C#ドキドキライブコーディング by @RyotaMurohoshi

C#ドキドキライブコーディング by @RyotaMurohoshi

2017/10/28(土)・29(日)に開催された仙台IT文化祭の
C#ドキドキライブコーディング のむろほしの資料です。

F46c97bb74758d481531990654933050?s=128

RyotaMurohoshi

October 28, 2017
Tweet

Transcript

  1. C#ドキドキライブコーディング by @RyotaMurohoshi 2017/10/28(土) 仙台IT文化祭 C#ドキドキライブコーディング @RyotaMurohoshi

  2. 「むろほし」です

  3. むろほし(RyotaMurohoshi) ・新潟出身、千葉在住 ・趣味 : Unityでゲーム開発 ・仕事 : Androidアプリ開発 ・ MS

    MVP2年目
  4. None
  5. 好きな言葉

  6. 未来を予測する最善の方法は、 それを発明することだ - アラン・ケイ

  7. C#の好きなところ

  8. 『Unityで使える』

  9. Switchのゲームやモバイルゲームが Unityで作られています

  10. そして、医療や建築などの分野で VR/AR/MRでの活用も進んでいます

  11. 5年前・10年前には なかった/少なかった活躍の場が どんどん出てきます

  12. プログラミング言語は適材適所 今までよりもC#の活躍の場が 広がることを祈っています

  13. 「むろほし」です。 よろしくお願いします。

  14. 次はオセロの作戦

  15. の前に、過去のおさらい

  16. C# ドキドキ・ライブコーディング とは?

  17. 毎年、北陸で開催されるイベント「BuriKaigi」 石野さん、小島さん、Xin9leさんの恒例セッション

  18. ライブコーディング そして 事前準備したプログラムバトル

  19. 2回目・3回目を見た感想

  20. 『すげぇ、プログラムバトル アルゴリズムで勝負じゃないんだ!』

  21. 『真正面から戦うんじゃなくて、 C#を駆使して(ズルじゃなくて) ハックして戦うんだ!』

  22. 4回目の今年の1月 むろほしはバトルに初参加

  23. 前回のオセロ対決、結果は?

  24. None
  25. 青ゴマが盤面を染め上げた! 完全勝利!

  26. ではなくて、 反則失格負けorz

  27. C#を駆使して ゲーム開始時に盤を書き換え

  28. 『最初にあんなことしたら もうオセロじゃない』

  29. ごもっともです 無念の反則負け!

  30. 今回は前回の 反省をイカします

  31. いよいよ本題

  32. 4人うち変則オセロプログラミング 難しい・・・

  33. ・普通とは違う初期配置 ・使えないオセロの定石 ・4回に1回しか回ってこない手 ・予測できない対戦相手

  34. 自分の番が回ってこない 未来の予測、超難しい!

  35. 好きな言葉

  36. 未来を予測する最善の方法は、 それを発明することだ - アラン・ケイ

  37. 「あ、そっか」

  38. 「予測がむずかしいならば、 自分が勝てるように ほかの人を打たせればいいじゃん!」

  39. むろほし が望む未来

  40. None
  41. むろほし の作戦

  42. むろほし の作戦 ・C#を駆使して全プレイヤーのAIを置き換え ・置き換えたプレイヤーはあらかじめを決めた手を打つ ・むろほし が26目で勝つ!

  43. むろほし の作戦 ・前回に比べて、ハックが難しくなってるけど対処 ・「オセロじゃない」という指摘にも配慮 ・あと、失格になったときの予備プログラムも準備

  44. None
  45. C# ドキドキライブコーディング! だからC#を駆使して戦う! Not アルゴリズム!