DroidKaigi 2020: System UIをコントロールして、 画面を最大限に生かしたアプリを構築する / Build apps that make the best uses of device screens by controlling System UI

DroidKaigi 2020: System UIをコントロールして、 画面を最大限に生かしたアプリを構築する / Build apps that make the best uses of device screens by controlling System UI

端末の画面を最大限に活かし、より良い体験を提供するために、System UI(Status Bar、Navigation Bar)を考慮することは非常に重要です。
しかし、Android Q、Q以前などでのバージョンごとの差異、ノッチ対応、画面構成によっては、WindowInsetsを取得する必要があるなど、考慮しなければならない点が多くあります。

この発表では、最初にSystem UIをコントロールするために抑えておくべき要素を、実際の挙動を見ながら、1つ1つ理解していきます。
具体的には、次のことを説明します。

- fitsSystemWindowsの挙動について
- ThemeからSystem UIの設定をする
- Navigation Component(Single Activity)との兼ね合い
- WindowInsetsを取り、動的にSystem UIを調整する
- FloatingActionButtonとの兼ね合い
- systemUiVisibilityについて
- ノッチ端末(cutout)への対応

最後に、実践的な例として、Google I/OなどのアプリのSystem UIをどのようにすれば構築出来るかを説明します。

System UIの基礎 〜 実践までを理解することで、画面を最大限に生かした没入感のあるアプリを実装出来るようになることを目指します。

2793f1fe246c9299c2416062d22bfb99?s=128

Sato Shun

April 02, 2020
Tweet