$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

株式会社トレタ会社紹介資料

 株式会社トレタ会社紹介資料

株式会社トレタ

November 14, 2022
Tweet

Other Decks in Business

Transcript

  1. 株式会社トレタ 会社紹介資料 1

  2. 1. トレタについて 2. 事業戦略 3. 事業紹介 4. 組織紹介 5. 働く環境

    6. 社内コミュニケーション 7. 採用情報詳細 2
  3. ▪会社概要 会社名  株式会社トレタ( Toreta,Inc.) 住所  【本社】      〒141-0031      東京都品川区西五反田 7-22-17 TOCビル8F     【関西オフィス】

         〒530-0012      大阪府大阪市北区芝田 2丁目8-11 共栄ビル3階 代表者  代表取締役 中村 仁 設立   2013年7月1日 資本金  1億円(2020年12月末時点) 事業内容 飲食店向け 予約/顧客台帳サービスの開発・販売 正社員数 100名(2021年7月1日現在) 3
  4. VISION 4 食の未来を、アップデートする

  5. MISSION 5 すべての飲食店に、 テクノロジーがもたらす豊かさを。

  6. 自分たちをアップデートする「5つの原則」 5つの原則(5PRINCIPLES) 主語は「自分」 原点は他責でなく自責。「自 分」で動く人だけが成長で きる。本気の覚悟を持つ 「自分」が多いほど、トレタ は成長できるのだ。 1 信頼を紡ぐ

    私たちの事業の根幹は「信 頼」だ。 自分の行動や言葉は、信 頼につながるか、いつも自 分に問いかけよう。 2 徹底的にやり抜く 私たちは、誰も実現できな かったことを実現していく。 挑戦を讃え、失敗を愛そう。 失敗は終わりなき成功への 過程なのだから。 3 シンプルであれ WHYの問いを重ね、課題 の「本質」を掘り起こす。トレ タは、複雑な課題を美しくシ ンプルに解決していくチー ムだ。 5 違いを尊重する 相手の立場を尊重し、相手 の正義を理解する。多様性 と化学反応こそが、新しい 「何か」を生み出す土壌とな るのだ。 4 6
  7. 経営陣 7 7 松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)、オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン株式会社を経て、株式 会社グレイスを創業。和風スタンディングバー「壌」では立ち飲みブームを、「西麻布豚組」では高級とんかつの ブームを牽引する。料理写真共有 SNS「ミイル」をリリースした後、 2013年、株式会社トレタを創業。 中村仁 創業者/代表取締役CEO

  8. 経営陣 小國 健児 CFO 外資系企業社のファイナンス部門にて 12年経験。 経理、財務、管理会計、資産運用と幅広く経験 し、最後の2年間は、売上規模 1,000億円の事業 部のファイナンスヘッドを務める。

    GROOVE X株 式会社でCFOとして、資金調達、事業計画策定、 株主対応、収益性評価、予実管理等を担当。 大 手事業会社との資本業務提携を中心に 27億円の 資金調達を主導。在籍中の調達総額は、 75億 円。数々の困難な状況のなか、事業を継続させる ためのファイナンシングを行い、新市場を開拓す るための資源配分の意思決定を経験。 福井敦 CSO 証券会社・広告会社にて営業組織のマネジメント に従事した後、複数社で取締役として、子会社設 立、事業再建、上場などのプロジェクトを経験。 2019年に株式会社トレタに入社。現在は、セール ス・マーケティング領域を管掌。 8 鄧 皓亢 CTO 台湾出身。台湾の飲食メディアでのデータサイエ ンティストを経て、 2016年より株式会社トレタの台 湾法人立上げに従事。 2017年8月より東京本社 にてデータエンジニアとして社内のデータ基盤、 飲食店の混み具合予測、チャーン予測、飲食店 の配席を補助する最適化モデルなどの構築を担 当。2020年7月、トレタの CTOに就任。 進藤学 CPO 複数社にて法人営業・事業開発を経験後、大手イ ンターネットメディアのアライアンス担当として 100 社以上との提携企画・事業推進に従事。 2015年 に入社後、事業開発部門のマネージャー・部長、 人事部門執行役員を経て、 2022年にCPOに就 任。
  9. 1. トレタについて 2. 事業戦略 3. 事業紹介 4. 組織について 5. 働く環境

    6. 社内コミュニケーション 7. 採用情報詳細 9
  10. トレタが考える外食産業の課題 飲食店の現場では、 30年前とほぼ変わらないオペレーションが行われています。 情報化の進んだ現在において、これほどまでに手作業が多く残っている業界はあまりないのではないでしょうか。 過当競争、人口減など、飲食店を取り巻く環境はますます厳しくなってきています。 その一方で飲食店はテクノロジーの恩恵から程遠いところにあります。 私たちの使命は、情報化から取り残されたこの飲食業界をアップデートし、 そこで働く人たちが活き活きとやりがいをもって働ける環境を取り戻すことです。 稼げる仕事 高い生産性

    優秀な 人材の増加 過酷な 労働環境 低い生産性 優秀な 人材の不足 これまで これから テクノロジーで飲食業界をアップデートし、やりがいを持って働ける環境を 10 さらに コロナウイルス拡大に よる影響
  11. バーティカルSaaSとして外食産業の課題解決を 11  法務  人事・労務  営業  経理  マーケティング 飲食 医療 不動産

    運輸 バーティカルSaaS ホリゾンタルSaaS 業種に関係なく(業種に特化せずに水平に)利用できる SaaS 業種に特化して提供されている SaaS 狭く深く外食産業に向き合うことで、より深く大きな変化を 起こす。
  12. 外食産業の市場規模は? 12

  13. これまでの外食体験はぶつ切りの一方通行
 13 これまでのIT化は、細分化された店舗業務を個別にデジタル化するにとどまっており、顧客体験がぶ つ切りになると同時にデータも散逸していた。 グルメ サイト SNS 予約 台帳 モバイルオーダー

    POS POS グルメ サイト SNS 探す 予約 来店 メニュー 注文 食事 支払い 評価 シェア これまでの外食体験はぶつ切りの一方通行
  14. 外食体験を川上から川下までデジタルでつなぐ 14 顧客の行動を「点」としてではなく時間軸を伴った「線」で把握できるようになるため、データを活用した 店舗改善も可能になり、経営の大幅な強化も実現できる。
 
 探す 予約 来店 メニュー 注文

    食事 支払い 評価 シェア 顧客体験を一気通貫でデジタルインフラ上に構築 トレタB/X トレタO/X トレタSTAMP TORETA now トレタ予約番 トレタ
  15. DXによる新たな挑戦「デジタル塚田農場プロジェクト」 15 大手外食法人エーピーホールディングスと共に顧客体験をDX化する塚田体験の輪に挑戦中。


  16. 20.3億円の資金調達を完了 コロナ後の飲食業界には反動需要が来ると予測し、2022年、先を見据えて資金調達を完了。 16

  17. 直近の事業戦略 「予約一本足」の事業モデルから脱却し、新たにコロナ禍に開発した2つの新事業を主力事業と し、拡大予定。 シェアや競合を意識した意思決定ではなく、狭く深く顧客と徹底的に向き合い、圧倒的な成果を出 す。 これまでの主力事業 新事業 17

  18. 1. トレタについて 2. 事業戦略 3. 事業紹介 4. 組織について 5. 働く環境

    6. 社内コミュニケーション 7. 採用情報詳細 18
  19. 飲食業界に特化した3つのBtoBサービス 主力事業 19

  20. 20

  21. 「トレタ」は、高級レストランや居酒屋などあらゆる飲食店の予約を、簡単・便利に管理ができるサービスです。 店舗経営に不可欠なオペレーションの効率化をサポートすると同時に、これまで最も情報化の遅れていた飲食業界の IT化を急速 に普及させる核となるサービスを目指します。 予約管理/顧客管理台帳サービス「トレタ」 あらゆる飲食店の予約を簡単・便利に! 21

  22. 22 基本機能 使いやすさを磨いた4つの機能がトレタの基本です 
 予約台帳 予約を入れていくだけでそ のまま予約台帳に。 転記は不要です。 顧客台帳 予約情報から自動的に

    作られる顧客台帳で おもてなしを向上。 集計・分析 蓄積された予約情報の 集計や分析をして さらに繁盛。 ウェブ予約 無料で ウェブ予約ページを作って いつでも予約受付。
  23. 23 さらに、繁盛店を支えるさまざまな機能 グルメサービス連携 ・予約情報を登録する  手間が省ける ・キャンセルや変更について も 変更できる ウェブ予 約へ POS連携

    ・誰が何を飲み、食べたのかが  顧客情報として貯まる ・初回オーダー時と会計で  入店/退店を自動で判別できる Googleで予約 ・Googleから予約を受付ができ  る ・申込不要でトレタと自動連携
  24. 導入店例 24 高級レストランや居酒屋など 
 あらゆる飲食店さまに幅広くご利用いただいています 
 2021年3月現在

  25. 25 導入効果 ”お客様とのつながりを 大切にしたいから、 トレタに決めました ” KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

    東京ミッドタウン店 代表 横山 剛さん ”常連様の情報をスタッフで 共有、おもてなしの質が 自然に変わります ” 食幹 渋谷/小野木 (株式会社 ディスカバリー) 代表取締役 佐藤 幹さん ”3日もすると全員がトレタを 楽々使いこなしていて 驚きました” 豚組しゃぶ庵 (株式会社グレイス) 代表取締役 国吉 貴之さん ”トレタなら現場スタッフの ストレスをゼロに できると思いました ” すしざんまい (株式会社 喜代村) 店舗運営部 部長 小原 邦男さん
  26. 26

  27. 27 飲食店における電話対応の課題

  28. 24時間365日、AIが自動で電話予約を受付「トレタ予約番」 28 24時間365日AIによる自動受付が可能 ・店舗スタッフに代わってお客さまと「対話」 ・電話対応業務を削減。さらに、営業時間外の取りこぼ しをなくして売上アップ AIが受付した予約は自動で予約台帳に配席 ・満席時はお客さまに別日時をご案内 ・個室希望のお客さまには個室をご案内 ・その他、飲食店の予約受付を効率化する機能あり

    予約以外のお問い合わせやお客さまがお店へ の取次を希望した場合は、お店に転送 ・転送時はAIが受付した予約情報を確認しながら対応 が可能 ・時間帯ごとにお店への転送のオン・オフが切替可能。 例えば、営業時間外は営業時間中に再架電するようご 案内 STEP1 STEP2 STEP3
  29. 29 導入効果

  30. 30

  31. 予約事業中心のプロダクト展開から、来店後の体験もデジタル化へ 31

  32. ゴールは業務効率化の先にある顧客体験 セルフオーダー O/X Order Experience 業務効率化を実現 よりよい顧客体験を実現 32

  33. 新しい顧客体験を届ける店内モバイルオーダー 「トレタO/X」 33

  34. お客様の満足度も、コスト削減も。 34

  35. 導入事例:トレタO/X for YONA YONA BEER WORKS 35

  36. 導入事例:トレタO/X for YONA YONA BEER WORKS 36

  37. 導入事例:トレタO/X for YONA YONA BEER WORKS 37

  38. 導入事例:トレタO/X for YONA YONA BEER WORKS 38

  39. 導入事例:トレタO/X for 塚田農場 39

  40. ダイヤモンドダイニングと共同で開発した新業態「焼鳥IPPON」

  41. ダイヤモンドダイニングと共同で開発した新業態「焼鳥IPPON」

  42. 導入事例:トレタO/X for 焼鳥IPPON(初のデジタル新業態開発) 42

  43. 導入事例:トレタO/X for 焼鳥IPPON(初のデジタル新業態開発) 43

  44. 導入効果

  45. 飲食業界に特化したtoB、toCサービスを複数提供中 その他の事業 45 グルメの 超直前予約サービス お店とお客さまの距離を縮める 来店スタンプカード 飲食店向け オウンド支援サービス B/X

  46. 46

  47. アプリ不要のスマホ来店スタンプカード 「トレタスタンプ」 47 データ分析
 コミュニケーション
 カンタン会員登録
 誰でも簡単に使えて
 お店とお客さまの
 距離を縮める
 来店スタンプカード


    ラクチンだから使ってもらえる! 
 QR読み込むだけでスタンプたまる! 
 LINE公式アカウント連携! 
 お店の情報、オトクな情報を発信! 
 顧客データや来店履歴を自動で取得! 
 アナリティクスツールとの連携も可! 
 47
  48. トレタスタンプ 7つの活用ポイント! ⚫ 紙のスタンプと違って印刷費不要でデータも蓄積できる      ⚫ 最短2タップで会員登録!さらにLINE友だち登録も同時完了 ⚫ 『誰が、どのお店に、いつ来たか?』をデータ分析した施策展開 ⚫ 会員情報や来店履歴はCSVダウンロードして自由に扱える

    ⚫ トレタスタンプの管理画面からLINEでセグメント配信可能 ⚫ ブラウザなのでWEBマーケツールとの連携自由度が高い ⚫ 1アカウント内で複数スタンプ帳を同時に展開可能 : 費用対効果が高い : カンタン登録 : データ利活用 : 自社情報資産 : LINEプッシュ配信 : htmlタグ設置 : 多彩な行動履歴を取得 48
  49. スタンプ会員画面イメージ
 49 ブランドイメージに合わせて3種類のデザインから選択可能!


  50. 1. トレタについて 2. 事業戦略 3. 事業紹介 4. 組織紹介 5. 働く環境

    6. 社内コミュニケーション 7. 採用情報詳細 50
  51. トレタのメンバーたち 51 全社組織の紹介

  52. トレタの組織図 52 全社組織の紹介

  53. 職種別 平均年齢:36.5歳 職種・年齢層の割合 年齢層別 53 2022年1月1日時点 全社組織の紹介

  54. 54 トレタに入社した理由 外食への思いがあり、外食産業をもっと良い環境へ変えたい 家族知人が飲食店をやっており、課題を感じている 普段から外食が好きで親しみのある業界、身近である バーティカルSaaSという新しい事業モデルで成功事例を作りたい 世界的にも新しい事業モデルである、バーティカル SaaSにはまだ成功例が少なく、やりがいのある領域 経験を活かして仕組み化などに取り組んでいきたい バーティカルSaaS領域で事業をグロースさせて産業にインパクトを与えたい

    子育てをしながらでも働きやすい環境 場所や時間にとらわれずに働くことができる 通勤のストレスなく働くことが可能 全社組織の紹介 飲食業界に貢献したい 柔軟な働き方だからこそパフォーマンスが可能な環境
  55. トレタのエンジニア組織のコアバリュー 55 良質なプロダクトを生むために、トレタとしての技術的資産を生み出す ・顧客接点と課題理解を追求する (=顧客が本当に必要としているもの) ・課題解決の糸口は必ずしもソースコードではなく、時にはドメ イン知識だったりする ・技術的に正しい状態(= Simple)を目指すことに時間をかけ る

    エンジニア組織の紹介
  56. エンジニア組織の構成 56 職種別割合 年齢層 2022年1月1日時点 エンジニア組織の紹介

  57. 開発組織の構成 57 男女比 バックグラウンド 2022年1月1日時点 エンジニア組織の紹介

  58. プロダクト開発部の組織図 58 エンジニア組織の紹介

  59. テクノロジースタック 59 エンジニア組織の紹介

  60. テクノロジースタック エンジニア組織の紹介

  61. トレタ O/X のシステム構成(Headless 戦略) 61 UI は SES で提供可能 他は全て

    SaaS エンジニア組織の紹介
  62. メンバー紹介 62 新卒から6年間は営業担当として活躍し、 2014 年からiOSエンジニアに転身。客先常駐で BtoB〜BtoC、受託案件や自社サービス案件を 担当。 2018年3月、株式会社トレタに入社。「トレタ」の iOSアプリ開発を担当し、現在は「トレタ O/X」のフ

    ロントエンドエンジニアを担当している。 2010年、システム受託会社に入社し、教育系 システム開発や ECサイト構築などに従事。そ の後、飲食関連サービス会社での自社メディア 事業開発、自社サービスのエンジニアリーダー を経て、2018年6月、株式会社トレタに入社。フ ロントエンドエンジニアとして「トレタマネー ジャー」や「トレタ CC」のシステム開発全般を担 当し、現在は「トレタ O/X」のプロダクトマネジメ ントを担当している。 2016年、株式会社アイセックに入社。出向先に てWebアプリのサーバーサイド開発、家庭用 ゲーム機のテスト自動化・ CI環境の整備などを 務める。2019年5月、株式会社トレタへ入社。「ト レタ」iOSアプリのQAを担当し、現在は「トレタ O/X」のQAをメインで担当している。 林 美波 QAエンジニア 北川 真理 テクニカル プロダクトマネージャー 田口 健太郎 フロントエンドエンジニア ▼QAチーム記事 品質向上を担う QAエンジニアに、トレタの開 発環境や組織の魅力を聞きました。 ▼テックブログ記事 トレタO/Xの開発にジョインしてやってきたこ と ▼テックブログ記事 マイクロサービスへの挑戦とその結果 制作会社エフ・アンド・エフ(現エフエフ東放)、 HOWS、NAVER Japan(現LINE)、シンドバッド・ インターナショナルなどを経て、 2015年7月にトレ タ入社。「トレタ」や「トレタ now」のフロントエンド 開発を担当し、現在は、「トレタ」や「トレタ O/X」の プリンシパルエンジニアとしてプロダクトマネジメ ントや、フロントエンド開発を担当している。 吉田 徹生 プリンシパルエンジニア ▼著書 はじめてのAngularJS エンジニア組織の紹介
  63. 63 エンジニアの声:トレタのエンジニア組織の魅力は? プロフェッショナルが集まるボトムアップな組織 自ら考えて物事を進めるのが好きな人には最適な環境 風通しがよく、自分のポジションや所属に関わらず意見を発しやすいところ 失敗した時、個人を責めるような雰囲気はなく、チームの責任として課題に取り組む姿勢がある 新しいことにチャレンジできる機会が豊富 意見を出し合いながら、建設的に良いプロダクトを作っていくことができる 柔軟な働き方 新しいツールや思想(パラダイム)などを積極的に取り込める、チャレンジしがいがあるチーム

    既存の SaaS ツールをレゴみたいに組み合わせて PoC を素早くつる文化 前例がないものでも課題に対して正しいソリューションであれば投資できる 飲食店のフロント(予約・オーダー)からバックエンド(経理・経営)まで全て関われる その課題を理解した上でソリューションを提示していく文化がある 多様なライフスタイル・働き方ができる (フルリモート / 地方勤務制度 / どこでもトレタ) エンジニア組織の紹介
  64. 64 エンジニアの声:仕事のやりがいを教えてください デザイナーからエンジニア、 QAまで各人の立場でさまざまな意見を交えながらプロダクト提供することができる 自分の仕事が飲食店へ貢献できていることを実感できる 自らの意見提案がプロダクトに反映されやすい 顧客と直接会話しながら課題を整理することができるため、直接評価を頂ける 自分の関わった仕事が顧客に喜ばれていると実感でき、会社の事業にも貢献できていると感じられる 技術を使って課題解決をすることで、直接的に顧客への価値提供ができる 自分自身もユーザーとしてサービスを体験できるため、実感を持って開発に取り組める

    新しい飲食体験を世の中に提供できる エンジニア組織の紹介
  65. 65 エンジニアの成長・学習の機会 隔週任意参加で開催されているトレタ技術顧問上田 拓也さん(tenntenn さん)によるGo勉強会。 新しい言語を基礎から体系的に学ぶ機会として行っており、様々な分野のエンジニアが参加している。 テックトーク Go勉強会 アーキテクチャ設計ワークショップ 隔週任意参加で実施している技術交流会。

    プロジェクトやエンジニアのジャンルを超えてそれぞれの専門分野から共有を行なっていくことで、 開発組織全体の技術スキル向上やエンジニア同士のコミュニケーションの場としている。 月に2回、外部協力者の川島 義隆さん(kawasima)さんによるドメイン駆動設計( DDD)のワークショップ。 DDD の勘所を、イベントストーミング /擬人化ユースケースを使ってワークショップを行う。 RDB勉強会 隔週任意参加で開催されている外部協力者の大橋賢人さん( lagenorhynque さん)によるRDB勉強会。 エンジニア全員が対象のプロダクトの品質改善を目的として行っている。 エンジニア組織の紹介
  66. 1. トレタについて 2. 事業紹介 3. 事業戦略 4. 組織紹介 5. 働く環境

    6. 社内コミュニケーション 7. 採用情報詳細 66
  67. OFFICE 67

  68. 従業員自身が働き方を設計できる柔軟な制度で、育児・介護との両立をサポート 68

  69. 69 働き方の多様性を認める制度 フレキシブルタイム 6:00~22:00とし、柔軟な勤務が可能。(コアタイム 11:00-16:00) 育児や介護などでコアタイムの就業が困難な場合などに限定し、 6〜22時のフレキシブルタイムの範囲での就業が可能。 リモート/出社を選べる「違いを尊重する働き方」 仕事に最大限集中するための環境づくりを目的とし、各個人が働く場所を選択できるように。 オフィス出社メインの社員へは定期代の支給、リモート勤務メインの社員へは在宅勤務手当を支給。

    業務に差し支えないと認められる人やフルリモートワークが可能な社員を対象とした、地方在住勤務ができる制度。 フレックスタイム制 どこでもトレタ 地方在住勤務制度 日本国内であればエリアを問わず、観光や帰省などの目的で居住地以外の場所に宿泊しながら勤務できる制度。
  70. リモート率と地方在住者率 70 ※2022年3月実績 2021年から地方在住制度を開始し、既存社員 の地方移住や地方在住者の採用により、増加 傾向 地方在住者率 リモート率 91% 7%

    ※2021年12月実績 適宜出社の必要が生じた場合やオフィスにてコ ミュニケーションをとりたい場合は出社している 状況
  71. 平均残業時間と有給取得率 71 ※2021年実績 トレタバケーションと合わせて取得することで、 1週間以上休暇を取得することも可能 (計算方法:当年取得÷当年付与) 有給取得率 平均残業時間 ※月間 オンオフのメリハリをつけた働き方でワークラ

    イフバランスを大切に 13:59 105%
  72. 福利厚生 ▪トレタ30 ▪部活動補助 ▪会社飲み会補助 ▪合宿補助 ▪資格取得補助 ▪書籍購入補助 ▪セミナー・カンファレンス参加 補助 ▪リモートワーク手当

    ▪ノマド手当 ▪カラオケルームの  テレワークルーム利用 ▪ドリンク補助 ▪トレタリサイクル ▪副業可 顧客理解と 社内交流のきっかけづくり 社員の成長をサポート 働きやすい環境づくり 72
  73. トレタ30 73 自社プロダクトへの理解を積極的に深めることを目的に 「トレタ」導入店舗で外食した際の飲食費の30%を補助します。(月内上限あり)

  74. パフォーマンスに必要な情報が手に入る環境 入社時オリエンテーション 入社後研修 入社後面談 豊富なコミュニケーションの機会 入社後のオンボーディングサポート 業務で利用するツール及び 社内ルールの共有 会社・事業・組織の理解を 深めるための研修

    1ヶ月後、3ヶ月後の 人事担当によるフォロー面談 74 入社日懇親会 歓迎会 メンター制度 入社初日にオフィスまたはオンラ インで実施する懇親会 入社月に行われる歓迎会 オンラインorオフライン 選べます。 入社社員1名に対して 専任のメンター1名がしっかりフォロー
  75. 評価制度について

  76. 会社の規模や成長に合わせた適切な社内ツールの選定 社内ツール 76

  77. 77 Slackとesaの活用 Slackとesaの活用で、フロー情報とストック情報を 知りたい人にタイムリーに届けることを実現

  78. 1. トレタについて 2. 事業戦略 3. 事業紹介 4. 組織紹介 5. 働く環境

    6. 社内コミュニケーション 7. 採用情報詳細 78
  79. 79 ONE MEETING スピーディーに情報共有を行うため、週次で全社会議を実施。 会議中はSlackで質問を受付し、タイムリーに回答を行っている。 ・毎週各部署が持ち回りでコンテンツを担当 (取り組み発表等) ・各部署からのお知らせ ・経営会議内容共有 ・月次財務状況の共有

    ・新入社員の挨拶 ・オンボーディング終了後のミッション共有 等 会議は全て録画され共有されるため、参加できない社員へも情報共有が可能。
  80. 80 概要:代表の想いや考えを定期的に発信する番組です。 内容:代表の想いや考え、昨今話題になっている    飲食業界のHOT TOPICSに対する代表の見解も深掘りする。 目的:会社全体がVisionに向かって行動しやすい環境を作る。     1. 社員の事業方向性の理解促進。    

    2. 社員が抱えている疑問や不安の解消。 頻度:毎週水曜日 12:30-13:00     あああ 音声コンテンツの配信 で社内限定配信中!
  81. 81 普段のコミュニケーション チャットツールやオンライン会議ツールを利用し、 タイムリーなコミュニケーションを心がけています。

  82. 1. トレタについて 2. 事業戦略 3. 事業紹介 4. 組織紹介 5. 働く環境

    6. 社内コミュニケーション 7. 採用情報詳細 82
  83. 83 採用情報詳細 求人詳細・エントリー 採用フロー ご希望の場合、正式に選考に進む前にカジュアル面談を実施することが可能です。 ※募集状況によって面談の実施が難しい場合や、選考フローが変更することもございますので、 あしからずご了承くださいませ。 最新の採用に関する情報や 求人詳細は弊社採用ページから ご確認ください。

    応募 カジュアル 面談 面接 2〜3回 書類選考 内定 入社
  84. 84 各種メディアの紹介 トレタのnote https://note.com/toreta_hr トレタの人や文化について発信して いるnoteです。 トレタ開発者ブログ https://tech.toreta.in/ トレタのエンジニアが技術や開発環 境について発信しています。

    https://twitter.com/TORETA _official Twitter トレタの日常をさまざまな角度で発 信しています。 トレタの情報をタイムリーに発信しているメディアを紹介します。