RaspberryPiでAzureIoTを試してみる

 RaspberryPiでAzureIoTを試してみる

大阪版IoT縛りの勉強会!
IoT Osaka Vol.14(2020/01/31)

78691e8db287a7eb2f1f239878ebdfd7?s=128

Masaaki Taguchi

January 31, 2020
Tweet

Transcript

  1. RaspberryPiでAzureIoTを試してみる 田口 雅章

  2. 発表者 田口 雅章 IT利活用、IT投資のご相談対応など @tagucchan

  3. エッジAIするのに使ったもの Movidius NCS(Neural Compute Stick)
 低電力のエッジデバイスにAIを実装可能とするハードウェア。
 RaspberryPiのUSBポートに接続すると、深層学習(推論)の
 プロトタイピングや検証が可能です。
 


  4. OpenVINOツールキットを導入 OpenVINOツールキットを導入することで、
 Movidius NCSをRaspberryPi4で利用することが可能となります。
 
 


  5. エッジの準備が整いました OpenVINOツールキットのセットアップが完了したら、
 Movidius NCSでの推論を色々することが可能です
 
 


  6. 顔認証の例 解析前

  7. 顔認証の例 解析前

  8. デモ 道路を分析するAIモデル

  9. デモ 道路を分析するAIモデル

  10. IoTデータを飛ばすところは この通りやれば良いだけ、おすすめ。 クイック スタート:デバイスから IoT ハブに利用統 計情報を送信してバックエンド アプリケーションで 読み取る (Python)

    https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/iot-hub/quickstart-send-telemetry-python
  11. クレジットカードの力 温度飛ばすテスト、慣れれば15分位かな。。。 


  12. Azure とは Microsoft Azure(マイクロソフト・アジュール)は、マイクロソフトの クラウド プラットフォーム (PaaS/IaaS) 。 多くのIoTデバイスからデータを集約し、活用するにはインターネッ ト上でシステムが構築し易いクラウドプラットフォームで開発するの

    が楽です。 小さくはじめて、大きくすることも容易です。
  13. Azure IoT Hub とは Azure サービスの1つ。 保管や処理のために IoT デバイスから大量のテレメトリ※ をクラ

    ウドに取り込むことを可能にします。 ※ 遠隔地にある計測器などのデータ のこと
  14. 結論 Azure IoT Hubを使うと、デバイスからデータを簡単にクラウドへ 飛ばすことができる。 プログラミングが多少できる必要はありますが、PoCでは特に便利 かと。

  15. 宣伝

  16. DEEP LEARNING LAB
 関西支部リード しています

  17. None
  18. None
  19. 詳細はconnpassで https://dllab.connpass.com/ ・AIもIoTもやってる方募集中 ・2/19の19:00-21:00 Wework御堂筋で  AI meetupイベントします(来週掲載)  ビールがタダ!