⾏動変容設計家に対する 3つの問いかけ

⾏動変容設計家に対する 3つの問いかけ

2020/7/10 出版記念サロン『行動を変えるデザイン』での、松村の講演資料になります

Eea9a05e6e222a3d50c73f54a49fadf4?s=128

Recruit Technologies

July 10, 2020
Tweet

Transcript

  1. ⾏動変容設計家に対する 3つの問いかけ 2020年7⽉10⽇ (株)リクルート プロダクト統括本部 プロダクトデザイン・マーケティング統括 室 プロダクトデザイン室HR領域プロダクトデザインユニット APプロダクトデザイン部 APプロダクトデザイングループ

    松村 草也
  2. 松村 草也 まつむら そうや 2010年 新卒⼊社 新規開拓営業 / 企画ディレクター /

    UX改善 / グロース / CRM / デー タ活⽤ / オーディエンスターゲティング広告 / 商品開発 / 業務設計 / マネジメントなど 現在はアルバイト・パート領域のプロダクト改善を担当。 ⾃⼰紹介 2 株式会社 リクルート プロダクトデザイン・マーケティング統括室
  3. リクルートでやっていること 3 カスタマー クライアント カスタマーとクライアントの 出会いの総量を最⼤化する ↓ 選ばれ使われるサービス・プロダクトづくりが 社会に約束する価値でありビジネスの源泉 プロダクトデザイン組織のメインミッション

  4. 背景 4 ▪社会レイヤーでの今後の変化: アフターデジタル時代において、グローバルにプロダクトを通して⼈の⾏動変容を促していく、という流れは⼀層強まっていく。 ⾏政・企業、全体として、実現を⼀層加速・推進していかなければならない。 ▪個⼈レイヤーでの今後の変化: コロナの影響を受け、暮らし・働き⽅においてこれまでとは⾮連続的に変化している。 デバイスを介したコミュニケーション・購買活動がより当たり前になっていく。 よりよいサービスを設計できるかどうかが、⼈々に与える影響はますます重要。 (例えば、多分Zoomのパフォーマンスが1bps変わるだけで数億円影響しているだろう)

  5. 背景 5 ▪社会レイヤーでの今後の変化: アフターデジタル時代において、グローバルにプロダクトを通して⼈の⾏動変容を促していく、という流れは⼀層強まっていく。 ⾏政・企業、全体として、実現を⼀層加速・推進していかなければならない。 ▪個⼈レイヤーでの今後の変化: コロナの影響を受け、暮らし・働き⽅においてこれまでとは⾮連続的に変化している。 デバイスを介したコミュニケーション・購買活動がより当たり前になっていく。 よりよいサービスを設計できるかどうかが、⼈々に与える影響はますます重要。 (例えば、多分Zoomのパフォーマンスが1bps変わるだけで数億円影響しているだろう)

    プロダクトを通した⾏動変容の設計を担う⼈材の育成が超重要。
  6. 本プロジェクトの意義 6 「⾏動を変えるデザイン」を担っていく⼈たちに武器を配りたい。

  7. ⾏動を変えるデザインについて 7

  8. 改めて「⾏動を変えるデザイン」とは 8 第Ⅰ部:⼼の動きと⾏動変容を理解する 第Ⅱ部:適切な成果、⾏動、アクターを⾒つけ出す 第Ⅲ部:コンセプトデザインをつくる 第Ⅳ部:インターフェイスをデザインし実装する 第Ⅴ部:プロダクトを改善する 全体像と考え⽅ 実践⽅法と実例

  9. 対象となる⾏動は⼤きく2つにわけられる。 ①のような⼤きなテーマだけではなく、②のようなありふれたミクロな⾏動も⼿助けすることが可能。 9 ①⽣活の中でユーザーが変えたいと思っている⾏動 ⾏動を変えること⾃体が ユーザーにとってコアな 価値になる ⾏動を変えることが すでにあるプロダクトの 価値をより引き出す

    ②プロダクトを使う⼀環の中でプロダクトの中で実⾏する⾏動 l 糖尿病を管理する l ダイエットをやり通す l 新しい⼈と出会う l 良い仕事に転職する l メールの連絡先を整理する l ちゃんとした図をパワポで描く l 語学練習サイトにログインする l 感染症アプリをインストールする ど ち ら も 幅 広 く 対 応 し て い る
  10. キュー 反応 評価 能⼒ タイミング 実⾏に⾄るまでに通過する順番 WENDELのCREATEモデル 10 実 ⾏

    さ れ る 条 件 Source: 「⾏動を変えるデザイン」より訳者作成
  11. キュー 反応 評価 能⼒ タイミング 習慣 能⼒ 意識 実⾏に⾄るまでに通過する順番 WENDELのCREATEモデル

    11 実 ⾏ さ れ る 条 件 Source: 「⾏動を変えるデザイン」より訳者作成
  12. Source: 「⾏動を変えるデザイン」より訳者作成 キュー 反応 評価 能⼒ タイミング 習慣 能⼒ 意識

    実⾏に⾄るまでに通過する順番 ⾏動変容のための3つの戦略 12 実 ⾏ さ れ る 条 件 同意のもと、プロダクトがユーザーの代わりに⾏動や選択を代替し⾃動化出来る状況 上の2つで解決できない ユーザーの意識変化が必要な状況 望ましい⾏動を トリガーで発動し繰り返せる状況 習慣化 3 つ の ⾏ 動 変 容 戦 略 と 適 ⽤ す べ き 状 況 ⾃動化 チート 意識化
  13. 3つの問いかけ 13

  14. 14 本書の中で多くのことが語られている中で 実務の中で普段議論できていない点についてピックアップし ご紹介したい

  15. 3つの問いかけ 15 ①あなたのチームではユーザーの思考度合いについて議論し ているか?

  16. あなたの組織ではユーザーの思考度合いについて会話しているか? 16 Source: 本書より

  17. あなたの組織ではユーザーの思考度合いについて会話しているか? 17 Source: 本書より

  18. 3つの問いかけ 18 ②あなたのチームではユーザーの持つ習慣について議論して いるか?

  19. あなたのチームではユーザーの持つ習慣について議論しているか? 19 本書で取り扱う概念 l 習慣の構造について l 新しく習慣をつける l 今ある習慣を追い出す l

    習慣を他のものに変える Source: 本書より
  20. 3つの問いかけ 20 ③あなたのチームではユーザー⾃⾝のストーリーについて議 論しているか?

  21. あなたのチームではユーザー⾃⾝のストーリーについて議論しているか? 21 Source: 本書より

  22. あなたのチームではユーザー⾃⾝のストーリーについて議論しているか? 22 Source: 本書より

  23. まとめ 23 組織・チームとして ⾏動変容を実現するプロダクトデザインに取り組むときに 共通⾔語・議論の⼟台として 活⽤していただきたい

  24. ありがとうございました 24