Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ここがヘンだよ建設業~建設業の常識は、世界の非常識

97f9478bbde043f97b842517da5acb3c?s=47 rapidliner
September 17, 2021

 ここがヘンだよ建設業~建設業の常識は、世界の非常識

2021-09-17 ssmonline 15

日本の建設業が他業種と異質であろう点について解説していくスライド。
テーマは以下の3つ。
・ビジネスモデル
・労働関係
・会計・財務

97f9478bbde043f97b842517da5acb3c?s=128

rapidliner

September 17, 2021
Tweet

Transcript

  1. ここがヘンだよ建設業 建設業の常識は、世界の非常識 Photo by C Dustin on Unsplash Photo by

    C Dustin on Unsplash
  2. 自己紹介 HN:向本郷 Twitter:@S_Timer_Tech 一応某通信建設会社の中の人 NTT東西発注工事関係の部署に所属している

  3. 事前注意 法的内容について責任を負うものではない 建設業法・労働安全衛生法等への言及が含まれる ご自身が遭遇した法的トラブルは、法律の専門家に相談 を!

  4. 概要 ビジネスモデル 労働関係 会計・財務

  5. ビジネスモデル編

  6. 典型的な受注・請負業態 発注が先、仕事が後 受注時点で売上が確定 施工段階→経費削減のみ 売上ー費用=利益 「納期」「検収」 発注者がマネジメントの一部を行う

  7. 許可業種であり、内部が著しく細分化され ている 事業活動は、行政による許可が前提 事業遂行に対し、監督官庁の方針が強く影響 建設業許可は、業種別に29種類存在する 分業制・重層下請構造

  8. 中小企業への強い依存 建設業の大企業は、一般に施工管理機能に特化 実際に現場で付加価値創出を行う人は誰? 中小企業の従業員 事業主属性の働く人 事業規模の零細性、労働集約的な働き方 「自分が生きるので精一杯」というプレイヤー多数

  9. 資金繰りは常に逼迫 時系列的に、収入より支出がはるかに先行 仕事の完成に至る各段階で費用発生 完成するまで対価報酬は得られない 元請には金融能力が求められる 巨大でなければ事業が成立しない

  10. オペレーティブな仕事が支配的 受注・請負業態 「仕事の完成」を認めてもらうには? 法律に基づく許可業種 許可の取得や更新の手続き 政府に対する、毎年の事業活動の結果報告 安全についてのルールが多い 多くの危険有害業務

  11. BtoGという取引形態の伝統 「事業者」対「政府・地方自治体」 他の取引形態にはない特有の制度・慣習 入札 (建設業限定)経営事項審査

  12. 労働関係編

  13. 重層下請構造を前提とした制度 労働安全衛生法上の「特定元方事業者」制度 下請の労働者の安全に、元請が一部責任を持つ 労災保険の「請負事業の一括」制度 下請所属の現場労働者も、元請の労災保険に加入

  14. 下請の労働者に対する元請の直接指示 労働安全衛生法上の「元方事業者」が対象 普通は「偽装請負」 安全を確保するために必要な指導・指示は合法 労働安全衛生法第29条に基づく

  15. 労働者と変わらない働き方をする事業主 中小事業主、個人事業主、役員等 建設技能職のうち、約3分の1を占める 各種労働法規の対象外 労働安全衛生法も対象外 事業主属性の人→現場の安全衛生マネジメントにおける 立場は?

  16. 週休2日の未実現 4週8休が実現できている現場は30%(2019年上半期) なぜ休みが少ないか 現場の技能労働者は、休めば休むだけ賃金が減る 現場が動いているなら、施工管理の人員も要配置

  17. 会計・財務編

  18. 財務諸表で用いる勘定科目と法令 一般企業…勘定科目を決める法令なし 建設業…勘定科目を決める法令あり 建設業法施行規則別記様式第15号及び第16号の国土交 通大臣の定める勘定科目の分類

  19. 原価費目「外注費」 「材料費」「労務費」「経費」と同レベル 元請事業者の場合、原価に占める外注費の比率は過半 売上1兆円超クラスのスーパーゼネコンだと66%前後 その中身はブラックボックス 外注先における「材料費」「労務費」「外注費」「経 費」が含まれるため 「真の材料費」「真の労務費」「真の経費」は不明

  20. 結論

  21. 現職業種の常識は、世界の非常識 どの業種にも、多かれ少なかれ固有の特殊性あり 自分が身を置いている環境を客観的に見直してみるの は重要 自分の現状を知ろう、外に自分の現状を説明しよう それでも建設業の特殊性は強烈な部類

  22. 参考文献 建設業の働き方として目指していくべき方向性 - 国土交 通省 建設作業員の休日取得進まず 日建連まとめ - 日本経済新 聞

  23. この発表の内容が、あなたの越境に役立ちますように。 Photo by Patrick Robinson on Unsplash Photo by Patrick

    Robinson on Unsplash