pdm.for.pdm2019

 pdm.for.pdm2019

2019年10月5日に開催されたPO祭り 2019 Autumn - 未来を創るチームのためのプロダクトオーナーシップにて「「プロダクトマネージャー」による「プロダクトマネージャー」の「プロダクトマネジメント」の 必要性について」というタイトルで登壇させてもらった内容です。

数年で日本でもプロダクトマネージャーは少しずつ認知されてきましたが、必要な存在にも関わらず、広がりが緩やか過ぎませんか?

もしかしてプロダクトマネージャーがプロダクトマネージャーをプロダクトマネジメントできていないんじゃないか。そんな警笛を鳴らしてみた話です。

75e92c2f4b439d95d2bc3fda5b110c66?s=128

takeshi yoshimoto

October 05, 2019
Tweet

Transcript

  1. 16.

    プロダクト= あなた(PdMという役割) 顧 客 = 自社及び世の中の企業 顧 客 満 足

    = 自社及び世の中の企業がPdMを 通じて「満足」を実感すること