Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Colabをshellから使う

 Colabをshellから使う

2019/08/10のNSEG勉強会で話した内容です。
Colab上でshellを使う手法の紹介と、自サーバへのリモートフォワードで使う方法を説明します。

SATOH Kiyoshi

March 22, 2022
Tweet

More Decks by SATOH Kiyoshi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Colab をshell から使う Colab をshell から使う 2019/8/10 さとうきよし

  2. Colab とは Colab とは 無料でGPU/TPU 付きサーバを使えるサービス Web(Jupyter) 上からPython 環境が即利⽤可能 最⾼!

  3. Colab の構成 Colab の構成 接続時にlinux のコンテナが起動 Web(Jupyter) 上から操作を⾏う コンテナ種によりGPU かTPU

    が利⽤できる 完全に独⽴した環境なのでインストールも可能 コンテナは連続12 時間までしか稼働出来ない
  4. コマンドの実⾏ コマンドの実⾏ Python の他にコマンドも実⾏可能 !cat /etc/debian_version !apt install sshd だがセルからしか実⾏できないため結構不便

  5. 外からの接続は出来ない 外からの接続は出来ない 外には出ていけるが外からは接続できない コンテナから外にトンネルを作りそこ経由で接続

  6. ngrok というサービス ngrok というサービス ローカル上のものを外から接続可能にするサービス テストで動かしてるWeb サービスを⼀時的に接続可に 特定サーバ・ポートにアクセスするとフォワードする serveo という同種のサービスもある

  7. Colab からngrok を利⽤ Colab からngrok を利⽤ sshd とngrok をコマンドで⼊れて利⽤ 下記内容をセルに貼って実⾏

    import random, string, urllib.request, json, getpass #Generate root password password = ''.join(random.choice(string.ascii_letters + string.digits) for i in range(20)) #Download ngrok ! wget -q -c -nc https://bin.equinox.io/c/4VmDzA7iaHb/ngrok-stable-linux- ! unzip -qq -n ngrok-stable-linux-amd64.zip #Setup sshd ! apt-get install -qq -o=Dpkg::Use-Pty=0 openssh-server pwgen > /dev/null #Set root password ! echo root:$password | chpasswd ! mkdir -p /var/run/sshd ! echo "PermitRootLogin yes" >> /etc/ssh/sshd_config ! echo "PasswordAuthentication yes" >> /etc/ssh/sshd config https://stackover ow.com/questions/48459804/how-can-i- ssh-to-google-colaboratory-vm
  8. ngrok の問題 ngrok の問題 時々切れる ちょっと重い ngrok へのログインがだるい セキュリティ上の懸念(MITM) がちょっと不安

  9. ssh のリモートフォワード ssh のリモートフォワード 固定IP のサーバがあればngrok と同様のことが可能 local から実⾏ ssh

    -R 8081:target:80 remote /etc/ssh/sshd_con g にリモート接続許可する設定が必要 GatewayPorts yes https://qiita.com/mechamogera/items/b1bb9130273deb9426f5
  10. Colab→ ⾃サーバへのトンネル Colab→ ⾃サーバへのトンネル Colab 側から⾃サーバへトンネルを張る ⾃サーバからトンネル伝ってssh 接続 Colab 側から実⾏

    ssh -fNR 20022:target:22 username@dev.example.jp dev.example.jp から実⾏ ssh -p 20022 root@localhost
  11. ⼊⼒が出来ない問題 ⼊⼒が出来ない問題 プロンプトからのパスワード⼊⼒等が出来ない パスワード⼊⼒はフォーム機能で⼊れる パスワード受け渡しはSSH_ASKPASS で回避 HostKeyChecking もオプションで回避 proxy_password =

    'password' #@param {type:"string"} !echo "echo $proxy_password" > proxy_password.sh !chmod +x proxy_password.sh get_ipython().system_raw( 'export SSH_ASKPASS=/content/proxy_password.sh; export DISPLAY=dummy:0; setsid ssh -oStrictHostKeyChecking=no -fNR 20022:localhost:22 username@dev.example.jp &')
  12. Colab 側sshd の起動 Colab 側sshd の起動 先にsshd を⼊れて起動しておく LD_LIBRARY_PATH の設定無いとエラーになるので注意

    import random, string, urllib.request, json, getpass password = ''.join(random.choice(string.ascii_letters + string.digits) for i in range(20)) print(f'Root password: {password}') ! apt-get install -qq -o=Dpkg::Use-Pty=0 openssh-server pwgen > /dev/null ! echo root:$password | chpasswd ! mkdir -p /var/run/sshd ! echo "PermitRootLogin yes" >> /etc/ssh/sshd_config ! echo "PasswordAuthentication yes" >> /etc/ssh/sshd_config ! echo "ClientAliveInterval 30" >> /etc/ssh/sshd_config ! echo "GatewayPorts yes" >> /etc/ssh/sshd_config ! echo "LD_LIBRARY_PATH=/usr/lib64-nvidia" >> /root/.bashrc ! echo "export LD_LIBRARY_PATH" >> /root/.bashrc get_ipython().system_raw('/usr/sbin/sshd -D &')
  13. 問題点 問題点 ⾃サーバがない → GCE の無料枠で踏み台サーバを⽴てる パスワードの受け渡し⽅ フォーム機能だとノートにパスワードが残る

  14. Colab でshell 使えるの便利 Colab でshell 使えるの便利 ディープラーニングもののプロダクトの実験に便利 ⾃宅に⾼いGPU 積んだマシンなくても気軽に試せる