Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

History of WaterFall

History of WaterFall

20120621

Fbc2f33065dfaa8d1812b3a225d75e11?s=128

semiyashin

June 21, 2012
Tweet

Transcript

  1. 最近アジャイル界隈で よく聞く話

  2. 「自分の現場がウォーター フォールで全然ダメで それをアジャイルなら 変えられないかと思って」

  3. いったい誰と戦って いるんだ・・・・・

  4. ちょっと待て

  5. 「自分の現場がウォーター フォールで全然ダメで それをアジャイルなら 変えられないかと思って」

  6. そもそも

  7. ウォーターフォールって だめなの?

  8. なんでそんなものを みんな使っているの?

  9. というか ウォーターフォールって なに?

  10. いつどこで 生まれたものなの?

  11. ということで我々は ウォーターフォールの 起源に迫ってみることにした

  12. None
  13. History of WaterFall 瀬宮 新

  14. ウォーターフォールだと 思われているもの

  15. ・よくある仕様変更 ・手戻りしない直列的な工程 ・大量の書類 ・絶対固定の納期と予算 →そしてデスマーチへ

  16. 本当の ウォーターフォール ってそもそもなに?

  17. ウォーターフォールの起源 Winston.W.Royce Managing the Development of Large Software Systems という論文(5ページくらい)

  18. 分析 実装

  19. 要求 分析 設計 実装 運用 試験

  20. 2回実施せよ (プロトタイプ) テストを計画せよ (設計よりも前に) 顧客をまきこめ (反復的なチェック) Royceは言った(1)

  21. 当初のRoyce案では ウォーターフォールを 反復型開発として して提案していた

  22. 仕様変更があったら 費用/納期を追加しろ 仕様変更があったら もう一回やりなおせ Royceは言った(2)

  23. つまり

  24. ここさぁなんかイメージと 違うんだよね

  25. すると

  26. おかわり=反復的な開発

  27. なるほどなるほど

  28. それでは

  29. どうしてこうなった

  30. None
  31. 時は1980年代

  32. ・システム開発は大規模化 ・税金による予算化に 「おかわり」は不向き ・予算と納期の追加が続発 →「おかわり」しすぎ!

  33. 再発防止策が必要だな

  34. ということで

  35. DOD-STD-2167(1985.6) (文書をいっぱい作ろう!) DOD-STD-2167A(1988.2) (工程の反復の否定 ウォーターフォールは 「おかわり」禁止!)

  36. 反復型開発が否定され 直列的ウォーターフォール が生まれた

  37. DOD-STD-2167A(1988.2) を真に受けると ・ウォーターフォール (絶対に「おかわり」禁止) ・ほかの開発手法 (大規模開発に不向き) の二択

  38. そして滝は詰まり始めた

  39. None
  40. 一方、日本では

  41. 1985. 日本電信電話 設立 1988. NTTデータ 設立 1990. バブル崩壊 (システム要員の外注化)

  42. 日本ではSIが発達し同時に 開発手法もアメリカから 輸入された

  43. システム開発の普及 ・大規模システム = ウォーターフォール ・書類が山盛り ・「おかわり」禁止 がデファクトスタンダードに

  44. None
  45. 輸入された経緯はわかった

  46. 日本では今でも ウォーターフォールが 炎上している

  47. それではアメリカでは 炎上しなかったの?

  48. None
  49. もちろん大炎上したよ

  50. 大炎上する案件が複数発生

  51. 再発防止策が必要だな

  52. DOD-STD-2167A(1988.2) ↓ MIL-STD-498(1994.12) (頻繁な顧客レビューの推奨) DOD 5000.2(2000) (反復型および スパイラル型を推奨)

  53. 開発は反復型重視へ 回帰した

  54. さらに

  55. XP 白本(1999) アジャイルマニフェスト (2001.2) (1993.のJacob Nielsen のUIテスト あたりをみても業界全体が 反復的開発と頻繁なFBに 傾いている)

  56. 反復型開発の復活

  57. つまりダメな ウォーターフォールに 嵌り込んでいたのは・・ 日本だけ!

  58. 嵌っている・・首まで・・

  59. つまりダメな ウォーターフォールに 嵌り込んでいたのは・・ 日本だけ!

  60. これを知った時、私は

  61. こう思いました

  62. 調達標準は反復型重視へ 回帰した

  63. None
  64. ではウォーターフォールは どうあるべき?

  65. ・プロトタイプを作る ・頻繁な顧客フィードバック ・反復的で機能追加型の開発 にシフトすべき

  66. None
  67. そもそも ウォーターフォール <<< <(壁)<<アジャイル なのか?

  68. (一面の真実) 仕様変更が許容範囲に収まる場合 ウォーターフォールのほうが アジャイルよりも安いし早い 完全にアジャイルに進めると 対象やドメインモデルが複雑だと 破綻する可能性が高い

  69. ではどちらを選択すべきか?

  70. 慣れた人に任せるべきだ (Martin Fawler)

  71. None
  72. では日本のソフトウェア開発は これからどうなる

  73. ・反復型ウォーターフォール ・アジャイル ・そのほか に分かれると思う 残念なウォーターフォールも残るだろう

  74. None
  75. ご清聴ありがとうございました