チャットボットで考える プッシュ&デリバリーUX/Push & Delivery UX at Chatbot

Bfc42a2fb137897db919bac632c83085?s=47 Teruhisa Fukumoto
September 14, 2019

チャットボットで考える プッシュ&デリバリーUX/Push & Delivery UX at Chatbot

2019年9月14日に開催されたUX MILK Fest 2019のLT登壇資料です。
チャットボットに欠かせない配信や流入のUXを通じて、これからの情報配信に求められるUXやデザイナーに求められる哲学について話しました。
https://uxmilkfest2019.studio.design

Bfc42a2fb137897db919bac632c83085?s=128

Teruhisa Fukumoto

September 14, 2019
Tweet

Transcript

  1. UX MILK Fest 2019 チャットボットで考える プッシュ&デリバリーUX テクノロジー開発部 福本 晃之

  2. • 自己紹介 • Push & Delivery • Zealsでの工夫 • [実践]『期待理論』

    • さいごに • まとめ Agenda
  3. 自己紹介

  4. 誰だお前

  5. ex.富士通G Sales 2018.04 ~ Zeals Ruby Python JavaScript(Vue) Product Manager

    Zeals VPoE Engineer Teruhisa Fukumoto :f-teruhisa :@terry_i_ :@teruhisafukumoto :Terry
  6. #uxmilk_fest Twitter

  7. 何作ってんの

  8. None
  9. マーケティング寄りのチャットボット • WebのFormの体験をチャット内で完結 • 広告やポップアップから流入 • 配信で情報をユーザーに届けることが可能 • 使い慣れたチャットのUIでFormに回答

  10. Image(Pop up) Pop upからBotに流入してもらう

  11. Image(Push≒配信) 配信からFormの体験に復帰してもらう

  12. 情報を届けるUXに ついてお話します!

  13. Push & Delivery

  14. “Push & Delivery” 情報を届けること https://dictionary.goo.ne.jp/jn/173834/meaning/m0u/ goo辞書『配信』

  15. ネットにおける”Push & Delivery” https://webtan.impress.co.jp/n/2018/06/05/29463 イーライフ調べ https://marketing-rc.com/article/20160412.html Marketing Research Camp

  16. ”情報提供”なのに、うざい


  17. ちゃんと 設計しないとダメ

  18. Zealsでの工夫

  19. 再掲(配信) 配信からFormの体験に復帰してもらう

  20. 細かい配信設定ができます (※実際の設定画面)

  21. <会話の内容> • ”◯◯”と回答した人 • ”◯◯”と回答しなかった人 <組み合わせ> • 回答した内容の組み合わせ ◦ AND条件

    ◦ OR条件 ◦ NOT条件 <時間/タイミング> • ◯◯してからXX日後に配信 • XX時△△分に配信 • 平日のみ or 休日も 配信 設定一覧 ※実際の設定イメージ(転職bot) “東京大学卒” で “転職を考えている”ユーザーに、 “転職を考えている”を回答した30分後に配信
  22. よさそう (よさそう)

  23. AIDMAで、より自然な体験を(例:転職) 【モヤモヤ】 「職場でこんな悩みを抱えてま せんか?」軸の訴求 【盛り上がり】 「転職成功事例」などで転職の イメージを固める 【背中押し】 「◯◯の条件が良い求人」軸で 訴ピンポイントに情報提供

  24. もうちょい 上手くやりたい

  25. 『期待理論』

  26. チャットボットの Form体験には課題があります

  27. チャットボットのForm体験の課題 • インターフェース以外は普通の広告に近い • ユーザーが自分のペースで進められない • ユーザーにゴールまでの距離が見えづらい

  28. なるほど

  29. V.Vroom 『期待理論』 そこで...

  30. V.Vroom『期待理論』 is 何? モチベーションの量は「報酬の魅力」と「報酬にたどり着くまでの道筋」の掛け算によっ て決まるという理論。どちらもを最大化することでモチベーションの量を大きくでき、行 動を起こすことができるようになる。逆に、どちらか一方でも0であればモチベーション の量は0になってしまう。 Motivation - La

    théorie VIE de Vroom http://alain.battandier.free.fr/spip.php?article9
  31. • 魔法使いになって、不老不死になる ❌魔法使いになる方法がわからず、やろうと思わない • 嫌いなものを食べる ❌食べる方法はわかるが、魅力を感じずやろうと思わない • お酒を飲む(好きな人) ⭕飲むまでの道筋も見え、飲む魅力もわかるのでやろうと思う 30秒で分かる『期待理論』

    (30秒使うとは言ってない)
  32. Zealsにおける 期待理論

  33. 会員登録しましょう! Zealsにおける期待理論(Before) ❌会員登録をして何の報酬があるのかもわからないし、  会員登録の方法もわからない

  34. Zealsにおける期待理論(After ) チャットでカンタンな質問に 答えるだけで、あなたに ピッタリの公開求人をお届け! ⭕会員登録をした結果に魅力的な報酬があることが分かり、 さらに登録の方法もわかる

  35. 普段からこれを意識して、 “モノを売れる”会話体験に

  36. 工夫まとめ • 配信をきめ細かく設定して情報を届ける • 『AIDMA』で自然な体験を作る • 『期待理論』でモチベーションを管理する • 相手に「魅力」と「道筋」を正確に伝える

  37. さいごに

  38. なぜ情報を届ける UXの話を今回したか

  39. その気になれば やりたい放題だから

  40. 雑なUXの情報配信が
 世の中に増えてしまう...


  41. https://chrome.google.com/webstore/detail/adblock-plus-free-ad-bloc/cfhdojbkjhnklbpkdaibdccddilifddb 事実 Chrome拡張でAdblockのダウンロード数5億以上 Adblock Plus

  42. プログラムを書くということは、 「物理的法則を支配する」という点で、 法を律することそのものである。 情報を届ける側の責任でもある Lawrence Lessig『CODE』

  43. UXデザインも同様に、 物理的法則を支配しています

  44. UXデザイナーにも、 同じような責任を持つ覚悟が 必要ではないでしょうか Lawrence Lessig『CODE』

  45. まとめ

  46. まとめ • Pushなど情報の提供は設計を適切に • 細かい設定や『AIDMA』で自然な体験を • 『期待理論』でモチベーションを設計 • UXデザインには大いなる責任が伴う

  47. LET'S START NEXT INDUSTRIAL REVOLUTION WITH OUR FLYING SHUTTLE

  48. Thank you!!