Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

RPAスモールスタートの運用はこれで決まり_.pdf

F0798e3a78127572e10b552e0776ebd5?s=47 sugi
May 26, 2019

 RPAスモールスタートの運用はこれで決まり_.pdf

F0798e3a78127572e10b552e0776ebd5?s=128

sugi

May 26, 2019
Tweet

Transcript

  1. Copyright (C) Japan Tech System. All Rights Reserved. 2019年5月24日 ㈱ジャパン・テック・システム

    企画部 杉山 RPAスモールスタートの運用はこれで決まり!
  2. Copyright (C) Japan Tech System. All Rights Reserved. はじめに •

    会社紹介 – 株式会社ジャパン・テック・システム • 設立 2007年 • 事業内容 ITのコンサルティング~開発~保守等(主にトヨタ関連) 2018年4月からRPA事業を開始 • 関連会社 岐阜車体工業(トヨタのハイエースを生産) • 事業所 名古屋、刈谷 • 規模 50人 • 自己紹介 – 杉山博紀 • 2005~2016 SEとして主にトヨタ系製造業の基幹システム等を構築 • 2017 企画部に異動し、システム化提案を実施 • 2018~現在 これまでの経験を活かしRPA事業を担当
  3. Copyright (C) Japan Tech System. All Rights Reserved. LT内容 中小企業の

    RPAスモールスタートで スマートな運用を! 課題 対策実例
  4. Copyright (C) Japan Tech System. All Rights Reserved. 1.トヨタ系部品メーカーのRPA化構想 •

    顧客数が多く注文処理のシステム化が困難⇒RPA化を検討 客先A業務 主要客先の受注確認~入力 2時間以上/日 人の作業を 全て廃止予定 客先B業務 客先C業務 ・ ・ ・ ・ ・ ・ Before After BizRobo!トライアルでWeb、Excel、基幹システムの 開発目途はたったが・・・
  5. Copyright (C) Japan Tech System. All Rights Reserved. 2.運用課題と対応方針 前提

    方針 課題 結論 ・RPAによる業務改善に着目! ・サーバー型ツールの予算確保が困難 ・クライアント型RPAツールを導入検討 ・ロボットの手動実行が運用的に困難 (約30台のロボットを1日2セット実行) ・中小企業のRPAスモールスタート運用には 運用課題を解決するツールが必要! RPA実行管理ツール 「Control Robo!」 の誕生
  6. Copyright (C) Japan Tech System. All Rights Reserved. 3.スモールスタート用RPAツールの特徴 •

    利点 – 低コスト – 手軽な導入 • 課題 – ロボット(シナリオ)実行が手動 • 実行自体が事務作業 • 実行ミス、実行漏れの危険 • 担当者不在時のルール • クライアント用ツールやWindowsスケジューラーには限界が・・・ – デジタルレイバーの強み(24時間365日稼働)が非現実的 • 人が必要 – 野良ロボット • 個人環境⇒自由度が高い⇒野良発生
  7. Copyright (C) Japan Tech System. All Rights Reserved. 4.Control Robo!

    • クライアント型RPAの運用課題を解決 – BizRobo! mini (標準ランチャーと比較し高性能) – WinActor (BizRobo版をベースに対応) • 特徴 • 全体構成図 RPA実行専用端末1台 クライアント端末 (何台でも同時接続可能) Webブラウザ利用の通信 シナリオ起動 シナリオ結果 エラー通知 実行指示 状況確認 予約 結果 パトライト メール RPAツール ロボット状況の見える化 複数PCからの遠隔実行 シナリオ実行の自動化 異常検知・ログ管理 統合運用管理製品等 実行指示 実行用APIを利用可能 利用料 1万円/月
  8. Copyright (C) Japan Tech System. All Rights Reserved. 5.RPA+Control Robo!導入

    • 最小限の投資で最大限の効果を実現 客先A業務 主要客先の受注確認~入力 2時間以上/日 人の作業を全て廃止 客先B業務 客先C業務 ・ ・ ・ ・ ・ ・ Before After RPA効果が大きな反響 ↓ ロボット追加、社内教育、他部署展開も 本格化!
  9. Copyright (C) Japan Tech System. All Rights Reserved. 最後に •

    Control Robo!の立ち位置 – サーバー管理の運用を実感 • 個人管理からの脱却 • RPA効果アップの促進 – RPA運用の本格化⇒サーバ型へのアップグレードも視野に! • Control Robo!無料トライアル実施中! – 詳しくはWeb or 杉山まで! – • サイトオープン – Control Robo!の紹介 – 中小企業向けの導入方法論(手順)の情報掲載 ご清聴 ありがとうございました!