Documentation: Protect Critical Databases from Failures and Disasters Using Autonomous Data Guard Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  36. Autonomous Data Guard (AuDG) Copyright © 2022, Oracle and/or its

    affiliates 41 • 構成手順(1) • ACDの新規作成時にAuDGの有効化を選択 • リージョン • Exadata Infrastructure • 保護モード • 最大パフォーマンス(非同期) (デフォルト) • 最大可用性 (同期) • 自動フェイルオーバーの有無の設定 (デフォルト無効) • ファスト・スタート・フェイルオーバーのラグ制限 (デフォルト30秒) • 最大パフォーマンスの場合のみ • 自動メンテナンスの設定(次ページ) • 既存のACDでAuDGの有効化は今後予定 • クローン機能を利用して AuDGが有効化された CDBへの配置は可能
  37. Autonomous Data Guard (AuDG) Copyright © 2022, Oracle and/or its

    affiliates 42 • 構成手順(2) • 自動メンテナンスの設定 • プライマリCDBのメンテナンス前に、スタ ンバイCDBのメンテナンスが実施される • ユーザーはプライマリとスタンバイのメン テナンス実行間のバッファ期間を選択 • 1日から7日の間で任意の期間を設 定可能(デフォルトは7日)
  38. Autonomous Data Guard (AuDG) Copyright © 2022, Oracle and/or its

    affiliates 43 • 構成手順(2) • ADBインスタンス作成時に AuDG構成のACDを選択する
  39. Autonomous Data Guard (AuDG) Copyright © 2022, Oracle and/or its

    affiliates 44 • スイッチオーバー、フェイルオーバー • GUI/APIから操作可能 • スイッチオーバー : プライマリとスタンバイのロールを交換 • フェイルオーバー : 手動および自動でのフェイルオーバーが可能 • 手動フェイルオーバー:スタンバイのCDBをプライマリ・ロールに変更 • 自動フェイルオーバー:プライマリのCDBが使用できなくなった時点で自動的にフェイルオーバー • Reinstate:フェイルオーバー後、障害が発生したスタンバイCDBを復旧
  40. Autonomous Data Guard (AuDG) Copyright © 2022, Oracle and/or its

    affiliates 45 • その他、特記事項 • 同一リージョンもしくは異なるリージョンで構成可能 • プライマリとスタンバイは別々のEI上に配置する必要がある • プライマリへの変更はシームレスにスタンバイ側に反映される • スケールアップ • バックアップ操作、等 • スタンバイへの読み取り専用アクセスが可能 • プライマリ・スタンバイ、双方で自動バックアップの設定が可能 • ただしスタンバイ側は手動バックアップは不可 • AuDGを有効化したACD毎にADBインスタンスの数は25個を超え ないことを推奨 • ログの適用状況の可視化が可能(右) • OCI Events が対応 • クロスリージョンのみ:OCI Vaultで暗号化キーを管理している場合 はプライマリリージョンの仮想プライベートボールトからキーをスタンバ イに複製する必要あり
  41. 46 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates バックアップポリシー バックアップ

    • 自動バックアップ • インスタンス構成時にデフォルトで有効化され、無効化はできない • 出力先 • ADB-D: Object Storage (課金対象) • ADB-C@C:出力先をACD作成時に設定(Local/OSS/ZDLRA/NFS) • 週次でフルバックアップ、日次で増分バックアップ • インスタンスが停止している場合、増分バックアップは取得されない • アーカイブログのバックアップは15分おきに実行 • 手動バックアップ • ADB-D:事前に用意したオブジェクトストア上のバケットに出力 • ADB-C@C: ACD作成時に設定したバックアップ先に出力 • 保管期間は7日、15日、30日、60日から選択可能(出力先がオブジェクトストレージの場合) • オンラインで取得可能 • 取得したバックアップは、ADBのリストアのみに利用可能(ATPからADWへの変換は不可) リストア • 特定時点にリストア可能。ユーザ自身でGUI/APIを介して実施。リストア完了後はリストア対象の日時以降のバックアップは無効。 Documentation: Backup and Restore Autonomous Databases
  42. 47 バックアップ先の選択 ACD作成時に選択をする • (C@C)Localの場合はAVMCの作成時にチェックが必要 Copyright © 2022, Oracle and/or

    its affiliates
  43. バックアップ先の選択(C@C) 48 ローカルスト レージ (FRA) にバックアップ 保持期間は 7日間 Exadata Cloud@Customer

    オンプレミスのZero Data Loss Recovery Appliance (ZDLRA)にバックアップ 保持期間はZDLRA設定に依存 Oracle Object Storageにバックアップ 保持期間は7/14/30/45/60日から選択 データベース暗 号化 NFSストレージにバックアップ 保持期間は7/14/30/45/60日から 選択 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  44. 性能、拡張性 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 50

  45. 51 性能とOCPUの割り当て パフォーマンスは選択したCPU数に比例 • 例 : Exadata上で15%のCPU数を増やした場合、メモリサイズも15%増加 • IO性能、ストレージのCPU、Flash Cacheサイズも同様

    • その他、SessionsやBuffer Cache、PGAなどは指定する必要はなく、動的に自動設定される OCPUの割り当て • AVMC • ADB-D: AVMCは1つであるため、すべてのサーバーのすべてのOCPUが1つのAVMCに割り当てられる • ADB-C@C:AVMCごとにOCPUとストレージを指定する • ACD • ノードあたり2 OCPU消費される(課金請求はされない) • ADB • 利用可能なOCPUの範囲で指定 Documentation: OCPU Management and Billing in Dedicated Autonomous Database Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  46. 52 OCPUの管理 • ADBを作成すると、ACDに割り当てられたOCPU(ノードごとの2OCPU) をまず消費し、不足する場合はAVMCのAvailable OCPUから割り当 てられる • ADBを停止している場合は、割り当てられていたOCPUはAVMCの Avairable

    OCPUに戻らない • ADBインスタンスの終了、およびスケールダウンした場合はAVMCの Reclaimable CPUに入る • AVMCでReclaimable OCPUをAvailable OCPUに戻すためには ACDの再起動が必要(他のACDで利用したい場合は一度リソースを 解放する必要がある) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  47. 53 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates OCPU管理 自動スケーリングのOCPU割り当て

    ADBの自動スケーリングをONにした場合、ADBの親ACDのアイ ドル状態のOCPUを使用する 例1:自動スケーリングが有効な4 OCPUの稼働中のADB*4 • ACD1で割り当てられたOCPU数は16 • ADB1が自動スケーリングが必要になった場合、ADB2~ ADB4でアイドルになったOCPUを利用する。他のデータベー スで必要になった場合は各ADBの割り当て済みのOCPU数 まで利用できるようスケールダウンをして返す • 請求は16OCPU(稼働中のADBの割り当て済みOCPU) Exadata Infrastructure X8M-2(Database Servers-2,Storage Servers -3) Autonomous VM Cluster Total OCPUs 100 Available OCPUs-84 || Reclaimable OCPUs-0 ACD1 割り当て OCPUs-16 || Reclaimable OCPUs-0 ADB1 - Active OCPU - 4 AutoScaling=On ADB2- Active OCPU - 4 AutoScaling=On ADB4- Active OCPU - 4 AutoScaling=On ADB3- Active OCPU - 4 AutoScaling=On
  48. 54 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates OCPU管理 自動スケーリングのOCPU割り当て

    ADBの自動スケーリングをONにした場合、ADBの親ACDのアイ ドル状態のOCPUを使用する 例2:自動スケーリングが有効な2 OCPUの稼働中のADB*4、8 OCPUの停止中のADB*1 • ACD1で割り当てられたOCPU数は16 • ADB1が自動スケーリングが必要になった場合、停止している ADB5の8 OCPUから利用 • 請求は最小で8OCPU(稼働中のADBの割り当て済み OCPU+自動スケーリングOCPU) Exadata Infrastructure X8M-2(Database Servers-2,Storage Servers -3) Autonomous VM Cluster Total OCPUs-100 Available OCPUs 84 || Reclaimable OCPUs 0 ACD1 割り当てOCPUs-16 || Reclaimable OCPUs-0 ADB1 - Active OCPU - 2 AutoScaling=On ADB2- Active OCPU - 2 AutoScaling=On ADB4- Active OCPU - 2 AutoScaling=On ADB3- Active OCPU - 2 AutoScaling=On ADB5- Inactive OCPU - 8
  49. 運用保守関連 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 55

  50. 56 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates メンテナンスポリシー オラクル社が全てのソフトウェアの更新作業を実施

    • Firmware, OS, Storage, Network, Hypervisor, Clusterware, Database • 更新が適用されたゴールドイメージをインストールすることで更新作業を迅速化 アプリケーションはオンラインのまま継続的に利用可能 • RAC ノードと Exadata ストレージ・サーバーにてローリング適用 • セッションの切断を防ぐために、Transparent Application Continuity (TAC) の利用を推奨 四半期ごとにすべてのコンポーネントをアップデート(重要なセキュリティアップデートはオンデマンド) アップデートは顧客のプリファレンスに基づいて自動的にスケジュールされる • 重要なビジネス期間に対応するためにタイミングを調整できる • ターゲットソフトウェアを選択 Documentation: • Service Maintenance of Dedicated Autonomous Database • Patching ADB on Exadata Cloud@Customer Infrastructure
  51. 57 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates インフラ(EI)メンテナンス 四半期毎のメンテナンス

    • タイミングは調整可能、任意の月、週、時間帯から選択(*1) • メンテナンス四半期は、2月、5月、8月、11月に始まり、 年の最初のメンテナンス四半期は2月に開始されます。 • C@Cのみ:より柔軟な指定が可能 • ローリングまた非ローリングでの適用選択 • DBサーバのメンテナンス前のカスタムアクションの指定、およびタイム アウト *1 : メンテナンスウィンドウが決定後、GUI/APIで時間帯を確認可能(その他、Notification Serviceによる通知設定が可能)
  52. 58 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous VM

    Cluster(AVMC)メンテナンス 四半期毎のメンテナンス • タイミングは調整可能、任意の月、週、時間 帯から選択(*1) • メンテナンス四半期は、2月、5月、8月、11月 に始まり、年の最初のメンテナンス四半期は2 月に開始される ウィンドウを設定しない場合はEIメンテナンスの20 時間後に自動スケジュールされる 2022/7時点でADB-C@Cのみ。ADB-Dはイン フラ(EI)メンテナンスを継承し、タイミング指定 は不可 *1 : メンテナンスウィンドウが決定後、GUI/APIで時間帯を確認可能(その他、Notification Serviceによる通知設定が可能) *2 : 適用可能パッチが複数リストされた場合は、記載される「スケジュール開始時間」の順番に沿って適用ください。
  53. 59 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous Container

    Database(ACD)メンテナンス メンテナンスタイプをRU/RURから選択可能(*3) 四半期毎にメンテナンス • タイミングは調整可能、任意の月、週、時間帯から選択(*1) • 2時間前までは何度も変更可能 • 設定しない場合はADB-DはEIメンテナンスの20時間後、ADB-C@CはAVMCメンテナンスの4時間後に自動設定さ れる • 「すぐパッチ」を選択することでスケジュールを待たずに即時にパッチ適用可能(*2) • スケジュールされたメンテナンス時間の15分前までは、即時適用が可能(ADB-C@Cは2時間後) • AuDGが有効になっている場合は選択できない • メンテナンスは連続して1回のみスキップが可能 • Q1にパッチを適用した場合、Q2はスキップ可能。その後Q3はパッチ適用が必須であり、Q4はスキップ可能 • スケジュールされたメンテナンス時間の15分前までは、 スキップの設定が可能 *1 : メンテナンスウィンドウが決定後、GUI/APIで時間帯を確認可能(その他、Notification Serviceによる通知設定が可能) *2 : 適用可能パッチが複数リストされた場合は、記載される「スケジュール開始時間」の順番に沿って適用ください。 *3: RURについては将来予定
  54. 60 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous Container

    Database(ACD)メンテナンス 最新のアップデート、または一つ前のアップデートまたはリビジョンを選択 • テスト環境は最新のアップデートを適用、本番環境ではリビジョンを適用する等の使い分けが可能 • 現時点で最新のRUのみ選択可能(一つ前のRU、およびRURの適用については将来予定) • RUを選択することが推奨 • 参考)https://mikedietrichde.com/2018/11/08/why-release-update-revisions-rur-are-tricky/_ 新しいアップデートはOCIコンソールに公開され、OCI通知サービスで通知が送信される • 追加できる通知:1週間前、パッチ適用前、パッチ適用完了ステータス
  55. 個別パッチの管理 個別パッチもアップデートと同じ手順となる • サービスリクエストでOracle Supportから提供される個別パッチが対象 • OCI通知サービスとイベントサービス、またはサービスリクエスト上で個別パッチが利用可能になったことを知ることができる • 適用タイミングはデフォルトでは利用可能になってから72時間以内で自動適用される(コンソールで変更可) 61

    Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  56. セキュリティ Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 62

  57. 63 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    セキュリティ 高い権限をもつユーザアクセスは不可 - no Root or SYSDBA SQLでのアクセスのみを許可 • OSへのアクセスは許可されていない • CDBへのアクセスは不可、PDBへのアクセスのみ • 他のソフトウェアのインストールは不可 全てのレイヤーでセキュリティ設定が実装済み • Network, OS, DB, storage, etc. データベースはお客様のVirtual Cloud Network(VCN)内で実行される • 予期せぬネットワークアクセスから遮断 • Public IPは不要 • ACL ネットワーク暗号化が有効:TLS認証またはOracle Native SSL
  58. 64 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Autonomous Dedicated

    セキュリティ データベース暗号化が常に有効 • 顧客管理の暗号化キー管理はADB-DはOCI Vault、ADB-C@CはOracle Key Vaultを利用する オラクルの管理スタッフから顧客データを自動保護 • Database Vaultにより実装 Oracle Data Safeに対応 (2022/7時点ADB-Dのみ) 全スタックにオラクル社がセキュリティパッチを自動で適用 • 四半期毎、影響度の高い脆弱性に対しては不定期
  59. 接続、ネットワーク構成 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 65

  60. 66 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 接続サービスの選択 インスタンス作成時点で、接続サービスが複数定義されており、接続時に選択するだけでリソースコントロールが可能

    基本的な考え方はADB-Sharedと同様だが、違いは以下 • 各サービス毎に2種類存在:TCP接続時にセキュアTLSプロトコル(TCPS)を利用するか否か • 各サービスにおいてFANがデフォルトで有効化されている(変更可能) • TP,TPURGENTについてはTACがデフォルトで有効化されている(変更可能) • フラクショナルOCPUで作成した場合はADWがLOW、ATPがTP、LOWのみ(作成した時点で定義されるためOCPUをスケールアッ プしても変わらない) 接続サービス platform 概要 パラレル制御 同時実行 セッション数 リソース割り当て (SHARES*2) FAN TAC TPURGENT_tls TPURGENT ATP only 最も優先度の高い処理向け 手動設定 300 x OCPUs 12 有効 有効 TP_tls TP ATP only 汎用的な処理向け シリアル 300 x OCPUs 8 有効 有効 HIGH_tls HIGH ADW/ATP 大量データを扱う処理向け OCPUs 3 4 有効 無効 MEDIUM_tls MEDIUM ADW/ATP 大量データを扱いつつも、 同時実行数も多い処理向け 4 1.25 x OCPUs 2 有効 無効 LOW_tls LOW ADW/ATP 優先度が低い処理向け シリアル 300 x OCPUs 1 有効 無効 *1 : 同時に接続できるセッション数はOCPUに比例し、OCPU当たり300セッション *2 : サービス間でのCPU配分の相対的な優先度を示す *3 : 5分以上アイドル状態の続くセッションは自動的に切断される Documentation: Predefined Database Service Names for Autonomous Databases
  61. 67 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates Transparent Application

    Continuity による制御 • Oracle Client 19c以上 • DBMS_APP_CONT_ADMIN プロシージャによる有効化・無効化(TPURGENT/TPはTACがデフォルト有効) • Example • 有効化 • execute DBMS_APP_CONT_ADMIN.ENABLE_TAC('HIGH’); • execute DBMS_APP_CONT_ADMIN.ENABLE_AC('TPURGENT’); • 無効化 • execute DBMS_APP_CONT.DISABLE_FAILOVER(‘HIGH’); • Tnsnames.oraに記載のサービスを利用した接続(簡易接続は不可) alias = (DESCRIPTION = (CONNECT_TIMEOUT= 120)(RETRY_COUNT=20)(RETRY_DELAY=3)(TRANSPORT_CONNECT_TIMEOUT=3) (ADDRESS_LIST = (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST=scan-host)(PORT=1521))) (CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME = serv(LOAD_BALANCE=on) ice-name))) Documentation: Enable Transparent Application Continuity (TAC) or Application Continuity (AC)
  62. ADB-C@C ネットワーク接続 68 Customer Switches (L2) NTP DNS Oracle Cloud

    Ops Bastion Server Public Cloud Control Plane Automation Remote Support Websockets Customer’s Service Access Telemetry Data https OCI Region https / REST Local Control Plane Servers NO SSH ACCESS Object Storage Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  63. 69 ADB-C@C データセンターネットワークへのシンプルな接続 C@Cのデータベースサーバーは顧客のネットワークに直接接続し、アプリケーション・サーバーと 通信 • 10Gbps/25 Gbps fiber or

    10 Gbps copper お客様は、オンプレミスのExadataと同様に標準スイッチを使用 • オプションでスイッチをExadataラック内に配置可 顧客はクライアントのネットワーク構成をコントロール • 柔軟なVLAN構成、およびクライアント・ネットワークとバックアップ・ネットワークの分離を サポート Internal Fabric Storage Storage Customer Switches Application Servers Infrastructure IPアドレス・サマリ 100.104.0.0/16:管理ネットワーク用に予約 100.105.0.0/16:未使用 (将来の利用のために予約) 100.106.0.0/16:ECRA VCN およびVPNクライアント用に予約 100.107.0.0/18:バックエンド・ストレージ・ネットワーク用に予約 CIDR 100.104.0.0/14で集約されたアドレス Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  64. 70 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates ADB-C@C CPSからOCIへ-

    Egressルール ファイアウォールのTCP/443アウトバウンド・ルールを有効にする • Oracle Infrastructure Management Metricsをお客様のローカル・ネットワーク上のControl Place Services(CPS) から Oracle側に転送するため 最もシンプルな設定は、必要なCIDR範囲をオープンにすること お客様がホワイトリストを必要な場合 • ホワイトリストが必要なOracle Serviceを指定 • 全リージョンをまたがってパブリックIPアドレスに対する標準のOSN CIDRを使用 • https://docs.cloud.oracle.com/iaas/tools/public_ip_ranges.json
  65. • サービス概要 • 技術詳細 • 管理モデル • プロビジョニング関連 • 可用性

    • 性能・拡張性 • 運用保守関連 • データ連携・移行 • セキュリティ・監査 • ネットワーク構成 • サービス比較 • Appendix Agenda Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 71
  66. ADB-S/ADB-D/ADB-C@C との比較(主要なものを記載) 72 Autonomous Database Shared Dedicated (Public Cloud) Dedicated

    (ExaC@C) 概要 完全マネージド型のOracle Databaseサービス(PaaS) 提供モデル Exadata上の共有サービス Exadata上の専有サービス Exadata上の専有サービス データベース・インスタンスの最小 1 OCPU, 1 TB 0.1 OCPU, 32 GB 0.1 OCPU, 32 GB データベース・インスタンスの最大 128 OCPU, 128 TB 選択したExadataのシェイプに依存 選択したExadataのシェイプに依存 メンテナンス・スケジュール 固定、利用者による調整不可 調整可能 調整可能 Database SWのバージョン 選択不可 選択可能 選択可能 パッチ適用前の検証環境の用意 検証用インスタンスに対して1週間前に適用可能(*1) 可能、Quarterを1回のみスキップ可能 可能、Quarterを1回のみスキップ可能 バックアップの期間調整 不可(60日) 可能 可能 バックアップ先の設定 オブジェクトストレージのみ オブジェクトストレージのみ オブジェクトストレージ Exadata筐体内/ NFS/ZDLRA ネットワーク設定 Cloud Side, VCN Cloud Side, VCN Customer Side, VCN ライセンスタイプの変更 可能 不可 可能(AVMC単位) 表領域/Profileの操作 不可 可能 可能 ライセンスBYOL ADBインスタンス単位 AVMC単位 AVMC単位 SLA Availability SLA 99.95% Availability SLA 99.995%(with AuDG) Availability SLA 99.95% Availability SLA 99.995%(with AuDG) Availability SLO 99.95% *1 : 東京・大阪リージョンは今後予定 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates
  67. 74 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 価格比較 Shared/

    Dedicated/ Exadata Cloud Service(2022/7時点) Annual Flex / PAYG Metric ADB Shared Infrastructure ADB Dedicated Infrastructure Exadata Cloud Service Database OCPU $1.34411 $1.34411 $1.34412 OCPU per hour Database OCPU (BYOL) $0.32261 $0.32261 $0.32262 OCPU per hour ADB-S Exadata Storage $118.40 - - TB storage capacity per month Object Storage for backups (ADB-S:manual backup) $0.0255 $0.0255 $0.0255 GB storage capacity per month Exadata Infrastructure X8M Quarter Rack – 119TB Exadata Storage - $14.5162 $14.5162 Hosted env. per hour Data Guard – DR Setup (Primary + Standby) Local standby 2 x Primary OCPU + 2 x Primary Storage Remote standby 2 x Primary OCPU + 3 x Primary Storage 2 x Primary OCPU + 2 x Infrastructure 2 x VM Cluster OCPU + 2 x Infrastructure 1 Only active database OCPUs are billed with no OCPU minimum 2 OCPUs are billed at the VM Cluster level
  68. • サービス概要 • 技術詳細 • 管理モデル • プロビジョニング関連 • 可用性

    • 性能・拡張性 • 運用保守関連 • データ連携・移行 • セキュリティ・監査 • ネットワーク構成 • サービス比較 • Appendix Agenda Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 75
  69. 76 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 良くある質問 BYOLは利用可能ですか?

    • はい。同様です。ただしOCPU数や持ち込むエディションによって必要となるライセンスが異なる点や上限が設定さ れておりますので、最新情報は適宜、オラクルの担当営業までご確認ください SE BYOLはインスタンス単位で最大8 OCPUで良いでしょうか?それともAVMC単位で最大8 OCPUでしょうか? • インスタンス単位で最大8 OCPUまで利用可能です。つまり8 OCPUまでのインスタンスであれば同一AVMC上に 複数のインスタンスを構成いただけます。 ライセンスタイプは何に紐づきますか? • AVMCに紐づきます。AVMCごとに単一のライセンスタイプ(ライセンス込みorBYOL)である必要があります。なお、 AVMC作成後のライセンス・タイプの変更はADB-C@Cはコンソール上で可能ですが、ADB-Dはできません (2022/7時点)。
  70. 77 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 良くある質問 ATP/ADWを一緒に利用できますか?

    • はい、ATPとADWを一つのADB-Dedicated で利用可能です。(ADB-D /ADB-C@Cともに) Auto Scaling には対応していますか? • 対応済みです。 ACDごとにSubnetを分けることは可能でしょうか? • ネットワークはAVMCに紐づけられます。そのため、ADB-C@CはACDを異なるAVMCに配置することで可能です。 ADB-Dは現在複数VM Clusterに対応していないため、利用するネットワークは1つとなります(分割したい場合 はEIを別にする必要があります) クローンを利用したインスタンスの複製は可能ですか? • はい、可能です。ただし現時点でバックアップをソースにしたクローン作成はADB-C@Cのみのサポートです (2022/7時点)。 Walletファイルの有効期限は? • 作成したタイミングから10年に設定されています。
  71. 78 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 良くある質問 AJD、APEX

    Service、Always Freeには対応していますか? • いいえ、対応しておりません。Shared環境にてご利用ください。 OML Notebook、SODA Driver、は利用可能ですか? • いいえ、現時点で対応していません。 DRCPに対応していますか? • いいえ、現時点で対応していません。 C@CからOCIへの接続が切断された場合、ADB-C@Cにはどのような影響がありますか? • 稼働中のデータベースへの影響はありません。使用状況はローカル上に保存され、最大で1週間後に同期されます。 また切断された場合はCLI機能が制限されます
  72. 79 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 良くある質問 同一のC@C上で、Autonomousと非Autonomous(ExaDB)を一緒に利用することは可能ですか?

    • はい、可能です。 ADB-DのHW EOLはどうするの? • 新しいEIを作成し移行する必要があります。将来予定として自動で移行方法が検討されています(Doc ID 2649066.1)
  73. None