$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

「地域から"孤立"をなくすヒント2 ③」第3回 ボランティアのさまざまなかたちや可能性を拓く ~地域の実践をヒントに~ スライド資料

togazo
July 21, 2019
17

「地域から"孤立"をなくすヒント2 ③」第3回 ボランティアのさまざまなかたちや可能性を拓く ~地域の実践をヒントに~ スライド資料

西東京市田無公民館主催 現代的課題を考える講座「地域から"孤立"をなくすヒント2 ③」第3回 ボランティアのさまざまなかたちや可能性を拓く ~地域の実践をヒントに~ で使用したスライド資料。

講座のそのほかの資料
https://togazo.github.io/tga-study/

togazo

July 21, 2019
Tweet

More Decks by togazo

Transcript

  1. ボランティアのさまざまなかたちや
    可能性を拓く~地域の実践をヒントに~
    西東京市 田無公民館「地域から孤立をなくすヒント2」第3回
    2019年7月21日
    とがぞの

    View Slide

  2. ● 14:00-14:10 導入
    ● 14:10-15:20 講師のおはなし(20~30分/人)
    ● 15:20-15:30 質問など記入
    ● 15:30-16:30 質疑応答
    本日のタイムスケジュール(第3回)

    View Slide

  3. スライドと配付資料について
    ● スライドはオンラインで公開します
    ○ SNSなどでURLのシェア可(引用の範囲内ならスライドを撮影した画像のUPも可)
    ハッシュタグは #地域から孤立をなくすヒント2
    ○ URLは配付資料を御確認ください
    ● 録音可(※無断配信・無断転載禁止)
    ● 配付資料はスライドの概略程度の内容です
    ○ 資料の注意書きを御確認の上で御利用ください

    View Slide

  4. 前回までのおさらい
    (とがぞの分・補足込み)

    View Slide

  5. 第1回
    子どもと大人が一緒につくる、
    学びあいの場
    ~「コーダー道場こだいら」の実践から~

    View Slide

  6. 【具体的に…】
    子どもが自由にプログラミングを学び合う
    「コーダー道場こだいら」の実践から
    子どもも大人も主体的に関わりあえる
    場づくりについて学ぶ

    【ヒントになる話題】
    素人による素人のためのゼロから始める学習支援と
    プログラミングクラブ運営入門

    View Slide

  7. ● CoderDojoとは何か、小平道場とは何か
    ● 主体的な学習者を生み出すための場のデザイン
    ● 言葉の解釈は十人十色であることを念頭に置く
    ● 「垂れ流しスライド」という仕掛け
    ● 「Dojoの立ち上げ」に無理にこだわる必要はない

    View Slide

  8. 第2回
    「いろいろな子どもや大人にとって、
    居心地がよい場とは?」

    View Slide

  9. 公民館から受講者への問題提起

    【ヒントになる話題】
    活動をはじめるまでの半生と、
    プログラミングクラブの運営に対する想い

    View Slide

  10. ● CoderDojoを選んだ原点は「家族関係の問題」と
    「好きなことを自由に学べない悩み」から
    ○ 自分自身が安心して過ごせる場所を作りたい
    ○ 自分自身と似た境遇の人に機会提供をしたい
    ○ 自分の親と似た考えをする人に子供と向き合う機会を作りたい
    ● 自分自身が地域から孤立しないために
    ○ 孤独死した(しかけた)ときに早めに気付いてもらうための地域参加
    (参加者より運営側にいる方が気付いてもらいやすい、かも?)
    ○ 無理に地域に入ろうとせず「拠点がそこにある」から始める
    ○ 子供の保護者と関わると自然と地域につながっていく気がしつつある

    View Slide

  11. 第3回
    ボランティアのさまざまなかたちや
    可能性を拓く
    ~地域の実践をヒントに~

    View Slide

  12. 小話① CoderDojoに関わる人達

    View Slide

  13. 参加する若者たち
    ユースメンター
    一般的にはニンジャとして
    しばらく参加していた子ども
    です。
    他の子どもたちに知識や
    楽しい経験を共有してくれ
    たり、コミュニケーション
    などの内面的な部分や
    プレゼンテーションの
    サポートなどを行います。
    <参考・引用>
    https://zen.coderdojo.com eラーニングモジュール "inspiring Ninjas: How to be a CoderDojo Mentor"
    ニンジャ
    多くは7-17歳の、Dojo に参加している
    子どもたちです。
    ニンジャに求めるのは熱意!
    ただそれだけです。
    熱意に想像力をちょこっと
    ふりかけてください。
    引用:「CoderDojoへようこそ<一般・ボランティア向け資料>」

    View Slide

  14. 参加者を支援する人たち
    道場の運営でチャンピオン
    やメンターをサポートする
    人です。イベント運営の
    時はメンターとニンジャの
    両方をサポートします。
    ニンジャの保護者がボラン
    ティアになることが多いで
    す。Scratch や HTML/CSS
    などの簡単な課題で1度
    自信がつくとメンターに
    なることがよくあります。
    ニンジャにとっての技術的な
    道先案内人です。
    Dojo セッション中の学習や
    プロジェクト作業の
    ファシリテーションを
    行います。メンターは通常、
    好きな分野や専門分野が
    あります。しかしメンターと
    して貢献するためには、
    専門家や達人である必要は
    ありません。Scratch や
    HTML などの基礎的なものを
    知っていれば大丈夫です!
    Dojo のマネジメント、
    運営を担当している
    グループの代表者または
    共同代表者です。
    技術的に高度なスキルを
    持っているというより、
    Dojo をうまく動かして
    いくチカラを持っていま
    す。他の Dojo でメン
    ターを経験した方が近場
    で Dojo を立ち上げ、
    チャンピオンになるケー
    スが多いです。
    <参考・引用>
    https://zen.coderdojo.com eラーニングモジュール "inspiring Ninjas: How to be a CoderDojo Mentor"
    チャンピオン メンター ボランティア
    引用:「CoderDojoへようこそ<一般・ボランティア向け資料>」

    View Slide

  15. Dojo
    Dojo
    Dojo
    Dojo
    Dojo
    Dojo
    Dojo
    CoderDojo は「憲章」を中心としたコミュニティ
    <引用> https://www.slideshare.net/MasanoriNezumiya/coderdojo-79835899
    CoderDojo 憲章
    CoderDojo Foundation
    (アイルランド)
    CoderDojo Japan
    [凡例]    活動の決定権
    引用:「CoderDojoへようこそ<一般・ボランティア向け資料>」

    View Slide

  16. コミュニティ活動を、楽しく動きやすくする仕組み
    <参考> https://www.slideshare.net/MasanoriNezumiya/coderdojo-79835899
    CoderDojo 憲章
    ニンジャ
    メンター
    ユース
    メンター
    ボランティア
    (保護者等)
    ニンジャ ニンジャ
    メンター
    Dojo
    (チャンピオン)
    主要な
    メンター
    [凡例]    活動の決定権
    引用:「CoderDojoへようこそ<一般・ボランティア向け資料>」

    View Slide

  17. 小話② 小平道場のボランティア

    View Slide

  18. メンター

    View Slide

  19. メンター(遊びに来た他地域のチャンピオン)

    View Slide

  20. オトナニンジャ(?!)①

    View Slide

  21. オトナニンジャ(?!)①

    View Slide

  22. View Slide

  23. 世話人:バックヤード&ときどき現場

    View Slide

  24. 保護者:初歩・基礎的な指導(ほぼメンター)

    View Slide

  25. 保護者:見守り(ガーディアン)

    View Slide

  26. 保護者(兼メンター):司会進行

    View Slide

  27. 保護者:図書委員(貸出・返却手続)、荷物の分担

    View Slide

  28. 参加者の多様性を保障する

    View Slide

  29. 小話③ 関わる人を増やすために

    View Slide

  30. CoderDojoが推奨していること
    ● 仲間同士のメンタリング
    ● 自律学習
    ● 参加者相互の協力
    ● 参加者の多様性
    ● 運営に若者が積極的に関わること
    CoderDojoが推奨しないこと
    ● 人種、性別、宗教などの差別
    共同体
    ピア学習
    若年者
    リーダー育成

    View Slide

  31. ニンジャたちへの、ただひとつのルール
    Be Cool
    https://coderdojo.com/2014/06/04/coderdojo-recommended-practice/

    View Slide

  32. View Slide

  33. View Slide

  34. 子供たちの「創造的自由」を保障する

    View Slide

  35. ?
    一斉授業? 寺子屋?

    View Slide

  36. 「ライフロング・キンダーガーテン」と
    コンピュータクラブハウス

    View Slide

  37. 「ライフロング・キンダーガーテン 創造的思考力を育む4つの原則」
    ミッチェル・レズニック、村井裕実子、阿部和広、伊藤 穰一、ケン・ロビンソン/日経BP社/2018年
    ライフロング・キンダーガーテン(生涯幼稚園)
    ● クリエイティブ・ラーニング・スパイラル
    ○ 発想・創作・遊び・共有・振り返り
    ● 4つのP
    ○ 基本原則(Project,Passion,Peers,Play)
    ● 低い床と高い天井+広い壁

    View Slide

  38. 「ライフロング・キンダーガーテン 創造的思考力を育む4つの原則」
    ミッチェル・レズニック、村井裕実子、阿部和広、伊藤 穰一、ケン・ロビンソン/日経BP社/2018年
    コンピュータクラブハウスの教え方
    ● ふたつの極端な態度から遠ざかることができるように
    (新しいスタッフとメンターを)支援
    ○ 極端な態度① 指示と情報を与える
    ○ 極端な態度② 子供たちを放任して自分で学ぶに任せる
    ● 教えることと学ぶことの境界を曖昧に
    ○ メンバー(学習者)がメンターに
    ○ メンターがライフロングラーナー(生涯学習者)に

    View Slide

  39. 共に学び
    共に楽しむ

    View Slide

  40. 【運営ためらうあるある】
    デキる子が来ても教えられない

    View Slide

  41. 小話④支援者を増やすために

    View Slide

  42. 慢性的な課題
    協力者(理解者)をどうやって増やすか
    ● 運営の負荷分散 .oO(バックヤードが結構大変…)
    ● ニンジャにとって新たな出会いの機会創出
    ○ たまには学習者が各々の居心地のよい場所から
    外に出るための仕掛け作り .oO(頑張りすぎるメンターが倒れる…)
    ○ 単発の体験イベントの実施 .oO(資金調達…)
    ● PCを持たない参加希望者の支援 .oO(資金調達…)

    View Slide

  43. https://www.slideshare.net/togazo/episodeofkodairadojo2016june

    View Slide

  44. (一社)CoderDojo Japan とのパートナーシップ企業
    https://coderdojo.jp/

    View Slide

  45. https://news.coderdojo.jp/2018/11/28/from-cygames-to-all-dojos-in-japan/
    https://www.facebook.com/coderdojo.jp/photos/a.158169001060927/939388496272303/?type=3&theater

    View Slide

  46. 【余談】
    CoderDojo以外の
    「地域」との関わり方

    View Slide

  47. あらたなキーワードとの出会い
    ● コワーキングスペース
    ● 地域の居場所づくり
    ● Civic Tech(シビックテック)
    ● CoderDojo(コーダー道場)
    いわゆる
    “Code for ●●●”
    など

    View Slide

  48. 引用 https://www.code4japan.org/brigade

    View Slide

  49. Code for Nagoya「若者の生きづらさをなんとかしようアイデアソン/ハッカソン」2018年12月17日記事より

    View Slide

  50. 画像引用元: Twitter/Togetter https://togetter.com/li/1371212
    誰かと課題を共有する
    話し合ってモヤモヤする
    解決方法を出し合う
    一人ひとり動いてみる

    View Slide

  51. さいごに…

    View Slide

  52. View Slide

  53. View Slide

  54. View Slide

  55. まずは「●●●」の定義の見直しを

    View Slide

  56. 受動的
    主体的
    自主的
    やりたいこと
    やるべきこと
    「社会人の教科書」 https://business-textbooks.com/jihatsusei-difference/ を参考に作図
    やるべきことを
    自らの意志で
    やる
    やるべきことを
    自ら設定・判断
    して行動する
    誰かの指示を
    受けて行動する
    自発的
    「やりたいことを
    やる」強い意志

    View Slide

  57. ただの参加者

    主体的な参加者へ
    https://zen.coderdojo.com/find

    View Slide