オブジェクトの無い世界 / This world has no objects.

1784dc14078e1814c6d0c0959b0b7324?s=47 sapi_kawahara
February 16, 2020

オブジェクトの無い世界 / This world has no objects.

1784dc14078e1814c6d0c0959b0b7324?s=128

sapi_kawahara

February 16, 2020
Tweet

Transcript

  1. オブジェクトの無い世界 Object-Oriented Conference 2020

  2. プロフィール • さっぴー川原 @sapi_kawahara • 放浪のITエンジニアです。 • 経験した言語は、BASIC,アセンブラ,C言 語,C++,Python,Java,Perl,PHP,Rubyです。 •

    フロントエンドもある程度わかります。 • イケているテクノロジーも好きですが、過去のテクノロ ジーを話すのが好きです。(今回もそれ?)
  3. 注意 • 今回話す内容は、オブジェクト指向がほとんど出てきま せん。 • オブジェクト指向と言っても、2種類の考え方がありま す。 ◦ Simula (C++)

    系とSmalltalk系です。 • つまり、抽象データ型と、メッセージ送信型の戦争の話 も出てきません。(当日11時半に追加しました) • 出てくるのは、それより前の話です・・・。
  4. 202*年のある日 • 主人公は、某システムの移行作業に明け暮れていた。 • システムは破綻しており 、毎日帰宅は終電というスケ ジュールでした。 • 時間も無いので、似たようなところはコピペで作業をし まくっていた。

    • 疲れていた、とにかく疲れていた。 • もう、何もかも捨てたいと思っていた。 • スマホも捨ててしまえ!!!!
  5. いつもと違う電車に乗る

  6. 到着したところは・・・

  7. 1億年後の未来

  8. 1億年後の未来で起きていること • 人は産まれると、特別な機械が埋め込まれる。 • 特別な機械が人の生活をすべてサポートする。 • 食事も、寝る必要もない。 • しゃべらなくても意思疎通ができるので、自然言語は失 われている。

    • 地球はすべての地域で生活しやすい気候に変わってい る。
  9. 1億年後のコンピューター • 意思を持っている。 • 最適な判断ができる。 • 人を敵とは思っていない。 • プログラムをコンピューター自身がプログラミングす る。

  10. 開発言語も失われている

  11. The world needs only one Computer. • 遠い昔にThe World Needs

    Only Five Computers.という 予言がありました。 ◦ 当時のサン・マイクロシステムズのCTO、グレッグ・ パパドポラス氏が2006年にブログに書いたことで す。 ◦ Google、Yahoo、Amazon、Microsoft、Salesforce と、それにeBayあたりを加えれば、もうほかに地球上 にコンピュータなど不要という話です。 • 1億年後の世界は、それをさらに進めた世界です。
  12. The world needs only one Computer. • 1億年後の未来は1つのコンピューターが、人類の衣食住 をすべて管理して、人は産まれたら、毎日好きなことを するだけで、遊んで暮らすだけです。

    • 夢のような世界ですが、これを求めない集団が、この1つ のコンピューターにトラップというバグをしかけまし た。 • このことに気付いた1つのコンピューターが過去の世界か らエンジニアを呼び寄せました。
  13. そう貴方は選ばれた戦士です!

  14. さきほど言いました

  15. この世界は開発言語が失われている

  16. 開発する方法は無いのか?

  17. そこであることを思い出す

  18. 伝説のフィルム

  19. GitHub Arctic Code Vault

  20. GitHub Arctic Code Vaultとは? • GitHubは、ソースコードを1000年間アーカイブ(保管) することで、次世代にオープンソースソフトウェアを残 すというプロジェクトです。 • 残し方は、ソースコードをQRコードに置き換えてフィル

    ムに焼き付けて、気候変化が少ない北極圏に保管しま す。 • 1億年後、この設備はメンテナンスされていなかったが、 フィルムは残っていた。
  21. しかしカメラデバイスは存在しない 冒頭でスマホを捨てたよねー

  22. あきらめよう!

  23. バグっているコンピューターに依頼したこと • コンピューターにしか分からないニーモニックを、人が 分かる形に変換する。 • キーボードを用意してもらう。

  24. できたプログラムは・・・ • コンピューターが好き勝手に作ったものなので、典型的 な動けばいい形になっている。 • 一枚板の巨大なプログラムがあるだけです。 • サブルーチン化すらしていない。 • 継ぎ接ぎだらけなので、あちこちに飛びまくる。(go

    to 文) • そう、オブジェクト指向前のプログラムだったのです。
  25. バグを直す前にRefactoringだ!

  26. まずは構造化定理を決めよう! Structured theorem

  27. 構造化定理とは? • プログラムを整理された構造の組み合わせによって構成 することです。 • その際に使うものは「順次(Sequence)」「反復 (Iteration)」「分岐(Selection)」です。 • 出入り口は1つだけです。 ◦

    1966年にイタリアのコンピュータ科学者コラド・ ベームとジュゼッペ・ヤコピーニが証明した「構造化 プログラム定理」(Structured program theorem) が元となっています。
  28. 自動に作られたプログラムは・・・ 処理B 判定 A 処理A true false 判定B 判定 C

    処理C
  29. これを構造化定理に合わせ直します

  30. 順次(Sequence) 処理B 処理A

  31. 反復(Iteration) 処理A 判定 A true false

  32. 分岐(Selection) 処理B 判定 A 処理A true false

  33. 構造化定理に収まりました

  34. 次に構造化プログラミングだ! Structured programming

  35. 構造化プログラミングとは? • 抽象(Abstraction)から細部(Refinement)への設計 (トップダウン設計)をすることによる開発手法で、当 時はパーツを作ってから全体を作る方式が主流になって ました。 • これにより車輪の再発明などのコピペプログラミングが 多かったです。

  36. 構造化プログラミングとは? • これに段階的抽象(Step-wise abstraction)を持ち込 み、抽象化したオブジェクトを設計してからの開発方式 を提唱しました。 ◦ 1969年にオランダ人の計算機科学者ダイクストラが 発表した構造化プログラミング(structured programming)が元になっています。

    • まずは、全体を抽象化しよう!
  37. まずは全体を抽象化しよう!

  38. でも設計書が無いよね

  39. まずはモジュール(Module)化しよう

  40. モジュール(Module)化とは? • 構造化定理には、モジュール化、つまりサブルーチン (関数)の考えが無いです。 • 構造化プログラミングには、サブルーチンが必要です。 • サブルーチンは、構造化プログラミングの段階的抽象 (Step-wise abstraction)の考えにより作られていま

    す。
  41. 頑張ってモジュール化しました

  42. しかし・・・ • モジュール化しましたが、単なるサブルーチンで全然イ ケてない。 • サブルーチンを呼び出すだけになっているので、臨機応 変に変更ができない。 • もっとサブルーチンを使いやすくするには? •

    サブルーチンを自由にする。
  43. サブルーチンを自由にする • 自由にするということは以下のことが保証されていま す。 ◦ 変数として名前がつけられる。 ◦ 手続きに引数として渡せる。 ◦ 手続きの結果として返される。

    ◦ データ構造に組み込める。 • サブルーチンをインスタンス化(Instantiation)するこ とで実現できそうです。 • この自由なサブルーチンのことを次のように言います。
  44. 第一級関数(First class function)

  45. オブジェクト指向な感じになりました

  46. ここで目が覚める

  47. 元の世界に戻ってきました • 違う電車は逆方向に乗っただけです。 • 今日は1日休みましょう。 • 明日からは今までやってきたことを反省しつつ新たなこ とにチャレンジしようと思いました。 • まずはスマホを探そう!

  48. まとめ • この資料は、当方が遠い昔にオブジェクト指向を学ぶときに、前座で 読んだ本に書いてあったことの抜粋で、未来の話は付け加えました。 • オブジェクト指向がブームなりつつあった頃、構造化定理はもちろ ん、構造化プログラミングが定着しておりません。 • その頃は構造化プログラミングに関して間違った考えも広まり、オブ ジェクト指向が定着するのは、Java言語やDelphi言語が登場してか

    らです。 • 今回、歴史の話があまり無いと思い、このような登壇をしました。