Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

クラウド時代の簿記の基礎③請求書の発行と仕組み

 クラウド時代の簿記の基礎③請求書の発行と仕組み

オンライン勉強会の資料です。
https://backoffice.peatix.com

Ccb527e2db7d968d510fc5943db11d99?s=128

shin tanaka

May 23, 2020
Tweet

Transcript

  1. クラウド時代の簿記の基礎③ 2020/5/23

  2. 田中 慎 〔Shin Tanaka〕 • 1982 大阪府東大阪市生まれ → 兵庫県三田市 •

    2001 兵庫県立北摂三田高校卒業 • 2005 大阪市立大学 経済学部経済地理学専攻 卒業 • 2005 税理士事務所勤務 • 2012 税理士登録 • 2014 VBAエキスパート Excel Standard 取得 • 2015 中小企業診断士登録 • 2016 税理士法人田中経営会計事務所 設立 • 2017 京都市ソーシャルイノベーション研究所 SILK イノベーションコーディネーター〔非常勤〕 • 2019 長野県立大学ソーシャル・イノベーション創出センター アドバイザリーメンバー
  3. None
  4. クラウドサービス + 税務会計の知識 リモート環境で 活躍する力を身に着けよう! 「プロに学んでからググろう」

  5. 武田幸子(幸子) 熊倉由実(くま) 一緒に学ぶ仲間の紹介!

  6. 質問や感想はチャットでぜひ! スライドは公開します! よければnoteも見てください!

  7. 前回のおさらい

  8. 簿記 お金に関わる「取引」を「仕訳」で 「帳簿」に記録して 「決算書」をつくる ・貸借対照表 ・損益計算書

  9. 取引 お金で表すことができる会社の活動 〇 請求した/給料を払った ✕ 契約した/人を雇った

  10. 帳簿 仕訳帳・伝票:取引を仕訳で記録する 総勘定元帳:勘定科目ごとの集計表 試算表:勘定科目の一覧表 (補助簿:売上帳、仕入帳)

  11. 勘定科目 資産:いつか収益をもたらすもの(預金・商品・建物) 負債:いつか払わないといけないもの(買掛金・借入金) 純資産:資産-負債どうやってお金を集めたか(資本金) 収益:会社の収入(売上) 費用:収益を得るために払ったお金(仕入・諸経費)

  12. 勘定科目をなぜ分けるか? ・分け方は自社のルールでOK ・収入や費用の増減を把握するため ・科目が多すぎても少なすぎても分かりにくい

  13. 貸借対照表と損益計算書の関係を理解する 13 資産 負債 純資産 費用 収入 貸借対照表(BS) 損益計算書(PL) 利益

    今いくらあるか なんぼ稼いでるか
  14. クラウド時代の簿記の基礎③

  15. 今日のゴール 請求書の発行と仕組みを学ぶ

  16. 16 お金の請求の流れ 見積→契約→製作→納品→請求→入金

  17. 見積のポイント 見積→契約→製作→納品→請求→入金 17

  18. 見積のポイント 見積→契約→製作→納品→請求→入金 18 • 価格をいくらにするか • 売上-仕入-経費-税金-借入=増えるお金 • 時間単価と相場

  19. 契約のポイント 見積→契約→製作→納品→請求→入金 19 • 相手の会社情報を調べる(ネット、登記) • 契約書を結ぶ:契約は自分を守るため • クラウド契約締結サービス

  20. 製作のポイント 見積→契約→製作→納品→請求→入金 20 ・基本は支払が先、入金は後 ・順調なときも、資金繰りが大変 ・製作にかかる材料費と外注費の支払期日を管理する ・仕訳:外注費100,000/未払金100,000

  21. 納品のポイント 見積→契約→製作→納品→請求→入金 21

  22. 納品のポイント 見積→契約→製作→納品→請求→入金 22 ・納品をした日、サービス提供をした日が売上になる日 ・きちんと納品をしたかかどうかは重要

  23. 請求のポイント 見積→契約→製作→納品→請求→入金 23

  24. 請求のポイント 見積→契約→製作→納品→請求→入金 24 ・消費税は外税?内税? ・請求書発行日が売上計上日ではない ・仕訳:売掛金220,000 / 売上220,000

  25. 入金のポイント 見積→契約→製作→納品→請求→入金 25

  26. 入金のポイント 見積→契約→製作→納品→請求→入金 26 ・支払期限をいつにするか(例:末締め/翌月20日払い) ・きちんと入金の確認をする(差額は手数料?) ・入金確認までが仕事! ・仕訳:預金220,000 /売掛金220,000

  27. 今日のゴール 請求書の発行と仕組みを学ぶ