品質"実質"無料キャンペーン始めます / Start_quality_real_free_campaign

品質"実質"無料キャンペーン始めます / Start_quality_real_free_campaign

F51e113117352226a2583a1f24d4de6d?s=128

SHIMANE, Yoshikazu

January 09, 2019
Tweet

Transcript

  1. 品質 “実質” 無料 キャンペーン始めます QAエキスパートチームによる 品質向上パワー提供のご提案 pixiv Inc. コーポレートエンジニアリング部 shimashima

    2018.10.3
  2. 品質 “実質無料” とは? 1. 品質を向上させることで手戻りを減らすことができます。 ◦ 開発後半でのバグ、本番障害 2. 手戻りを減らす、つまりやり直しを減らすことができる。 3.

    「品質向上のためのコスト」が「品質向上の結果減るやり直しにかかるコスト」を上回るこ とにより、結果的に品質が”実質無料“ となります。 2
  3. shimashima のQA・品質面での経歴 • 2012年からJaSST Tokyo(日本最大のソフトウェアテストについてのシンポジウム )の実 行委員 ◦ シンポジウム全体の運営、セッション企画作成、司会、登壇など •

    書籍「エキスパートが教えるSelenium最前線」共著 ◦ Web向けテスト自動化ツールについての解説 • JSTQB Advanced Level テストマネージャ 合格 ◦ 国際的なソフトウェアテストエンジニア向け資格試験、合格率 10%程度 • 各種ソフトウェアテスト関連の勉強会で登壇 3
  4. 品質が上がるとこんなに嬉しい • 無駄な作業(手戻り・バグ修正)が減らせる ◦ バグ修正よりも機能追加の方がみんな嬉しい • 高品質なソフトウェアでユーザーの利便性向上 ◦ バグのないソフトウェアの提供 •

    本番障害を減らすことで緊急対応を減らせる ◦ 安心して眠れる 4
  5. 5 • プロダクトが理想的な品質を得られるように、プロダクトチームに ソフトウェアテストを中心と した専門知識を提供します。 • 理想的な品質を得ることで、日常のサービス開発運用活動から不本意な手戻りを抑制し、 ユーザーに価値を届ける本質的な時間を増やします 。 •

    本質的な時間を増やし、プロダクトチームでの 活動のたのしさを向上し、サービス価値を創 造するサイクルを早めます ミッション・ビジョン
  6. ビジョン プロダクトチームが主役として、よりよい製品を作るためにテストの面からサポートする。 6

  7. 中心価値 7 • プロダクトセントリック ◦ プロダクトとチームを主役とし、その活動をより高めるための未来志向でのサポート を行います。 • チームとそのメンバーへの無限のリスペクト ◦

    チームとメンバーのこれまでおかれていた状況、行ってきた活動、妥協なきチャレン ジをリスペクトし、過去を責めたり否定したりしません 。 • ファクトを正面から捉える ◦ プロダクトの直面している事実を尊重し、その事実に対してどのように我々ピクシブ 一丸となって歩んでいくのかを真摯に考えます。
  8. これをやります!すべて無料! • 現在の客観的な状況を知る取り組み ◦ 障害起因による問い合わせ件数の可視化 ◦ 現在行われているテストの可視化 ▪ どういったテストが行われているのかのドキュメンテーション •

    ユーザ問い合わせやバグ対応を未然に防ぐ取り組み ◦ プロダクト品質目標、テスト計画作成支援 ◦ テスト設計支援 ◦ テスト自動化支援 8
  9. これもやります!すべて無料! • 起きた事柄に対して逆にチャンスとして活用する取り組み ◦ エスカレーションフロー整備支援 ◦ イシューふりかえり支援 • その他、プロダクトチームの状況にあわせて支援セットを用意します 9

  10. まとめ • 最終的には、チームがQAの関与なしに自律的に品質向上を行えるようになることを目指 しています。そのためのお手伝いをします。 • QA・品質のエキスパートとしていつでも相談にのります。無料です! • プロダクトの現状について知りたいので、 PMの皆さんお話を聞かせてください。 1回30分

    くらいを目安に、近日中にお伺いします。 10