Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

サルでもわかるgit

9318744519d282ae40e352e6a1b79b2a?s=47 takashabe
January 28, 2015

 サルでもわかるgit

とある勉強会で話したgitのブランチ戦略とかの資料です。
http://takashabe.hatenablog.com/entry/2015/01/28/215020

9318744519d282ae40e352e6a1b79b2a?s=128

takashabe

January 28, 2015
Tweet

Transcript

  1. サルでもわかるgithub Takashi Abe Mynet Inc. 28/01 2015

  2. おまえだれよ @takashabe PHPでソシャゲ作ってます Scalaとかgolang,つけ麺が好き 社内ではgithubおじさんと呼ばれています 若手です

  3. git移行時あるある

  4. ブランチの子供が出来過ぎ てマージ困難

  5. いつの間にかmasterに取り 込まれるコミット

  6. None
  7. ブランチ戦略決めましょう

  8. メジャーなブランチ戦略 git-flow 5種類のブランチを使って機能開発、リリース、hotfix などの役割を明確に分けている 堅牢なモデルだが慣れないうちは煩雑 github flow masterと機能開発ブランチのみを持つ masterはすぐデプロイ対象するワイルドなモデル

  9. git-flow

  10. 使用するブランチ develop 開発安定版ブランチ。featureブランチなどはここにマージされる feature 機能開発用ブランチ。機能開発やバグフィックスなどの開発を機能ごとに開発する ためのブランチ。最終的にdevelopにマージされる release リリース用ブランチ。リリース時にdevelopから作成される。リリース作業中でも developに対する変更を行えるようになる。 master

    安定版ブランチ。リリースを終えたreleaseブランチからmasterにマージされる。 hotfix 緊急のバグ修正ブランチ。masterから作成され、releaseブランチを介さずにそのま まmasterにマージされる。
  11. None
  12. feature

  13. release

  14. hotfix

  15. git-flowの特徴 releaseやhotfixのための手順が明確に定められていて プロダクションに上げるコードを堅牢に保つことが出来 る 使用するブランチが多いため手順が煩雑

  16. github flow

  17. 使用するブランチ master 安定版、リリース用ブランチ。featureブランチは全て masterにマージされ、即座にデプロイ対象になる。 feature 機能開発用ブランチ。masterから作成され、そのまま masterにマージされる。

  18. None
  19. github flowの特徴 使用するブランチが最小限で理解しやすい masterを常にデプロイ可能な状態にしないといけない コードレビュー CI

  20. 弊チームのブランチ戦略

  21. やりたいこと

  22. やりたいこと 規模の大きい新機能など、複数人で1つの機能を作りた い リリースする機能は絞る場合がある リリース前にQA環境でQAしたい

  23. git-flowのアレンジ

  24. featureブランチの亜種を2 つ追加した

  25. 追加したfeatureブランチ feature-develop 1つの大きな機能における開発安定版。developから 作成され、feature-developから更にfeatureブランチ を作成する。featureブランチはfeature-developブラ ンチにマージされる。 QA QA用ブランチ。developから作成され、次回リリースに 盛り込むブランチを全てマージする。ここにはfeature- developブランチが含まれる。

  26. 機能開発フロー developブランチからfeature-developブランチを作成 feature-developブランチからfeatureブランチを作成 featureブランチをfeature-developブランチにマージ

  27. リリースフロー feature-developブランチをQAブランチにマージ QA中の修正は全てQAブランチにマージ QAが完了したらreleaseブランチにマージ

  28. None
  29. GitHub導入時の話

  30. GitHub導入時 メンバーのスキルセット 個人ではGit/GitHubを使っていた チーム開発でGitを使ったことはあるがGitHubは無し Git/GitHub共にそれほど使ったことがない

  31. チーム開発でGitHubを使ったこ とがあるメンバーは居なかった

  32. GitHubに慣れるために GitHubらしい開発フローの徹底 既存プロダクトはsvnでmasterブランチ1本運用だった Pull Request駆動開発の徹底 git-flowをベースにしたブランチ戦略の徹底

  33. GitHubでの開発ってこんな感 じだということを浸透させる

  34. GitHubについての社内勉強会やチームMTG Git自体は複雑なツールなので必要な機能だけつまみ 食いする 開発において最低限必要なフローをドキュメント化して 共有 機能開発〜Pull Requestを送るまでの手順 QA環境への適用手順 git rebaseとかgit

    resetは使えれば便利だけど必須で はない
  35. こんな時どうすれば良いの?ということを聞けるの超大 事 pull 出来ない! push 出来ない! コンフリクトした! 詳しい人が1人いると便利 仮に詳しい人がいなくてもGitHubの情報はググれば いくらでもある

  36. それなりに開発が回るように なってきた

  37. コミット粒度 Pull Request粒度 ラベルの運用

  38. チームの習熟度によってフォーカス するレイヤを変える

  39. tips

  40. ブランチを作るとき ブランチ作成時は常にリモートブランチから作成するこ とを意識する git checkout -b feature/a origin/develop GitHubなどのGUIフロントエンドが使えればそれでも 古いローカルブランチから作成することによってリモート

    の最新コミットが取り込まれない コンフリクトの原因になる
  41. CUIでやる SourceTreeなど優秀なGUIツールを使うのもいいが、git の構造を知るにはCUIでやると捗る ローカル/リモートリポジトリの違い working copy,index,ローカルリポジトリの違い 慣れるとGUIでやるよりも捗る(と思う)