Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

メタバースやノーコードの活用について【Roblox講座】

 メタバースやノーコードの活用について【Roblox講座】

多拠点展開されている地方創生イノベーション創発の「SCBイノベーションアカデミー」にて、「メタバース×ノーコード」の講座・ディスカッションを行いました。

3D × ノーコードの Roblox(ロブロックス)の地方創生活用等について、話が広がりました。2022年のDXシンポジウム@熊本にも出展予定です。

【参考事例】
メタバース文化祭(アーティストとのメタバース美術館・企業とのメタバース広告連携など)/ 演劇でのRoblox活用 / 教育事例〜Robloxを活用した3Dプログラミング基礎講座事例 for 小中学生〜 / メタバース初詣(複数のオフライン・オンラインコミュニティ合同)/ バーチャル街づくり連合(リアル・メタバースを含めた民主的な世界創造実験)/ etc

<Robloxで世界を創ろう!@コミュニティ>
Twitter:https://twitter.com/Roblox_NOCODO
Slack:https://bit.ly/3yjM8W3

-----
<SCBイノベーションアカデミー>
https://scb-innovation.academy/product/paid-online?fbclid=IwAR0hlxpXBk9SKuFSz1pTVVqTolLUsY1wREWtRkdFSyjQC18ksb0Zip6vrhQ

8c36fb60ec838f3116b7fbebe778948e?s=128

Sho T(高橋 翔)

February 12, 2022
Tweet

More Decks by Sho T(高橋 翔)

Other Decks in Education

Transcript

  1. None
  2. 目次 1. Robloxの概要/ビジョン/クリエイターエコノミー /メタバース文化祭( 10分)【前提知識】 a. Robloxの概要・ビジョン b. クリエイターエコノミー c.

    教育にも活用 d. メタバース文化祭(動画イメージ) 2. Robloxの空間で遊ぶツアー!!(触ってみる)( 25分)【体験しましょう】 a. メタバース文化祭の空間にみんなで入る b. いくつか他にも入ってみる(宇宙駅 VII、他に?) c. 集合写真@メタバース 3. 作れる面白さ!!( 20分)【実演します】 a. パワポのように3D作成 b. 文化祭空間で実演( 10分) c. ゼロベース実演 → 公開 → みんなで入ってみる!!( 10分) 4. メタバースで広がる可能性を一緒に考えてみよう!!( 15分)※相互対話。以下は会話材料として。 a. 美術館(いろんなアーティストを巻き込んだ話) b. 広告(いろんな企業を巻き込んだ話) c. 初詣(3コミュニティ合同事例) d. プロトタイピングシティ(令和市の路線図、住所 →Robloxリンク) e. 予算/コスト(舞台シミュレーション、 URL配布で〜) f. コミュニティ形成の新しい形 / 遊びの変化 (参考:https://fin.miraiteiban.jp/roblox/ ) g. 連合を形成していかないか?(提案) 5. 長期的未来の展望( 5分)
  3. 背景・概要・ビジョン 〜Robloxやメタバースとはどういうことなのか?〜

  4. インターネットが3次元になっていく 【背景】 ネットワークもハードウェアもソフトウェアも全て進化・・・ 空間のインターネット ( ≒ メタバース化/仮想世界) 二次元インターネット

  5. Roblox(ロブロックス)のビジョン 「私たちのビジョンは、メタバース・プラット フォームで異なる人生経験を持つ人々を新 しく興味深いアイデアで結びつけることで す。」 2020年にIPO目論見書より

  6. Roblox(ロブロックス)の特徴 世界950万人以上の人々が 2,400万を超えるメタバース空間を作っている。 (マイクラ超え) →ただ遊ぶだけでなく、とてもクリエイティブな仕掛けになっている https://corp.roblox.com/ja/

  7. 収益がユーザに還元される(クリエイターエコノミー) • 作った空間(体験)やアイテムが「収益になる」クリエイターエコノミー。 • 10代の億万長者が続出し、将来の人気の職業は「Robloxクリエイター」 ※Robuxという 独自通貨システム

  8. Roblox × ノーコード性 • ノーコードでもある程度は作れてしまい、プログラミング教育で重宝。 • Luaという言語でプログラミングも可能。 • APIやプラグインで他サービスとの連携も可能 【生まれる若年層のスター人材】

  9. Roblox(ロブロックス)の規模感 • アメリカの16歳以下の半数以上がユーザで、月間アクティブユーザは世界で約 2億人。 (欧州・アジアでも流行。子供のほとんどがやっている) • 2004年に創業、2021年3月にNY証券取引所に上場し、時価総額4~5兆円。 https://s27.q4cdn.com/984876518/files/doc_financials/2021/q1/Q1-'21-Supplemental-Materials-final.pdf https://g.co/finance/RBLX:NYSE?window=YTD

  10. 今後(ゲームだけでなく、3Dのソーシャル空間創造) • 会社やコミュニティの単位で、仮想空間を自らクリエイトしていくことも期待できる • 現実の街づくりなどと連動して、空間のプロトタイピングを行うことも期待できる • 現実の物理法則やリソースに縛られない、自由な発想でアート空間を作ることも期待できる 一緒に街づくりをしたり( 2021/6) 今年の初詣はメタバースで(

    2022/1)
  11. プログラミング教育の応用としても実証実験中 • 「Roblox」を活用した子供向け IT講座「〜3Dプログラミング基礎~ デジタルクリエイター講座」を、株式会社アイ ドマ・ホールディングスと開始(好評につき定期開催中) • 3Dを活かした楽しさや好奇心をベースとした、子供たちの新たな可能性を養う教育プログラムの実施

  12. 【参考】制作画面(現在は日本語対応あり) すでに膨大な3Dアセットが 世界中のクリエイターによって作 られ、活用できます。 →組み合わせるだけで空間が 作れる! 3Dアセットはファイル化されてお り、プログラミングも可能です。 →空間設計も自由自在! 制作メニュー。

  13. 2021/10/10には、メタバース文化祭も実施しました • アーティストの作品とコラボして「メタバース美術館」を作ったり • 企業との共創パートナーで「メタバース広告」を試したり etc( PRtimes のプレスリリース等 参照) Robloxのコミュニティ

    には 現在103名が参加
  14. 遊んでみよう(触ってみる) 〜百聞は一見にしかず。まずはプレイヤーとして触ってみる〜

  15. 遊んでみよう 初詣空間や、他にもいくつか入ってみる 集合写真を撮ってみたり Roblox    → 遊ぶアプリ(灰色・赤?) Roblox Studio → 作るアプリ(青)

  16. 入ってみよう(空間) 【メタバース文化祭】 https://www.roblox.com/games/7425913867/NOCODO 【宇宙駅VII】 https://www.roblox.com/games/8533595189/VII 【世界樹】 https://www.roblox.com/games/8536889147/unnamed 【成増学園】 https://www.roblox.com/games/7011309863/unnamed

  17. 作ってみよう(実演) 〜余裕がある人は、後で真似してみましょう〜

  18. まずは完成系から(メタバース文化祭空間の実演) • 制作画面をお見せして雰囲気をお伝えします

  19. 今後の広がりを議論しよう 〜パネルディスカッション + 皆さんも参加〜

  20. a. アーティストとのコラボレーション(例:メタバース美術館) • 著名イラストレーターの作品制作過程を映像サービスとして展開する「 MakingLaBo(メイキングラ ボ)」とのコラボレーションを締結。 • ゲーム・アニメ・書籍・アート展示等で活躍するグラフィックデザイナー・コンセプチャルアーティスト等 の作品を、合計100点以上、メタバースで展示。

  21. b. 広告の在り方が変化(例:メタバース広告 / ファッション) • 共創パートナー企業のロゴやキャッチを体験とセットで展開。 • 空を飛びながら、イルミネーションを楽しみながら広告を鑑賞。 計14社の共創パートナー 様々な体験と連動

    ※前回は実施しなかったが、  キャラクターの洋服 /ファッションなどとも連動可能
  22. c. 体験/遊びの変化(例:メタバース初詣) • メタバース上で22名が集まる「メタバース初詣」を開催(2022/1/6) • 「バーチャル街づくり連合」のうち、3コミュニティが合同で主催

  23. d. 創造の変化(例:プロトタイピング・シティ) • 宇宙や神話的世界観のプロトタイピングシティも容易に可能 • 制約に縛られない自由でアート的な発想が可能 • いずれはIoT/デジタルツインとの連動も可能か? 「世界樹」がそびえ立つ「紫の世界」 (製作中)

    街の中心部に「巨大な水球」の水の都市 (製作中)
  24. e. 予算/コストの変化(例:仮想空間上でもできること) • 演劇の舞台設定などでも活用(コミュニケーションの簡略化) 感染症対策による リアルでの打ち合わせの減少 Roblox上でシミュレーション

  25. 実際の会場の様子 Roblox上のシミュレーション

  26. f. コミュニティ形成の在り方(例:土地や民族縛りから異人種・異業種へ) <例として> • 複数(不特定多数)のコミュニティで「バーチャル街づくり連合」を結成 • メタバース等を活用した参加型街づくりを、並行連動型で実施していく 「仮想の路線図」を繋げていく(各駅から空間リンク(メタバース)へ移動可)

  27. g. 連合の形成の提案(バーチャル街づくり連合) <以下のようなケーススタディを連合起点で生み出していく(例)> ※緩め(遊び寄り)からスタート • 参加型街づくり ◦ 祝祭・儀式づくり(••記念日等) ◦ バーチャル街づくり

    — 【発展形】 • 産業連携 ◦ メタバース展示会(産業Expo) ◦ メタバース美術館(アーティスト) ◦ メタバースファッションショー(アパレル) • 技術連携(IoT/AI等) ◦ リアルとバーチャルの結びつき Gucci in Roblox https://www.voguebusiness.com/gallery/gallery-fashions-metaverse-moments
  28. Futurism(未来像) 〜可能性として〜

  29. 複数の世界に生きる(マルチバース・ライフ) 【20XX年〜21XX年】 • 異なる世界それぞれに人格(アバター等)を持っている • 異なる世界それぞれに財産や役割を保有または共有している • リアル世界もそのうちの一つの世界となる (その時はリアル世界ではなく物質世界と言っているだろう※どれもリアル) •

    異なる世界間の価値は為替レートのように接続連動している • 異なる世界間で事象をプログラマブルに連動させることも可能 ※例:ある世界でボタンを押すと、別の世界2つで電気がつく等  (≒インターオペラビリティ/相互接続性の構築)  (Twitterをつぶやくとslackに通知が来るみたいなIoT/API的な応用) • BotやAIが自らの代わりに抽象人格として、または組織として対応も可能 ※例:SNS Blockchain「STEEM」では以前、 “いいね” をbotで代行しプラット フォーム貢献インセンティブを享受できるといった仕組みがあった
  30. コミュニティJoin https://join.slack.com/t/roblox-nocodo/shared_invite/zt-s40x2mza-iyFyZyx3TqLH1w~VPUWeOA @Roblox_NOCODO