Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

プロダクト開発とFigmaのより良い関係を求めて

78f5efc1e98c71e473cc7827de1c5db4?s=47 takanorip
November 02, 2019

 プロダクト開発とFigmaのより良い関係を求めて

78f5efc1e98c71e473cc7827de1c5db4?s=128

takanorip

November 02, 2019
Tweet

Transcript

  1. 1 プロダクト開発とFigmaのより良い関係を求めて 2019/11/02 Takanori Oki Copyright © 2019 FOLIO, Ltd.

    All Rights Reserved.
  2. 目次 2 • Figmaって何? • Figmaの外部連携3つの機能 • 実際どうやって使う? • まとめ

  3. 自己紹介 3

  4. 自己紹介 4 • 株式会社FOLIO フロントエンジニア • 普段はReact、Nuxt.jsでアプリケーションを作ってる • 趣味でデザインをしてる(Web、紙) •

    Figmaとウェブフォントが好き • 好きなフォントは源柔ゴシック、新ゴ、Futura
  5. 株式会社FOLIO 5 • 投資サービスを運営している会社 • フロントエンドはReact / Redux / Flow

    / CSS Modules • バックエンドはScalaでマイクロサービス • LINE Financial株式会社と共同で「LINEスマート投資」を運営
  6. Figmaって何? 6

  7. 「Figma デザイン」で検索! 7 Figmaって何?

  8. 8 Figmaって何? • Webベースのデザインツール(ほぼスケッチ) • オンラインで共同編集 • プロトタイピング • バージョン管理

    • コンポーネント管理(Organizationプランが必要) • やり方工夫すれば紙のデザインもできる
  9. やり方工夫すれば紙のデザインもできる (僕の名刺はFigmaでデザインしました) 9 Figmaって何?

  10. Web 10 Figmaって何?

  11. 11 Figmaって何? Linkable Discoverable Safe

  12. 12 FOLIOがFigmaを導入した理由 • 関係者の数が多く社内外の人にデザインを共有する場面が多い • 一度リンクを共有すれば常に最新のデザインが確認できる • Team Libraryを使ってデザインを統一したい •

    Sketchでもできるけど管理がめんどくさい • Abstractでのコンフリクト解決がつらい • マージしたくない
  13. Figmaの外部連携機能 13

  14. REST APIs Plugins Live Embed 14 Figmaの外部連携機能

  15. REST APIs 15

  16. 16 REST APIs 概要 • 無料で使えるFigmaのWeb API • 基本Read Only

    • Nodeやコメント、ユーザ情報などを取得できる • 画像の書き出しはできる • Nodeの追加や削除などはできない • OAuth 2ログインがサポートされてる
  17. 17 REST APIsのメリット • 開発がしやすい • ごく普通のAPIなので取り扱いが楽 • 便利なTypeScript wrapperがある

    • https://github.com/jongold/figma-js • 安全 • 読み取りしかできないのでデザインデータを破壊するリスクがない • OAuth 2ログインできる
  18. スペルチェッカー Reactコンポーネント生成 スタイルガイド生成 18 REST APIsのユースケース例

  19. Plugins 19

  20. Pluginsの概要 20 • Figmaアプリ内で使える拡張機能 • TypeScriptとHTML/CSSで開発できる • 普通のWebアプリ開発とほとんど変わらないので、APIを公開してる
 様々なサービスと連携できる •

    Nodeの追加削除やコメントなど、ほぼすべての機能にアクセスできる • 一般公開できる(審査が必要) • もちろん公開しなくても使える
  21. Pluginsの仕組み 21 postMessage Sandbox JavaScript Code • Browser APIにアクセスできない •

    Figmaの機能にアクセスできる iframe UI • Browser APIにアクセスできる • Figmaの機能にアクセスできない
  22. Figmaのアプリから使えるので わかりやすい 公開して使ってもらうことができる 22 Pluginsのメリット

  23. 可能性は無限大 23 Pluginsのユースケース カラーパレット チケット自動生成 ダミーテキスト コメント機能の拡張 アクセシビリティ 独自のSlack連携

  24. サンプルコード 24

  25. 公式サンプル https://github.com/figma/plugin-samples 25 Plugins

  26. Live Embed 26

  27. Live Embedの概要 27 • Figmaをiframeで埋め込む • メリット • iframeなので変更が同期される •

    デメリット • iframeなので読み込みに時間がかかる、1ページにつき1つが限界 • iframeが展開できる環境じゃないと使えない
  28. JIRAチケットなどに添付する JIRAやTrelloにはLive Embed用拡張機能がある 28 Live Embedのユースケース

  29. 実際のユースケース 29

  30. WIP 30

  31. 31 プロダクト開発で困りがちなこと • デザインのJIRAチケットに貼ってあるスクショが古い • ページごとに手作業でチケット作るのめんどくさい • 外部の人にURL共有するのめんどくさい • etc...

  32. 不毛なタスクを 技術で撲滅したい! 32 プロダクト開発で困りがちなこと

  33. 1つの業務に必要な プロセス・知識を ツールの中に押し込めてしまう 33 ツール開発で考えたい視点

  34. 誰でもこのボタン押したらいける!って感じにする 34 ツール開発で考えたい視点

  35. 組織の中でFigmaと周辺機能を 活用するために考えること 35

  36. 使う人を意識する 36 活用するために考えること

  37. コミュニケーションが発生する場所で
 無駄なタスクや摩擦が起こりやすい 37 活用するために考えること そこをPluginやAPIを使ったツールで
 改善していく

  38. 38 FOLIOの場合 実装 コンプラチェック Slackで共有 デザインデータ

  39. まとめ 39

  40. 40 まとめ PluginやWeb APIを活用して 煩雑な作業を効率化しよう! 組織内でうまく使われるように 他職種を巻き込もう!

  41. おわり! 41