$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

JAS2016_Innovation

 JAS2016_Innovation

第2回測量・地理空間情報イノベーション大会

Toshikazu SETO

June 15, 2016
Tweet

More Decks by Toshikazu SETO

Other Decks in Education

Transcript

  1. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 1 ϓϥοτϑΥʔϜԽ͢Δ ஍ཧۭؒ৘ใͱࠃ಺֎ͷಈ޲ ੉ށ णҰ ౦ژେֶۭؒ৘ใՊֶݚڀηϯλʔ άϩʔόϧ(ۭؒ৘ใ دෟݚڀ෦໳ɾಛ೚ߨࢣ

  2. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 2 Contents • 地理空間情報のオープンデータ化・ プラットフォーム化とは? • 地理空間情報の活用と地域課題解決 •

    地理空間情報のオープンデータ化を めぐる国内動向 • 地理空間情報のプラットフォーム化を めぐる国内動向
  3. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 3 地理空間情報の オープンデータ化・プラットフォーム化とは?

  4. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 4 Source:    http://openminnesota.org/inspiration/ オープンガバメント・オープンデータ データを行政がプラットフォーム提供 → 民間での活用

    オープンイノベーションに大きな期待! Government  as  a  Platform プラットフォームとしての政府 (O'Reilly,  2009)
  5. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 5 G8「オープンデータ憲章」 H25.6.18 → 高価値データ:地図・空間情報への注目 https://www.gov.uk/government/publications/open-­‐data-­‐charter/g8-­‐open-­‐data-­‐charter-­‐and-­‐technical-­‐annex http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/page4_000099.html

  6. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 6 Global  Open  Data  Index  2015 http://2015.index.okfn.org/place/

  7. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 7 Source:  http://bit.ly/1qET2Ss

  8. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 8 台湾:横断的データ・API(M2M) →基盤地図や不動産取引など Source:  http://data.gov.tw/

  9. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 9 英国:多機関による基盤地理データの 提供(Open  Government  License) Source:  http://data.gov.uk/

  10. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 10 基盤的な地理データがオープンになると…? →地図・地理空間情報の「民主化」

  11. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 11 地理空間情報の活用と地域課題解決

  12. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 12 GeoVation Challenge  (2009-­‐) Innovation  =  problem  x

     solution  x  execution  !
  13. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 13 • ‘How  can  Britain  feed  itself?’  (2010)

    • ‘How  can  we  improve  transport  in  Britain?’  (2011) • ‘How  can  we  transform  neighborhoods  in  Britain  together?’  (2012) • ‘How  can  we  connect  communities  and  visitors  along  the  Wales  Coast  Path?’  (2012) • ‘How  can  we  help  British  business  improve  environmental  performance?’  (2013) • ‘How  can  we  encourage  active  lifestyles  in  Britain?’  (2014) • ‘How  can  we  enable  people  in  Britain  to  live  in  better  places?’  (2014) Geovation Programの流れ Source:  https://geovation.uk/wp-­‐content/uploads/2016/03/challenges-­‐booklet-­‐09-­‐15.pdf
  14. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 14 米国:Geoplatform 国保有の地理データポータル・マーケットプレイスも計画中 Source:  https://www.geoplatform.gov/

  15. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 15 米国国勢調査局:Opportunity  Project オープンデータを使った視覚化・オープンソース化 (すべての人に情報へのアクセス機会を増やす) Source:  http://opportunity.census.gov/

  16. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 16 FOIA(米国情報公開法)に基づく1億8700万の NYタクシートリップデータ(2013)のデータ可視化 NYC  Taxis:  A  Day  in

     the  Life Source:  http://nyctaxi.herokuapp.com/#
  17. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 17 Transitmix:  公共交通オープンデータを徹底活用 交通計画のマネジメントツール(ベンチャーとして起業) Source:  http://getremix.com/#platform https://www.codeforamerica.org/blog/2014/07/07/transitmix-­‐design-­‐your-­‐perfect-­‐bus-­‐system/

  18. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 18 Cartodb:  オープンソースを徹底活用した 高度なLocation  IntelligenceServiceの実現 Source:  https://cartodb.com/

  19. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 19 地理空間情報のオープンデータ化 をめぐる国内動向

  20. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 20 日本国内でのオープンデータの取り組み • 電子行政オープンデータ戦略(2012年7月) • 世界最先端IT国家創造宣言(2013年5月) • 日本(政府)版オープンデータカタログ公開(2013年12月)

    • 地方公共団体オープンデータ推進ガイドライン(2015年2月) • 新たなオープンデータの展開に向けて(2015年6月) (2)データの利活用の推進 ①国内の取組 (a)オープンデータの利活用の普及・啓発 オープンデータに関するニーズの把握や掘り起こしについては、個別の取組を引 き 続き行うとともに、データカタログサイト等を通じた匿名の投稿を可能とするほか、 開発者フォーラムの設置などによるニーズの収集・フィードバック等、新たな取組を 行うこととする。 さらに、将来の我が国を担う人材育成の観点から、大学のみならず、小中学校、 高 等学校等において、発達段階を踏まえ、地理空間情報等のオープンデータの利 活用を推進することを通じて、IT  を利活用できる人材の育成に努めることとする。
  21. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 21 • 県:21県/47県(44.7%) • 市町村: 116地域/1,718地域(6.7%) • うち、政令指定都市:14都市/都市20(70.0%)

    • うち、中核市:15都市/45都市(33.3%) • 区(横浜市、大阪市など): 26区 ▪:県 ◆:政令指定都市 ◆:中核市 ◆:市町村 163団体で公開 データ数:18,245 (2015年8月末の公開時点)
  22. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 22 都市類型 団体 位置情報有 平均Size (KB) 位置情報無 平均Size

    (KB) 合 計 都道府県 21 1,825 (10.0%) 309.5 3,097 (17.0%) 397.8 4,922 政令指定都市 14 836 (4.6%) 36,514.5 4,516 (24.8%) 415.5 5,352 中核市 15 705 (3.9%) 194.6 644 (3.5%) 874.8 1,349 市町村 87 1,576 (8.6%) 8615.1 4,718 (25.9%) 244.3 6,294 区部 26 96 (0.5%) 64.5 232 (1.3%) 4872.5 328 合 計 163 5,038 (27.6%) 9975.5 13,207 (72.4%) 453.9 18,245 (2015年8月末の公開時点から集計) 【位置情報ありの一例】 公共施設の場所、避難場所、AED、コミュニティバス停、観光マップ・ハザードマップ、 都市計画現況図、航空写真データ、(静岡県)森林簿、(室蘭市)地番図 など
  23. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 23 地理空間情報のプラットフォーム化を めぐる国内動向

  24. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 24 H26-­‐27:  G空間プラットフォーム構築事業(総務省) H28-­‐:  G空間情報センター(省庁横断・民間開放) 24 政府「G空間専門部会」資料より

  25. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 25 25 総務省「G空間×ICT推進会議」資料

  26. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 26 26

  27. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 27 27

  28. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 28 H26-­‐H27  G空間プラットフォーム構築事業の成果(一部) • 有償・無償のデータセットを提供可能。 • 有償データは価格・規約の表示と、リクエストによる提供元の販売 •

    アカウントを作成でき、履歴を管理可能。 • データの権限は公開・限定公開等が設定可能。 • WebGIS上でも可視化(マイマップ機能)。 • 典型的なデータ(静的・動的両方の)利用事例をショーケース掲載。 H28-­‐ G空間情報センターへの期待? (1)民間有償データのオンライン販売 – 販売手数料は重要な収入源の一つ (2)民間企業や開発コミュニティによるアプリ提供環境 – 他社ビッグデータや政府・自治体データをスムーズにアプリに組込・横展開が可能 (3)政府・自治体データの代行管理・編集・提供 – ただし、一定規模のデータ量までは無償設定で、自動バックアップ等オプションが有償イメージ等 (4)民間や大学等の研究データ提供・データ共同開発 – レベニューシェア・ラボ的な要素等
  29. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 29 おわりに • 2000年代以降の潮流 – GIS・地理情報分野における「参加・協働」の取り組み – 公的なデータ/システムの多くは(可能な限り)

    「オープン」に。→  オープンイノベーションを目指す – 日本のオープンデータ分野の開拓の鍵? • 測量業界・地理空間情報業界に求められること – データの鮮度・精度の充実もさることながら、 掛け合わせによる新たな展開(Location  Intelligence)へ – 複雑・巨大なデータ処理技術を持つ分野を背景に、 データ活用分野やコミュニティにどう貢献できるのか?
  30. 2016/06/15 第2回測量・地理空間情報イノベーション大会 30 Thank  you  & Questions ? tosseto@csis.u-­‐tokyo.ac.jp http://researchmap.jp/tosseto