Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

bellFace PdM 5decision making

bellFace PdM 5decision making

2019/08/26(月) 19:30〜のpmjp.slack.comオフ会#17 にて登壇した発表スライドです。

2015年にローンチした「bellFace」がプロダクト開発において今までに行ってきた数々の意思決定の中から特に重要なことを5つに絞り、まとめています。概念的なことではなく、実際のプロダクトにおける具体的な課題・解決案について書いていますのでプロダクトマネージャー(特にスタートアップ)の皆さんの参考になれば幸いです。

75e92c2f4b439d95d2bc3fda5b110c66?s=128

takeshi yoshimoto

August 26, 2019
Tweet

More Decks by takeshi yoshimoto

Other Decks in Business

Transcript

  1. 5つの意思決定から見る bellFaceの プロダクトマネジメント ベルフェイス株式会社 プロダクトマネージャー 吉本 猛 @ t_yoshimoto0107

  2. フィールドセールス 33% インサイドセールス 17% カスタマーサクセス 17% テクニカルサポート 8% プロダクトマネージャー 25%

    こんなキャリアの人間です。
  3. https://note.mu/take4yo4/n/nd 955b7e7866a PO祭り 2019 Summer - 未来を創る チームのためのプロダクトオーナー シップにて登壇 得意領域:Managing

    up, PMH
  4. こんなプロダクトをつくっています。 おかげさまで!

  5. な、わけですが、、、当然色々ありました。

  6. 本日はその中でも

  7. 特に重要な5つの意思決定から

  8. bellFaceのプロダクトマネジメントについて

  9. 本日初公開(多分?)

  10. ・カスタマーインパクト ・収益性インパクト ・戦略的重要性 (ミッションクリティカル度) × ・かかる工数 ・着手可能タイミング ・リリースタイミング bellFaceの優先順位決め指標

  11. <初期ミッション> 訪問を超えるインサイドセールスシステムを開発し、 あらゆるビジネスの可能性を無限大にする <現ミッション> Technology for Sales 勘と根性の営業を、テクノロジーで進化させる

  12. 5つの意思決定 ・Web会議特有の課題 ・複雑さ故の課題 ・ビジネスモデル上の課題 ・ユーザーの心理的課題 ・定着率向上のための課題

  13. 5つの意思決定 ・Web会議特有の課題 ・複雑さ故の課題 ・ビジネスモデル上の課題 ・ユーザーの心理的課題 ・定着率向上のための課題

  14. 顧客の課題 自社の課題 ・無駄な移動を減らしたい ・でもWeb会議は手間が… ・でもWeb会議は音声が… ・会議室確保が大変 ・だから結局訪問だよね ・商談相手の手間をいかに無くすか ・音声が安定しないという問題を どう解消するか

    →これが既存サービスが定着して いない大きな理由の1つ
  15. リリース時:「開発しない」を選択 ・新規アウトバウンドでも活用可 ・商談相手の準備は不要 ・音声が途切れることは無い ・自席で実施可能 →顧客がよりスムーズに商談を 実施できるようになった

  16. 5つの意思決定 ・Web会議特有の課題 ・複雑さ故の課題 ・ビジネスモデル上の課題 ・ユーザーの心理的課題 ・定着率向上のための課題

  17. サイト回遊 初期のbellFace

  18. 顧客の課題 自社の課題 ・タグを埋め込む依頼が手間… ・HPリニューアルの度に作業 ・HP依存の不具合が発生し、 安定性に欠ける ・HPの更新がそもそも苦手 ・導入ハードルが高い ・不具合発生時の原因特定が困難 ・HPリニューアル時の動作検証

    ・やれることが多くユーザーの 商談フローが複雑になることで 迷わせる状態に
  19. サイト回遊 プレゼン特化

  20. ・タグの埋め込みは1ページのみ ・HPに依存しない安定性を実現 →「つながったら資料で商談する」 ユーザーは迷わず「商談」可能に →支援の仕方もシンプルに プレゼン特化:サイト回遊を捨てる

  21. 5つの意思決定 ・Web会議特有の課題 ・複雑さ故の課題 ・ビジネスモデル上の課題 ・ユーザーの心理的課題 ・定着率向上のための課題

  22. ポップアップを各社に 03−0000−0000 お問い合わせはこちら 初期のbellFace Part2

  23. 顧客の課題 自社の課題 ・営業責任者は1日でも 早く使いたい! ・Web担当の承認を得るために 複数の確認・承認フローが ・契約までのリードタイム ・営業責任者のOKをもらっても そこからひっくり返るケースも ・もっと契約数を増やしたい

    ・もっと認知されたい
  24. ポップアップを各社に 共通商談ルーム化 03−0000−0000 お問い合わせはこちら

  25. 共通商談ルーム化 ・タグの埋め込みは無し! →申し込み日から利用可能 ・「ベルフェイス」と検索 →バイラルモデルのスタート →カスタマーサクセスに振り切る ことが可能に

  26. 5つの意思決定 ・Web会議特有の課題 ・複雑さ故の課題 ・ビジネスモデル上の課題 ・ユーザーの心理的課題 ・定着率向上のための課題

  27. 顧客の課題 自社の課題 ・つい訪問に戻ってしまう ・ユーザーが避けてしまう ・推進者がプッシュする理由が 必要 ・移動時間の削減、という点以外に 訪問を超える圧倒的な要素が必要 ・ユーザー個人が使いたいと思う 仕掛けが必要

  28. <「訪問を超える」を実現> ・名刺プロフィール機能 → 自動でアイスブレイク ・ビューティーモード → 実物よりキレイ・イケメンに ・商談中のメモ、資料DL、ファイル送信、画面共有 → カバンに重たい資料は不要、その場で展開

    ・お客様アンケート機能 → bellFaceだからもらえるFB(喜びの声)
  29. None
  30. 5つの意思決定 ・Web会議特有の課題 ・複雑さ故の課題 ・ビジネスモデル上の課題 ・ユーザーの心理的課題 ・定着率向上のための課題

  31. 顧客の課題 自社の課題 ・メンバーをどうマネジメント していったら良いのか… ・商談品質の均一化をしたい ・他ツールとの明確な違いをもっと 打ち出していく必要がある ・ベルフェイスだからできる プロダクト設計があるはず

  32. <組織で使うための機能> ・トークスクリプト機能+社内共有機能 → 誰でも同じ商談を ・レコーディング機能 → ありのままの商談を確認可能 ・セールスログ機能 → 商談中の操作手順が全て可視化

    ・Salesforce連携 → 業務フローに溶け込みSF上にデータを蓄積 データドリブンな営業組織プロダクトへ
  33. まとめ ・意思決定の判断基準は顧客の課題だけではなく、 自分たちがどういう世界を作っていきたいのか、という ミッションが必要不可欠(と信じなければならない) ・事業が頓挫することが最も顧客のためにならない ・顧客の課題と自社の課題の双方を叶える策を常に考える

  34. データドリブンな営業組織プロダクトへ それはまた次のお話 ※一緒にやってくれる方も募集中