Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

JAWS-UG主催 週刊AWSキャッチアップ(2023/11/06週)

ShigeruOda
November 14, 2023

JAWS-UG主催 週刊AWSキャッチアップ(2023/11/06週)

ShigeruOda

November 14, 2023
Tweet

More Decks by ShigeruOda

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 週刊AWS
    2023.11.06週

    View full-size slide

  2. Amazon SQSをイベントソースにした場合の AWS Lambda の同時実行
    数が最大で300まで増加可能になりました(旧来は60でした)。これに
    より、より大きいイベントのスパイクに対応できるようになりました。
    AWS Lambda supports faster polling scale-up rate for Amazon SQS as an event
    source

    View full-size slide

  3. AWS Lambda supports faster polling scale-up rate for Amazon SQS as an event
    source

    View full-size slide

  4. AWS Lambda supports faster polling scale-up rate for Amazon SQS as an event
    source

    View full-size slide

  5. Amazon Managed Workflows for Apache Airflow (MWAA) で Apache
    Airflow version 2.7 環境が利用可能になりました。合わせて(Airflow 2.2
    から導入されていた) deferrable operatorもMWAAで利用可能になりま
    した。deferrable operatorは、何か外部タスク等の完了を待つ必要があ
    る際に、完了するまでの間ワーカースロットを開放して他のジョブにあ
    てるための仕組です。
    Amazon MWAA now supports Apache Airflow version 2.7 and deferrable operators

    View full-size slide

  6. Amazon MWAA now supports Apache Airflow version 2.7 and deferrable operators

    View full-size slide

  7. Amazon MWAA now supports Apache Airflow version 2.7 and deferrable operators

    View full-size slide

  8. Amazon MWAA now supports Apache Airflow version 2.7 and deferrable operators

    View full-size slide

  9. Amazon ECS + AWS Fargate の環境においてSOCIの利用がより柔軟に
    なりました。これまでは(重い)コンテナイメージをLazy loadしたい場
    合はECSのタスク定義内のコンテナイメージすべてにSOCI(インデック
    ス)を作成しておく必要がありましたが、この改善によりLazy Loadした
    いコンテナイメージのみにSOCIを準備するだけで良くなりました。
    -> SOCI : Seekable OCI
    AWS Fargate now enables Amazon ECS tasks to selectively leverage SOCI

    View full-size slide

  10. AWS Fargate now enables Amazon ECS tasks to selectively leverage SOCI

    View full-size slide

  11. AWS Fargate now enables Amazon ECS tasks to selectively leverage SOCI

    View full-size slide

  12. Amazon ElastiCache で Graviton3 ベースの C7gn ノードを利用可能にな
    りました。ElastiCache C7gn ノードは第5世代 AWS Nitro Card を活用
    してより高いネットワークバンド幅を提供します。
    Amazon ElastiCache now supports network-optimized C7gn Graviton3-based nodes

    View full-size slide

  13. Amazon ElastiCache now supports network-optimized C7gn Graviton3-based nodes

    View full-size slide

  14. Amazon ElastiCache now supports network-optimized C7gn Graviton3-based nodes

    View full-size slide

  15. Amazon ElastiCache now supports network-optimized C7gn Graviton3-based nodes

    View full-size slide

  16. Amazon Aurora MySQL zero-ETL integration with Amazon Redshift が
    GA(一般提供開始)になりました。東京リージョンでも利用可能になって
    います。この機能は、Aurora MySQL の表の更新をニアリアルタイムで
    Redshiftにレプリケーションする仕組みで、ETLインフラの構築不要で
    利用できます。また、Zero-ETL機能自体の費用は無料です。 本機能が対
    応している Aurora は Amazon Aurora Serverless v2 (MySQL) もしくは
    プロビジョン型のAurora MySQLで、Redshift側は、Amazon Redshift
    Serverlessもしくはプロビジョン型のAmazon Redshift RA3インスタン
    スです。
    AWS announces general availability of Amazon Aurora MySQL zero-ETL integration
    with Amazon Redshift

    View full-size slide

  17. AWS announces general availability of Amazon Aurora MySQL zero-ETL integration
    with Amazon Redshift

    View full-size slide

  18. AWS announces general availability of Amazon Aurora MySQL zero-ETL integration
    with Amazon Redshift

    View full-size slide

  19. AWS announces general availability of Amazon Aurora MySQL zero-ETL integration
    with Amazon Redshift

    View full-size slide

  20. AWS announces general availability of Amazon Aurora MySQL zero-ETL integration
    with Amazon Redshift

    View full-size slide

  21. AWS announces general availability of Amazon Aurora MySQL zero-ETL integration
    with Amazon Redshift

    View full-size slide

  22. AWS announces general availability of Amazon Aurora MySQL zero-ETL integration
    with Amazon Redshift

    View full-size slide

  23. AWS announces general availability of Amazon Aurora MySQL zero-ETL integration
    with Amazon Redshift

    View full-size slide

  24. Amazon Kinesis Video Streams のWebRTCインテグレーションがGA(一
    般提供開始)になりました。本機能を使うことで、WebRTCに準拠した
    IoT機器、ブラウザ等からのデータを容易にKinesis Video Streamsに渡す
    ことが可能になります。
    WEB Real Time Communication
    WebRTCって前から使えなかった?
    Amazon Kinesis Video Streams WebRTC Ingestion is now generally available

    View full-size slide

  25. Amazon Kinesis Video Streams WebRTC Ingestion is now generally available

    View full-size slide

  26. Amazon Kinesis Video Streams WebRTC Ingestion is now generally available

    View full-size slide

  27. Amazon Kinesis Video Streams WebRTC Ingestion is now generally available

    View full-size slide

  28. Amazon Aurora PostgreSQLで、Optimized Reads機能が利用可能になり
    ました。これは内蔵のNMVe SSDをキャッシュとして活用することで読
    み取り性能を改善するものです。db.r6gd、db.r6idインスタンスで利用
    可能です。
    AWS announces Amazon Aurora PostgreSQL Optimized Reads

    View full-size slide

  29. AWS announces Amazon Aurora PostgreSQL Optimized Reads

    View full-size slide

  30. AWS announces Amazon Aurora PostgreSQL Optimized Reads

    View full-size slide

  31. BIサービスの Amazon QuickSight にFLOAT型が追加されました。これ
    までもDECIMAL(固定小数点)が提供されていましたが、これは小数点以
    下の桁が4桁まででした。FLOAT(浮動小数点)はより小さい桁を扱う場合
    に適した型です。
    QuickSight launches FLOAT data type support for SPICE datasets

    View full-size slide

  32. Decimal-floatデータ型は小数点の右から15桁まで、例えば
    0.123451234512345をサポートします。
    最大値は1.8 * 10^308で、データセットでオーバーフローエラーが発生
    する確率を最小限に抑えます。
    QuickSight launches FLOAT data type support for SPICE datasets

    View full-size slide

  33. Amazon SNS の FIFO (First-In-First-Out)トピックの最大スループットが、
    従来の300メッセージ/秒から、10倍の3,000メッセージ/秒まで引き上げ
    られました。
    Amazon SNS increases default FIFO topic throughput by 10x to 3,000 messages per
    second

    View full-size slide

  34. Amazon SNS increases default FIFO topic throughput by 10x to 3,000 messages per
    second

    View full-size slide

  35. Amazon RDS for Oracle で Oracle Multitenant 構成が利用可能になりま
    した。 Oracle Database 19c, 21c で利用可能です。Oracle Multitenant
    構成を利用することで、ベースとなる multitenant container database
    (CDB) の中に複数のpluggable database (PDB)がホストできるようにな
    ります。
    Amazon RDS for Oracle now supports Oracle Multitenant

    View full-size slide

  36. Amazon RDS for Oracle now supports Oracle Multitenant

    View full-size slide

  37. Amazon RDS for MySQL で MySQL 8.0.35 が利用可能になりました。
    8.0.35では前バージョンの8.0.34と比較して最大で3倍の書き込みスルー
    プットを実現しています。
    Amazon RDS for MySQL delivers up to 3X higher write throughput at no additional
    charge

    View full-size slide

  38. Amazon OpenSearch Service で、Neural Searchが利用可能になりまし
    た。OpenSearch 2.9 以降で利用可能です。Neural Search はこれまでの
    OpenSearch を活用したベクトル検索を更に進化させた機能で、これま
    で外部で実行する必要のあったモデルによる処理を OpenSearch 内部で
    実行することで、ベクトル検索をワンストップで実行可能にします。
    Amazon OpenSearch Service introduces Neural Search

    View full-size slide

  39. Amazon OpenSearch Service introduces Neural Search

    View full-size slide

  40. Amazon FSx for OpenZFS を利用可能なリージョンが追加され、大阪リ
    ージョンを含む10のリージョンで新たに利用可能になりました。これに
    より、大阪リージョンでAmazon FSx for NetApp Ontap, for OpenZFS,
    for Windows File Server, for Lustre の4種類全てが利用可能になりまし
    た。
    Amazon FSx for OpenZFS is now available in ten additional AWS Regions

    View full-size slide

  41. Amazon FSx for OpenZFS is now available in ten additional AWS Regions

    View full-size slide

  42. Amazon FSx for OpenZFS is now available in ten additional AWS Regions

    View full-size slide

  43. Amazon FSx for OpenZFS is now available in ten additional AWS Regions

    View full-size slide

  44. Amazon SQS の通信プロトコルとしてJSON protocolが利用可能になり
    ました。これにより旧来のAWS Query protocolと比較してより短いレイ
    テンシでの通信が可能になります。AWS SDKを最新バージョンに更新
    することで、JSON protocolがデフォルトで利用されるようになりますの
    で、アプリケーションコードの変更は不要です。
    Amazon SQS announces support for JSON protocol

    View full-size slide

  45. Amazon SQS announces support for JSON protocol

    View full-size slide

  46. Amazon SQS announces support for JSON protocol

    View full-size slide

  47. Amazon Aurora Global Database for PostgreSQL でwrite forwardingが
    利用可能になりました(for MySQLでは以前より利用可能です)。write
    forwardingは、secondaryリージョンにて書き込みSQLが実行された際
    に、primaryリージョンに転送して実行するというものです
    Amazon Aurora Global Database for PostgreSQL now supports write forwarding

    View full-size slide

  48. Amazon Aurora Global Database for PostgreSQL now supports write forwarding

    View full-size slide

  49. AWS Lambda のマネージドランタイム、およびコンテナベースイメー
    ジとして、 Amazon Linux 2023 が利用可能になりました。
    AWS Lambda adds support for Amazon Linux 2023

    View full-size slide

  50. Amazon CloudFront のコンソールに、統合セキュリティダッシュボード
    が追加されました。例えば、AWS WAF への攻撃の状況等を一元的に確
    認することが可能です。
    Amazon CloudFront announces unified security dashboard

    View full-size slide

  51. Amazon CloudFront announces unified security dashboard

    View full-size slide