Workshop in VR #1 発表資料

1c187c3f67507a90ced63f2c006ec4ad?s=47 regonn
September 15, 2018

Workshop in VR #1 発表資料

Workshop in VR を始めるにあたっての説明と今後のコミュニティの方向性

1c187c3f67507a90ced63f2c006ec4ad?s=128

regonn

September 15, 2018
Tweet

Transcript

  1. ハッシュタグ: #workshop_in_vr

  2. 連絡事項 ・ハッシュタグは #workshop_in_vr ・YouTubeLiveで配信してます ・LT会を予定していましたが、発表人数すくないので 予定変更して雑談メインになりそう

  3. 始まりました! Workshop in VR Workshop in VR 略して WiVR(ウィブル)

  4. Slackチャンネルあります Workshop in VR Slack 招待リンク(資料は公開するので、登録してね。) https://join.slack.com/t/workshop-in-vr/shared_invite/enQtNDIzMTY0OTE4OTEyLTdjZDVjN2MyN2ZjNjIw MTU4NmE5M2Y0MzRjYTg0NmQxMTkyZGVjMDk3OTcxZGJlZTZhMDBkNzY5NGE5ZDQ4NDE ※Connpassの詳細ページにもリンクあります。

  5. 現状のリアル勉強会の問題点 • 会場のことも考慮の必要があり運営が面倒 • 地方だと勉強会が少ない • ニッチな話題過ぎて人が集まるかわからない • アウトプット大事なのはわかるけど上手く発表できるか不安

  6. VR上の勉強会及びSlackコミュニティがあれば 現状の勉強会の問題を解決できる • 会場代がかかって運営が面倒 ◦ 無料でいつでも勉強会を開催できる • 地方だと勉強会が少ない ◦ 場所による制限がなくなり世界から参加できる

    • ニッチな話題過ぎて人が集まるかわからない ◦ Slackコミュニティで呼びかけて人が集まりそうならすぐ開催も可能 • アウトプット大事なのはわかるけど上手く発表できるか不安 ◦ 同じ環境を自分で作って先に発表の練習がいくらでもできる => お金、時間、空間、人の制限が無くなる
  7. そんなコミュニティ目指して定期的に活動していきます。