Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ハンズオン入門

 ハンズオン入門

Women Techmakers Kyoto 2017 - IWD での登壇資料です。

2回のハンズオン メインメンター経験から自分なりの
「ハンズオンを開催するときのコツ」のようなものについてまとめました。

C385e96e5ddd25faba59e3e14fc3e019?s=128

ショウノシオリ

April 15, 2017
Tweet

More Decks by ショウノシオリ

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Women Techmakers Kyoto 2017 - IWD ハンズオン入門

  2. 自己紹介 ショウノシオリ ◦ 株式会社chatbox ◦ エンジニア ◦ @shoshoでQiita記事 書いてます

  3. ハンズオンに参加したことが ありますか?

  4. ハンズオンのメインメンター をしてみたことってありますか?

  5. 2回程、メインメンターをする機会が あったので

  6. 今日はこの2回のハンズオンについて 振り返ってみようかなぁと思います

  7. もし「ハンズオンしてみようかな」 という人がいれば ちょっとでも参考になれば嬉しいです

  8. 1. Laravel5.3 で Basic Task List を作ろう! 2. Gulp で学ぶ

    Sass と Pug Laravelの方は勉強会で、 Gulpの方はカンファレンスでしました ハンズオンの内容
  9. ▷ Laravel5.3 を使用 ▷ 元ネタは Laravel5.2 の quickstart ▷ 基本的に訳した&最低限必要なものだけ

    ▷ 時間は3時間 Laravel のほう
  10. ▷ スライド ▷ Qiita記事 まずは流れをQiitaに記事としてまとめて、大 体固まったらスライドにおこした 用意したもの

  11. ▷ ドキュメント以外のことを詰め込まない ◦ 話がそれがちなので ▷ 何度か他の人に資料などをレビューしても らった ◦ 流れがわかりにくくないか? ◦

    ハンズオン経験者の意見を聞いたり(ス ライドを分割するといいよとか) ▷ 2回ぐらいオフィスで練習してみた 気をつけたこと
  12. 結果 ▷ 自己評価:まぁまぁ(はじめてのわりに) ▷ 練習したおかげで落ち着いて進めれた ▷ メンターに助けられた ▷ 時間に余裕があったのがよかった

  13. 得られた知見 ▷ コードをはりつけることを目的とするなら Qiitaは結構オススメ ◦ 先に進めたい人はQiita記事を使ってい た印象 ▷ 練習は精神を安定させる

  14. ▷ Gulp / Sass / pug の基本を説明 ▷ そして実際に書いてみよう、というもの ▷

    けっこう焦ってつくった ▷ だが自分的には「わりといい感じちゃう?」 とか思っていた(笑) ▷ 時間は1時間 Gulp のほう
  15. ▷ スライド ▷ リポジトリ ▷ CodePen Gulp のときに Node.js が上手く入らないこと

    を見越して、CodePenを用意 用意したもの
  16. ▷ できるだけ簡単なコードだけにしてみた ▷ スライド中でできるだけ難しい言葉は使わ ないように ▷ 全体として見やすいスライドを心がけた 気をつけたこと

  17. 結果 ▷ 自己評価:あんまり... x x ▷ 1時間って短い ▷ 巡回しすぎた ◦

    メンターがもう少しいると良かったかも? ▷ 説明を区切り過ぎた ◦ ライブコーディングは説明をしてからまと めてやったほうが良かった
  18. 得られた知見 ▷ コードをはるならスクショにしちゃってコピペ できないようにしたほうがいいかも ◦ フォントが影響してコマンドが動かない、 ということがあった ▷ そもそもSass&pugの文法はCodePenで 良かったのでは?

    ▷ 時間的にSass&pugじゃないときつかった かな...
  19. この2つのハンズオンで大きく違うところ ってなんだろう?

  20. 「時間」かな

  21. 長め のハンズオンのときは ▷ 「完成させるもの」を用意する ▷ 資料づくり、準備はそれなりにしておく

  22. ▷ CodePenなどのツールを上手く使う ▷ やりきれるようイメトレをしておく とよさそうかなぁ、と 短め のハンズオンのときは

  23. Laravel のハンズオンのほうが比較的 ◎ だったのは

  24. 時間に対してボリュームが まだ良かったのかな...?と思いました

  25. 次やるときは... ▷ 短めのハンズオン ◦ 「良さ」を味わえるような手軽さを ▷ 長めのハンズオン ◦ 「持って帰ってやってみよう!」と思って もらえる準備を

    心がけてみようと思います
  26. 教える側も勉強になる ハンズオン

  27. おすすめです

  28. None
  29. スピーカー & スポンサー募集中 です!

  30. Thanks! Any questions?