Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AWS CDKを利用して、 Next.js/Stripeで構築したフルスタックSaaSアプリをデプロイ・管理する/cdk-conf-jp-2022

AWS CDKを利用して、 Next.js/Stripeで構築したフルスタックSaaSアプリをデプロイ・管理する/cdk-conf-jp-2022

Hidetaka Okamoto (Stripe)

April 09, 2022
Tweet

More Decks by Hidetaka Okamoto (Stripe)

Other Decks in Programming

Transcript

  1. AWS CDKを利用して、 Next.js/Stripeで構築したフルスタック SaaSアプリをデプロイ・管理する AWS CDK Conference Japan 2022 Hidetaka

    Okamoto(@hide__dev) 2022/04/09
  2. 岡本 秀高 ( @hide__dev ) • Stripe Developer Advocate (ex-developer

    in Digitalcube) • JavaScript / TypeScript developer • AWS / Next.js / WordPress / etc… • WordCamp Kyoto 2017 / JP_Stripes Connect 2019 / AWS Samurai 2017 / etc… • 🐈(猫フラご容赦󰢛) 2 ジャムジャム!!Jamstack_5 #cdkconf
  3. 3 https://stripe.com/jp

  4. 4 決済だけでなく決済周辺の機能もご利用可能 AWS CDK Conference Japan 2022 Payments Checkout Radar

    Billing Connect Terminal Issuing Payouts Capital Corporate Card Treasury オンライン決済 構築済み決済 UI 不正使用とリスクの管理 サブスクリプションの管理 プラットフォーム向けの決済 Climate Sigma Atlas 収益の一部で CO2 除去に貢献 カスタムレポート Identity 決済最適化 ビジネスモデル ビジネス運営 送金・資金移動 融資・法人カード発行 オンライン請求書 Invoicing BaaS 支出管理 ビジネスの資金調達 海外への入金 カード作成 Tax 消費税と VAT の自動計算 オンライン本人確認 スタートアップの企業設立 対面支払い (日本未展開)
  5. Low Code / No Codeで、決済リンクが作れる 5 AWS CDK Conference Japan

    2022 #cdkconf const session = await stripe.checkout.sessions.create({ mode: "payment", success_url: `${req.headers.origin}`, cancel_url: `${req.headers.origin}`, line_items:[{ price: req.body.price_id, quantity: 1 }] }) return session.url
  6. Stripeをより便利に使うには、サーバー側の処理が必要 • 請求やサブスクのデータは、 サーバー側で作成・処理する • クライアント側だけでもできないことはない *Stripe-js SDKのCheckoutやPayment Linksを利用 •

    が、機能面の制限がでる ◦ クーポン入力 ◦ 消費税の自動計算 ◦ 動的な料金プラン ◦ etc… • フロントエンドのアプリと、 サーバー側の処理の両方を 用意しておきたい 6 AWS CDK Conference Japan 2022 #cdkconf
  7. Next.js: ExpressライクなAPIとReactアプリをまとめて管理 • React向けのフレームワーク • フロントエンドと バックエンド(REST API)を まとめて管理できる •

    SSRや静的化、ISRに対応 画像の最適化も • ウェブアプリから メディア・通販など、 幅広い用途で採用が増加中 7 AWS CDK Conference Japan 2022 #cdkconf https://nextjs.org/
  8. Reactでフロントエンドを実装(一部Next.js独自実装有) 8 AWS CDK Conference Japan 2022 import type {

    GetStaticProps, NextPage } from 'next'; import Head from 'next/head'; import Image from 'next/image'; import styles from '../styles/Home.module.css'; export const getServerSideProps: GetServerSideProps = async () => { return { props: {} }; }; export const getStaticProps: GetStaticProps = async () => { return { props: {} }; }; const Home: NextPage = (props) => { return ( <div className={styles.container}> <Head> <title>Create Next App</title> </Head> </div> ); };
  9. APIはExpressライクな書き方で実装 9 AWS CDK Conference Japan 2022 import { NextApiRequest,

    NextApiResponse } from 'next'; import Stripe from 'stripe'; export const stripe = new Stripe(process.env.STRIPE_SECRET_KEY as string, { apiVersion: '2020-08-27' }); export default async function handler(req: NextApiRequest, res: NextApiResponse<{ url: string | null; }>) { const session = await stripe.checkout.sessions.create({ mode: 'payment', line_items: [{ price: 'price_xxxxx', quantity: 1, } ], success_url: 'http://localhost:3000/success', cancel_url: 'http://localhost:3000/cancel', }); res.status(200).json({ url: session.url, }); }
  10. Next.jsで実装したアプリのデプロイ先(一例) • Vercel: Next.jsの提供元で、Next.jsに最適化されているホスティング • NetlifyやAmazon S3: 静的にサイトをビルドする( APIやサーバー側機能を使わない)場合に使える •

    AWS Amplify: AWSで、GUIからアプリの設定やアプリのパイプラインを管理したい。 • Lambda@edgeなど: serverless-nextjsを使って、AWSで構成をコード管理したい。 • AWS App Runner: Node.jsのアプリとして、コンテナの文脈で管理したい。 10 AWS CDK Conference Japan 2022
  11. Amplifyか、それ以外のAWSサービスか • AWSで手軽に開始するなら AWS Amplify • GUIで直感的に設定が可能 ワークフローなども管理可 • Amplify

    Studioを使えば、 Figmaとの連携も可能 • 連携するAWSサービスが 増えると、IAM系で少し手間 • コードで管理したいか、 GUIでなるべく管理したいか 11 AWS CDK Conference Japan 2022 #cdkconf
  12. Serverless Next.js pluginを利用する • AWSでNext.jsを Serverlessに使う場合に利用 • Next.jsを動かすための、 AWSリソースを作成・管理 •

    CloudFront / Lambda@edge S3 / SQSなどをデプロイする • Serverless Componentまたは AWS CDKから利用可能 • CDK v2にも対応済み 12 AWS CDK Conference Japan 2022 #cdkconf https://github.com/serverless-nextjs/serverless-next.js
  13. NextJSLambdaEdgeコンストラクタを設定するだけ 13 AWS CDK Conference Japan 2022 import * as

    cdk from "aws-cdk-lib"; import { NextJSLambdaEdge } from "@sls-next/cdk-construct"; import { Construct } from "constructs"; export class ServerlessNextjsCdkExampleStack extends cdk.Stack { constructor(scope: Construct, id: string, props?: cdk.StackProps) { super(scope, id, props); const app = new NextJSLambdaEdge(this, "NextJsApp", { serverlessBuildOutDir: "./build" }); new cdk.CfnOutput(this, 'Domain', { value: app.distribution.domainName, description: 'CloudFrontDomain' }) } }
  14. serverless-nextjsでデプロイするリソース • CloudFront: CDN • S3: 静的ファイルのホスト • Lambda@Edge ◦

    APIの処理実行 ◦ アプリのSSR系処理 ◦ 画像処理系 ◦ ISR処理系 • SQS: ISR処理系 • そのほか: IAM / CWL / etc 14 AWS CDK Conference Japan 2022 #cdkconf https://github.com/serverless-nextjs/serverless-next.js# architecture
  15. serverless-nextjsを使う上での注意点 • Lambda@edgeの仕様・制限に影響を受ける ◦ Nodeのランタイムバージョン ◦ 実行時間 ◦ 環境変数 •

    Lambdaのログが複数リージョンの CWLに散らばるので、Sentryなどの併用が安全 • Next.js / Vercelのアップデート後、サポートまで時間差があるケースも 15 AWS CDK Conference Japan 2022
  16. AWS CDK + Next.js (+ Stripe) Topics: • Next.jsプロジェクトに、serverless-nextjs +

    AWS CDKを追加する • Secrets Managerを利用して、安全にAPIキーを利用する • CloudFrontのキャッシュ設定をカスタマイズする • 独自ドメイン設定のために、 ACMを設定する 16 AWS CDK Conference Japan 2022
  17. AWS CDK + Next.js (+ Stripe) Topics: • Next.jsプロジェクトに、serverless-nextjs +

    AWS CDKを追加する • Secrets Managerを利用して、安全にAPIキーを利用する • CloudFrontのキャッシュ設定をカスタマイズする • 独自ドメイン設定のために、 ACMを設定する 17 AWS CDK Conference Japan 2022
  18. Next.jsをセットアップ後、CDKを追加する • CDKの方が、 後から手動追加しやすい • Next.jsとCDKを 別ディレクトリ化はちょっと大変 (monorepoなら・・・?) • リソース区別のため、

    CDKディレクトリを用意 • CDKのリソースを消せば、 Vercelなどへの引っ越しも容易 • cdk initした後、ファイルだけ 持ってくるやり方でも可能 18 AWS CDK Conference Japan 2022 https://github.com/serverless-nextjs/serverless-next.js # Next.jsのセットアップ $ npx create-next-app --typescript ✔ What is your project named? … cdk-demo # AWS CDKのリソースを手動追加(最小限) $ yarn add aws-cdk-lib constructs source-map-support $ yarn add -D aws-cdk ts-node $ touch tsconfig.cdk.json cdk.json # Serverless Next.jsを追加する $ yarn add @sls-next/cdk-construct # CDK用のファイルを追加 $ mkdir -p cdk/bin $ touch cdk/bin/aws-cdk.ts $ touch cdk/stack.ts
  19. CDKとNext.jsでtsconfig.jsonを分ける(tsconfig.cdk.json) 19 AWS CDK Conference Japan 2022 { "compilerOptions": {

    "target": "ES2018", "module": "commonjs", // ここでNext.js/CDKがコンフリクトする "lib": [ "es2018" ], … "typeRoots": [ "@types", "./node_modules/@types" ] }, "include": [ "next-env.d.ts", "cdk" ], "exclude": [ "pages", "public", "styles", "node_modules", ".next", "cdk.out"] }
  20. CDK.jsonを用意する(cdk initした結果を使っても可) 20 AWS CDK Conference Japan 2022 { "app":

    "npx ts-node --project tsconfig.cdk.json --prefer-ts-exts cdk/bin/aws-cdk.ts", "context": { "@aws-cdk/aws-apigateway:usagePlanKeyOrderInsensitiveId": true, "@aws-cdk/core:stackRelativeExports": true, "@aws-cdk/aws-lambda:recognizeVersionProps": true, … }
  21. CDKでリソースを定義(cdk/stack.ts) 21 AWS CDK Conference Japan 2022 import * as

    cdk from "aws-cdk-lib"; import { NextJSLambdaEdge } from "@sls-next/cdk-construct"; import { Construct } from "constructs"; export class ServerlessNextjsCdkExampleStack extends cdk.Stack { constructor(scope: Construct, id: string, props?: cdk.StackProps) { super(scope, id, props); const app = new NextJSLambdaEdge(this, "NextJsApp", { serverlessBuildOutDir: "./build" }); new cdk.CfnOutput(this, 'Domain', { value: app.distribution.domainName, description: 'CloudFrontDomain' }) } }
  22. CDKでNext.jsのビルドを指示(cdk/bin/aws-cdk.ts) 22 AWS CDK Conference Japan 2022 #!/usr/bin/env node import

    'source-map-support/register'; import { App } from 'aws-cdk-lib'; import { Builder } from "@sls-next/lambda-at-edge"; import { AwsCdkStack } from '../stack'; const builder = new Builder(".", "./build", { args: ["build"] }); builder.build() .then(() => { const app = new App(); new AwsCdkStack(app, 'ServerlessNextjsCdkExampleStack', { }); }) .catch((e) => { console.log(e); process.exit(1); });
  23. nextコマンドでローカル実行、cdkコマンドでデプロイ 23 AWS CDK Conference Japan 2022 # Next.jsアプリをローカル実行 $

    yarn dev $ npx next dev # Next.jsアプリとCDKのビルド -> CFN出力 $ npx cdk synth # Next.jsアプリのビルド -> AWSへデプロイ $ npx cdk deploy
  24. AWS CDK + Next.js (+ Stripe) Topics: • Next.jsプロジェクトに、serverless-nextjs +

    AWS CDKを追加する • Secrets Managerを利用して、安全にAPIキーを利用する • CloudFrontのキャッシュ設定をカスタマイズする • 独自ドメイン設定のために、 ACMを設定する 24 AWS CDK Conference Japan 2022
  25. Serverless Next.jsでのAPIキー管理 • Stripeには、フロント用の公開可能キー とシークレットAPIキーの2つがある ◦ シークレットAPIキーは、顧客情報などにもアクセスできる ので、門外不出 ◦ 公開可能キーは、ソースから取得されても問題のない

    「公開して良い」キー ◦ 「カスタマイズ可能なシークレット APIキー相当」として、「制限付きキー」もある • 最低でもシークレットAPIキーは、AWSを利用して安全に管理する必要がある • Lambda@Edgeなので、環境変数で埋め込む方法はそもそも使えない 25 AWS CDK Conference Japan 2022
  26. 安全なAPIキー管理のため、Secrets Managerをつかう • APIキーなどを安全に 管理するためのサービス • API呼び出しへの課金なので、 呼び出し回数には注意 • コストが厳しい場合、

    Systems Managerで代替も • キーのローテーションなど、 安全性をとるならこちら 26 AWS CDK Conference Japan 2022 #cdkconf
  27. Secrets Managerへのアクセス権を設定 27 AWS CDK Conference Japan 2022 import {

    PolicyStatement } from 'aws-cdk-lib/aws-iam' // 中略 const app = new NextJSLambdaEdge(this, "NextJsApp", { serverlessBuildOutDir: "./build" }); const secretManagerPolicyStatement = new PolicyStatement({ resources: ['Secret ManagerのSecret ARN'], actions: ['secretManager:GetSecretValue'] }) app.defaultNextLambda.addToRolePolicy(secretManagerPolicyStatement); if (app.nextApiLambda) app.nextApiLambda.addToRolePolicy(secretManagerPolicyStatement);
  28. Lambda内で取得・利用する 28 AWS CDK Conference Japan 2022 import { SecretsManager

    } from 'aws-sdk'; import Stripe from 'stripe'; const secretsmanager = new SecretsManager(); const secrets = await secretsmanager.getSecretValue({ SecretId: 'secret-id' }).promise() const secretsJSON = JSON.parse(secrets.SecretString) const stripe = new Stripe(secretsJSON.STRIPE_SECRET_API_KEY)
  29. AWS CDK + Next.js (+ Stripe) Topics: • Next.jsプロジェクトに、serverless-nextjs +

    AWS CDKを追加する • Secrets Managerを利用して、安全にAPIキーを利用する • CloudFrontのキャッシュ設定をカスタマイズする • 独自ドメイン設定のために、 ACMを設定する 29 AWS CDK Conference Japan 2022
  30. Serverless Next.js Constructの戻り値から上書きする • LambdaやCloudFrontの設定は 上書き可能 • TypeScriptなどの型付き言語は、 定義を追いかけて調査しやすい •

    「一部だけ変更」は難しそう • cdk synthでCFNスタックを 出力し、初期値を調査する方式 • Amplifyより手間だけど、 触れる範囲と柔軟性は上 30 AWS CDK Conference Japan 2022 https://github.com/serverless-nextjs/serverless-next.js import { Stack, StackProps, CfnOutput, Duration } from 'aws-cdk-lib'; import { NextJSLambdaEdge } from "@sls-next/cdk-construct"; import { CachePolicy, CacheQueryStringBehavior, CacheHeaderBehavior } from 'aws-cdk-lib/aws-cloudfront'; // 中略 const app = new NextJSLambdaEdge(this, "App", { serverlessBuildOutDir: "./build"}); app.nextLambdaCachePolicy = new CachePolicy(this, "NextLambdaCache", { queryStringBehavior: CacheQueryStringBehavior.all(), headerBehavior: CacheHeaderBehavior.allowList("Authorization", "Origin"), cookieBehavior: { behavior: 'all' }, defaultTtl: Duration.seconds(0), maxTtl: Duration.days(365), minTtl: Duration.seconds(0),
  31. AWS CDK + Next.js (+ Stripe) Topics: • Next.jsプロジェクトに、serverless-nextjs +

    AWS CDKを追加する • Secrets Managerを利用して、安全にAPIキーを利用する • CloudFrontのキャッシュ設定をカスタマイズする • 独自ドメイン設定のために、ACMを設定する 31 AWS CDK Conference Japan 2022
  32. Serverless Next.js Constructの引数から設定 • 「よくある設定」は、 Constructの引数から指定可能 • ドメイン・ログ・Cookie キャッシュ設定など・・・ •

    「どう解釈されるか」は、 cdk synthなどで出力を読もう 32 AWS CDK Conference Japan 2022 https://github.com/serverless-nextjs/serverless-next.js const app = new NextJSLambdaEdge(this, "NextJsApp", { serverlessBuildOutDir: "./build", domain: { domainNames: ['example.com'], certificate: Certificate.fromCertificateArn( this, "ACM", 'ACM Resource ARN' ) }, withLogging: false, whiteListedHeaders: ["Authorization", "Origin"] });
  33. まとめ • AWS CDKを使うと、Next.jsアプリをAWSと連携させやすくなる • ただしLambda@edgeを利用する前提の構成になる点に注意 • GUIベースの管理や手軽さを求めるなら Amplify、AWS使わないならVercel •

    利用開始も終了も手軽にできる serverless-nextjsで、 Next.jsを利用したアプリ・サイト開発で AWSリソースをフル活用しよう 33 AWS CDK Conference Japan 2022