Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

法人向けクラウドソフト 「MFクラウドシリーズ」の開発

tty
May 26, 2016

法人向けクラウドソフト 「MFクラウドシリーズ」の開発

20160512 TechMeetupByMoneyForward

tty

May 26, 2016
Tweet

More Decks by tty

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 法人向けクラウドソフト 「MFクラウドシリーズ」の開発 2016/05/12 谷口 徹

  2. 自己紹介 • 仕事は会計サービスの開発 ◦ プロダクトオーナー • サーバーサイドエンジニア ◦ フロントの皆様にjsonを渡すお仕事 •

    公認会計士
  3. “マネーフォワードの有名じゃない方 B to Bの話をします”

  4. MFクラウドシリーズ バックオフィスの トータルソリューション

  5. “2年ちょっとで6プロダクトのリリース”

  6. MFクラウドシリーズ このサービスの人です =>

  7. 会計システムとは ゴールは、決算書と申告書を作成すること 理想は利用開始した瞬間に書類が出来上がっていること

  8. ゴールまでの過程は2つ 入力 出力 仕訳を集計して書類を作る 自動化されている 通帳データ、カード明細、領収書を集めてくる それらのデータを仕訳に変換する 自動化されていない

  9. 理想は利用開始した瞬間に書類が出来上がっていること そのためには 入力も自動化しないといけない

  10. 入力を自動化する データを収集 データを仕訳に変換 通帳データやカード明細を 自動で収集 過去の入力結果を元に仕訳へ 自動で変換

  11. ゴールまでの過程は2つ 入力 出力 仕訳を集計して書類を作る 自動化されている 通帳データ、カード明細、領収書を集めてくる それらのデータを仕訳に変換する 自動化されていない -> 自動化する

  12. “バックオフィス効率化の先の世界”

  13. 本来のニーズ ユーザーはバックオフィスなんてやりたくない 会社のミッションを実現したい そのためには ユーザーは会社を安定させてもっと儲けたい

  14. 資金繰りの可視化と最適化 過去・現在・未来の キャッシュフローを把握

  15. 収益向上ための何か 意思決定情報を集約したサポートツールを作りたい どの商品を重点的に販売するか 営業マンの売上向上には具体的に何をすればいいか etc...

  16. ものづくりの体制 • 各プロダクト10人未満のスモールチーム • どのプロダクトチームにも属していない技術部 ◦ エンジニアの憧れる技術力の高い組織を作る ◦ 共通ロジックのengine化 ->

    短期間でのサービスリリース ◦ CI ◦ コードレビュー
  17. ものづくりの文化 • プロダクトとサポートを合わせてサービスという文化 ◦ ユーザーに触れる部分は全てサービス ◦ 全体で最高のユーザー体験を作り出す • 試食会 ◦

    リリース前にまず社内で食べる ◦ ユーザー目線に強いCSが大活躍
  18. 研修制度 • 専門性の高いサービスを作っている • 税理士、公認会計士、弁護士など多数の士業が所属している • でもそんな人ばかりではないから研修制度がある • 課題図書 ◦

    「女騎士、経理になる。」 • バーチャル経理部 ◦ 会計事務所の職員になりきって実際の業務と同じことをやる ◦ かなりハード、だけどやり切るとプロダクトに反映される
  19. 最後に • この業界はシステム化しやすいしIT化が遅れているのでチャンス • 効率化の次は、蓄積したデータを活用する段階に移行していく • fintechだからといって技術的に特別な何かがあるわけではない • 結局ユーザーに最高の体験を届けることが最重要

  20. Thank you!