Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

自身の役割/フェーズによって、 効果的な学習法は変わるという話

F740e6f6c5371763464126d2589ab7c2?s=47 ryu
April 14, 2021

自身の役割/フェーズによって、 効果的な学習法は変わるという話

エンジニアの勉強法ハックLT- vol.4 #studyhacklt
https://rakus.connpass.com/event/207082/
に登壇した際の資料です。

F740e6f6c5371763464126d2589ab7c2?s=128

ryu

April 14, 2021
Tweet

Transcript

  1. 自身の役割/フェーズによって、 効果的な学習法は変わるという話 エンジニアの勉強法ハックLT- vol.4 #studyhacklt https://rakus.connpass.com/event/207082/ 2021/4/14

  2. 自己紹介 • 福田 龍(ふくだ りゅう) ◦ 主にバックエンドエンジニア(PHP, Ruby, Go) ◦

    Qiita:@rf_p Twitter:@ryu_f_web • 職歴 ◦ エンジニア(3年)→エンジニアリングマネージャー(4年) →テックリード(3ヶ月) • 趣味 ◦ ペットのフェレットを愛でる ◦ 読書 NEW! ▪ ビジネス書中心に、月20冊ぐらい
  3. こんな悩みありませんか?

  4. 「社会人なら読書をしなさい」と 先輩に言われたが、コードを書いていたい

  5. 逆に、とにかくコードを書いていれば 成長できるか不安。やはり読書も必要?

  6. マネジメントに携わり始めたが、 成長や貢献に不安を感じている

  7. 本日のお話 • 社会人として、エンジニアとして、どう成長していくか ◦ 話すこと ▪ インプットとアウトプットを、どうバランス取っていくか ▪ 役割/フェーズに応じて、学習方法をどう変えていくか •

    メンバー • マネージャー ◦ ロワーマネジメント ◦ ミドルマネジメント • スペシャリスト
  8. 絶対的な答えは存在しないですが、 考え方の一つとして、参考に していただけると幸いです

  9. まずは、社会人に共通する点 社会人 エンジニア メンバー マネージャー スペシャリスト

  10. 社会人としての成長 • 721の法則 • インプットとアウトプットの黄金比

  11. 社会人としての成長 • 721の法則 • インプットとアウトプットの黄金比

  12. 721の法則 ビジネスにおいての学びは • 経験が70% • 周囲からのフィードバックが20% • 研修や読書が10% “経営コンサルタントであるマイケル・ロンバルドとロバート・アイチンガーの研究による と、ビジネスにおいて人は70%を仕事上の経験から学び、20%を先輩・上司からの助言

    やフィードバック、10%を研修などのトレーニングから学ぶと言われています。 引用:https://www.learningagency.co.jp/column_report/column/hrd_column_23_170410.html
  13. 社会人としての成長 • 721の法則 • インプットとアウトプットの黄金比

  14. インプットとアウトプットの黄金比 • 記憶定着に効果的な黄金比 • インプット3:アウトプット7 “では、アウトプットをどのくらいするのが最適なのでしょうか。これについては脳科学の 研究ではっきりと示されています。「インプットが3に対してアウトプットが7」。これが記憶 をもっとも効率化する比率。つまり、学びのスタイルを、インプット中心のものからアウト プット中心のものにしなければならないということです。 引用:https://studyhacker.net/interview/shion-kabasawa-brain-01

  15. ここで重要なのは数字自体ではなく、 ・アウトプットに重きを置くこと ・インプットもセットで必要であること LT登壇もオススメ(回し者ではないです)

  16. エンジニアに絞って、役割ごとの有効な成長作戦を考える 社会人 エンジニア メンバー マネージャー スペシャリスト

  17. メンバー、マネージャー、スペシャリストに分けて考える • メンバー ◦ 新人はまずここからスタート • マネージャー ◦ ヒト・モノ・カネ・情報のマネジメント •

    スペシャリスト ◦ 特定分野の知識や技術で貢献。テックリード的な役割 管理職と専門職とか、表記ブレや微妙なニュアンスの差異は今回拘らない
  18. メンバーとしての成長 社会人 エンジニア メンバー マネージャー スペシャリスト

  19. メンバー • 【作戦】獲得経験値の総量を上げる ◦ 質×量(どちらかに偏りすぎない) • 基本的には行動量を増やす(無茶しすぎない範囲で) ◦ コードを書いたり、設計する経験を積む •

    未経験のことは積極的にやってみる ◦ 得られる経験値が多く、経験値効率が良い
  20. メンバー • 読書はそこまで重視しなくても良い ◦ 経験が少ないうちは、読書は経験値効率低め ◦ 落とし穴に落ちたことが無いと、痛みは分からない ▪ 落ちないための回避法を学ぶより、致命傷にならない程度に落ちる経験 ◦

    このフェーズでは、車輪の再発明は必ずしも悪ではない ▪ 車輪のありがたみが分かる、仕組みが分かる ▪ 先輩から指摘されて、何が良くて何が駄目か経験を得る • 721の法則の「7(経験)」が増えれば「2(アドバイス)」も増える ◦ リーダブルコードのような、基礎的な本は読んでおくと良さそう
  21. マネージャーとしての成長

  22. マネージャーとしての成長 社会人 エンジニア メンバー マネージャー スペシャリスト

  23. マネージャーを更に3分割して考える • カッツ理論 ◦ レイヤーにより、必要とされるスキルセットは変わる

  24. ロワーマネジメント(監督者層) • リーダー、主任、係長等 ◦ プレイングマネージャーのように、 プレイヤー部分も兼務することが多い • 【作戦】徐々にマネジメント割合を増やしていく ◦ 「自分がやった方が早い」と、手を動かしてばかりだと成長が停滞

    ▪ 未経験のマネジメントではなく、経験済み領域は経験値効率が悪い ▪ プレイング色強すぎると、メンバーの成長機会も奪ってしまいがち • 読書は嗜む程度 ◦ 「マネジメント」領域は未経験のことばかりなので、経験を積むこと優先 ◦ マネジメント基礎やコミュニケーションに関する本は読むと吉
  25. ミドルマネジメント(管理者層) • 部長、課長、マネージャー等 • 経験・勘だけだとキツくなってくる ◦ 経営に関する知識を持ってないと会話ができなくなってくる ◦ 技術もマネジメントも未経験分野が尽きてきて、経験値効率が落ちる •

    【作戦】読書量を増やし、実践する ◦ この頃になると、読書の経験値効率が上がってくる ◦ コンセプチュアル(概念化)スキルが高まってきているし、必要とされる ▪ 今までの経験と、読書による知識や概念が繋がる ▪ ジョブズ的に言うと「点と点が繋がって線」になる ◦ 結論:読書オススメ、というか必須に近い
  26. トップマネジメント(経営者層) • CEO、役員等 • 未経験なので割愛します

  27. スペシャリストとしての成長 社会人 エンジニア メンバー マネージャー スペシャリスト

  28. スペシャリスト • テックリード、リードエンジニア等 • (私自身、まだ経験3ヶ月ですが) • スペシャリストにおいても、カッツ理論は活きるのでは ◦ まずはテクニカルを伸ばす・活かす ◦

    メンバー時代と異なるのは、コンセプチュアル(概念化)を取り入れる ▪ アーキテクチャやベストプラクティスを学び、取り入れ、広める • レベルアップしていくほど、テクニカル以外も必要 ◦ 採用や教育では、ヒューマンスキル ◦ エンジニア以外に説明する機会では、コンセプチュアルスキル、等 ◦ これらを伸ばすため、やはり読書や勉強は重要
  29. まとめ

  30. まとめ • 基本的に経験に重きを置く ◦ 721の法則、インプット3:アウトプット7 • 役割・レイヤーによって作戦を変える ◦ メンバー ▪

    行動量を重視して、経験値の総量を上げる ◦ マネージャー ▪ ロワーマネジメント:徐々にマネジメント割合を増やしていく ▪ ミドルマネジメント:読書量を増やし、実践する ◦ スペシャリスト ▪ カッツ理論を意識し、必要なスキルを(読書も取り入れ)伸ばす # 銀の弾丸など無いので、あくまでも参考材料の一つになれば幸いです