Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

B2B SaaSエンジニア Meetup

D32bf7c8e6cf0f759cc0949d88b9ea03?s=47 ryoff
October 29, 2019

B2B SaaSエンジニア Meetup

D32bf7c8e6cf0f759cc0949d88b9ea03?s=128

ryoff

October 29, 2019
Tweet

Transcript

  1. B2B SaaSエンジニア Meetup - Sharing Issues #1 マネジメント ryoff 2019.10.29 

  2. 目次 1 2:社内の良いなと思った取り組み 1:開発者としてやって良かった取り組み マネーフォワードのご紹介 自己紹介

  3. 自己紹介

  4. • マネーフォワード入社前 ずっと広告エンジニア • マネーフォワード入社後 ずっとBtoBサービス開発 クラウド請求書エンジニア -> クラウド給与・マイナンバー立ち上げ ->

    クラウドシリーズ基盤 -> クラウド開発本部長 & VPoE 自己紹介 3 ryoff (渋谷 亮) マネーフォワード VPoE
  5. マネーフォワードの ご紹介

  6. 拡大する事業領域 4つの事業ドメインで事業を展開しています。 5

  7. サービスラインナップ 6 *2018年11月27日、当社サービスの名称を 『MFクラウドシリーズ』から『マネーフォワード クラウドシリーズ』に変更しました。

  8. 1:開発者として良かっ た取り組み

  9. • Business向け • 会社の業務フローに取り込まれる • サービスの安定稼働 & 継続運営 短距離走ではなく、マラソンっぽい開発 BtoBサービス開発の特徴

    8
  10. • 一瞬120%頑張る < ずっと80%頑張る • 個人で最速で立ち上げる < チームに知見を残す • 課題のキーワード

    ◦ 暗黙知 ◦ 立ち上がり ◦ チームビルディング ◦ 可読性 ◦ メンテナンス性 ◦ etc... BtoBサービス開発の特徴 9
  11. 1−1:和英辞書を作る 10 【略さない】
 
 部門ID
 dept_id / department_id
 
 


    【具体化】
 sub_info / mail_setting
 
 【用語統一】
 
 性別 
 sex / gender
 
 手当
 payment / allowance
 
 苗字
 family name / last name

  12. 1−1:和英辞書を作る 11 • 変数名 Class名 の表記揺れ解消 ◦ 誰が読んでも、意味のわかるコードへ • レビューコスト減

    & コードの可読性向上 ◦ コードを書く時間 << コードを読む時間 • 属人性排除 ◦ 開発速度 & メンテナンス性の向上
  13. 1−2:もくもく会 12 • 「喫茶店で各自がもくもくと勉強したり、もくもくと本を読んだりする だけの会」 • 会議室を半日確保 ◦ 自分の作業もするが、気になったことは、その場で議論 ◦

    その場でモブプロ
  14. 1−2:もくもく会 13 • 気になるままにしない ◦ 暗黙知を減らす

  15. 1−3:やる意思決定 << やらない意思決定 14 • 「長時間仕事をしたところで、仕事が終わるなんてありえない」
 
 • 「なぜなら、問題を解決するたびに、次の問題が見つかるのだか ら」


    
 • 「常に苦渋の決断をしながら、優先順位をつける」
 
 • 「システム開発のような知的労働は、いくら時間をかけたところで 終わらないのだ」
 参照元:「いくら長時間働いても仕事は終わらない」と語る上司 https://www.hassy-blog.com/entry/long_time_work_cannot_finish_tasks/
 

  16. • リリースまで残り1ヶ月 • タスク量はちょうど1ヶ月 ◦ つまり、オンスケ (?) 1−3:やる意思決定 << やらない意思決定

    15 • 「10の仕事を終えれば、新たに3の仕事が生まれる」 ◦ エンバグ / デグレ / 仕様変更 / 仕様漏れ
  17. 1−4:その他 16 • 新サービスを立ち上げる際、エンジニアとしてやって良かった 9個の事
 ◦ https://moneyforward.com/engineers_blog/2015/03/31/launch-tips-9/ • 2ヶ月でBtoBサービスをリリースしてみよう
 ◦

    https://speakerdeck.com/ryoff/2keyue-teb2bsahisuworirisusitemiyou
  18. 2:社内の良いなと思っ た取り組み

  19. 2−1:特殊用語の暗黙知を減らす試み 18 • 社内用語集 • 本部用語集 • プロダクト用語集 • 業界用語集

    • 新卒・今さら聞けない用語集 • **さん用語集
  20. 2−2:歴史オリエン 19 • 聞けば一瞬で分かるのに、聞かないと謎な設計や仕様 • 古株が懺悔の気持ちとともに、未来どうしていきたいかを伝える会 • 新しい社員の立ち上がりをフォローする

  21. 2−3:パルスサーベイ & オンボーディングFB 20 • 毎日の体重測定のようなもの • 組織の規模・フェイズ・文化が変われば、課題も変わる • 今の課題に気づくために

  22. 2−4:dmemo 21 • https://github.com/hogelog/dmemo • https://techlife.cookpad.com/entry/2016/08/08/103906

  23. 2−5:未来の組織図会議 22 • 3ヶ月に一度、未来の組織図を作ってみる ◦ 30人見れるマネージャーがn人 ◦ 10人見れるマネージャーがn人 ◦ 5人見れるリーダーがn人

    • それぞれのレイヤーのマネージャーの期待グレードを考える ◦ 30人見れる人は、グレードn以上、など • 足りない人員の、教育・採用戦略を考える
  24. ありがとうございました