社内勉強会と組織の成長を考える

E1dbe585427fa87cbfb0f4dbcebc3b2f?s=47 mizuki_r
July 27, 2018

 社内勉強会と組織の成長を考える

吉祥寺.pm #15の資料です

E1dbe585427fa87cbfb0f4dbcebc3b2f?s=128

mizuki_r

July 27, 2018
Tweet

Transcript

  1. 社内勉強会と 組織の成長を考える 2018/07/27
 Kichijoji.pm #15 @mizuki_r

  2. @mizuki_r • フロントエンドエンジニア 2 最近はNuxt.js書いたり、Docker触っ たり、1on1したりしてます。 (株)モバイルファクトリー ブロックチェイン関連事業に従事 about me

    こんな人です
  3. 吉祥寺.pm #10で 「LTはいいぞ」って話をした者です https://speakerdeck.com/rymizuki/kofalseshao-simizikaishi-jian-niltwo

  4. 宣伝 https://uniqys.net/

  5. 背景

  6. 専門職勉強会制度 • 業務時間中に勉強に使える時間がある • レビュー • トーク • ディスカッション •

    ハンズオン • etc
  7. 勉強会について考える機会が多い その考えの一端をアウトプット

  8. 今日のお題

  9. ひとりで戦うとしんどいから みんなでやんない?

  10. やってきた勉強会

  11. やってきた勉強会 • 技術、アーキテクチャ提案 • 仕事で培ったノウハウ系 • NodeJSのハンズオン • AngularJSのハンズオン •

    チームテックトーク
  12. 多いときは毎週やってた

  13. but… • 長くは続かない • 自身の負荷が高い • 3-4回くらい継続して挫折する

  14. しんどみ

  15. しんどみ1. トーク

  16. トーク • 発表者と聴衆 • 指定時間内で発表 • 聴衆から質問 • 一般的なスタイルの勉強会

  17. 気持ち • 瞬発力次第でいくらでも • 2時間ぐらいで資料つくって15分くらい話せる • 議論が広がれば1時間くらい行ける • ☓喋りたいことだけしゃべる •

    ◯ 聴衆のニーズに答える
  18. 参加者の反応の違い • Aさん「なるほどすごい」 • Bさん「知ってる話だった」 • Cさん「すべて無知」 • Dさん「それ〇〇じゃ?(鋭いツッコミ」

  19. ニーズの把握と コントロールが難しい

  20. 対策 • 事前アンケート • どういう知見を求められているか? • こういう者だが、どんな話聞きたい? • 事後アンケート •

    知りたいこと知れた? • 仕事に役立つ? • 個人の差のキャッチアップ
  21. 対策 • 繰り返すことで、トークの精度や要点がつ かめる様になる • ポジティブな感触からモチベが持続する

  22. しんどみ2. ハンズオン

  23. ハンズオン • 講師と受講者 • 講師が指導しながら、受講者が実際に手を 動かして体験する

  24. ハンズオンの特性 • 短期間で「動く」という体験を得る • 次につなげやすい • 参加者のモチベーションが高い • 「聞く」だけよりもその技術の価値が活か す土壌になる

  25. 課題(講師) • 準備、準備、準備 • 難易度設計 • フレームワーク • ユーザビリティテスト •

    エッジケースの確認
  26. 課題(受講者) • ニーズが無いと、「やらされている」感 • 知ってる人は「はい動いたおしまい」 • ハンズオンのその先をイメージさせる必要 がある

  27. ハンズオンは双方向 お互いに 「やりたい」「やるぞ」「助けてくれ」 の打ち合いができると強い。

  28. 具体的に起きた問題 • OSが違うと動かない • 依存がなくてモジュールが入らない • エディタの使い方がわからない

  29. 対策 • まっさらな環境でテストする • 非同期に進められるようにする • 作業中の雑談ネタは用意しとく • サポートできるスタッフを用意しとく

  30. 個人戦のしんどみ

  31. しんどい • 準備の手間 • ある程度効率化できるとはいえ • 業務中の突発事態に影響を受ける • フィードバックを受け止める心 •

    鋭いツッコミ • 反応が無い • 「わかんね」「それ勉強会で話したよな?」
  32. しんどいものはしんどい

  33. なんで勉強会って必要なんだっけ?

  34. 勉強会の意義

  35. 自身の領域外に存在するナレッジの獲得 • 問題解決手段の選択肢の増加 • 社内コミュニティ→社外コミュニティ • 選択肢の獲得 • 選択肢の検討、判断

  36. 知らないことで、機会を失う 知らないことで、課題を抱える →知ることで本質に注力できる

  37. 発信するメリット • 検討・検証 → 言語化 • 個人・個性の発露 → 体外な存在感の演出 •

    フィードバックの獲得 自身に対する直接的な成長機会
  38. 社外に発信するメリット • 組織に依存しない主体の構築 • 情報の鮮度の維持 • 組織としての個性の獲得 個人 組織 コミュニティ

  39. 社内と社外 • 知ってほしい • もっといい方法はない? • みんな困ってない? 社内 • こういう方法がある

    • これは失敗するらしい • ならこうしてみよう 社外 情報の交換サイクルに乗っかる
  40. 勉強会活動は 個人の成長を通じて 組織の成長を助ける

  41. 目指すべきは 「発表がうまいひと」ではなく、 「発表が上手くなれる環境」ではないか

  42. チーム内テックトークの開催

  43. 概要 • 「業務として」「全員参加で」「毎週」 • (10+5)分、4人 • 5分は短い • 20分は長い •

    都度チューニングしながら回す
  44. 狙い • メンバーの関心・得意領域を露出させる • 話すことで知見の強化 • 説明する能力の強化 • 社外のトレンド・ツールを業務と紐付ける 能力の獲得

  45. 進捗 • 訳あって今は別のチームへ • 開催はチーム主導 • 私が主催してたときより固く運用されてる印象 • 現在も活動中 •

    今後の展開に期待
  46. まとめ

  47. まとめ • いろいろな勉強会にチャレンジ • 勉強会を通じて組織成長を促せないか • 組織やチームのフェーズに応じて必要な形は変 わる • 組織に依存しない自律的な形を作ることを目指

    した
  48. 余談

  49. 勉強会のテーマって めちゃくちゃ大事ですね

  50. ご清聴 ありがとうございました