Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

[SRE NEXT 2023] すべてのエンジニアに可観測性を開放する 生成AIアシスタントNew Relic Grok

srenext
October 18, 2023

[SRE NEXT 2023] すべてのエンジニアに可観測性を開放する 生成AIアシスタントNew Relic Grok

SRE NEXT 2023
https://sre-next.dev/2023/

[Speaker]
New Relic株式会社 ソリューションコンサルタント
大平 譲

[Description]
SREにとってサービス信頼性維持のための Alert 対応やObservability の実践、組織への普及は欠かせない活動になっているかと思います。今回紹介するGenerative AI を使った New Relic Grok を利用することで、すべてのエンジニアに可観測性を開放する New Relic の次世代の活用方法をご紹介します。

srenext

October 18, 2023
Tweet

More Decks by srenext

Other Decks in Technology

Transcript

  1. © 2023 New Relic, Inc. All rights reserved
    すべてのエンジニアに可観測性を
    開放する 生成AIアシスタントNew
    Relic Grok
    Yuzuru Ohira
    New Relic Solutions Consultant

    View full-size slide

  2. © 2023 New Relic, Inc. All rights reserved | FutureStack Tokyo
    SWE
    B to B SaaS Startups
    Yuzuru Ohira
    New Relic
    Solutions Consultant
    Golfer

    View full-size slide

  3. © 2023 New Relic, Inc. All rights reserved
    Safe Harbor
    This presentation and the information herein (including any information that may be incorporated by reference) is provided for
    informational purposes only and should not be construed as an offer, commitment, promise or obligation on behalf of New Relic, Inc.
    (“New Relic”) to sell securities or deliver any product, material, code, functionality, or other feature. Any information provided hereby is
    proprietary to New Relic and may not be replicated or disclosed without New Relic’s express written permission.
    Such information may contain forward-looking statements within the meaning of federal securities laws. Any statement that is not a
    historical fact or refers to expectations, projections, future plans, objectives, estimates, goals, or other characterizations of future
    events is a forward-looking statement. These forward-looking statements can often be identified as such because the context of the
    statement will include words such as “believes,” “anticipates,” “expects” or words of similar import.
    Actual results may differ materially from those expressed in these forward-looking statements, which speak only as of the date
    hereof, and are subject to change at any time without notice. Existing and prospective investors, customers and other third parties
    transacting business with New Relic are cautioned not to place undue reliance on this forward-looking information. The achievement
    or success of the matters covered by such forward-looking statements are based on New Relic’s current assumptions, expectations,
    and beliefs and are subject to substantial risks, uncertainties, assumptions, and changes in circumstances that may cause the actual
    results, performance, or achievements to differ materially from those expressed or implied in any forward-looking statement. Further
    information on factors that could affect such forward-looking statements is included in the filings New Relic makes with the SEC from
    time to time. Copies of these documents may be obtained by visiting New Relic’s Investor Relations website at ir.newrelic.com or the
    SEC’s website at www.sec.gov.
    New Relic assumes no obligation and does not intend to update these forward-looking statements, except as required by law. New
    Relic makes no warranties, expressed or implied, in this presentation or otherwise, with respect to the information provided.

    View full-size slide

  4. © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved
    Agenda
    01 Observability 実践における SRE 視点の課題
    02 New Relic Grok が提供する SRE への価値
    03 New Relic Grok デモ

    View full-size slide

  5. © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved.
    Generative AIを利用した業界初オブザーバビ
    リティアシスタント
    Perfect
    Software
    オブザーバビリティプラットフォーム全体像
    Front-End Back-End Analysis
    顧客体験の改善
    より良いソフトウェアの開発と実行
    複雑かつ大規模システムの管理
    ブラウザ体験モニタリング
    ユーザー目線でページロードやエラーを把握
    モバイル環境をモニタリング
    iOSとAndroidアプリに対応
    外形モニタリング
    世界複数拠点からの外形監視
    アプリケーション性能モニタリング
    8言語と70を超えるフレームワークに対応
    あらゆるインフラ環境をモニタリング
    パブリッククラウドとオンプレミス
    LOGS
    ログ収集と高速検索
    MELT を高速収集し検索可能に ダッシュボード開発
    /チャートビルダーで分析を
    超高速化し、あらゆるテレメトリデータの可視化
    を実現
    Pixie
    k8sにコード変更なしで
    eBPFからデータを取得
    してLive Debugging可能に
    Alert &AI
    AIを利用した検知とインシデント対応の効率化
    Vulnerability
    Management
    アプリの脆弱ライブラリの自動特定や、システ
    ム全体の脆弱性を統合的に可視化
    CodeStream
    IDE上でNew Relicで特定した Errorから該当
    ソースコードに直接ジャンプ可能
    Dashboards
    Service Levelの迅速な設定と可視化分析
    Service Level
    Management
    Grok

    View full-size slide

  6. © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved.
    Observability実践における
    SRE 視点の課題

    View full-size slide

  7. © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved.
    開発や構築は
    はやくなったかわりに
    アーキテクチャ複雑化
    そして
    ビジネス機会の損失
    原因特定の高難易度化
    デジタルビジネスの加速を後
    押しする
    テクノロジーの進化
    モバイル
    タブレット
    マイクロ
    サービス
    サーバレス
    コンテナ
    k8s
    マネージド
    サービス
    APIエコノミー
    ID連携
    マルチクラウド
    マルチ
    アカウント
    オンプレ連携

    View full-size slide

  8. ©2023 New Relic, Inc. All rights reserved.
    オブザーバビリティ
    (Observability)
    データをリアルタイムに
    取得し続け、
    常にシステム全容把握と
    問題のデバッグができる
    状態
    機会損失
    サービスレベル
    ページ表示時間
    監視から オブザーバビリティへ変化
    モバイル
    タブレット
    マイクロ
    サービス
    サーバレス
    コンテナ
    k8s
    マネージド
    サービス
    APIエコノミー
    ID連携
    マルチクラウド
    マルチ
    アカウント
    オンプレ連携

    View full-size slide

  9. © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved
    © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved.
    Dev Ops
    DevOpsのソフトウェアライフサイクル

    View full-size slide

  10. © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved
    © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved. Dev Ops
    オブザーバビリティが常にある状態が理想
    オブザーバビリティ
    オブザーバビリティ

    View full-size slide

  11. © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved
    © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved.
    Dev Ops
    開発者が主となって取り組んでいくことを目指す
    オブザーバビリティ
    オブザーバビリティ

    View full-size slide

  12. © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved
    © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved.
    Dev Ops
    オブザーバビリティが運用のものになってしまってい

    オブザーバビリティ

    View full-size slide

  13. ©2023 New Relic, Inc. All rights reserved.
    Observabilityが Developer に浸透しない理由
    ● 使い方がわからない
    ● データの取得方法がわからない
    ● データ自体が何を意味しているかわからない
    ● 問題を特定できても次に何をしたらいいのかわから
    ない

    View full-size slide

  14. © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved.
    Presentation Title
    Two Lines
    Presenter Name
    Title

    View full-size slide

  15. © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved.
    New Relic Grok
    チャットでの平易な言葉で答えに辿り着くことを可能にし、 ユーザーの開
    発・運用業務を変革。本質的なことにより注力できます!
    誰もが観察力の力を発揮できるように設計された業
    界初のGenerative AIアシスタント
    Observability x Generative AI
    ➔ コードの修正 - 開発環境でコードレベルの問題やエラーを発
    見して修正
    ➔ 自然言語によるクエリ - 自然言語からデータ検索のクエリを
    生成、クエリーを理解可能な自然言語に変換
    ➔ 問題分析 - テレメトリーデータとコンテキストから問題の洞察
    と原因を発見
    ➔ 導入設定支援 - データの収集やアラート設定など、利用開始
    に必要なサポートを提示

    View full-size slide

  16. © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved
    © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved.
    Dev
    Ops
    Generative AI を使って利用のハードルを下げる
    オブザーバビリティ
    オブザーバビリティ

    View full-size slide

  17. © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved
    © 2022 New Relic, Inc. All rights reserved.
    オブザーバビリティ
    Dev
    Ops
    Generative AI を使って利用のハードルを下げる

    View full-size slide

  18. © 2023 New Relic, Inc. All rights reserved.
    DEMO

    View full-size slide

  19. ©2023 New Relic, Inc. All rights reserved.

    View full-size slide

  20. ©2023 New Relic, Inc. All rights reserved.

    View full-size slide

  21. ©2023 New Relic, Inc. All rights reserved.

    View full-size slide

  22. ©2023 New Relic, Inc. All rights reserved.

    View full-size slide

  23. © 2023 New Relic, Inc. All rights reserved. Confidential and proprietary. For internal use only, not for external distribution.
    FAQ
    ● 使えるユーザーの権限はありますか?
    ○ Limited Preview に参加していればユーザーの権限に関係なく利用できます
    ● 無料のアカウントでも利用可能ですか?
    ○ 利用可能です
    ● お値段かかるの?
    ○ Preview 期間は無料でご利用頂けます
    ● 質問内容は OpenAIのモデル学習に使われない?
    ○ OpenAI 自体のモデル学習のためには利用しません
    ○ プロンプトやレスポンス、ユーザーからのフィードバックは Grok の改善のために
    利用されることがありますがそれらはすべて顧客固有の情報などは削除された形
    で利用されます

    View full-size slide

  24. ©2023 New Relic, Inc. All rights reserved.
    まとめ
    ● 開発者に Observability が浸透しない悩みが
    SRE で起きがち
    ● ChatGPT を始めとした Generative AI 製品群の
    登場で新しいものを使うハードルが下がっている
    New Relic Grok で気軽に Observability に
    触れてもらう機会を作ろう!!

    View full-size slide

  25. © 2023 New Relic, Inc. All rights reserved.
    Early Access受付中!!
    The world’s first GenAI assistant for Observability
    ブースでも受け付けて
    ます!

    View full-size slide

  26. © 2023 New Relic, Inc. All rights reserved.
    Thank you.
    第2版
    SAMPLE
    2023年12月11日
    発売予定!!
    予約はこちらから
    !!

    View full-size slide