画面の外をデザインする UX JAM/Let's design outside screen

画面の外をデザインする UX JAM/Let's design outside screen

2019年7月22日に実施されたUX JAMの登壇資料です。
ユーザーのコンテキストと会話の入り口を合わせましょう、という話をしました。

Bfc42a2fb137897db919bac632c83085?s=128

Teruhisa Fukumoto

July 22, 2019
Tweet

Transcript

  1. UX JAM 30 LT 画面の外をデザインする テクノロジー開発部 福本 晃之

  2. • 自己紹介 • はじめに • 何をデザインするの? • ”コンテクスト”が大事 • さいごに

    Agenda
  3. 自己紹介

  4. ex.富士通G 法人セールス 2019.04 ~ ZEALS Ruby Python SQL JavaScript Product

    Manager ZEALS Engineer & VPoE 福本 晃之 [ Teruhisa Fukumoto ] :f-teruhisa :@terry_i_ :@teruhisafukumoto :Terry
  5. Twitter #uxjam_ jp

  6. はじめに

  7. 画面の外 is なに?

  8. ...の前に

  9. Chatbot(bot) LINE Messenger Advertisement Communication Our Product ~Communication Advertisement~

  10. チャットボットに 取り組んだことある人 (※開発、導入、デザインetc...)

  11. None
  12. Demo

  13. はい。

  14. 他にも 色んな入り口がある

  15. Image

  16. 今日はこの違いから 学んだ話をします

  17. 何をデザインするの?

  18. さて、みんな大好き ファネルの話です

  19. Funnel 引用(https://consult.nikkeibp.co.jp/cclab/atcl/20171010_1/)

  20. Funnel 引用(https://consult.nikkeibp.co.jp/cclab/atcl/20171010_1/)

  21. チャットボットは ここが特殊なんです

  22. なんで?

  23. 例えば... • スキンケア「こんな肌のお悩みを抱えてい ませんか?」 • 人材「あの大手企業が、デザイナーの採用 を強化しています!」 • 不動産「あなたは将来、どんな家に住みた いですか?」

    毎回おなじ会話で始まるから 初期会話 (チャットボットに入って最初に始まる会話 )
  24. 一方...

  25. • Googleでググって入ってきた、やる気満々の人 • LINEでタイムラインを見て、なんとなく興味持った人 • ラーメンをすすりながら、TwitterのTLを見て来た人 • Webフォームでポップアップから、情報収集のために入って きた人 •

    友達からチャットボットをシェアされた人 ユーザーのコンテクストは多様 ※コンテクスト = チャットボットに入ってきた背景
  26. なるほど

  27. 入り口を デザインする必要があ りそうです

  28. ”コンテクスト”が大事

  29. コンテクストを 考えないと...

  30. ユーザーAさん 飲食店に勤務していて、毎日がとにか く忙しい。 学生アルバイトのシフト管理や連絡も あり、仕事でもLINEを中心にコミュニ ケーションを取る。 コミュニケーションデザイナー 人材業界のチャットボットはMessenger と相性が良い。飲食業界向け転職サービスの チャットボットはMessenger向けに。夜間の求人

    検索を見越し、Googleのリスティング等から会 話体験に。 コンテクストと会話のミスマッチ
  31. 実際にあった例 改善して友だち追加が約10%増加...!! ポップアップ 出現したアカウント名とアイコン&会話が、 ポップアップやLPの内容と関連性がない... ユーザーはサービスに興味は薄く、 夏に向けて肌が気になっただけ

  32. 実際にあった例 改善して友だち追加が約10%増加...!! ポップアップ 出現したアカウント名とアイコン&会話が、 ポップアップやLPの内容と関連性がない... ユーザーはサービスに興味は薄く、 夏に向けて肌が気になっただけ

  33. なるほど (致命傷)

  34. ミスマッチのイメージ

  35. このままでは いけない...

  36. 運用を犠牲にしてコンテクストを共通化、 それに合わせ会話をデザイン

  37. 人間と同水準の会話 体験をめざす 人間同士の会話が、人間にとって最も自然なはずですね。

  38. もちろん、 もあります

  39. 画面の外とは

  40. 自社アプリサービス の画面の外と

  41. ユーザーの ”コンテクスト” でした

  42. お後がよろしいようで

  43. さいごに

  44. 今回のLTテーマは ”画面の外をデザイン” でしたね

  45. UXはすでに、社会の そこかしこに存在します (例:エレベーター, ATM, 駅の改札etc...)

  46. (例:エレベーターで押す階を間違えてもキャンセルできない ) デザインされたUXは、 ユーザーを強制します

  47. つまり、 UXをデザインすることは、 まさに法を律することそのものである。 ひょっとすると「物理的法則を支配する」 という点では、それ以上かもしれない。 Inspired by Lawrence Lessig(US)

  48. 気づかないうちに、 画面の外でユーザーに 強制してるかも?

  49. お後がよろしいようで

  50. まとめ • チャットボットはいいぞ • 画面外までコンテクストを想起するのが大事 • UXデザインには大いなる責任が伴う

  51. 最高の体験を 作りましょう!!

  52. None
  53. Thank you!!