$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

Azure Bicep で始める Infrastructure as Code/ace0917

Azure Bicep で始める Infrastructure as Code/ace0917

2021年9月17日に開催された Azure Council Experts 定例会のセッション資料です。

TonyTonyKun

August 16, 2021
Tweet

More Decks by TonyTonyKun

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Azure Bicep で始める Infrastructure as Code 2021.9.17 Azure Council Experts

    定例会
  2. 自己紹介 原 敏之(Toshiyuki Hara) 株式会社ネクストスケープ Microsoft Azure の導入支援やクラウドネイティブなアプリケー ション開発をしています。 https://www.nextscape.net/

    Microsoft MVP for Microsoft Azure 2017 〜 ROMANCE DAWN for the new world https://gooner.hateblo.jp/ Japan Azure User Group(JAZUG) Microsoft Azure のゆるふわなコミュニティ https://jazug.connpass.com/ 2 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved.
  3. Goal 従来の ARM テンプレートが抱える課題を解決できる Bicep の 良さを知ることで、使ってみようと感じてもらえること Bicep を使って Infrastructure

    as Code をどのように実現するの かのイメージを掴んでもらうこと 3 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved.
  4. Infrastructure as Code Microsoft Azure における Infrastructure as Code 4

    Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved.
  5. Infrastructure as Code のおさらい Infrastructure as Code (IaC) は、インフラの構築作業をコード で実施する考え方のこと

    5 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved. • 構築コストの増大 • 人為的なミスの発生 • 暗黙的なノウハウの発生 手順書や人手による構築 で発生する課題 • 素早く、確実に環境を再現できる • コードの再利用により、横展開が容易 • 部品化による再利用もできる • インフラ構成を標準化でき、統制が取りやすい • 都度レビューするよりも確実に統制できる • セキュリティポリシーの適用もできる インフラをコードで管理 することによるメリット Infrastructure as Code
  6. ARM テンプレートのおさらい Azure Resource Manger (ARM) テンプレートは、Azure ポータル 上から手作業で実施しているリソース構築を自動化する仕組み Azure

    のリソースを JSON で定義する テンプレートとパラメータの JSON ファイルから構成される Azure CLI / PowerShell / Azure ポータルを使ってテンプレートを実行 6 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved.
  7. ARM テンプレートが抱える課題 ARM テンプレートの課題は、3つに分類できる 1. Azure リソースを JSON で表現するため冗長で煩雑になりやすい 2.

    テンプレートファイルの部品化による再利用が難しい 3. Azure Resource Manger API の仕様が分かりにくい 7 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved. Bicep は、この2つの課題解決に取り組むプロジェクトです。
  8. What is a Bicep Project? Bicep とは? 8 Copyright© 2021,

    JAZUG All Rights Reserved.
  9. Bicep とは Bicep は、ARM テンプレートの DSL (Domain Specific Language) 9

    Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved. JSON よりもシンプルな構文で書ける モジュール化とコード再利用性のサ ポートが向上 すべての Azure リソースと API バー ジョンを Day 0 サポート 現在のバージョンは v0.4 だが、 Microsoft 公式サポートの対象 Azure Resource Manager Bicep Language Compute Storage Network … az deployment create az bicep build az bicep decompile +250 RPs ARM Templates
  10. Bicep を使い始めるには 開発環境 Bicep ファイルを作成するためのエディターが必要。 • Visual Studio Code •

    Visual Studio Code 向けの Bicep 拡張機能 デプロイ環境 Bicep ファイルをデプロイするためのコマンドが必要。 • Azure CLI • Ver.2.20.0 以降で、Bicep が Azure CLI 統合されているので追加インストール不要 • PowerShell • Bicep が自動インストールされないので、手動でインストールする 10 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved.
  11. Bicep ファイルを作成する 空の main.bicep ファイルを作成し、リソースを定義する 11 Copyright© 2021, JAZUG All

    Rights Reserved. resource stg 'Microsoft.Storage/storageAccounts@2019-06-01' = { name: 'uniquestorage001' location: 'japaneast' kind: 'Storage' sku: { name: 'Standard_LRS' } }
  12. Bicep ファイルを作成する パラメータを追加する 12 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved.

    param location string = 'japaneast’ @minLength(3) @maxLength(24) param storageAccountName string = 'uniquestorage001' resource stg 'Microsoft.Storage/storageAccounts@2019-06-01' = { name: storageAccountName location: location kind: 'Storage' sku: { name: 'Standard_LRS' } }
  13. Bicep ファイルを作成する 変数と出力を追加する 13 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved.

    param location string = 'japaneast’ @minLength(3) @maxLength(24) param storageAccountName string = 'uniquestorage001' var storageSku = 'Standard_LRS' resource stg 'Microsoft.Storage/storageAccounts@2019-06-01' = { name: storageAccountName location: location kind: 'Storage' sku: { name: storageSku } } output storageId string = stg.id
  14. Bicep ファイルをデプロイする Bicep ファイルをリソースグループにデプロイする リソースグループの以外のデプロイ スコープ サブスクリプション 管理グループ テナント 14

    Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved. $ az group create -n <ResourceGroup Name> -l japaneast $ az deployment group create -f ./main.bicep -g <ResourceGroup Name>
  15. Bicep ファイルをデプロイする パラメータを使用してデプロイする コマンドラインでパラメータを渡す パラメータの JSON ファイルを使用する • ARM テンプレートと同じパラメータ

    JSON ファイルを使用できる 15 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved. $ az deployment group create -f ./main.bicep -g <ResourceGroup Name> --parameters location= japaneast storageAccountName=uniquelogstorage001 $ az deployment group create -f ./main.bicep -g <ResourceGroup Name> --parameters ./parameters.json
  16. What unique benefits do you get with Bicep? Bicep の良いところ

    16 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved.
  17. JSON よりもシンプルな構文で書ける パラメータと変数の参照 パラメータの定義 17 Copyright© 2021, JAZUG All Rights

    Reserved. "parameters": { "name": { "type": "string", "defaultValue": "myName" } }, param name string = 'myName' "name": "[variables('name')]", "location": "[parameters('location')]", name: name location: location ARM テンプレート Bicep ARM テンプレート Bicep
  18. JSON よりもシンプルな構文で書ける パラメータの修飾 18 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved.

    "parameters": { "name": { "type": "string", "defaultValue": "myName", "allowed": [ "myName", "myOtherName" ], "minLength": 3, "maxLength": 24 } }, @allowed([ 'myName' 'myOtherName' ]) @minLength(3) @maxLength(24) param name string = 'myName' ARM テンプレート Bicep
  19. JSON よりもシンプルな構文で書ける 変数の定義 アウトプットの定義 19 Copyright© 2021, JAZUG All Rights

    Reserved. "variables": { "location": “japaneast" } var location = ‘japaneast' "outputs": { "myOutput": { "type": "string", "value": "my output value" } } output myOutput string = 'my output value' ARM テンプレート Bicep ARM テンプレート Bicep
  20. JSON よりもシンプルな構文で書ける 文字列の連結 リソース ID の取得 論理演算子 20 Copyright© 2021,

    JAZUG All Rights Reserved. concat('John', ' ', parameters('lastName')) 'John ${lastName}' resourceId('microsoft.network/virtualNetworks') res.id and(parameter('isMonday'), parameter('isNovember')) isMonday && isNovember ARM テンプレート Bicep ARM テンプレート Bicep ARM テンプレート Bicep
  21. モジュール化とコード再利用性のサポー トが向上 module を使用して、別の .bicep ファイルを参照できる すべての .bicep ファイルをモジュールとして、相対パスで参照できる。 ARM

    テンプレートでは、リンクしたい JSON ファイルをインターネット に公開する必要があった。 21 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved. module stg './storage.bicep' = { name: 'storageDeploy' params: { storageAccountName: '<YOURUNIQUESTORAGENAME>' } } output storageName array = stg.outputs.containerProps . ├── main.bicep └── storage.bicep .bicep ファイルの配置 main.bicep ファイル
  22. モジュール化とコード再利用性のサポー トが向上 暗黙的なリソースの依存関係 22 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved.

    resource appServicePlan 'Microsoft.Web/serverfarms@2021-01-15' = { name: appServicePlanName location: location sku: { name: sku } } resource appService 'Microsoft.Web/sites@2021-01-15' = { name: appServicenName location: location properties:{ serverFarmId: appServicePlan.id } } ✓ あるリソース名が別のリソース定義内で参照されると、 暗黙的なリソースの依存関係が作成される。 ✓ ARM テンプレートでは、”dependsOn” で明示的に宣 言する必要があった。
  23. Conclusion まとめ 23 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved.

  24. まとめ いま Azure で IaC を実現するなら、推しは Bicep です。 ARM テンプレートの

    JSON よりもシンプルな構文で書くことができ、 モジュール化とコードの再利用性のサポートが向上しています。 手順書や人手によるインフラ構築から脱却しましょう。 既に Terraform などのツールを導入しているなら、無理に Bicep を導入 する必要はないと思います。 24 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved.
  25. 参考資料 Azure Bicep の公式ドキュメント https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-resource-manager/bicep/ Bicep を使用して Azure でリソースをデプロイして管理する https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/paths/bicep-deploy/

    Project Bicep - Tutorial https://github.com/Azure/bicep/tree/main/docs/tutorial Project Bicep - Spec https://github.com/Azure/bicep/tree/main/docs/spec 25 Copyright© 2021, JAZUG All Rights Reserved.