Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

pdm.for.pdm2019

 pdm.for.pdm2019

2019年10月5日に開催されたPO祭り 2019 Autumn - 未来を創るチームのためのプロダクトオーナーシップにて「「プロダクトマネージャー」による「プロダクトマネージャー」の「プロダクトマネジメント」の 必要性について」というタイトルで登壇させてもらった内容です。

数年で日本でもプロダクトマネージャーは少しずつ認知されてきましたが、必要な存在にも関わらず、広がりが緩やか過ぎませんか?

もしかしてプロダクトマネージャーがプロダクトマネージャーをプロダクトマネジメントできていないんじゃないか。そんな警笛を鳴らしてみた話です。

takeshi yoshimoto

October 05, 2019
Tweet

More Decks by takeshi yoshimoto

Other Decks in Business

Transcript

  1. 「プロダクトマネージャー」による
    「プロダクトマネージャー」の
    「プロダクトマネジメント」の
    必要性について
    ベルフェイス株式会社
    経営企画室長兼プロダクトマネージャー
    吉本 猛
    @ t_yoshimoto0107

    View full-size slide

  2. フィールドセールス
    33%
    インサイドセールス
    16%
    カスタマーサクセス
    17%
    テクニカルサポート
    8%
    プロダクトマネージャー
    25%
    経営企画室長
    1%
    こんなキャリアの人間です。

    View full-size slide

  3. こんなプロダクトをつくっています。
    おかげさまで!

    View full-size slide

  4. https://note.mu/take4yo4/n/nd955b7e7866a
    PO祭り 2019 Summer - 未来を創るチームのための
    プロダクトオーナーシップ
    https://speakerdeck.com/t_yoshimoto0107/
    bellface-pdm-5decision-making
    pmjp.slack.comオフ会#17
    チョット過激 ワリト真面目
    登壇実績

    View full-size slide

  5. 今回は、
    を に話します。
    ・私のことを嫌いにならないでください。
    ・悪意はありません。
    ・少し極端に聞こえるかもしれません。
    ・あくまで個人の見解です。
    チョット過激 ワリト真面目

    View full-size slide

  6. 最初にいくつか質問を
    (会場の実際の挙手状況を次スライドで)

    View full-size slide

  7. Q1.私はプロダクトマネージャーである。
    (もしくはそれに準ずる役割である)

    View full-size slide

  8. Q2.自社において、
    プロダクトマネージャーは必要である。
    と考えている。

    View full-size slide

  9. Q3. その必要性を、
    自社は十分に理解し、一定の裁量を
    与えてくれている。

    View full-size slide

  10. Q4. 日本の大半の企業において、
    プロダクトマネージャーが必要だと
    認知されている。

    View full-size slide

  11. なぜ、このような結果に
    なってしまっているのか?

    View full-size slide

  12. もし、この質問が
    「営業」についてだったとしたら。
    同じ結果になっていたと思う方。
    会場「・・・(沈黙)」

    View full-size slide

  13. <問題提起 >
    PdMがPdMをプロダクトマネジメント
    できていないことが大問題であり、
    今のままでは一時的な流行に
    終わってしまうのではなかろうか。
    チョット過激

    View full-size slide

  14. <提案 (そのまんま)>
    今すぐプロダクトマネージャーを
    プロダクトマネジメントしよう!

    View full-size slide

  15. そもそもプロダクトマネジメントとは?
    ・プロダクトと顧客の間に位置し、
    ・プロダクトの管理だけを行うのではなく、
    ・プロダクトを通して顧客満足を生み出すため行うもの

    View full-size slide

  16. プロダクト= あなた(PdMという役割)
    顧 客 = 自社及び世の中の企業
    顧 客 満 足 = 自社及び世の中の企業がPdMを
    通じて「満足」を実感すること

    View full-size slide

  17. <前提条件の再確認>
    そもそも本当にPdMは必要なのか?
    →この質問への解はおそらく間違っていない。
    →ではなぜ?

    View full-size slide

  18. 良いプロダクト 各ステークホルダー
    届いていない

    View full-size slide

  19. もしや、リリース後の
    マーケティング活動に
    問題があるのでは?

    View full-size slide

  20. 他、PM○○、PO○○といったイベントがたくさん
    主に目立っているマーケティング活動

    View full-size slide

  21. 他にも
    ・色んなPdMの方々が取材されるメディア
    ・PdMの方々が書かれる書籍
    ・PdMの方々書かれるブログ
    など多々あるが、大半が採用or同職種向け。

    View full-size slide

  22. 肝心な、
    「伝えるべき相手」に「伝える活動」
    がなされていない!
    チョット過激

    View full-size slide

  23. なのに、自分達に権限を要求するために
    他職種ではなくプロダクトマネージャーが
    いかに優れているか、ということばかりに注目し、
    価値を認識してもらうのではなくマウンティングに
    近いことをし、同職種で集まり「我々は正しい!」
    と活気付いている状態になってしまっている。
    チョット過激

    View full-size slide

  24. 結局は、
    「なるべくしてなっている」
    何かを変えるしか変わる方法はない!
    チョット過激
    ・・・じゃあ、どうするか?
    (答えはシンプル)

    View full-size slide

  25. 0.自社の他の職種向けの勉強会をすべし

    View full-size slide

  26. 1.他の職種が集まるイベントで登壇すべし

    View full-size slide

  27. 2.他の職種の言語でPdMについて話すべし

    View full-size slide

  28. まとめ
    ・PdMの価値を届ける相手を正そう
    ・相手に届く場所、言葉、手法で届けよう
    ・誇りを持つと驕るは異なること知ろう
    ・私のことを嫌いにならないでいよう

    View full-size slide

  29. おわり
    @ t_yoshimoto0107
    https://hrmos.co/pages/bellface
    ↓全職種積極採用中↓

    View full-size slide