$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

2022技育祭_映写資料②

techtekt
November 18, 2022

 2022技育祭_映写資料②

techtekt

November 18, 2022
Tweet

More Decks by techtekt

Other Decks in Technology

Transcript

  1. None
  2. 経験言語:Python、PHP、React、Vue(どれも少しずつ) 趣味:ゲーム(鉄拳、Apex)、アニメ、音楽(BUMP、椎 名林檎、ボカロ…etc) 好きな食べ物:ラーメン二郎、麺類、ハンバーガー Name : 佐藤ゆ(エンジニア)

  3. 技術調査(Poc)

  4. ? PoC(Proof of Concept:概念実証)とは

  5. PoCとは? • 新たなアイデアやコンセプトの実現可能性やそれによって 得られる効果などについて検証すること • これによって事前に検討したアイデア/コンセプトの実現 可能性を見極め、期待した効果が得られると判断できれば 実プロジェクトを進めていくという形が一般的です。

  6. BFFとは?

  7. ? フロントエンドのための バックエンドサーバー

  8. BFFとは? • 従来のモノリシックなサービスからマイクロサービス化 ◦ 複数のAPIを叩く必要が出てくる

  9. BFFとは? • 取得したデータの加工をフロントエンドで行う必要有り ◦ フロントエンドで表示する内容は往々にして変わるた め、加工処理はフロントエンドがいいかも・・・ ◦ APIで取得してきたデータの一部は不要なため削ぎ落 としたり・・・(インピーダンスミスマッチ) •

    フロントエンドの肥大化 • そもそもフロントエンドはUI/UXに専念するべき
  10. BFFとは? BFFを用意することでAPI集約、インピーダンスミス マッチの解消、責務・関心の分離、パフォーマンス の向上が見込めるってコト!?

  11. BFFとは? デメリット • 開発・保守の工数増 • 通信量増 • マイクロサービスのどれかがダウンした際の運用などを考 える必要やBFFが停止した場合など、様々な観点から検 証・対策が必要

    (通信量の対策としてはキャッシュ化などが挙げられる)
  12. ユースケース

  13. 2. SSR(Server Side Rendering) 4. File Upload 5. Web Socket

    3. Session Management 1. API Gateway
  14. • APIの結果を一つに集約する(API Aggregation) • APIで取得したデータをフロントエンドに適したデータに加 工する(API Translate) • 余計なリクエストが増大しないようAPIのレスポンスをキャ ッシュ化(API

    Cache) ◦ Chache-aside pattern ◦ Broker pattern • GraphQLとの相性が良い API Gateway
  15. • GraphQLとの相性が良い API Gateway

  16. Server Side Rendering • CSR(Client Server Rendering)と違い、サーバーでレンダ リングを行う ◦ CSRと比較するとSEO観点で有利だったり、ローディング時間が短いと

    いったメリットがある • みなさんお馴染みのNext.js、Nuxt.jsで簡単に実装可 ◦ Next.jsはデフォルトでSSRの設定になっています ◦ たまにhydration周りでエラーになったり・・・ • SSG(Static Site Generation)もあるが、こちらは静的サイ トに向いている SSR
  17. • 主にユーザーの情報など、頻繁にアクセスされるであろうデ ータを保存する ◦ Redisやmemcachedなどが多く使われるらしい • 仮にBFFで管理をしない場合 ◦ クライアント側でLocal StorageやCookieなどで管理する必要がある

    ▪ セキュリティ的によくないよね ◦ バックエンド側で処理を重複して実装する必要がある ▪ なんか面倒くさそう Session Management
  18. • 多くの場合はファイルアップロード機能を実装するとチャンク 化してファイルを少しずつ送信することが多い ◦ Pythonのrequestsとか、PHP(Laravel)のlaravel-chunk-uploadとか ◦ チャンク化したデータを順番通りにバックエンドに送信するのは大変そう File Upload ファイル格納の処理を

    BFFが担うことで シンプルに実装可能!
  19. • クライアントとサーバー間で即時に通信を行うHTTPの拡張 機能 • チャットや同時編集機能(googleスプレッドシートとか)や SNSで使用される • BFFがリアルタイムにデータ交換をする処理を受け持つこと で、バックエンドはデータをDBに保存することだけに集中 できる。

    Web Socket
  20. Web Socket ① ② ③ ③’

  21. • クライアントとサーバー間で即時に通信を行うHTTPの拡張 機能 • チャットや同時編集機能(googleスプレッドシートとか)や SNSで使用される • BFFがリアルタイムにデータ交換をする処理を受け持つこと で、バックエンドはデータをDBに保存することだけに集中 できる。

    Web Socket(改めて)
  22. BFFまとめ

  23. まとめ • BFFには5つのユースケースがある • BFFにメリットがたくさんあるが、デメリットも勿論あるため、 要件によって採用するしないを決める必要がある • (個人的には)責務の分散、API集約によるメリットが大きいの で、新規プロジェクトでは検討して良さそう

  24. ? GraphQLとは

  25. GraphQLとは? ※https://graphql.org/

  26. GraphQLとは? ※https://graphql.org/

  27. GraphQLとは? • Facebookが開発したよ ◦ REST APIを使用していたらクラッシュが頻発したため、 より効率的にデータを取得するためGraphQLが開発された ◦ Facebook、Netflix、GitHub、Twitterも使用してるみたい •

    query言語で柔軟なデータ取得が可能 ◦ 複雑な関係のデータでも取得しやすい(自分比) • エンドポイントが単一 ◦ ユーザー情報は/users/ 、商品情報は/products/ ◦ GraphQLだと /graphql/でユーザーも商品も取れちゃう • スキーマの構造がグラフモデル ◦ 詳しくはデータモデルに関して調べてみてください
  28. GraphQLとは? • RESTとGraphQLを比較してみる REST API https://docs.github.com/ja/rest/guides/getting-started-with-the-rest-api GraphQL API https://docs.github.com/ja/graphql/overview/explorer 尚、ユーザーID・ユーザー名・アバターURLのみがほしいとする

  29. GraphQLとは? REST API • これって・・・ 過剰にデータ取得しすぎってコト!? 探せば他に良いエンドポイントありそう。 って思ったけど探すのめんどい

  30. GraphQLとは? GraphQL API • 取得したいデータのみ抽出できた

  31. SQL GraphQL SELECT query INSERT/UPDATE/ DELETE mutation - subscription GraphQLとは?

    Pub Subのような仕組みのリアルタイム通信 特定の情報を監視するようなイメージです
  32. GraphQLとは? GraphQL API デモ

  33. REST API • 複数のエンドポイント • 取得するデータが決まっている ◦ 過剰な取得 ◦ 過少な取得

    • 欲しいデータによっては複数回リ クエストを投げ、取得したデータ を加工して・・・といった手間が かかる GraphQL • 単一のエンドポイント • 取得したいデータをピンポ イントで抽出できる ◦ スキーマで定義したデータだけ だからなんでも取得できるとは 思わないこと • BFFとの親和性高そう GraphQLとは?
  34. GraphQLまとめ

  35. GraphQLまとめ • GraphQL良さそうだけどN+1問題とか性能が少し気になる • BFFにするならGraphQLあり • 今後はGraphQLが採用されることも増えていくのではないか

  36. 技術調査まとめ

  37. 技術調査まとめ • 技術を導入した際のメリデメを考える • 導入障壁はないか • 導入コストや開発後の運用保守(メンテナンス)まで検討する といったことを調査を行った上で検討する

  38. おわり