Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

JAWS-UG主催 週間AWSキャッチアップ(2023/10/2週)

ShigeruOda
October 13, 2023

JAWS-UG主催 週間AWSキャッチアップ(2023/10/2週)

ShigeruOda

October 13, 2023
Tweet

More Decks by ShigeruOda

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 週間AWS
    2023.10.02週

    View full-size slide

  2. ライブ配信を提供する Amazon IVS の低レイテンシーストリーミング機
    能で、マネージメントコンソール内からブラウザを通じてライブ配信が
    できるようになりました。アップデート以前は、ライブ配信を行うため
    に Amazon IVS のブロードキャスト SDK や、OBS といったライブ配信
    ソフトウェアを利用できました。今回のアップデートで、Web ブラウ
    ザを利用してライブ配信を行う選択肢が増え、より簡単に始めやすくな
    りました。
    Amazon IVS introduces in-console broadcasting for low-latency streaming

    View full-size slide

  3. Amazon IVS introduces in-console broadcasting for low-latency streaming

    View full-size slide

  4. Amazon IVS introduces in-console broadcasting for low-latency streaming

    View full-size slide

  5. Amazon IVS introduces in-console broadcasting for low-latency streaming

    View full-size slide

  6. Amazon IVS introduces in-console broadcasting for low-latency streaming

    View full-size slide

  7. Application Load Balancer や Network Load Balancer に紐づけるターゲ
    ットグループで、IPv6 を持つインスタンスを登録できるようになりまし
    た。アップデート以前は、インスタンスが持つ IPv6 アドレスを、ター
    ゲットグループに「IP アドレス」として登録する必要がありました。今
    回のアップデートで、「インスタンス」として登録が出来るようになり、
    より簡易に設定ができるようになりました。また、この機能にあわせて、
    EC2 のオートスケーリンググループで IPv6 を持つインスタンスが増減
    した際に、自動的にターゲットグループに反映できるようになりました。
    Application Load Balancer and Network Load Balancer now support registering
    instances addressed by IPv6 as targets

    View full-size slide

  8. Application Load Balancer and Network Load Balancer now support registering
    instances addressed by IPv6 as targets

    View full-size slide

  9. Application Load Balancer and Network Load Balancer now support registering
    instances addressed by IPv6 as targets

    View full-size slide

  10. Amazon EC2 の休止機能 (Hibernate) で、新たに Microsoft Windows Server
    2022、Red Hat Enterprise Linux 9、Amazon Linux 2023 をサポートしまし
    た。休止機能は、稼働している EC2 インスタンスを一時停止することで、
    コスト最適化やインスタンス起動時間の短縮といったメリットがある機能で
    す。休止を実行すると、EC2 インスタンス内で稼働しているプロセスがフリ
    ーズされ、RAM の内容が EBS ルートボリュームに保存されます。その後、
    通常のシャットダウンが実行されます。休止期間中、EBS の料金は継続して
    発生しますが、インスタンス部分の料金を削減できるためコスト最適化のメ
    リットがあります。再開を実行すると、EBS ルートボリュームから RAM の
    情報を復元して、プロセスのフリーズが解除されます。
    Amazon EC2 Hibernate now supports more operating systems

    View full-size slide

  11. Amazon EC2 Hibernate now supports more operating systems

    View full-size slide

  12. Amazon EC2 Hibernate now supports more operating systems

    View full-size slide

  13. Amazon EC2 Hibernate now supports more operating systems

    View full-size slide

  14. Amazon EC2 Hibernate now supports more operating systems

    View full-size slide

  15. Amazon ECR Public Gallery でコンテナイメージを探しやすくなるアッ
    プデートがありました。コンテナイメージを検索する際に、イメージ作
    成元をフィルター条件として指定できるようになり、「Docker」や
    「Amazon」が作成したコンテナイメージを探しやすくなりました。ま
    た、Amazon ECR Public Gallery のランディングページに、頻繁に使用
    されているリポジトリが掲載されるようになり、簡単にアクセスできる
    ようになりました。
    Amazon ECR Public introduces new navigation and search features to the ECR Public
    Gallery

    View full-size slide

  16. Amazon ECR Public introduces new navigation and search features to the ECR Public
    Gallery

    View full-size slide

  17. Amazon ECR Public introduces new navigation and search features to the ECR Public
    Gallery

    View full-size slide

  18. Amazon EventBridge でルールを指定する際にワイルドカードサポート
    しました。例えば、S3 バケットへアップロードしたファイルの内、特
    定の条件に当てはまるファイルを対象に、何らかの処理を実施したいと
    します。ルールを指定する際に「dir/*.png」と設定すると、特定のディ
    レクトリ配下の .png 拡張子を持つファイルを対象にできるようになり
    ました。また、「*specificname*」と指定すると、特定の文字列を含む
    ファイルを対象にできます。
    Amazon EventBridge announces support for wildcard filters in rules

    View full-size slide

  19. Amazon EventBridge announces support for wildcard filters in rules

    View full-size slide

  20. AWS SAM CLI で Lambda 関数を開発する際に、Lambda テストイベン
    トを利用できるようになりました。Lambda テストイベントは、
    Lambda 関数を呼び出す際の引数を JSON オブジェクトとして保存し、
    Lambda 関数の動作検証を支援する機能です。不具合を素早く発見する
    ことに繋がり、開発スピードの向上といったメリットがあります。複数
    の開発者間で JSON オブジェクトを共有できるため、チーム全体の一貫
    した検証に利用できます。アップデート前は、AWS マネジメントコン
    ソール上でサポートされていましたが、今回のアップデートで AWS
    SAM CLI で利用できるようになりました。
    Lambda test events are now available in AWS SAM CLI

    View full-size slide

  21. Lambda test events are now available in AWS SAM CLI

    View full-size slide

  22. $ cat test.json
    {
    "key1": "value1",
    "key2": "value2",
    "key3": "value3”
    }
    $ sam remote test-event put --stack-name sam-app-test --name
    MyEvent --file test.json
    Put remote event 'MyEvent' completed successfully
    Lambda test events are now available in AWS SAM CLI

    View full-size slide

  23. Lambda test events are now available in AWS SAM CLI

    View full-size slide

  24. Amazon DataZone の一般提供を開始しました。DataZone のビジネスデ
    ータカタログは、各組織が持つデータを見つけやすくするポータル画面
    を提供します。社内に存在するデータを発見し、そのデータが持つビジ
    ネス上の意味を説明する仕組みがあります。部門をまたがったチームで
    プロジェクトを作り、部門の壁をこえたコラボレーションと、セルフサ
    ービス方式で Athena や Redshift にアクセスする機能を提供し、社内の
    データ活用を促進します。東京リージョンを含めて、11 リージョンで
    一般提供が開始されました。
    Amazon DataZone is now generally available

    View full-size slide

  25. Amazon DataZone is now generally available

    View full-size slide

  26. Amazon DataZone is now generally available

    View full-size slide

  27. Amazon DataZone is now generally available

    View full-size slide

  28. Amazon DataZone is now generally available

    View full-size slide

  29. Amazon DataZone is now generally available

    View full-size slide

  30. Amazon DataZone is now generally available

    View full-size slide

  31. Amazon EKS で延長サポートがプレビュー公開となりました。従来通り、
    EKS のマイナーバージョンが提供されてから 14 カ月間は標準サポートの対
    象となります。今回のアップデートで、各マイナーバージョンに対して、最
    大 12 カ月のサポート延長が追加され、合計 26 カ月のサポートが提供され
    るようになりました。延長サポートの期間、Amazon EKS のコントロールプ
    レーンのセキュリティパッチを提供します。また、Amazon VPC CNI、
    kube-proxy、CoreDNS アドオン、EKS Optimized AMI、および EKS
    Fargateノード用の重要なパッチをリリースする予定です。標準サポートの
    14 カ月が終了すると、そのバージョンで稼働しているクラスターは自動的
    に延長サポートに入ります。設定変更やリクエストは必要ありません。プレ
    ビュー期間中は追加料金無しで利用できますが、一般提供開始後は追加料金
    が発生する予定です。
    Amazon EKS Extended support for Kubernetes Versions now available in preview

    View full-size slide

  32. Amazon SageMaker Canvas で基盤モデル (Foundation Models) を利用
    できるようになりました。Claude 2, Amazon Titan, Jurassic-2 (Amazon
    Bedrock で提供) などの基盤モデルを、Canvas で提供する Web 画面で
    簡単にアクセスが出来るようになりました。同時に 3 種類の基盤モデル
    が生成したテキストを横に並べて表示する機能があり、最適な回答を比
    較しながら選択できます。 また、Canvas と IAM Identity Center を連携
    することで SAML 2.0 認証が利用できるようになり、AWS マネージメ
    ントコンソールを介さずにアクセス提供が可能です。組織内に展開する
    際に、各従業員に AWS マネージメントコンソールへの権限付与をした
    くない場合にご利用いただけます。
    Amazon SageMaker Canvas expands its support for ready-to-use models to include
    foundation models (FMs)

    View full-size slide

  33. Amazon SageMaker Canvas expands its support for ready-to-use models to include
    foundation models (FMs)

    View full-size slide

  34. Amazon SageMaker Canvas expands its support for ready-to-use models to include
    foundation models (FMs)

    View full-size slide

  35. Amazon SageMaker Canvas expands its support for ready-to-use models to include
    foundation models (FMs)

    View full-size slide

  36. Amazon SageMaker Canvas expands its support for ready-to-use models to include
    foundation models (FMs)

    View full-size slide

  37. Amazon SageMaker Canvas expands its support for ready-to-use models to include
    foundation models (FMs)

    View full-size slide

  38. Please report on how elementary school students will interact with and
    impact generative AI over the next 10 years.
    今後10年間で、小学生が生成系AIとどのように関わり、どのような影響
    を与えるのか、ご報告ください。
    Amazon SageMaker Canvas expands its support for ready-to-use models to include
    foundation models (FMs)

    View full-size slide

  39. Falcon-7B-Instruct
    今後10年間で、小学生はさまざまな形で生成AIと関わり、影響を与える
    ようになるだろう。学習のためにAIを搭載したツールを使ったり、AIを
    搭載したチャットボットやバーチャルアシスタントと協力したり、AIを
    搭載したシステムと連携してタスクや課題をこなしたりするようになる
    だろう。AI技術が進歩するにつれて、生徒たちはAIを使いこなし、AIと
    相互作用することに慣れ、AIの知識を複雑な問題の解決や科学研究の進
    展に役立てることができるようになるだろう。
    Amazon SageMaker Canvas expands its support for ready-to-use models to include
    foundation models (FMs)

    View full-size slide

  40. MPT-7B-Instruct
    このトピックに関する興味深い記事をいくつか見つけた。AIは授業経験
    の一部となり、生徒はAIを使って学業を助けることができるようになる、
    という記事だ。別の記事によると、AIは生徒の宿題を手伝うために使わ
    れるようになり、生徒はAIを使って学業を手伝うことができるようにな
    るという。
    Amazon SageMaker Canvas expands its support for ready-to-use models to include
    foundation models (FMs)

    View full-size slide

  41. ChatGpt
    今後10年間の小学生とジェネレーティブAIの相互作用を正確に予測するこ
    とは難しいが、テクノロジーと教育の現在の軌跡から、いくつかの傾向と可
    能性を考えることができる。ここでは、近い将来、小学生が生成AIと関わり、
    影響を与える可能性のある方法をいくつか紹介する:
    (以下長いのでタイトルのみ)
    1.教育ツールとパーソナライズされた学習 2. 共同学習とAIチューター3. 創
    造的な表現とコンテンツ作成 4.コミュニケーションと言語学習の向上5. 倫
    理的・社会的考察 6. 創造性と好奇心の奨励7. プログラミングとAI開発に早
    くから触れる。8. カリキュラムと評価への影響 9. インクルーシブ教育10. 保
    護者の関与と支援
    Amazon SageMaker Canvas expands its support for ready-to-use models to include
    foundation models (FMs)

    View full-size slide

  42. Amazon WorkSpaces と WorkSpaces Core で、Microsoft Office、
    Microsoft Project、Microsoft Visio といったアプリケーションの追加・
    削除を、データを保持したまま利用可能になりました。アップデート以
    前は、Microsoft Office などのアプリケーションが含まれた「バンドル」
    として提供されていたため、後から利用したい際には WorkSpaces のマ
    イグレート処理が必要でした。マイグレートは、ルートボリューム (C
    ドライブ) のデータが削除される仕様で、データ退避の考慮などが必要
    でした。今回のアップデートで、既存の WorkSpaces にデータを保持し
    ながらアプリケーションの追加や削除が可能になりました。
    Amazon WorkSpaces Services expand Microsoft productivity apps offerings

    View full-size slide

  43. Amazon WorkSpaces Services expand Microsoft productivity apps offerings

    View full-size slide

  44. Amazon WorkSpaces Services expand Microsoft productivity apps offerings

    View full-size slide

  45. Amazon WorkSpaces Services expand Microsoft productivity apps offerings

    View full-size slide

  46. Amazon WorkSpaces Services expand Microsoft productivity apps offerings

    View full-size slide

  47. AWS App Runner でカスタムドメインを利用するとき、DNS レコード
    を Route 53 上で設定する操作が簡易になりました。アップデート以前
    では、App Runner でカスタムドメインを利用する際に、App Runner 側
    で指定される A レコードや CNAME レコードなどを手動で設定する必要
    がありました。今回のアップデートで、Route 53 を利用している場合、
    自動的に App Runner 側でレコードの追加、および検証を実施してくれ
    る機能が追加されました。手動で設定が必要だった部分が、自動化にさ
    れたアップデートです。
    AWS App Runner launches improvements for using custom domains

    View full-size slide

  48. AWS App Runner launches improvements for using custom domains

    View full-size slide

  49. AWS App Runner launches improvements for using custom domains

    View full-size slide

  50. Amazon Bedrock が東京リージョンでサポートされました。Amazon
    Bedrockは、AI21 Labs、Anthropic、Cohere、Meta、Stability AI、
    Amazon などの主要 AI 企業が提供する高性能な基盤モデルを単一のAPI
    で実行できるフルマネージドサービスです。API 経由で利用できるため、
    アプリケーションに組み込むことが出来ます。また、ファインチューニ
    ングや RAG などのテクニックを使って、お手元のデータを Bedrock に
    適用できます。
    Amazon Bedrock now available in Asia Pacific (Tokyo) AWS Region

    View full-size slide

  51. https://catalog.us-east-1.prod.workshops.aws/workshops/a4bdb007-
    5600-4368-81c5-ff5b4154f518/ja-JP
    Amazon Bedrock now available in Asia Pacific (Tokyo) AWS Region

    View full-size slide

  52. Amazon Bedrock now available in Asia Pacific (Tokyo) AWS Region

    View full-size slide

  53. Amazon QuickSight は Amazon SageMaker Canvas で作成した予測モデ
    ルと連携機能をサポートしました。SageMaker Canvas は機械学習に関
    するコードを実装することなく、ノーコードで利用できる機械学習サー
    ビスです。QuickSight で作成した表テーブル、もしくはピボットテーブ
    ルのデータを、QuickSight から SageMaker Canvas にエクスポートでき
    ます。その後、SageMaker Canvas で作成した予測モデルを利用して
    QuickSight 上で予測結果を表示できます。
    Amazon QuickSight announces predictive analytics using Amazon SageMaker Canvas

    View full-size slide

  54. Amazon QuickSight announces predictive analytics using Amazon SageMaker Canvas

    View full-size slide