Nuxt.js で SSR 対応する

Nuxt.js で SSR 対応する

2019/1/19 v-kansai での発表スライドです。
Nuxt でSSRするのはそんなに難しくなかったよ〜というお話。

C385e96e5ddd25faba59e3e14fc3e019?s=128

ショウノシオリ

January 19, 2019
Tweet

Transcript

  1. Nuxt.js で SSR 対応をする 2019.1.19 v-kansai Vue.js/Nuxt.js meetup #2

  2. ショウノシオリ @shosho_egg 株式会社 chatbox (Web制作、IT系イベントの運営・支援 etc) フロント&バックエンドエンジニア Vue.js・Nuxt.js / PHP(Laravel)

    PHPカンファレンス関西 2017&2018 実行委員長
  3. Nuxt.js で SSR 対応をすることになったきっかけ

  4. 「Laravel JP Conference のスポンサー詳細ページ を SSR対応にしてください」 (Nuxt.js で作ったサイト)

  5. “ 「SSRって聞いたことあるけど、何?」 「なぜするの?」 「どうやってするの?」

  6. と私が実際に疑問に思ったことを中心に 学んだことなどを紹介しようと思います

  7. 「SSRって何?」 「なぜするの?」

  8. SSRとは? ▷ サーバーサイドでレンダリングすること ◦ サーバー上で Vue.js を HTML にする、とか ▷

    メリット ◦ ブラウザ以外の場所(サーバー)で HTML を生成することができ る ◦ ブラウザに表示される前にHTMLにデータを埋め込むことができ るため、SEO的に強かったりする ▷ デメリット ◦ 実装が面倒 ▪ ブラウザで使える関数がサーバー上では使えなかったりする ので、その辺を考慮しなければならない
  9. Nuxt.js の SSR 対応 ▷ Nuxt.js には SSR の機能が備わっている ◦

    Nuxt.js は SSR機能、vuex、vue-router などアプリケーション構築 に便利なツールが備わった Vue.js の FW (Vue.js で SSR するには vue-server-render を入れる必要有) ◦ 今回試したのは generate の SSR
  10. 「どうやってするの?」

  11. 今回 SSR 対応 するページ ◦ pages/sponsor/_name.vue ◦ コーディングのみ完了 ◦ スポンサー情報は

    API で取得 ◦ SSR 対応するとスポンサー情報がSEO的に◎
  12. やることは2つ 1. 動的URLページを静的ページ化する 2. ページコンポーネントで SSR する

  13. 1. 動的URLページを静的ページ化する ▷ Nuxt.js はファイル名を _ 始まりにすると、複数のURLで同じ コンポーネントを表示させることができる ◦ 今回のファイルは

    pages/sponsor/_name.vue ◦ _ name.vue のパラメータは $route.param.name でとれる ▷ ただし、_ 始まりのファイルは generate 時に書き出されない ◦ generate は実際に HTML ファイルに変換して書き出す作業を行う ◦ _ で始まるファイルを HTML に書き出したい場合は設定が必要
  14. ▷ nuxt.config.js の generate プロパティ下にある routes オプ ションに配列で設定 設定方法 //nuxt.config.js

    module.exports = { generate: { routes: [ ‘/sponsor/株式会社A’, ‘/sponsor/株式会社B’, ‘/sponsor/株式会社C’, ] } }
  15. ▷ 動的なパラメータが必要な場合は Promise を返す関数を使う ことができる ◦ callback + 関数 でもOK

    import axios from “axios” module.exports = { generate: { async routes() { const path = [] const request = axios.create({ baseURL: ‘https://...’ }) const {data} = await request(“/sponsors”) for (let plan of data.sponsor_plans { for (let sponsor of plan.sponsors) { path.push(`/sponsor/${sponsor.name}`) } } return path } } }
  16. 2. ページコンポーネントで SSR する ▷ SSR せず、mounted() や created() でデータをとってくると、

    ブラウザで読み込まれた段階でデータは空っぽになってし まっている ▷ ページコンポーネント内で SSR するには asyncData / fetch が使える ◦ 両者ができることは同じだが、readability の観点から使い分けるの がよい ◦ vuex にデータを入れるときは fetch、ページコンポーネントでデータ を使うときは asyncData
  17. ▷ ページコンポーネントで SSR しない場合 ◦ generate した場合、mounted() は呼び出されないので data() がその

    まま出力される
  18. ▷ ページコンポーネントで asyncData を使って SSR する場合 ◦ generate時に asyncData が呼び出されるので、data()

    は上書きされる
  19. asyncData / fetch ▷ ページコンポーネントがロードされる前に呼び出される ▷ SSRやページ遷移前にも呼び出される ▷ 第一引数に context

    オブジェクトを受け取ることができる ▷ ページコンポーネントが初期化される前に呼び出されるた め、asyncData/fetch の中で this は使えない
  20. 実際に使ってみる //sponsor/_name.vue <script> export default { name: ‘sponsor’, async asyncData({store,

    route}) { const [sponsor] = await Promise.all([ store.dispatch(“fetchSponsorData”, route.params.name), ]) return {sponsor} } } </script> ▷ 今回はページコンポーネント内でデータを使うため asyncData を使用 ◦ context オブジェクトからは store、route などが取れる
  21. 完成!! スポンサー詳細画面の SSR 対応が完了しました

  22. 「Nuxt.js で SSR 対応してみた」感想 ▷ Nuxt.js で作ったサイトであれば SSR 対応をするハードル はあまり高くない

    ◦ 作ったサイトやサービスをより良くしていくためにも、必要であれば 取り入れるのが良さそう ▷ ただし、面倒くささは確かにある ◦ 必要なページコンポーネントでだけ実装するのが良さそう
  23. 参考 ▷ https://speakerdeck.com/bumptakayuki/nuxt-dot-js dehazimeru-sabasaidorendaringu?slide=8 ▷ https://zen-web.net/blog/nuxtjs-asyncdata-fetch/ ▷ https://ja.nuxtjs.org/api/configuration-generate/#ge nerate-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%91%E3 %83%86%E3%82%A3

  24. Thanks! Any questions? You can find me at: @username user@mail.me