Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

VSTePのテスト観点出しで失敗した事例についての紹介/Failure case of test viewpoint derivation

VSTePのテスト観点出しで失敗した事例についての紹介/Failure case of test viewpoint derivation

JaSST '21 Kyushu ライトニングトーク
VSTePのテスト観点出しで失敗した事例についての紹介

SHIMANE, Yoshikazu

December 18, 2021
Tweet

More Decks by SHIMANE, Yoshikazu

Other Decks in Technology

Transcript

  1. VSTePのテスト観点出しで 失敗した事例についての紹介 テストのあるある、みんなで共有しよう 2021/12/18 JaSST ‘21 Kyushu LT 株式会社 LegalForce

    島根義和
  2. 2 自己紹介 • 島根義和 @shimashima35 • リーガルテック企業でQA・テストを担当 • 元サーバサイドJavaエンジニア •

    2019年 Selenium Conf Tokyo 実行委員 • 「エキスパートが教えるSelenium最前線」を共著 • 2012年からJaSST Tokyo実行委員
  3. 3 みなさん、テスト観点う まく出せてますか?

  4. 4 私は(時々)失敗します

  5. 5 テスト観点だしの失敗事 例について話します

  6. 6 成功事例 1:ワークショップ形式 • 研修目的で、既存のWeb(+スマホアプリ)サービスてのテス ト観点をみんなで出すワークショップを開催。 • 観点を書いた付箋紙をホワイトボードに貼る、似たものを 集める、それを見て再び観点を書きまた集める。 •

    島根はよくある観点や他人の観点をベースに追加してく。 • かなり多種多様な観点が出てきて盛り上がった。
  7. 7 成功事例 2:対話でつくる • 一人プロジェクトの担当者からテスト支援の依頼を受けて 入る。担当者が仕様だけでなく外部利用サービスを含めて 設計・実装も行っていた。 • プロジェクトの目的か聞いていき、メモツールで聞き取った 内容を書いていきながら気になる点もヒアリング、テスト観

    点をまとめていった。 • 1h x 3回程度で自分でも驚くほどきれいにまとまった。
  8. 8 成功に味を占めて、現 職でも試してみた

  9. 9 失敗事例 1:ワークショップで沈黙 • とある機能追加案件にテストのサポートで参加。 • 私が仕様を把握していないこともあり、関係者を集めて ワークショップ形式で観点だしを行うことにした • その際に、「成功条件」と「起きてほしくないこと」を最初に

    上げてそこから観点を広げていこうとした。 • が、全然何もでてこなかった。 • 沈黙が場を支配し、私もうまく観点を引き出せなかったの で、謝罪しつつ撤退。
  10. 10 失敗事例 2:対話でつくる • テスト担当者から依頼をうけて、テスト観点だしの手伝いを 行った。 • 仕様を聞きながら観点ツリーを作っていった。 • 結果できたものは仕様をツリーで表現したもの。因子水準

    は出ているが「どういった点に着目する」が一切ないものが 出来上がった。
  11. 11 何が良くなかったか 失敗事例1 • 中途半端なワークショップ形式 ◦ (オンラインを含む)付箋紙ではなく、Wiki形式に書いていく。 ◦ 一斉に観点を出していくわけではない。司会が話しながら書いて いく。

    • 準備不足 ◦ ほかの人が「それがあるならばこれも」と出すような、一般的な観 点をだせなかった。 ◦ プロダクト仕様についての認識不足。
  12. 12 まとめ • VSTePに限らず、テスト観点まとめは有用。ただし、間違うと 観点が出揃わない。 • 仕様整理は重要だが、それ以上に「何を目的としたテスト か」「このあたりが怪しい」を入れないとありきたりになる。 • 相手から観点を引き出す際は、事前準備・ファシリテーショ

    ンも重要。